あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

歌の歌詞カードに書いてある(☆くりかえし)マークについて

ポップス系の歌の場合
2番が終わったあとに、
サビ(もりあがり)の部分のメロディが繰り返されることが多いですね。

その部分の歌詞が
◆くりかえし とか *Repeat とか
なってる場合がありますが
あれって作詞者の手ぬきだと思いますか?

歌を聞いている側にとっては
もうすでに聞いた歌詞をまた聞かされるような気がして
単なる時間稼ぎに聞こえる場合があります。

歌手の立場から見たら、歌詞を覚える量が少なくていいかもしれませんが。

歌によってはその部分も◆くりかえし ではなく
ちゃんと別の歌詞が作られてる場合もあります。

洋楽の場合はサビ(もりあがり)の部分は*Repeatになってるのが
主流ですが
シンガーがアドリブで
歌詞カードに書かれていないことをうたってるケースが多いから
手抜きとは感じませんが。

どのように感じますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 「くりかえし」とか「Repeat」・・・・、私が先生について教わっている英語系のポップスやジャズスタンダードでは、譜面に「D・S」とか「ref.」などという記号で繰り返しの指示が書かれていますが、私は作詞者の手ぬきなどと考えたことはありません。



 ちなみに「D・S」というのは、ダルセーニョというイタリア語を略したもので、この部分まで歌ったら、「S」に似たセーニョの記号のついたところに戻って繰り返すという意味、「ref.」は一連の歌詞を繰り替えすという意味の「refrain」の略です。

 歌を聞いている側にとっては、もうすでに聞いた歌詞をまた聞かされるような気がして、単なる時間稼ぎに聞こえる場合があります・・・・・というお言葉に驚きました。へぇ、そういう人も居るんだとはじめて知りまた。私が素人なりに人様の前で歌を聴いていただいている、でも、その中に、二度繰り返されて辟易している方が居るかもしれないということを知ってとてもショックでした。

 サビの部分はいわば聞かせどころ、時には半音上げたりして歌いますが、その繰り返しがあってこそ、歌詞の思い入れを歌う側と聞く側で共有できるのだと、私は思うのです。歌詞の意味をそれぞれ頭の中にイメージというか映像のように置き換えて感じ取り、それによっていっそうじっくりと曲を楽しむ、そうしたことから「繰り返し」はひとつの曲の構成として不可欠なことだと私は思いますし、もし繰り返しがなかったら、ハイッ、歌いました…とまるで国家斉唱みたいになってしまいそうで、むしろ怖い気すらします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>時には半音上げたりして歌いますが

半音あがる歌、よくありますね。
あれはいいなって思います。

>へぇ、そういう人も居るんだとはじめて知りまた。

私がたまたま思っただけで
多分同じことを思う人は少ないと思います(笑)

>私が素人なりに人様の前で歌を聴いていただいている

素人とはいっても歌を歌う人からの意見、
とても参考になります。

歌詞より、メロディのほうが重視されのかもしれませんね。
メロディがよければ歌詞が何度繰り返しになっていても
いいと思います。

J-POPと違い洋楽を聞くときは、
同じ歌詞が繰り返しになってても、私は英語が分からなで聞いてるせいか
ぜんぜん気になりませんよ。

お礼日時:2010/09/14 09:51

最近の詳しい事情は知りませんが



私がそういう仕事に携わっていた頃は
3分半以上、5分以上 などの区切りで作曲料が違ってました。
(各社、事務所の契約により一概にはいえませんが)
よってそういうことも考慮して曲を作るように事務所に支持されることもありましたが
ほとんどの場合、リピート部分はその曲での一番伝えたい部分であることが多いので
聴く方によっては「しつこい」と思われるかもしませんが
作り手としては「しつこいほど繰り返したい」場合もあるのです。

歌詞は詩でもあるので
せめて歌詞カードには★リピート、でなく
長くなってもきちんと前文記載したい・・・というのが作り手の希望だと思います。

時間稼ぎにしか感じてもらえないとしたら
それは作曲者の才能不足ですね。

この回答への補足

>時間稼ぎにしか感じてもらえないとしたら
>それは作曲者の才能不足ですね。

★~★の量にもよりますね。

2~4行分ぐらい同じ歌詞が繰り返されてる場合
はなんとも思いませんが。

補足日時:2010/09/14 01:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>作り手としては「しつこいほど繰り返したい」
>場合もあるのです。

その最たるものは
サビからはじまるいわゆる前サビ曲ですね。

これは手抜きとは思いません。
キャッチーでいいと思います♪♪

アイドルの歌に圧倒的に多いですね。

シングルA面曲(シングル扱いの歌)に多く
CMやドラマ主題歌とタイアップしてる場合も多いです。

でも例えば10曲入りのオリジナルアルバムがあるとして
収録曲のほとんどが前サビだったら
やすっぽい感じはいがめないと思います。

お礼日時:2010/09/14 00:42

音楽に詳しいわけでは無い人ですが…



サビというのは強調したい詩の一節なのだと思いますよ~
ソナタ形式とかの古典的作曲法などでも第一主題・第二主題等の「提示部」を再現部で再提示する…という繰り返しをしますし…音楽の歴史の中で、「こういうもの」という理論みたいに感じますね。

実際に売れている曲の大半がリピートするサビを使用している以上は「理論は正しい」ということなのかも(?)

参考までに、
ソナタ形式
 序奏⇒提示部(第一主題)(第二主題)⇒展開部⇒再現部(第一主題)(第二主題)⇒コーダ(終了までの流れ)
 という流れに沿って作曲されます。

個人的な感想は、「その曲」を印象付けるメロディーとなる部分ですから…何回も聞いてもらえる部分と言うことで繰り返しは大切なものだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>何回も聞いてもらえる部分と言うことで
>繰り返しは大切なものだと思いますよ。

そうですね、いい歌詞なら何回も聞きたいですね。

でも歌詞カードを見て。
____________
(1番)
(Aメロ)
********
********
********
********
(Bメロ)
★********
 ********
(サビ)
 ********
 ********
 ********
 ********★

(2番)
(Aメロ)
********
********
********
********
(Bメロ)
 ********
 ********
(サビ)
 ********
 ********
 ********
 ********

★~★くりかえし
___________
となってると
「え?2番が終わったあとに
また1番の途中と全く同じ歌詞を歌うの?」と
思うことがあるんです。

★~★くりかえしの部分でも
欧米の実力派アーティストの場合は
「Oh Yes~♪」とか「No More~♪」とか
歌詞カードに書いてないことも歌ってる人も多いので
手抜きとは思わないんですが。

お礼日時:2010/09/14 00:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌で同じ部分が繰り返されるところで、歌詞カードに”繰り返し”と書かれて

歌で同じ部分が繰り返されるところで、歌詞カードに”繰り返し”と書かれているものと、同じ部分が歌詞カードに全部書かれているものどちらが好きですか?
私は後者のほうが好きです。

Aベストアンサー

どちらかというと“繰り返し”と書かれてるほうですかね。
僕の場合、音楽ファイルをPCに保存して、カラオケで早く歌えるようになるように、タイムタグ付きで歌詞ファイルを作るのですが、そのときに繰り返しと書かれてたほうが、タイムタグが入力しやすいです。

Qメニューバーやツールバーが 見えなくなりました。

メニューバーやツールバーが 見えなくなりました。

10日ほど前に新しくパソコンを買い替えました。 NEC の LAVIE です。うれしくて かちゃかちゃやっていたら メニューバーや ツールバーが消えてしまいました。 何か設定をかえたようですが覚えていません。
インターネット ワード エクセル の画面で メニューバー等が 消えていまして メール(Windows Live Mail) では メニューバー等が ちゃんと表示されているのです。
またペイントソフトでも ファイル とか 編集 とかの 項目 が 無いのです。

自分でも 質問集などでしらべまして ALT をおして Vキーを おしてみたりとか してみたのですが
全然表示されません。

どうしてこんな重要なものが消えてしまうような設定があるのかわかりませんが、とても困っています。

どうすれば表示されるか おしえていただけませんか。 OSは ウィンドウズセブン です。

なお初心者ですので 難しい用語はわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLがヒントになりませんか?

参考URL:http://win7.tk/2009/10/post_16.html

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


人気Q&Aランキング