痔になりやすい生活習慣とは?

商標表示「AはX社の商標です」は何故必要か?

自分の会社がX社という会社名の場合で、X社がある登録商標(例:AAA)や未登録商標(例:BBB)があったとします。

その場合、よく、商品の包装箱・取扱説明書・カタログ・ホームページなどで、
「AAAはX社の登録商標です。」、「BBBはX社の商標です。」と表記しているのを見かけますが、
そもそも、このような商標表示は何故必要なのでしょうか。
商標法上は、商標表示は法律的に表示義務はなく、努力義務と聞いたことがあります。

法律的な義務でなければ、いちいち表示しなくてもいいかと思いますが、
なぜ、商標表示に努力する必要があるのでしょうか?
表示しないと、どうなるのでしょうか?
商標表示に何か意義や法律的な効果などがあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

努力義務を怠れば民事で訴訟を起こしたときには賠償額が減額される可能性が高くなる・・・なんてことはありません。




そもそも商標法73条にいう商標登録表示は、経済産業省令で定める方式に行ってされるべきものと定められており、それをうけて商標法施行規則第17条で、「「登録商標」の文字及びその登録番号又は国際登録の番号」を表示するものとされています。したがって、「AAAはX社の登録商標です。」というのは商標法で規定された商標表示としては不十分です。

なお、商標法では、この表示については単なる努力義務とされていることはそのとおりです。きちんと表示をしている権利者のほうが珍しいくらいです。表示しなくとも損害賠償が減るなどのことはありません。


では、なぜ表示するのか、というと、自社の商標の場合は、主に、

(1)他人に対して、商標登録がされていることを知らしめて、同一・類似の商標を使われる(ばったものを作られる)ことを牽制しておくこと、あるいは、

(2)登録商標であって一般名称ではない、ということを社会一般の認識として広めるよう努力しておく(ある商標があまりに有名になって、同類の商品を示す一般名称であるかのように社会的に認識されるようになってしまうと、商標権として独占できなくなってしまう場合があるのでので、それを防ぐ)ということ

を狙っているといえます。


ちなみに他社の商標について同様の表示をする場合もあります。これは、他者の商標権を侵害しているわけではないことを示す(他社の商品名を文章で使って入るけどちゃんと他社の商標権ですよ、自分の商品のために使っているわけではないですよ、ということを示す)ねらいがあります(販売店等になれば契約書で要求される場合もあります)。
    • good
    • 1

努力義務を怠れば民事で訴訟を起こしたときには賠償額が減額される可能性が高くなります。



だから表示するのが普通です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「△△は△△の登録商標です」は必ず必要ですか?

よく、ホームページやカタログに、「Windowsはマイクロソフト社の商標です」等の注記がありますが、これは商標上の義務でしょうか?


私は、ある企業のマーケティング担当です。
今度、わが社が販売する商品Aのホームページに、商品Aの広告として、商品Aの楽しみかたを紹介する内容を記載します。そのなかで、他社の商品X(たとえば、ソニーのWALKMAN、コーラ=コカ・コーラ、プリクラ→写真シール作成機)を商品Aと一緒に使用して楽しんでいる様子を説明する文章として、商品Aと商品Xの写真とともに、本文中に商品名(WALKMAN、コーラ=コカ・コーラ、プリクラなど様様な商品名)を記載します。

このような場合でも、文末や注記で、
「△△は△△の登録商標です。」って必要ですか?
それとも、このような使用態様では,商標権の侵害にはならないでしょうか。

そもそも、文章を書くたびに、いちいちすべての商品名を商標調査するのは大変な作業です。また、登録商標の説明的使用については、その商標を持っている会社毎にガイドラインがあることが普通ですが、またそれをすべて確認するのも大変です。マイクロソフトなんかは、HPで商標の取り扱いに関してガイドラインを出していますね。

新聞や書籍では、このような登録商標表記を見たことがないのですが、商標法上許可されているのでしょうか。おそらく、紙面上の都合で注記しきれないと思いますが。デジカメ、という言葉も三洋電機が権利を持っているようですが。

また、一般名称と思っていても実は登録商標だったり
することはよくあると思いますが、一般名称を自分で考えるのは大変なため、登録商標を入力すると、一般名称がわかる検索サイトはないでしょうか。

よく、ホームページやカタログに、「Windowsはマイクロソフト社の商標です」等の注記がありますが、これは商標上の義務でしょうか?


私は、ある企業のマーケティング担当です。
今度、わが社が販売する商品Aのホームページに、商品Aの広告として、商品Aの楽しみかたを紹介する内容を記載します。そのなかで、他社の商品X(たとえば、ソニーのWALKMAN、コーラ=コカ・コーラ、プリクラ→写真シール作成機)を商品Aと一緒に使用して楽しんでいる様子を説明する文章として、商品Aと商品Xの写真とともに、...続きを読む

Aベストアンサー

法律上の義務というわけではありません。しかし、各社が自衛のため、あるいは余計な紛争を避けるために行っているのだと思います。

商標法上、他人の商標を自己の商品を示すものとして使うことは、商標権侵害になりますが、他方、他人の商標を他人の商品を示すものとして使用することは問題になりません。

不正競争防止法においても、同様の定めがあります。(こちらのほうはすこし違った視点からの規制です)

したがって、「△△は△△(他社)の登録商標です。」という文言は、「自分はあくまで他社の商品を示すものとして他社の商標を使っているのです。自分の商品について使っているわけではありません」ということをはっきり示して、商標権侵害にならないように、また商標権者から文句を言われないように、予め予防線を張っているわけです。

新聞などで使わないのは、もちろん字数の関係もあるでしょうし、新聞はあくまで報道目的というのが一般的に認知されているので、自分の商品(新聞)を示すものとしてそれらの商標を使用していると取られる可能性があまりないからかと思います。また、商標は、商標登録において指定されている商品・サービスの範囲内のみで権利が認められているものなので、そもそも登録商標の商品とまったく違う商品で同じ商標を使っても商標法上の問題は生じないというのも理由としてあげられます。

登録商標を入力すると一般名称がわかる、そんな便利なサイトはまだ見たことはありません。一部について説明したサイトなどはありますが。

http://fleshwords.at.infoseek.co.jp/dt/dt049.htm

法律上の義務というわけではありません。しかし、各社が自衛のため、あるいは余計な紛争を避けるために行っているのだと思います。

商標法上、他人の商標を自己の商品を示すものとして使うことは、商標権侵害になりますが、他方、他人の商標を他人の商品を示すものとして使用することは問題になりません。

不正競争防止法においても、同様の定めがあります。(こちらのほうはすこし違った視点からの規制です)

したがって、「△△は△△(他社)の登録商標です。」という文言は、「自分はあくまで他社の商品...続きを読む

Q学術論文での商標帰属の表示について

学会(IEEE)への論文投稿を予定しています。
その本文中で、他社の製品名を記載したいと思っています。例えば、
「試作のソフトウェアをiPhoneのアプリケーションとして作成した。」
「試作のシステムをAmazon Web Services上に構築した。」
というような具合です(実際は英語です)。

この場合の商標帰属文の記載の要否について教えて下さい。
Apple商標および著作権使用に関するガイドライン
https://www.apple.com/jp/legal/trademark/guidelinesfor3rdparties.html
AWS 商標使用ガイドライン
http://aws.amazon.com/jp/trademark-guidelines/

これによると、商標帰属の文言
(例:iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。)
を記載しなければならないと言っているように読めます。

しかし、実際に発行されている論文を見ると
そのような記載をしているものはほとんど見当たりません。
iPhone等のキーワードで検索した論文をいくつか見てみましたが、
いわゆる包括的な表示(例:本文に掲載の商品の名称は
各社が商標として使用している場合があります)も含め、
どれにも書かれていませんでした。

IEEEのFAQを参照しましたが、記載の要否については
自分の理解力では判断できませんでした。
http://www.ieee.org/publications_standards/publications/rights/index.html

書く義務があり実はどの論文も違反しているのか?
それとも書かなくてよい根拠が何かあるのか?

よろしくお願いします。

学会(IEEE)への論文投稿を予定しています。
その本文中で、他社の製品名を記載したいと思っています。例えば、
「試作のソフトウェアをiPhoneのアプリケーションとして作成した。」
「試作のシステムをAmazon Web Services上に構築した。」
というような具合です(実際は英語です)。

この場合の商標帰属文の記載の要否について教えて下さい。
Apple商標および著作権使用に関するガイドライン
https://www.apple.com/jp/legal/trademark/guidelinesfor3rdparties.html
AWS 商標使用ガイドライン
http://aws.ama...続きを読む

Aベストアンサー

商標権という権利の内容を誤解されていると思います。
商標権は、商標(マーク)またはそれに類似するマークを指定商品・役務またはそれに類似する商品・役務につけて市場の流通に置くことやその準備行為を行って、出所の混同が発生することを予防するものです。

論文に Apple Inc. のスマートフォンの名称(つまりマーク)を書いても、論文そのものは市場に流通しないもののように思われます。
仮に、論文が市場に流通するものとしても、論文にスマートフォンの名称を書いても出所の混同は発生しないでしょう。

商標権は、マークを他人が勝手に使用することを広く禁止するものではありませんので、商標権を持っている人が作成したマークの使用のガイドラインに従う義務は発生しません。これは「無断駐車すると1万円いただきます」と土地の所有者が書いているのと同じことで、意見は分かれるかもしれませんが、無断駐車したことが見つかってしまうと必ず1万円を払わないといけないということはないように思います。

ただ、無断駐車するとやっぱり必ず1万円払うのが道理であるとお考えになられるように、商標を無断で使用するとなにかいけないことをしているように思われ心配されるのなら、「スマートフォン」というような一般的な名称を使われるのがよいと思います。しかし、それでは論文の内容が不明確になるとかということでしたら、Apple Inc. のスマートフォンの名称の横に○の中にRを書いた印を書かれるのがよいと思います。

○の中にRを書くのは、商標が「マジック」や「デジカメ」(日本の場合)のように普通名称となってしまい出所がわからなくなるのを防止するためが主な目的なのですが、書かなかったからといって損害賠償が請求されたり刑事罰を受けるということはまずないと思います。(そもそも日本の商標法には商標権者以外が○の中にRを書かないといけないというような条文はありません)

商標権という権利の内容を誤解されていると思います。
商標権は、商標(マーク)またはそれに類似するマークを指定商品・役務またはそれに類似する商品・役務につけて市場の流通に置くことやその準備行為を行って、出所の混同が発生することを予防するものです。

論文に Apple Inc. のスマートフォンの名称(つまりマーク)を書いても、論文そのものは市場に流通しないもののように思われます。
仮に、論文が市場に流通するものとしても、論文にスマートフォンの名称を書いても出所の混同は発生しないでしょう。
...続きを読む

QWEBで他社商標(商品名)の表示

WEBサイト上でいろんなの企業の商品紹介を考えています。

例えば・・・
・A社の「○○○」はオススメです!
・B社の「xyz」はここが違います!

ここで質問です。
ページ下の方に「○○○」はA社の登録商標です。「xyz」はB社の登録商標です。等の記載があればOKでしょうか?
それとも各企業に了解を得なければならないのか、(C)(R)表示を入れれば大丈夫なのか?
周りに知っている人間がいなくて不安になってしまいました。

恐れ入りますが詳しい方教えて頂けませんでしょうか。お願い致します。

Aベストアンサー

基本的には駄目です。しかし個人(またはそれ以外)のホームページで商標に関する言葉が勝手に使われていても何も言わないだけです。

>ページ下の方に「○○○」はA社の登録商標です。「xyz」はB社の登録商標です。等の記載があればOKでしょうか?
入れないよりは入れたほうがいいと思いますが、不正な使い方をすれば結果は同じです。

商標の使われ方の問題ですが、たとえばまったく違う商品を扱っているのに関連する商標を入れて集客(SEO)させるのであれば、問題です。
また直接販売しなくても集客させる事で広告料が入る場合も同様でしょう。
ホームページに商標(キーワード)を入れれば入れるほど検索エンジンに引っかかる可能性も大きくなります。これが意図的にでなくても、何らかの被害(営業妨害等)を与えていると企業が判断するかいなかの問題だと思います。
そのときはなんらかの警告をメール等で送ってくるとかありますが、それにも従わないのであれば訴えられる事を覚悟しなければなりません。

Q説明書で「~社の商標または登録商標です」とことわることについて

会社で営利目的のソフトウェアのマニュアルを作成しています。ソフトウェアの仕様を記載する部分で、対応パソコンや、対応OS、又は、対応プログラミング言語に、他社の商標を載せることになりますが、それについては、「~社の商標または登録商標です」とことわるつもりでいます。
ここで質問ですが、このことに関して商標を所有している会社に連絡をとり、許可をもらう必要はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

Windows等の商標使用には、細かい表示規定があります、説明会を受けてガイドラインに則って表示しなければいけません。
例えば、他社製品との列挙の順番など・・・。
IntelさんやDLPさんなんかもそうですね。
一度、商標を使用する会社に問い合わせた方が無難だと思いますよ。
ただ、ガイドラインをもらえるかどうかは別ですけどね・・・。

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Q他社の名前やロゴをプレゼンで使う場合

他社の名前やロゴをプレゼンテーションで使うことについて質問があります。

競合他社と自社との比較に他社の名前やロゴが登場するプレゼンが見受けられます。
例えばソフトバンクのプレゼン資料
http://webcast.softbank.co.jp/en/results/20130430_02/pdf/20130430_02.pdf
こんな感じです。

他社の名前やロゴは間違いなく商標登録しているだろうし、プレゼンであなたの会社の製品を低く見せるためにの製品のロゴや名前を使用したいと、同業他社に使用許可を求めて、許可を出しているとは思えません。

ソフトバンクのプレゼンに限らず、ベンチャーキャピタルが主催しているプレゼン大会でも同様に他社のロゴが頻繁に使われているのを見受けます。指摘された時に問題になりそうだと思うのですが・・・。

そこで聞きたいのは、

ソフトバンクのプレゼン資料のように
1、自社製品と他社製品の比較で許可を得ず競合他社の名前を使うことは法的に問題はないのか?
2、自社製品と他社製品の比較で許可を得ず競合他社のロゴを使うことは法的に問題はないのか?
3、プレゼン大会等で他社の名前やロゴを使っている会社はどういう法的根拠でプレゼン資料として使っているのか?

教えてください。

他社の名前やロゴをプレゼンテーションで使うことについて質問があります。

競合他社と自社との比較に他社の名前やロゴが登場するプレゼンが見受けられます。
例えばソフトバンクのプレゼン資料
http://webcast.softbank.co.jp/en/results/20130430_02/pdf/20130430_02.pdf
こんな感じです。

他社の名前やロゴは間違いなく商標登録しているだろうし、プレゼンであなたの会社の製品を低く見せるためにの製品のロゴや名前を使用したいと、同業他社に使用許可を求めて、許可を出しているとは思えません。

ソフトバ...続きを読む

Aベストアンサー

許可無しの無断利用は全部アウトです。
S社が許可なしで使っているは確かなのでしょうか?
ありもしないことを書くと名誉棄損になりかねません。

現実的な回答としては、その程度の理由で被る損害は微少でしょうし
某国と違い他社のロゴや社名を入れて売りに出すわけではないですから、特段問題にしないのでしょう。

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。


人気Q&Aランキング