『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

先日、茨城県坂東市岩井にある国王神社に行ってきました(僕の住まいは岩手のため、やや遠いです)
どうしても叶えたい願いがあり、神社等を回っておりました
平将門公を祭る神社で、とても強いパワーが出ていると聞いていました

神社に入るとすぐに生まれて初めて体験する背中のびりびり感を感じました

何か非常に気を感じましたが、将門公のパワーだったのでしょうか...

このパワーをどのように理解すべきで、今後どのようにしていけばよろしいのでしょうか?
つまり、この神社及び平将門公が僕にとってかけがえの無い特別な方(もの)と理解して、近くのに行くたびにお邪魔するとか、毎日この神社及び平将門公に関するお札を拝むとか...

平将門公は近づかないほうがよいという意見の方もおられるのですが...

宗教的な知識が乏しいため、初歩的な質問になってしまいましたが申しわけありません

どうか宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問から大変時間が経っておりますので、


回答するのが恐縮なのですが、参考までにお答えします。

坂東市岩井にある国王神社は、将門公の終焉の地です。
しかも、戦場で討たれた将門公の馬が、
胴だけを乗せてこの地まで辿り着いた、とさえ伝えられています。

地元では、弱い者を助け、権力に立ち向かった英雄であり、
志半ばで倒れた将門公の無念さや悲しみを、静かに感じる場所です。

この神社には2つの思いが現れていると勝手に理解しています。
1つは、将門公が戦に負けた無念さ、
もう1つは、明治時代に入ってから、
神田明神で祭神から外されたことへの無念さです。

神田明神は、将門公を祀り、江戸・東京を護っている江戸総鎮守で
江戸時代から関東武士や町民に慕われてきたのです。
明治政府によって神の座から降ろされた無念、考えただけで苦しくなります。

私は参るたびに、ゾクゾクと背筋が凍る思いがします。
質問者さんが感じたのは、
これらの痛切な思いなのかもしれません。
あるいは、あなたを鼓舞する将門公の後押しかもしれません。

私は神社のすぐ近くに住んでいる氏子ですが、
東京に出て、将門公が東京で広く尊敬を集めていることを知りました。
以前は、地元の神社、程度の認識でしたが
その力やパワーは絶大で、人々を動かす強いものを持っている、と確信しました。

少なくとも、「近づかない方が良い」とかそういったことは無いのでは、と思います。
最近は、将門公の名前の入った、特別なお札も用意されています。
ぜひ将門公の強い思いを、味方に付けていただきたいと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

僕は、それ以来神田明神・首塚にもお参りさせていただき、また国王神社にも
何度かお参りさせていただき、神主様よりお札も買い求めさせていただきました

また、近くに参りましたら将門公関連の他の名跡にも参らせていただきたいと考えております

今後とも、これをご縁に岩井周辺にお伺いさせていただきます

何卒どうか宜しくお願いいたします

お礼日時:2011/05/06 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大日如来様とはどんなお方なのですか?

私は浄土真宗ですがご説教の中に大日如来様の話が出て詳しくしりたいと思いました。

もしよければ教えてください。

Aベストアンサー

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一目見た中国真言宗の最高僧が、「遅し!我、汝を待つこと久し!」と叫んだという逸話があります。

 勉学に励んだ空海は真言宗のすぐに最高位に就き、奥義や仏典などを全部日本に持って帰ったために、以後、中国では真言宗は廃れました。数年前、中国に空海像が里帰りしたような記事を見た記憶があります。


 密教では当然、大日如来は宇宙(宇宙を描く曼荼羅)の中心であり、諸仏(如来その他)も大日如来から産まれるものとされています。それ故、諸仏の王とされて王冠を被って描かれたり、彫られたりします。場合によっては装身具も身につけます。

 大本の思想は、帝釈天と戦った阿修羅系の神だそうです。ゾロアスター教のアフラ・マズダ(全生命の根源)・・・ そのものではないようですが、思想的には同系だとのこと。

 一神教は、他宗教信徒に対して「受け入れ」を求めるだけ(拒否すれば死)ですが、仏教のように平和的な宗教では、相手の言い分を認めて受け入れなければなりません。

 有名なところでは、阿修羅は帝釈天と何度となく戦った後、仏教に帰依したことになっています。これなどは、阿修羅を信じる者に、「阿修羅でさえ帰依したんだから、おまえたちも」と言うための方便だったものと思います。

 そう説得するためには、まず阿修羅の存在を認め、次に仏教の中に受け入れなければなりません。

 つまり、平和宗教というのは、いろんな宗教からの影響を受けざるを得ないのです。で、その一つが、大日如来。

 大日如来は、万物の根源であり宇宙そのものですので、かくかくしかじかの容姿であった、こう考えた、というようなことはおそらく伝わっていないものと思います。

 その代わり、というわけではないのでしょうが、金剛界や胎蔵界のそれぞれで、さまざまな仏や菩薩、明王などに変身して人々を教え導くとされています。例えば、不動明王も大日如来の変身姿の一つ(教令輪身)です。

 従って、大日如来そのものを直接知るのではなく、それぞれの仏などの教えや特徴を知って積み上げていくしかないのではないかと思います。
  

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一...続きを読む


人気Q&Aランキング