春日大社の裏山で禊が出来る滝があると聞きました。
ご存知の方がいらっしゃれば、詳細(場所、許可の要否、指導員の有無、行衣レンタル等)を
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

春日大社の裏山は春日原生林となっていて一般の入山は禁止されていると思います。

なので、禊ができるとすれば神職の方ではないかと思います。どうしても禊ができるかしりたければ直接春日大社に問い合わせて見るのが一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

お礼日時:2010/09/12 10:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春日大社への行き方

名古屋駅から春日大社への行き方を教えてください。
電車だとどんな方法になるますか?

Aベストアンサー

(1)JR京都駅まで新幹線、近鉄京都駅から近鉄奈良駅
へ行くのが、所要時間と歩く距離が短くなるので、一番いいのではないでしょうか。

もちろん、
(2)JR京都駅まで新幹線、そのままJR奈良線でJR奈良駅
(3)近鉄名古屋から近鉄奈良駅
でもいいと思います。
金額が一番安いのは、(3)です。

Q台風通過後の滝

明日の祝日に、前々から近場のとある滝のハイキングに友人と行こうと計画していました。
幸い台風の直撃は避けることができたのでほっとしているのですが、台風通過後の滝へのハイキングはやはり危険でしょうか?

山への経験が乏しいので、アドバイスいただけたらと思い投稿させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 先週、雨の合間を縫って立山の称名滝を見てきました。水量が多く、とても迫力があって楽しめました。

 さて、ご質問の回答は、滝までのアプローチ次第といったところです。
 増水しているのは間違いないので、滝までの道、滝の付近が増水すると水没するような所でしたら、当然行けませんし、そうでなければ地滑りや土砂崩れに注意は必要ですが、通行止めになっていなければ概ね大丈夫でしょう。

 まあ、特に特別な装備は必要とはしません。そもそも増水中の沢は濁っていて足下が見えないので、水の中に入らなければならないところは沢靴等の装備があっても非常に困難です。ましてライフジャケットなんて、装備しても流されたらどちらにしても終わりなので、扱いに習熟した人が使用場面を選択して使うのでなければまったく無意味ですし。
 雨が残っている場合もあるでしょうし、滝の近くは水しぶきがかかる場合が多く、増水中ならなおさらでしょうから、当日降っていなくても雨具の用意はした方が良いかもしれませんが。

 ハイキングコースなので元々は特別な装備は何も必要としない道なのでしょうから、道が沢の水際を通っているような場合でない限り、たいした影響はないでしょう。普通の「ハイキングコース」は多少の増水には影響しないように道が付けられているはずですから。

 ですから、とりあえず行ってみて行けなかったら帰ってくる、ということで大丈夫だと思います。

 先週、雨の合間を縫って立山の称名滝を見てきました。水量が多く、とても迫力があって楽しめました。

 さて、ご質問の回答は、滝までのアプローチ次第といったところです。
 増水しているのは間違いないので、滝までの道、滝の付近が増水すると水没するような所でしたら、当然行けませんし、そうでなければ地滑りや土砂崩れに注意は必要ですが、通行止めになっていなければ概ね大丈夫でしょう。

 まあ、特に特別な装備は必要とはしません。そもそも増水中の沢は濁っていて足下が見えないので、水の中...続きを読む

Q春日大社本殿前特別参拝について

春日大社の本殿前特別参拝について教えて下さい。
春日大社を参拝する当日なのですが、ちょうど下記URLの受付していないという時間帯に行くのですが、本殿が見られなくなるということなのでしょうか?
http://www.kasugataisha.or.jp/news/ks-img/本殿前特別参拝受付について.pdf

Aベストアンサー

本殿前特別参拝というのは、普段は入れないエリアにまで入って、本殿のすぐ前で参拝できるというものです。
普段通りの拝殿からの参拝はできるはずですよ。

Q有馬七曲滝の氷瀑について

この19日に七曲滝の氷瀑を見に行こうかと思っています。
前日の18日の最低気温は0℃最高は3℃で、当日19日の最低気温は0℃の気温予報です。
今の時期のこの様な場合、氷瀑を見ることはできるでしょうか?
他の季節には行ったことが有るのですが、冬季は無いので見当も付きません。
予想できる方、お教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

山で40数年のオヤジです。

先週に金剛山のツツジオ谷の滝で、7~8割凍っているのを見ました。
金剛山のツツジオ谷よりも気温が低い裏六甲の谷ですし、
先週よりも明後日の日曜日は気温が下がると予想されますので
まず間違いなしに見ることは可能だと思います。

足下が凍って滑りやすいですので、念のためアイゼンを持参して下さいね。
七曲がり滝は凍ればみごとです、
是非すばらしい氷瀑が見れることをお祈りします。

Q春日大社に国宝が300点以上?

ネットや本で、春日大社の宝物館に、国宝345点、重要文化財175点があるという記述を見つけました。(数字はちょっと違うかも)

しかしながら、国宝って、全国でも1073件。奈良県でも207件とのこと。
春日大社だけで、300点越すのは理解できません。どうしてでしょうか?
この、「点」と「件」という言い方に何かひっかけがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ウィキペディアの「国宝」の所には以下の記述が見受けられます。多分そういうことなんじゃないかな。

抜粋(ウィキペディア)
なお、以上の数字は指定の「件数」であって、「点数」ではない。和歌山・金剛峯寺の金銀字一切経4,296巻のように員数の多いものも件数としては「1件」と数えている。

Q神戸の布引の滝にトイレはありますか?

明日布引の滝に行くのですがトイレはあるのでしょうか?
またバーベキューはできますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

布引の滝ではバーべキューはできません。雌滝は新神戸駅のすぐ裏で、雄滝は雌滝から20分ほど登りますが、どちらもそんな場所はありませんし、火の使用もダメだと思います。
トイレは少し離れたところにはあります。
バーベキューをするのであればもっと上流に(1時間ほど登ったところ)に川原(市ガ原)があり、そこならできます。そこにはトイレもあり茶店もあります。

Q春日大社の裏山で禊が出来る滝があると聞きました。

春日大社の裏山で禊が出来る滝があると聞きました。
ご存知の方がいらっしゃれば、詳細(場所、許可の要否、指導員の有無、行衣レンタル等)を
教えて下さい。

Aベストアンサー

春日大社の裏山は春日原生林となっていて一般の入山は禁止されていると思います。なので、禊ができるとすれば神職の方ではないかと思います。どうしても禊ができるかしりたければ直接春日大社に問い合わせて見るのが一番だと思います。

Q果無(はてなし)峠を越えて熊野本宮大社へ、宿泊は?

奈良県十津川村の昴の郷から果無峠を越え七色から熊野本宮大社へ一日で歩きたいのですが、昴の郷で宿泊できるのでしょうか。また奈良県八木か五條あたりから昴の郷へバスの便はありますか。またバスは奈良交通のバスになりますか。高野山から小辺路を歩いておおります。一人で歩いております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>昴の郷で宿泊できるのでしょうか。

予約が満室でない限りは宿泊できます。

ホテル昴
http://www.hotel-subaru.jp/

八木、五条ともに十津川温泉までの便を利用します。
そこからはホテルに連絡すると送迎してもらえます。
便は奈良交通になります。
http://www.hotel-subaru.jp/access/train_2.html
もっとも十津川温泉からは1.5キロくらいなので、
歩いても30分程度です。

Q4月7日に奈良に遊びに行きます 予定 東大寺、春日大社、興福寺、法隆寺、薬師寺、唐招提寺 これらを近

4月7日に奈良に遊びに行きます
予定
東大寺、春日大社、興福寺、法隆寺、薬師寺、唐招提寺
これらを近鉄奈良駅から効率よく周る方法を教えてください

Aベストアンサー

近鉄奈良駅からやったら、まずは興福寺⇒東大寺⇒春日大社という順番でしょうか。
次に近鉄奈良駅に戻り、近鉄京都線で西ノ京駅で降りて、薬師寺と唐招提寺へ(お互いすぐそこです)。

そっからが微妙で・・・法隆寺って、奈良の中心街からちょっと離れてる&近鉄沿線やないんです。
なので、近鉄郡山駅で1kmほど歩いてJRの郡山に乗換え、そっから法隆寺に。
ただ乗換の郡山も、(今やったら)お城の桜が見事やし、その後もツツジなど色とりどりの花が楽しめますよ!

早春の奈良を十分楽しんでください!(^o^)/

Q富士山の幻の滝

須走5合目に車を停め、昨日、行ってきました。
広大な雪渓だけで、滝はありませんでした。
「まぼろしの滝」と言う道標からですが、上え上えと登りましたが、
途中、少々の水の流れはありましが、滝らしき滝はありませんでした。
梅雨に入ると雪解けも進むと思いますが、道標から上にあるのですか ?
それとも、下に降りるのですか ?
詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

ブルドーザー基地の道標ではなくて、幻の滝の道標まで行っていたのですね。
失礼しました。

「大滝」というのは聞いたことがありませんが、『山と高原地図』の2012年版(添付画像)で見ると、道標のある場所から上に、もうひとつ滝記号があります。恐らく、この場所のことでしょう(ここより下流に滝記号は無い)。
標高差で150mほどですから、雪が無くても30分は登らないと辿り着けないでしょう。

ですが、「大滝」というほどの流れがあるのかは疑問です。
あくまでも雪解け水ですから、期待するほどの水量はないと思われます。
ご自身でもおっしゃっているように、今年は残雪が多くてまだ見頃には早いというのもあります。

一番確実なのは、5合目の東富士山荘のヒゲ親父さんに聞くことですね。
『やまぼうし』というガイドもやっているので、詳しいです。
ツイッターでもおかみさんが幻の滝の情報を流しているので、とても参考になりますよ。

富士山須走口新五合目・東富士山荘@higashifujisan
https://twitter.com/higashifujisan

地理院地図には、幻の滝も含めて滝記号は記されていませんね。

地理院地図
http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/index.html#zoom=16&lat=35.3616&lon=138.77415&layers=BTTT

ブルドーザー基地の道標ではなくて、幻の滝の道標まで行っていたのですね。
失礼しました。

「大滝」というのは聞いたことがありませんが、『山と高原地図』の2012年版(添付画像)で見ると、道標のある場所から上に、もうひとつ滝記号があります。恐らく、この場所のことでしょう(ここより下流に滝記号は無い)。
標高差で150mほどですから、雪が無くても30分は登らないと辿り着けないでしょう。

ですが、「大滝」というほどの流れがあるのかは疑問です。
あくまでも雪解け水ですから、期待するほど...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報