定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%・元本保証とかあったんですけど、ゆうちょのキャンペーンと比べてもすごく差があって不思議です。元本保証でこんなに利率が違うのはどうしてなのでしょうか?何か落とし穴?とかあるんでしょうか?経済オンチですみません。

A 回答 (7件)

 住友信託銀行のキャンペーンですね。

http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinri …
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出してしまうのは、心理的に抵抗がありますし、次の行き先を考えるのもめんどくさくて、そのままその銀行の商品で預け続けちゃう人は少なくないと思います。ただ、条件ではありませんので、満期時に、心を鬼にして、引き出してしまっても全く問題ありません。食い逃げみたいなもんですが、銀行も、そうしたお客さんに対しては、どうセールスしても意味ないことはわかっていますので、去る者は追わずで、簡単に出金に応じてくれます。
 あと、もともと信託銀行とかは店舗数が少ないので、電車賃かけてまで来てもらうためには、少しでも条件を良くしておかないと、お客さんは都銀や郵便局に行っちゃいますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:04

信託銀行は店舗が少ないので、その分利子を上げて新規顧客や既存契約先の増額を取りたいのです。


尚定期と普通を開いておいて、キャッシュカードを作れば、一部のコンビニとも提携があり、平日入出金無料とかも。
後店舗が無い為郵便局からの送金扱いが手数料無料です(専用払込用紙があります)。
で一先ず普通に入金して電話で振替指示。
ネットバンクサービスもありますが、余り利子は良くないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:03

5年物で0.55%でしたら特に高いとは思いません。


1年前なら1.2%ぐらいでしたが今では0.7%が最高みたいですね。
http://www.teiki.jpn.org/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:04

別に、ゆうちょ銀行と比べるから変に感じるだけで、


他の信託銀もキャンペーンやっているから、対抗なだけでは?

でも、その0.55%は300万以上の5年定期でしょ?
5年も拘束されたら、それぐらいはありかなぁと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:05

落とし穴というより いくつか条件があるのでしょう。


たとえば、
インターネット取引専用である。
預け入れ金額が100万円以上、もしくは300万円以上である。
預ける期間が3年以上、あるいは5年以上である等…です。
金利は、毎月 定期的に見直しを行なうので、
キャンペーン案内時に0.55%であっても
実際に預ける時も0.55%とは限らないです。
懐事情が悪くなったらもっと下げるかもです。
それに 元本保証とはいえ、元本1,000万円までとその利息までしか保護されないわけで、
キャンペーンやっている銀行って預金総額の比較的少ない銀行であることが多いため破綻しないかの不安が伴います。


ちなみに預金総額は、ゆうちょ銀行で約180兆円、三菱東京UFJ銀行で約100兆円と聞いたことがあります。
そういった大きな銀行が、同じキャンペーンを行ったら 皆さん そちらへお金を移すでしょう。
すると、預金総額の少ない中小銀行は破綻してしまう恐れがあるので申請しても認可されないでしょう。
ですから、そのようなキャンペーンが行えるのは、預金総額の比較的少ない銀行に限定され、
そういった銀行が、蓄えを増やそうと赤字覚悟?のキャンペーンを実施しているともみれるということです。

まー、何百万もの まとまったお金を預ける余裕もない学生や一般人には関係ない話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:05

定期預金の預け入れ期間が短いのではないのでしょうか?


利率はあくまで年利であって、預け入れ期間が例えば3ヶ月なら年利の4分の1の利息しか受け
取れないので、実際の利息はたいして多くはないと思います。
そういう商品は、基本的に自動継続で、自動継続後は通常金利で継続されるので、長期間で考
えると対して有利だとは思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:06

何処の銀行のなんという商品なのかが明確でない限り具体的な事は言えませんが、、、



約款(と言うのでしょうか?)や契約書に小さく「元本保証の要件」や「利率適用の条件」などが書いていないかどうかが重要でしょう。
「本行頭取が景気が悪くなったと感じた場合、元本は没収します」「日本円が80円/1ドルを切った時点で元本はお返し出来なくなります」「阪神タ○ガースが日本1になった場合のみ利率が適用されます」「本行の新卒社員が1人退職するたびに利率は1%づつダウンします」完全に冗談ですが、こんな条項があったら信頼するには足りないとしか言いようはありませんよね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/07 03:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財閥系グループの中に信託銀行と都市銀行がある理由

私は40代の男性ですが、今まで間接的にお世話になった事はあったとは思いますが、直接的に「信託銀行」にお世話になった事はなく、私の周囲を見渡してもそういった人が大半ではなかろうかと思っております。

かように、「信託銀行」というのは一般の庶民にとっては馴染みの薄い存在であり、、最近とある信託銀行のCMのシーンにもあるように

「信託?」「何だ、それ?」
というのが一般的感覚ではなかろうかと感じております。

そこで、信託銀行という業態を調べたのですが、それによると「信託銀行」というのは、預金、貸出といった一般的な銀行業務➕信託を行っているのが「信託銀行」という解説がありました。

ということで、信託銀行というのは、都市銀行よりも広範な業務を行うことが出来る存在である事がわかりました。

そこで、私が抱いた疑問というのは、各財閥系グループの中には都市銀行と信託銀行が並立していますが、私が調べた信託銀行の定義からすると、信託銀行というのは、一般的銀行業務➕信託でありましたので、グループ内においては都市銀行の行っている一般的銀行業務は信託銀行の範疇に入る事となり、グループ内においては業務の重複となります。合理性を追求する経済の世界において、淘汰されてもおかしくないと思われるのですが、そういう意見を耳にした事はありません。

現実には、財閥系グループ内において、都市銀行の方がスケールも存在感も大きく、グループ内に重複する業務を行う「都市銀行」と「信託銀行」が並立する点も疑問ではありますが、➕αの業務範囲を行い得る「信託銀行」の方がスケール、又、存在感が小さいという点、その現状が理解しがたいように思われます。

経済合理性をグループ内で追求していけば、都市銀行と信託銀行の並立という業務の重複はより広範な「信託銀行」一本でいけば重複は解消されるように思うのですが、現状、そのような動きは聞かない上、そういう意見すら耳にした事はありません。

支店数など、スケール面で都市銀行の方が大きく、信託銀行だけでは社会のニーズに応え切れないから並立しているというのが答えかもしれませんが、それではグループ内で都市銀行と信託銀行が再編し、合併で存続会社は信託銀行とする…とすれば、スケール面での問題は解消される訳で、それが答えであるとは考えづらいと思います。

こういった、財閥系グループ内において、信託銀行と都市銀行が並立する理由、経済界の現状について詳しい方、おられましたら、お教えいただけるとありがたいと思います。よろしくお願い致します。

私は40代の男性ですが、今まで間接的にお世話になった事はあったとは思いますが、直接的に「信託銀行」にお世話になった事はなく、私の周囲を見渡してもそういった人が大半ではなかろうかと思っております。

かように、「信託銀行」というのは一般の庶民にとっては馴染みの薄い存在であり、、最近とある信託銀行のCMのシーンにもあるように

「信託?」「何だ、それ?」
というのが一般的感覚ではなかろうかと感じております。

そこで、信託銀行という業態を調べたのですが、それによると「信託銀行」と...続きを読む

Aベストアンサー

元々は銀行業と信託業は別の認可事業で兼業は出来ませんでした。
1948年から銀行業との兼業が出来る様になり(おそらくGHQ→CTSの意向)、信託会社の大部分が銀行業の認可を得て信託銀行となり従来の銀行も信託業を兼業するようになります。
1953年から大蔵省の意向として信託と銀行業務の分離を求められて銀行の大部分は信託業務から撤退、信託銀行も最低限の銀行業務以外から撤退してそれぞれ専業になっています。

別の業態ですから合併してもスケールメリットはありませんし御上の威光に逆らうような剛毅な銀行もないと言う事ですね。

Q銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか? 私は今

銀行の定期預金の金利ですが、3年定期で金利0.5%と年利3年もの0.5%は金利は同じですか?

私は今まで3年定期0.5%なら1年でつく金利は0.5÷3=0.16%
3年後の満期まで置いておけば1年0.16%の定期3年するのと同じ(税金などは考慮せず、大体という考えで)と思っていました。

でもある銀行の広告に年利1年もの0.45%、年利2年もの0.475%、年利3年もの0.5%
とありました

となると私の考え方は間違ってたかなと思っています。

3年定期0.5%は0.5%が3年間もらえるという意味ですか?

ズバリ正解を教えてください

Aベストアンサー

一般的に、金利は年利率で表しますので、特に断りがなければ3年定期で金利0.5%と言われれば年利0.5%と解釈します。
もっとも、銀行の説明書や広告にはしっかり年とか年利とか記載されていると思います。
ちなみに、3年物で利回り0.5%と言われれば3年後に0.5%増える、年利換算すると0.166%程度の商品となります。

100万円で3年利回り0.45%とすると、満期時の受取利息は税引き後3600円になりますので、7000円ということであれば年利約0.166%よりは多いと言えます。

Q緊急です!!!三菱UFJ信託銀行への振り込み手数料について。

現在ネットバンク、地方銀行、三菱UFJ信託銀行の口座を持っているのですが、バイト先の振込み指定口座に、何も考えずに信託銀行をしていしました。

さきほど、信託銀行は(他銀行から信託銀行への)振込み手数料が他銀行よりもはるかに高い、と聞きました。

本当ですか??

どれぐらいするのでしょうか?

Aベストアンサー

バイト料もらう方?

もらう方なら振込手数料ひかれないと思いますが?

給料(賃金)は法律により全額支給が定められています。
(労働基準法第24条)
会社都合で振り込みなのですから、会社負担が原則だと思うけど。

例外的に労働組合もしくは労働者の過半数以上の代表者との
書面による協定がある場合は別ですが。

現金支給をお願いしてみては?
法律的には現金支給が原則だから。

で、会社はどこの銀行から振り込むの?
信託銀行から振り込むのは高いけど
普通の銀行からだと単に他行あてだから
どこも大して変わらないと思うけど。

参考に三菱東京UFJ銀行の手数料一覧↓

参考URL:http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/furikomi.html

Q元本保証での預金で金利の高いところ

1週間程前、新聞の広告のところで7月末までの申し込みで、金利がアップするどこかの信託銀行の預け入れを見たのですが、現在2年-3年くらいの預け入れで、元本保証で金利が良いところを教えてください。

Aベストアンサー

100万円以上なら1年もので0,8%の特別金利のジャパネット銀行が良い利率です。
http://www.japannetbank.co.jp/campaign/2007/campaign_fixed17.html

金利は上昇局面にある中、昨年は3年もので1,5%のものがあったことと比較すると、今は魅力的な金利がまだ出ていません。
ボーナス時期をにらんでもう少し、待った方が得策です。
また、1%行かない場合は、6ヶ月など短期で考えた方が良いです。

Q信託銀行

お世話になります。
信託銀行の口座開設は、定期預金も一緒に開設しないといけないのでしょうか?
先日、信託銀行の窓口に行ったのですが定期預金を同時に開設しないお客様は、口座開設はお断りさせて頂いております。と言われました。
投資信託の購入を考えていたのですが、信託銀行って定期預金を開設しないお客は客ではないということでしょうか?
とても失礼な態度だったので、今後二度と利用しないと決めましたが
自分が行った信託銀行がたまたまだったのか、信託銀行全体がそういう仕組みになっているのか気になったので質問をしました。
よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

そんな仕組みはありません。信託銀行を変えてみれば容易にわかります。

Q定期預金の元本保証と利息

定期預金を5年にするか1年にするか迷っています。
1000万円以下の元本保証で仮に銀行が破綻した場合、
利息はどうなるのでしょうか?
もし、保証されないのであれば、5年より1年のほうが
利率は低いですがリスクも低いのでそちらにしようかと思いますが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

利息も保護されます。
http://www.dic.go.jp/

Q普通の銀行と信託銀行って何が違うんですか?

住宅ローンの相談に三菱銀行へ行ったのですが、帰りにふと見るとすぐ向かいに三菱信託銀行があり、こちらも住宅ローンの広告が出ていました。
しらべると同じ10年固定金利のものでも信託銀行のほうが少し利率が低かったです。
こっちのほうがいいのかなと思ったのですが。

普通の銀行と信託銀行って何が違うんでしょうか。

Aベストアンサー

信託銀行は、預金や貸し付けの他に、貸付信託・金銭信託・動産や不動産の信託・土地信託・証券代行・不動産の売買の媒介・鑑定評価といった財務管理業務を行っています。
この信託銀行特有の業務は、不動産や多額の資金を持っている富裕層を対象としていることから、庶民には敷居が高いということです。

詳細は、参考urlをご覧ください。

下記のページに、各種金融機関の説明があります。http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/guide/kikan.html#e

参考URL:http://www.nikkei4946.com/today/basic/03.html

Q元本保証のオススメの定期預金や債権など

400万円~800万円ぐらいを元本保証の
定額預金や債券(国債)などにしたいと
考えております。

少し調べたところ、定額預金では沖縄銀行の美ら島支店の
0.55%(1年物)、大和ネクスト銀行の0.4%(1年物)など、
個人向け国債では変動10年などが優位のようにみうけ
ますが、ほとんどドングリの背比べですね。。
他にオススメの商品などあればお教えいただければ
ありがたいです~♪
たとえば、宝くじ付き定期ですとか、金利などだけでなく
面白みや楽しみ、夢などのある商品なども歓迎です。
素人なのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人向け国債を購入するなら、
キャンペーン中のSMBC日興証券か野村証券がお勧めです。
ローリスクな金融商品としては個人向け社債も金利面でとても魅力的です。
最近では社債ではないですが、ソフトバンクの優先出資証券がもっぱらの話題になっています。
以上については「個人向け社債ウォッチ」というブログを参照して下さい。

参考URL:http://shasai.seesaa.net/

Q三菱UFJ信託銀行のATM手数料

東洋信託銀行って三菱UFJ信託銀行になったんですよね?
東洋信託銀行のキャッシュカードで預金を引き出したいのですが、
三菱東京UFJ銀行のATMでは手数料が掛かりますか?
平日の営業時間内とした場合です。

Aベストアンサー

平日の時間内(8:45~18:00)は三菱UFJ信託銀行は三菱東京UFJ銀行と同様扱いですのでかかりません。下記のただし書きがあります。

当行カード(*)「(*)三菱UFJ信託・十六・岐阜・愛知・中京・名古屋・百五・泉州・大正銀行カードも、お振り込みを除き、当行カードと同様の手数料でご利用いただけます。」

http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/atm.html

Q高金利な定期預金や少し変わった定期預金を教えてください

今まで、地銀で1年毎の定期預金をしていましたが魅力を感じず、利率も数年はそれほど変わらないだろうと思うのでちょっと変わった定期預金(高金利や宝くじ等)を考えています。
現在、金利のいい”オリックス信託・日本振興・新生・あおぞら”や、金利は通常ですが宝くじをもらえるものを考えています。
特にATMで手数料のかからない新生や宝くじがもらえる定期を考えています。

他に金利のいい定期預金や少し変わった定期預金があれば教えていただけませんか?
ぜひ、検討したいと思いますのでお願いします。
(関西在住、30歳)

Aベストアンサー

高金利=ハイリターンということですからそれなりのリスクがかかるのは承知のことと思います。

元本割れせずに高金利・・・といえば一部の銀行で扱っている「デリバティブ型預金」だと思います。

新生銀行などは10年定期で毎年金利がステップアップ・・・10年後は3%(税引き2.4%)の高金利。この通り10年預ければ100万に対して15万近い金利ということになります。

ただし途中の解約は元本割れ、10年預けられる保証なし。

市場金利が下がった場合は預かっていると高い金利を払わないといけないからそこで銀行側の判断で解約、金利が上がった場合は解約されて高くなった金利で預金されたくないので解約できず・・・というものですね。(低金利のまま預け続けなくてはならず他で運用できないリスクですね)

金利がこのままであればものすごくおいしい預金に思えますが最悪、10年手を付けられないこと、金利の変動があるとどっちに転んでもこちらに有利なことがなにもない・・・など良く考えると「う~ん」という感じ。

1年定期で金利のいい預金を毎年選ぶっていう人が意外と多いと聞いたことがあります。新生銀行も1年定期で100万以上という制限はあるけど1.1%。イオン銀行も1周年記念で1年定期で0.8%というのがありますね。

昔からある都市銀行・地方銀行よりもネットバンク系や新生銀行のように再編された銀行のほうがおもしろい商品がありますね。

結局のところ、小口に分散していくつも定期に預けるというのが一番なのかもしれませんね。

私も今、同じように悩んでいるのですが、結局、メインの地銀に預けたままになりそうな感じです・・・。

高金利=ハイリターンということですからそれなりのリスクがかかるのは承知のことと思います。

元本割れせずに高金利・・・といえば一部の銀行で扱っている「デリバティブ型預金」だと思います。

新生銀行などは10年定期で毎年金利がステップアップ・・・10年後は3%(税引き2.4%)の高金利。この通り10年預ければ100万に対して15万近い金利ということになります。

ただし途中の解約は元本割れ、10年預けられる保証なし。

市場金利が下がった場合は預かっていると高い金利を払わな...続きを読む


人気Q&Aランキング