私は留学を夢見る中学2年生です
そこで質問なんですが
留学には頭がよくないといけませんか?
頭が悪い人は行けないんでしょうか
できれば私はイタリア留学がしたいと思っています

回答を心待ちにしております

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

アメリカにも良い学校がります。


ボーディングスクールなので、生活面でも安全です。
例えば、The Idyllwild Arts AcademyのWeb Pageを見てください。
http://www.idyllwildarts.org/academy/academy.html

あなたの求めているものがあるかもしれません。
中二であれば、いろんな選択肢をご両親と調べてみてはいかがですか。
アートのボーディングスクールについては、こちらのページも参考になるかと思います。
http://econcierge.blog37.fc2.com/blog-entry-129. …
    • good
    • 0

頭が悪いと言っても本当に頭が悪い(知能が悪い)のと


勉強してないから成績が悪いのとでは大きな違いです。
前者は行かない方がいいです。悲惨な結果が待っています。
後者であれば意識を変えて真面目に勉強するようにとりくめば大丈夫ですよ。
    • good
    • 0

留学の目的によります。


語学を含め、何か学問に関しての留学であれば、当然それに見合った学力は必要となります。
反対に芸術系なら、基本的に学力は関係ありません。もちろんそこの国の言葉は話せた方がいいですが、それも絶対条件ではないと思います。

ヨーロッパは特に芸術系(美術、音楽、デザインなど)や料理系(料理、製菓、ワインなど)で留学する人が結構います。ということは、その道に秀でていること(もしくは「やりたい」という強い思い)と、日本とは違う環境でもやりぬく根性の方が、学力よりも必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イタリア語基本表現は喋れます(^^)

私は勉強は好きではないので前々から「芸術方面で留学したいな」と思ってました
今は吹奏楽部に入っていてクラリネットを吹いているんです
音楽や美術は好きなのでやっていけそうです!

あとは気持ちとか根性とかおかねの問題ですよね(^^;)

お礼日時:2010/09/10 19:17

留学といってもいろいろありますよ。


もちろん、頭がよくないと(試験を通らないとという意味で)行けない場合もありますし、語学のみでしたら、お金と時間があれば行けます。もちろん、試験に受かった場合でもお金は必要ですが、成績によっては、奨学金や生活補助のお金がもらえます。
本人の意欲次第なので、がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^o^)/
私はどちらかというと芸術方面で行きたいですね

お礼日時:2010/09/10 19:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宿題のオリンピックのレポートの書き方を教えて!

宿題でオリンピックのレポートを書かないといけないんですけど、
どんな風にかけばいいんですかねぇ?
ちなみに私はアーチェリーについて書こうと思っています。
よろしくでぇ~す(^o^)丿

Aベストアンサー

頑張って!アーチェリーですね。まずは日本のこれまでのアーチェリーのオリンピックでメダルがとれなかった競技!なぜメダルを獲得できたかを取り上げる!その一つの理由として日本の強化策が…具体的にあげてみるとオリンピック強化策の一つでアーチェリー強化のために強化選手のアーチェリー施設ができたことがあげられます。

あと今後アーチェリーの連続メダルに必要な条件としてスポンサーの問題などもあります。例えばまだまだヨーロッパ発祥の日本ではマイナーなフェンシンクがなぜ太田選手が連続メダルを獲得できたのか?前回北京でメダル獲得をしたが就職先も決まっておらずその事情を知った某企業が手をあげサポート!彼はマイナー競技ではあるがスポンサー(所属企業)に支えられ連続メダル獲得を引き合いにだし…アーチェリーもマイナーだけど企業に支えられる必要性で締めてみればよいかと…オリンピック選手は企業に支えられてるのは現実なのだから…

夏休みラストスパート宿題頑張って!

Q高校留学について 私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思ってい

高校留学について

私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思っています。
そこで留学経験のある方にいくつか質問があります。

1.留学エージェントを使って留学した方が良いですか?それとも使わないで留学した方が良いですか?
また、使った方が良いなら使う事のメリットと、ここの留学エージェントが良い、とかここは辞めておいた方がいい、 という意見をお願いします。
使わない方が良いなら、それはなぜかという意見をお願いします。

2.奨学金などの制度がよくわからないので出来るだけ詳しく説明をお願いしす。 また、どの位留学して、どの位費用がかかったかなどもお聞かせ下さい。

3.留学は、短期(1~3ヶ月)か長期(1年)か卒業(3年)でどれが一番いいですか?
お金はなるべくかけたくないのですが、短期などで行って意味がなかったというのは嫌です。なので長期か卒業で悩んでいます。長期の方がいいのなー?と思っていますが、意見をお願いします。


費用がすごく高いことや、どんなに大変かは知っています。 また、留学したら自分は変われる!とかも思ってません。でも小さい頃から海外にすごく興味があり
、最近はこの事しか考えられないです。

頭は悪い方じゃなくて、お父さんが英語が好きで勉強しているので、色々な本を読んで一生懸命英語を勉強しています。

色々と注文が多くて本当にすいません。 でも、理由が無いと親を説得出来ないのでお願い致します!

高校留学について

私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思っています。
そこで留学経験のある方にいくつか質問があります。

1.留学エージェントを使って留学した方が良いですか?それとも使わないで留学した方が良いですか?
また、使った方が良いなら使う事のメリットと、ここの留学エージェントが良い、とかここは辞めておいた方がいい、 という意見をお願いします。
使わない方が良いなら、それはなぜかという意見をお願いします。

2.奨学金などの制度がよくわからな...続きを読む

Aベストアンサー

息子達がアメリカへ留学した時の経験からの私見でしかないですが。。。

1。留学エージェントについて:
エージェントを使わない方が、費用(手数料)も少なくなるし、直接学校側の情報も得られるし、交渉も出来ますから、良いのではないかと思います。
唯、そうするには、親御さん等のサポートをしてくれる人が英語に堪能でないと難しいですね。
それと、あなたの異文化に対する適応力や英語の実力等によっては、現地でサポートを受けられるようなエージェントがあると良いでしょうし、或は、ホームスティ等で、ホストの人達が親切な人だと良いですが。。。

2。留学費用と奨学金:
例えば、オークランドの高校で2016年の主な費用が載っていましたが、主な費用は。。。
授 業 料   : NZ$ 21、500
ホームスティ費用: NZ$ 12、420 (46週分)
諸 費 用   : NZ$  1、710 (旅行医療保険、制服代、設備費等)
各種の試験費用 : NZ$    624
----------------------------------------------------------------------
合   計   : NZ$ 36、254

75円/NZ$で換算すると、1年間の費用は、約270万円で、旅費等も含めると約300万円前後になるのではないでしょうか。

奨学金は、知る限りでは。。。
高校や大学レベルでは、留学生は奨学金の対象にはなっていないのではないでしょうか。
あるとすれば、日本国内で探す事だと思います。

3。留学期間:
「>留学は、短期(1~3ヶ月)か長期(1年)か卒業(3年)でどれが一番いいですか?」の判断は、あなたの留学目的や高校卒業後は如何するのか(大学は、日本か、留学か等)によるのではないでしょうか。

大学も海外留学するのであれば、「>卒業(3年)」が良いのではないかと思いますが、異文化に触れて視野を広げるという意味では、「>短期(1~3ヶ月)」でも良いでしょう。
学費を安くと思えば、日本の高校へ進学後に、交換留学で、「>長期(1年)」でも、良いかも知れません。

唯、「>長期(1年)」で、交換留学等ですと、日本と海外の学期が合っていないので、9月から翌年の6月までになって仕舞うので、日本の大学進学ですと受験勉強に影響があるかも知れません。
日本の高校進学後に、夏休み等に、1~2カ月間の英語学校+ホームスティ等で有れば、受検勉強等にもあまり影響しないのではないかも知れません。

影響があるあるかどうかは、あなたの努力次第では有るでしょうが。。。

以上、参考になれば良いですが。。。
何れにしても、親御さんと良く相談した方が良いですよ。

息子達がアメリカへ留学した時の経験からの私見でしかないですが。。。

1。留学エージェントについて:
エージェントを使わない方が、費用(手数料)も少なくなるし、直接学校側の情報も得られるし、交渉も出来ますから、良いのではないかと思います。
唯、そうするには、親御さん等のサポートをしてくれる人が英語に堪能でないと難しいですね。
それと、あなたの異文化に対する適応力や英語の実力等によっては、現地でサポートを受けられるようなエージェントがあると良いでしょうし、或は、ホームスティ等で、...続きを読む

Qレポートの書き方を教えて下さい。

今日、学校でレポートの宿題を出されたんですが、今までにレポートを書いた事がありません。なのでどんな事でもいいので簡単なレポートの書き方を教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

とりあえず提出するレポートには表紙をつけましょう。
用紙は中身のものと同じものでかまいません。

表紙に「課題名」、「学年・組・出席番号」、「氏名」をかきます。

レポートの宿題、とありますがどのようなレポートなのか解らないので中身についてはアドバイスのしようがありません。

提出時には、レポート用紙がバラバラになってしまわないようにしっかりとホッチキスなり何なりでとめましょう。

Q私は今大学3回で一応英文科にいます。そこでわたしは3回の後期に認定留学

私は今大学3回で一応英文科にいます。そこでわたしは3回の後期に認定留学という制度を使って休学せずに4年間で卒業できる制度で大学付属の語学学校に4ヶ月ぐらい留学したいなと思っていました。けれど、認定留学を申し込むには学内成績上位2分の1が必要でわたしはあと6人抜かせばぎりぎりだったのですが残念ながら達していませんでした。。そこでもうチャンスはないのかと思って今日思いついたのですが、普通に後期もゼミを履修をして(ゼミの先生がメールのやりとりをすればOKとのことです)学校にいかず留学をするという形にすれば、表面上は在籍していることになって4年間で休学せず卒業できるのではないかと考えました。
果たしてこの方法は適切ですか?わたしはどうしても学生のうちに長期でアメリカに留学をしたいと思っています。というのも去年夏休み個人でひとりで初めてアメリカに6週間だけ語学留学に行って、もっともっとアメリカで勉強したいと思いまた絶対行きたいと思うようになりました。今行かなければ絶対後悔すると思います。なんとか行きたいです。単位は4回でとれば十分間に合います。どうか助言お願い致します。。

私は今大学3回で一応英文科にいます。そこでわたしは3回の後期に認定留学という制度を使って休学せずに4年間で卒業できる制度で大学付属の語学学校に4ヶ月ぐらい留学したいなと思っていました。けれど、認定留学を申し込むには学内成績上位2分の1が必要でわたしはあと6人抜かせばぎりぎりだったのですが残念ながら達していませんでした。。そこでもうチャンスはないのかと思って今日思いついたのですが、普通に後期もゼミを履修をして(ゼミの先生がメールのやりとりをすればOKとのことです)学校にいかず...続きを読む

Aベストアンサー

 ご質問を読み間違えているかも知れませんので、選択肢は

1。認定留学 留学期間は4か月 4年で卒業 
2。ゼミをとって学校に行かず留学する 期間は不明 4年で卒業

1は。成績の関係で不可能、2しかない。行きたい。行くべきかどうか。

 お答えをする前に一体何がなさりたいのか伺いたい、ただ「今行かなければ絶対後悔する」といった無意味な理由ではなく、アメリカのどの大学で何という先生について何が研究したい、そしてそうすることによって将来何がしたい、という理由です。そのためにどれだけの準備ができているのか、1ヶ月半や4ヶ月で「留学」出来る訳がありませんので、お尋ねいたします。

Q至急!! レポートの書き方

至急!! レポートの書き方

私は中1で理科の宿題でレポートを書きます

テーマは環境の『オゾン層』について書こうと思っています

そして、今年は初めてパソコンで書きます

どうやってレポートをまとめたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言ってしまえば、序論、本論、結論の3パートで構成されます。
序論部分ではいわゆる問題提起。オゾン層についてレポートを書くきっかけとなった出来事や、当初の時点におけるオゾン層問題に対する理解を書きます。
本論部分では、自分ならではの調査結果などを交えつつ、考察を進めます。各団体が発表している環境破壊についての数値や、日本の現状を示す資料などが使えるでしょうね。
結論ではそれまでの流れからあなたなりの答え、今回の場合には国家単位でどうすべきかあるいは個人レベルで何をすればいいのかを書くことになります。

注意したいのは、レポート(論文)は作文とは違うということです。作文を書くときには起承転結を意識しますが、レポートはエンターテインメントではありませんので、「転」の必要はありません。出来るだけ多くの資料と考察を並べればオーケー。

Q来年9月から一年間、留学をすることになりました。そこで質問なのですが… 私は高校二年の女子で、向こ

来年9月から一年間、留学をすることになりました。そこで質問なのですが…

私は高校二年の女子で、向こうではホームステイ。現地の一般高校に通うことになっています。一年間ということもあり、日本で留学前にしておかなくてはならない準備も多々あると思いますが、どんなものが必要とされますか?アドバイスをいただきたいです。
もちろん、手荷物もですが、心の準備面でも、どういった心持ちで留学に向け、意識すべきかもアドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

行先の文化・歴史・宗教・習慣をできる限り知ることです。言葉なんて、これがベースになっているので、これを知らずして言葉のいわんとする意味など理解できないです。

ドアに閉め方とかを覚える。ドアを閉めるときは、音を出さないこと! ドア・ノブを握ったまま、10センチ手前まで早く、そこでいったん止めて、あとはゆっくり閉めれば音は出ません。99%の日本人はドア文化がないので、親の仇をとったように大きな音を出させるようにして、ドアを叩き閉めます。

それから、ホームステイは原則的に個室ですが、掃除・シーツ替えは週に一度ですが、
ドアは寝るとき、着替える時以外は、開けっぱなしであること。通路から部屋の中は丸見えなので、部屋のベッド・メーキングは朝起きて一番にする作業、整理整頓は常にすることを心掛けること。99%の日本人はこれをせずで、ごみ屋敷住民みたいです。

通路から瞬間的にも覗かれるのが嫌、邪魔してほしくないときは、ドアを15センチくらい開けておきます。これで、邪魔するなの合図ですが、食事時間は呼んで欲しいとなります。もし、完全閉めだと、起こしもしてくれるな!食事も呼んでくれるな!となります。ドアを完全閉めが日本、それで臭いはすれど食事にも呼んでくれず置いてきぼりと、差別されたとクレームを出すのがいます。

バスルーム(トイレ)のドアも同じ。完全閉めは「使用中」、中から鍵を掛けなくとも、大丈夫です。完全閉のトイレのドアをノックするようなバカはいません。出るときは、ドアを少し開けておきます。

これさえ守れば、あとは、わからなければ聞けばいいだけです。

思春期の高校生の女の子を預かるホストファミリーも、大変なんですよ。大学生ならほったらかしでもいいんですけど。

行先の文化・歴史・宗教・習慣をできる限り知ることです。言葉なんて、これがベースになっているので、これを知らずして言葉のいわんとする意味など理解できないです。

ドアに閉め方とかを覚える。ドアを閉めるときは、音を出さないこと! ドア・ノブを握ったまま、10センチ手前まで早く、そこでいったん止めて、あとはゆっくり閉めれば音は出ません。99%の日本人はドア文化がないので、親の仇をとったように大きな音を出させるようにして、ドアを叩き閉めます。

それから、ホームステイは原則的に個室で...続きを読む

Q高齢者介護制度のレポートの書き方

このことについてレポートを書きたいと思っているのですがどんなことを書いたらよいのでしょうか?レポートの書き方と言うものがいまだによくわからないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

おそらく、大学1年か2年の方と想像して回答します。

レポートの書き方一般については、書籍がいろいろ出ているので、本屋さんで立ち読みして、分かりやすいと思う本を参考にすれば良いと思います。

授業のレポートだと思うので、基本的には、授業で勉強した中で興味深かったことについて、少し掘り下げて調べる(新聞や本を読めばいいです)→→調べた内容と授業の内容をまとめ、その上で、自分が問題だと思う点を考える、(できたらここで、もう1冊、その問題について書かれている本を参考にまた掘り下げて考えるともっとよいです)→→そして、なぜそれが問題なのか、なぜそういう問題が起こるのかを考える。→→(余力があれば、どうしたら改善できるかを考える)という流れで書けばいいんじゃないかなと思います。

「なぜ?」というところ、ここが独りよがりにならないように気をつけてください。(それがしっかりしていない文章は作文です)レポートの書き方の本を本屋で探しましょう!と書いたのは、そうした本には、独りよがりにならないために気をつけるべきことが、いろいろ書いてあるからです。

レポートと一言に言っても、分野によって書き方は全然違います。(高校の時も、理科のレポートと、歴史のレポートは書き方・手順が違いましたよね^^)だから、介護制度の勉強についてよく知っている、先生や先輩に確認するのが一番確実だとは思います。

高齢者介護制度ということは、介護保険制度や国民年金制度などを勉強されたのでしょうか…。こうした絡みの問題は、週に1度は何かの記事が新聞に出ているはずです。また、質問者さんの親戚に、介護を必要とされている方やしている方はいらっしゃいませんか? 基礎レベルのレポートは、授業で学んだ制度が、日常的な身近なところで、どう機能しているかを書けば、肩肘はらない、いいものが書けると思います。

おそらく、大学1年か2年の方と想像して回答します。

レポートの書き方一般については、書籍がいろいろ出ているので、本屋さんで立ち読みして、分かりやすいと思う本を参考にすれば良いと思います。

授業のレポートだと思うので、基本的には、授業で勉強した中で興味深かったことについて、少し掘り下げて調べる(新聞や本を読めばいいです)→→調べた内容と授業の内容をまとめ、その上で、自分が問題だと思う点を考える、(できたらここで、もう1冊、その問題について書かれている本を参考にまた掘り下げ...続きを読む

Q高校編入についての質問です。 私は中学3年生の時に親の母国である国への高校留学(3年間)はどうかと親

高校編入についての質問です。
私は中学3年生の時に親の母国である国への高校留学(3年間)はどうかと親にすすめられ、親の母国の国で高校に入ることになりました。
私は高校一年生に入ると思っていたのですが言葉がわからないという理由で一つ年下の学年に入れられました(4年間留年になった)。
私は言葉が全くわからないし読み書きも中学で習った程度の英語しかできません。今学校で習っている事はほぼ理解出来なくて宿題もいとこの手伝いなしでは全くできない状況です。 テストも全くできませんでした。親にこの事を言ったところ今年ダメで留年したなら日本に帰ってもいいと言っていました。 私は日本に帰ったら高校に編入というかたちで元の学年に入ることは出来るでしょうか?やっぱり1年生からという形になるでしょうか?もし、高校編入ができるなら遅れたぶんの高校の勉強はするつもりです。
ご回答待ってます。

Aベストアンサー

海外で、高校に入学していたという証明書が発行してもらえるのであれば、日本の高校への編入は可能です

ただし日本の学校は4月始まりの3学期制
海外は、9月始まりが多いですから、留年が決まるのが7月か8月

日本では、学期始まりに欠員がある学校が編入を受け付けますので、8月だともう編入試験が終わってるので、編入するのは3学期になります、ただ3学期は期間が短いので欠員があっても募集をしないところが多いです。

半年も待っての編入をするのであれば、4月から入学したほうが良い場合もありますので、詳しい事は編入を希望する都道府県の教育委員会と話し合いをして、その指示に従ってください、という事になります。

Qレポートの書き方がよくわかるサイトを教えてください。

レポートの書き方がよくわかるサイトを教えてください。

Aベストアンサー

リンク集限定なら http://marketing.cm.hit-u.ac.jp/~matsui/links/method.html がその一例ですが、書籍迄拡げるなら下記のURLも有用かと思います。

http://www.noguchi.co.jp/NL/bbs/bookdata.php?id=19
http://www.bk1.co.jp/product/66625
http://www.bk1.co.jp/product/84685
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4478490279.html

Q中学2年です!こんにちは! 私は高校留学を考えてますが、金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申

中学2年です!こんにちは!
私は高校留学を考えてますが、金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申し訳ないと思いますが、どうしても英語力向上と精神力向上のためにどうしても
カナダの公立高校で卒業したいです!
自分は野心があるほど良いと思ってます
親にお金ないから、と真剣に受け取ってもらえなそうです。私がどんなに本気か
見せるためにどんな行動をとれば伝わるでしょうか?親に理解してもらうには?
少しでも費用が抑えられる方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が中学生の頃は、同じような気持ちだったことをまだ覚えています。

それに、カナダを選ぶというのも悪くはないのは、カナダの町によりますが、かなりの中国人が移住していますね。だから、そこらで紛れ込んでしまうというのもアリかもしれません。オーストラリアではそうは行きません。そう言えば、私の知人の娘さんがカナダに語学留学していました。

留学自体は、語学を学ぶ目的だというよりも、「知らない世界を見てみたい」というような憧れなのかもしれません。昔、吉田松陰が黒船に潜り込んだように、それは今の年齢だけに与えられる意欲を、鎮火させたくありません。

話がちょっと飛躍するけれども、以前のNHK朝の連ドラの『花子とアン』の主人公の村岡花子さんのご実家は、貧乏だったそうですね。それで、父親がまたとても変わったというか、社会運動家で、クリスチャンで、何人かの兄弟姉妹の中で、花子さんだけを特別扱いして、それも、お嬢様学校の英和女学校に入れてしまう、というのは、傍から見たら頭がおかしいとしか思えないのです。

また、この花子さんという人は、子供の頃から、どうやら言葉に対して天才的だったそうです。今、翻訳家の中で彼女は神様レベルにいる人で、すべては彼女を原点してしか語れないような存在です。そんな人が学校に入ったら、もう大変で、その読書量は半端なく、図書館を大きくするしかなかったぐらいだったとも言います。その上、彼女の先生の一人に、万葉集の研究で有名な佐佐木信綱という人がいます。時代がそうしたのか、他にも、その道では偉い人が一杯周りにはいました。

別に、津田塾を作った津田梅子さんみたいに、幼い時にアメリカに渡って語学は抜群でできるようになって帰ってきたものの、仕事もなく自分をサポートしてくれる人もない中で、学校を作ったわけです。

この村岡さんにしても、津田梅子さんにしても、明治や昭和の語学の達人たちは、やはり絶対的な環境に恵まれていたということは言えます。こと語学に関する限りは、私は偉くなった人たちをよく知っていますから、現代に至るまで、語学で大成したような人たちは、概ね、家は裕福かもしれません。

私の恩師は、ドイツとアメリカに留学していますが、30半ばまで親のスネをかじっていたというようなことを言ってました。昭和の語学の達人、関口存男さんは、親は、銅像が作られるぐらいかなり偉い軍人さんで、本人は肩身の狭い思いをしていたそうです。このひとは、本当の天才で、ほぼ自力で語学を2年程度のペースで習得していくのです。そういう家が貧乏なわけがありません。

>金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申し訳ないと思います。
厳しいことを言ってすみませんが、こういう常識人は、そこそこで終わってしまう、というか、私自身がそうだったからです。親の家計もよく知っていたし、それを気にするばかりに、結果としては、常識的になかなか思い切ったことが、まして勉強までもできないものなのです。変に自分が小さくなって、親たちの事情を理解することは、本当は、自分のためにならないのだろうと思うのです。

お金のことは一切考えないで、自分の純な気持ちだけを優先させるべきだと思います。私の知人は、たまたま懇意にしていた先生の紹介で留学試験を受け、国費留学しています。私自身は、その人たち(複数)よりも、実力負けしていたのはすぐに分かりました。

今のご質問者さんの年齢からですと、安易な留学よりも、イマージョン・プログラムをされたらと思うのですが、また、私立で、お金が掛かります。例えば、静岡県の加藤学園などは昔から有名です。しかも、高校を卒業できるか分からないほど勉強がきついのです。目標とする資格はバカロレアという国際的な大学入学資格です。

>やっぱり逃げに見えますよね。。。
私は、そうは思わないです。ご質問者さんは、へんに大人なんですね。私などは、時代背景がかなり違いますが、小学校からずっと、短波放送など聞いていたし、語学には強い興味があって、海外に行き、海外で住むことを夢見ていたわけです。ただ、その後、言い訳かもしれませんが、ずっと病弱だったから、思ったようには行かなかったのです。

こんな時に、身近に本当に信頼できる先生がいるとよいのですが。

TOEFLやIELTS(Academic)は、今から、徐々に分かるようになるようにしたほうが、将来のために役立ちます。TOEICは不要です。TOEICは、日本の大人の社会の価値基準で作られたものだと思います。

私は、独学では学校以上の教育は無理だと思っています。もし、そういうように上を目指すには、ふつうの学校の勉強では追いつかないです。一般的な学校教育の枠組みでは、絶対に英語などは伸びないと思います。良い先生に恵まれること、良い情報源を得られることだと思います。

最後に、思い出した事ですが、
栄陽子留学研究所 http://www.ryugaku.com/ は、主に大学の留学ですが、機会があれば、相談してみるとよいです。ものすごく厳しいことを言う人ですが、留学のための英語の勉強の計画も指導してくれます。

長い文章ですので、読むのにおつかれになったかもしれません。
ガンバッテ!

こんにちは。

私が中学生の頃は、同じような気持ちだったことをまだ覚えています。

それに、カナダを選ぶというのも悪くはないのは、カナダの町によりますが、かなりの中国人が移住していますね。だから、そこらで紛れ込んでしまうというのもアリかもしれません。オーストラリアではそうは行きません。そう言えば、私の知人の娘さんがカナダに語学留学していました。

留学自体は、語学を学ぶ目的だというよりも、「知らない世界を見てみたい」というような憧れなのかもしれません。昔、吉田松陰が黒船に潜り込...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報