個人事業主の税金対策 新車か中古車どちらにするか悩んでます。


アドバイスお願いします。

近日、軽自動車を買いたいと思っています。

購入予定の車は、ラパンの新古車?(H22年式、諸経費込110万、ナビ・バックカメラをつけたら125万程)の物です。

中古でもある程度走行距離も少なく高年式なものは諸経費込80~90万程するので、新車のほうがいいかなぁと思っていたのですが

税金対策の事をすっかり忘れていました。

車は主に事業用で使用する予定です。

減価償却が軽自動車は4年ということで4年落ちの中古車なら1,2年で償却できるというのを本で読んでから、中古車を買うべきか?と悩んでいます。

ただ納車は10月末くらいになると思いますが、
今回の確定申告で償却できるのは12月分までになるんでしょうか?

新車か中古車を買う違いはいっぺんに償却できないということだけであって、
4年間で考えたら、同じなんでしょうか?

それとできればローンで買いたいのですが、
ローンでも経費として計上できるのでしょうか?

税金の事に関して初心者なので質問自体間違った言葉があるかもしれません。
1つのことでもわかる範囲で結構ですので回答いただきたいです。

ネットで色々調べたのですが言葉が難しくていまいち理解できませんでした。

それと確定申告・税金対策などで初心者にお勧めの書籍があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>税金対策で車を買われる方は沢山いるようで…



経費を増やして税金が少々減ったとしても、節税額の何倍ものお金が財布から出ていくのです。
車の買値および以後の維持費以上の金が、節税で浮いてくるわけでは決してありません。
趣味や業務で本当に車が必要なら買えばよいですが、税金対策のみで車を買うなどばかげた話で、これを愚の骨頂と言います。

>私が知りたいのは100万の車で新古車と中古車があった場合…

そんなことを最初の質問文から読み取れと言うのは無理です。

>最終的に節税できる金額は中古車との税金の差があるのか…

短期間で手放すのでない限り、少々の端数は別にして、納税額に差は出ません。

>オプション・諸経費込で125万でしたので税金などの内訳は聞いてない…

あなたほど税金に異常な拒否反応を示す人が、内訳も聞かずに 100万以上の金をぽんと出すとは、まさに「角 (つの) を矯 (た) めて牛を殺す」ことになりかねませんよ。

>125万をローンで支払いした場合、毎月の支払額を経費にできるか知りたかったです…

だからそれは違うと言っているでしょう。

>元本分は減価償却であげていけばいいという意味ですか…

『再掲』
減価償却費・・・中略・・・は現金で買おうとローンで買おうと差異はありません。

元本の返済は「負債の減少」であって、税金の計算に関係しません。

この回答への補足

最初に回答いただいた時から思いましたが何をそんなにイライラしているのかわかりません。

回答頂けるのはありがたいですが
回答を読み非常に不愉快な気分になります。

回答の内容もわかりずらいです。

ただ、補足にも回答いただけたのでベストアンサーとさせていただき終了させていただきます。

補足日時:2010/09/13 11:52
    • good
    • 9

>個人事業主の税金対策 新車か中古車どちらにするか…



税金の違いだけのために新車か中古車か迷うなんて、風変わりな人ですね。
税金が安い方を選択するのなら、買値が安ければとうぜん税金も安いのであって、中古車に軍配が上がるのはごく自然なことです。

>今回の確定申告で償却できるのは12月分までになるんでしょうか…

10~12月の 3ヶ月分。

>ローンでも経費として計上できるのでしょうか…

十把一絡げにものを言ってはいけません。
何が経費に計上できるかとお聞きですか。
減価償却費やガソリン代、修理代、軽自動車税などは現金で買おうとローンで買おうと差異はありません。

ローン特有の経費としては、月々の支払額のうち金利・手数料分のみが「利子割引料」という経費になります。
元本の返済分は経費でありません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>>
税金の違いだけのために新車か中古車か迷うなんて、風変わりな人ですね。

風変わりでしょうか。。
税金対策で車を買われる方は沢山いるようで、節税の本にも載っていましたがイマイチ理解できなかったので質問をさせていただきました。
特に車に興味はないのでお買い得なほうを購入したいと思っているのですが。。

>>
税金が安い方を選択するのなら、買値が安ければとうぜん税金も安いのであって、中古車に軍配が上がるのはごく自然なことです。

それはそうですね…私が知りたいのは100万の車で新古車と中古車があった場合、新車の場合は減価償却に4年かかると思いますが、最終的に節税できる金額は中古車との税金の差があるのか、あればどのくらいあるのか知りたかったんです。

>>
何が経費に計上できるかとお聞きですか。
減価償却費やガソリン代、修理代、軽自動車税などは現金で買おうとローンで買おうと差異はありません。

すいません…オプション・諸経費込で125万でしたので税金などの内訳は聞いてないのでわかりませんが
125万をローンで支払いした場合、毎月の支払額を経費にできるか知りたかったです。

>>
ローン特有の経費としては、月々の支払額のうち金利・手数料分のみが「利子割引料」という経費になります。
元本の返済分は経費でありません。

この件について調べたのですが
もし月々の返済が2万として、返済分17000円、金利手数料分が3000円だったとすると
3000円がその月の経費になり、

元本分は減価償却であげていけばいいという意味ですか?

最近勉強を始めたのでよく理解できず申し訳ありません…。

補足日時:2010/09/12 13:19
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古車と新車の原価償却費を教えてください。

中古車と新車の原価償却費を教えてください。

Aベストアンサー

>中古車と新車の原価償却費を…

× 原価償却費
○ 減価償却費

新車は、「収支内訳書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/07.pdf
の 2ページまたは「青色申告決算書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/10.pdf
の 3ページにある計算表を左から順番に埋めていくだけ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

要点は、
・取得価格・・・リサイクル料など将来のために預けてあるだけのものは含まない
・償却方法・・・定額法
・耐用年数・・・車種により異なる
https://www.keisan.nta.go.jp/survey/publish/34255/faq/34311/faq_34353.php

中古書も基本的には新車と同じですが、耐用年数の求め方が違います。

・法定耐用年数の全部を経過した中古車
[法定耐用年数] × 0.2 = [耐用年数]

・法定耐用年数の一部を経過した中古車
[法定耐用年数] - [経過年数× 0.8 ] = [耐用年数]
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/36.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>中古車と新車の原価償却費を…

× 原価償却費
○ 減価償却費

新車は、「収支内訳書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/07.pdf
の 2ページまたは「青色申告決算書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h25/10.pdf
の 3ページにある計算表を左から順番に埋めていくだけ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

要点は、
・取得価格・・・リサイクル料など将来のために預けてあるだけのものは含まない
・償...続きを読む

Q新車を買った場合の軽自動車の税金っていつ上がるんですか?

新車を買った場合の軽自動車の税金っていつ上がるんですか?

Aベストアンサー

新車で買ったのでしたら、4/1に買ってから13年過ぎていれば、その年度から上がるとおもいます。
うろ覚えですが。

Q中古車を購入した際の経費処理

個人事業主です。
今度、車を買い換えしなければならず、中古車を購入する予定です。11年前の車ではありますが、車種と状態がよかったので、現金一括で100万円で購入します。車は、家庭用と仕事用、両方で使います。

その際、仕分けの仕方、減価償却の仕方はどうなりますか?

減価償却の場合、乗用車の法定耐用年数から経過年数を引く…そうですが、11年前の中古車の場合はどうなるのでしょうか?

まだまだ経理の勉強中ためわからないことだらけです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず購入時の仕訳について
・事業資金から全額まかなうとき
   車両/現金   100万円
・事業主の個人資金からだすとき
   車両/事業主借 100万円

つぎに減価償却は、普通に計算した額を仕事用と家庭用との使用割合に応じて按分します。
・事業分   減価償却費/車両
・家庭用分  事業主貸/車両

中古資産の耐用年数は、
・購入時に耐用年数を見積もりするか、
・法定耐用年数が全部経過していて、見積もりが困難であるときは、法定耐用年数の20%(1年未満の端数は切り捨て、2年に満たないときは2年)
ですので、この車両の場合、2年とするのがよいでしょう。

中古資産の耐用年数の規定については、下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

Q今年、来年と税金が上がりますが、中古車の買い時は?

今年の4月に8%、来年10%と税金が上がりますね。
中古車を買う場合税金5%のうちに買うべきなのか、10%まで待つべきなのか、そもそもあまり関係ないのか、どうなのでしょうか?
ネットで調べても出てくるのは新車の購入時期か、又は売却するタイミングについてばかり。
中古車の購入に際してのヒントが見つかりませんでしたので、その辺詳しい方がいらっしゃいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

大差ないと思います。
消費税が上がって売り行きが落ちれば価格を下げざるを得なくなるし、もちろん、年式が落ちれば安くなります。

Q法人で買った車を個人の名義で保険に入っても経費参入できますか??

法人で任意保険に入ると高いんです。

個人ではいると個人所有の車の保険の等級を引き継げるので
安いです。

でも、そんなことして経費として認められるでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税法では、基本的に実質で判断されますので、保険の名義は個人であったとしても、その車を法人の事業用として購入されていて、実際に事業用に使用されているのであれば、それに対する保険料については、例え個人名義であったとしても、経費として認められるべき事となります。

ただ、税法以外の面でも、あまり好ましい事ではないとは思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報