短編で怖いホラー小説ってありますか?
僕が読んで面白かったのは、高橋克彦の短編物、鈴木光司の短編物、ぼっけえきょうてえなどです。
外国のものでも、怖い!のなら知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

○篠田節子「静かな黄昏の国」


ちょうど今読んでるところです。普通の短編集だと思って読み始めたら、
どれもホラーのようで読んでるうちに寒気が・・・。

○綾辻行人「フリークス」
既にお読みになったかもしれませんが生理的に「うっ」とくる話もあって怖くて
二度と読んでません。

○岩井志麻子「邪悪な花鳥風月」
「ぼっけえきょうてえ」を読まれたならこちらも済みかもしれませんが、
岩井さんは女性の怖さを書くのが上手いですね。
    • good
    • 3

古いものばかりですが。



柳田国男『遠野物語』。創作ではなくて土俗的な伝説を集めたものですが、土臭く、何のオチも説明もない怪異の怖さがそそります。
半村良「箪笥」。非常に短い絶品です。おそらく何らかの短編集に収録されていると思います。
小松左京の短編「猫の首」「くだんのはは」。
夢野久作では「瓶詰の地獄」を推します。
上田秋成『雨月物語』も。
    • good
    • 1

夢野久作は、、。


ホラーではないかもしれないけど(幻想文学)、とにかく文章がもうイってます。最近は「朗読本」とかありますが、夢野久作はちょっと読めないですよ。狂人の叫び声とかが多すぎる。(笑)
読んでいると、何かにとりつかれて書いたのでは、、と思えるくらいです。「ぼっけえきょうてえ」が好きなら、ぜったいに「少女地獄」や「ドグラマグラ」も楽しめると思います。
あと、古典的なところでは「江戸川乱歩」最高です、、。「人間椅子」なんども読みました。ホテルのソファの中に人が住んでいる、というキテレツな話ですが、エロティックでもあります。ホテルのソファに座るときに中に人がいないか、確認したくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夢野久作も未読でございます・・・。
>狂人の叫び声とかが多すぎる。
ある意味コワイですね(笑)。参考にさせていただきます。
江戸川乱歩は、昔読んだっきりだったので、また読みたくなりました。探してみようかな。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 22:13

怖いかどうかは、あまり自信はないのですが、


高橋克彦は私も好きなのでお邪魔しました。

「ガストンルルーの恐怖夜話」は、いかがでしょうか?
ルルーというと「オペラ座の怪人」や「黄色い部屋の謎」で有名ですが、これは短編集です。

それと、ホラーというか、なんというか・・・、
中井英夫の「とらんぷ譚」も結構面白いと思うのですが。
精神病院の患者さんの妄想の話?
この人もミステリーの「虚無への供物」の方が有名ですけど。

あと、「倉橋由美子の怪奇掌編」とか小池真理子の「倒錯の庭」なんかも好きなんですが~。

好みから外れていたり、既読でしたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高橋克彦、好きですか~。
ご推薦の作品、全て未読です(笑)。
小池真理子の「墓地を見おろす家」は怖い作品でした。ですので他の作品(コワイやつ)も読みたかったのですが、彼女はいろんなジャンルを書く作家さんなのでなかなかどれを買っていいのかと・・・。
「倒錯の庭」と他の推薦作、さっそくあたってみます。
高橋克彦好きなら、たぶん好みが合うかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 14:45

小林泰三「玩具修理者」、栗本薫「家」、綾辻行人「殺人鬼」あたりをお勧めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

「玩具修理者」と「家」は読みました。スイマセン・・。
「玩具修理者」は映画にもなりましたよね。見てませんけど・・。
綾辻行人の他の作品は、幾つか読んだことありますが、この「殺人鬼」はまだです。いかにも、といったカンジですね。怖そうですね・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 14:26

内田百閒はいかがでしょう。

ホラーというよりファンタジー・悪夢ものでしょうがじめじめとして肌にまつわりつくような不快さがたまらない。百閒はユーモア関係も多数あり、好きになるとたまらなくなります。

岩波文庫「冥土・旅順入城式」には「尽頭子」「石畳」「菊」など怖いはなしが目白押し。ちくま文庫「サラサーテの盤」もお勧めです。

十数年ごとに百閒ブームというか、文庫の復刊がある。何か日本人の心に引っかかる部分が大きくあるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内田百閒ですか。まだ読んだことはありませんが、こういうタイトルは好きです。
是非読みたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 14:17

海外物なら創元推理文庫の「怪奇小説傑作集1~5」をお薦めします。


ブラックウッド、ビアスやラグクラフトなど、キラ星のごとく古典の名作が網羅されています。
特に「・・1」に収録の『猿の手』(W・W・ジェイコブス)は古典の中でも怖さはピカイチですよ。
この中でお気に入りの作家を見つけられましたら、その作家の短編集を試されてはいかがでしょうか?

個人的なお薦めは、ラグクラフト全集(創元推理文庫)、アンプローズ・ビアス短編集(角川文庫)、W・H・ホジスンの短編集『夜の声』(創元推理文庫)が良いですね~。
ちなみに『夜の声』は怪奇SF映画で有名な『マタンゴ』の原作であります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「猿の手」は読んだことないですが、古典の名作として有名ですよね。この機会にぜひ読んでみます。
今まで海外物はなんとなく食指がのびなかったのですが、こうして教えていただくと非常に参考になります。ご推薦の作品、早速捜してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/03 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推理小説、SFも、前書き、後書きから読むべきか

推理小説やSF小説を読む時も、ノンフィクション本と同じように、前書きと後書きから先に読むべきでしょうか。

Aベストアンサー

hattlepapeさん、こんにちは。

 お願いです。あとがきから読まないでください。
 後書きを付ける場合は、読者へのサービスで中身を解説したり、時にはネタバレさせたりしてるものです。推理小説はそんな読み方をしたら興味半減でしょ。作家からしたら「やってられねえぜ」ってとこです。
 私はアマチュアであるうえ推理モノを滅多に書きませんが――今書いていて、今まさに後書きを書いてるところ。本編はまだだけど。何というタイミングだ――作品は書かれている順番に読んでいただくように書いているはず。前書きにせよ、後書きにせよですね。これは何も私に限らずのこと。ノンフィクション本も例外ではないはずです。
 もう一度言います。お願いです。あとがきから読まないでください。

Q良質 リアル派の宇宙ものSF小説/漫画って?

宇宙もののSF小説や漫画は数あると思いますが、

近い将来を舞台にした比較的リアルな宇宙/未来像をモチーフにした作品のお薦めを教えて下さい。

例えばどの程度までのものかと言うと

(小説)
●2001年 宇宙の旅
(もうちょっとリアルがいいかな..)
×スターウォーズ

(漫画)
●ムーンライトマイル、プラネテス
×銀河英雄伝説

たくさん知りたいので思い思いに書いてもらえると嬉しいです。

ちなみにタイトルだけでなく一言内容解説があると最高です。

よろしくです。

Aベストアンサー

SF好きです(^^)v
最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があることを知っているのは彼だけ。さて、月は地球から独立することができるでしょうか。
  ハインラインというと「夏への扉」と「未来史シリーズ」が有名ですがちょっとハード目の設定というとこれが一押しです。

◆無常の月(ハヤカワ文庫/ラニーニーブン)
 ニーブンのSFというとどちらかというと異形の宇宙人が出てきてとか、ハードSFといってもファンタジーの色合いが強いですよね。
 これは短編集です。
 ある日突然、月が明るく輝いた。常ならざる月の光。
 天体コラムを書いている主人公と恋人はその夜をどう過ごすのか。という表題作の他、「スーパーマンの子孫存続に関する考察」「タイムトラベルの理論と実際」など。

◆星を継ぐもの(創元SF文庫・J.P.ホーガン)
 月で発見された宇宙服姿の人骨は、5万年前のものだった。チャールズと名づけられた彼の正体は?で始まる ホーガンの代表作。「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」「内なる宇宙」と4部構成です。


わたしも ムーンライトマイル、プラネテス 大好きです。
星野宣之氏も「未来の二つの顔」「未来からのホットライン」など ホーガンのSFをコミック化していますね。
こちらもお奨めです。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=67143

SF好きです(^^)v
最近はあまり新しいものに手を出す時間的ゆとりがありませんが。

近未来というコトで
◆マン・プラス(ハワカワ文庫/フレデリックポール)
  火星に探検部隊を送るために、火星環境仕様のサイボーグを作成する。
  火星探索のための技術というよりも、主人公がサイボーグとして新しいアイデンテティを得るまでの話といったほうが適当か。

◆月は無慈悲な夜の女王(ハヤカワ文庫/ハインライン)
  主人公は月に住むコンピュータ技師。
  月のホストコンピュータに「自我」があること...続きを読む

Q怖い短編小説を探しています。

怖い短編小説でお薦めのものがあったら教えて下さい。
怖いと言っても、ホラー的なものに限らず、心理的な怖さを感じるものなども含めて探しています。

Aベストアンサー

http://www.chikushi-navi.com/iimono/iimono04.html
今更ですかね。
「葛橋」直感で浮かんだので。

ホラー的な怖さよりも、心理というか、それもドロドロとか
ものすごくぞっとするような怖さじゃなくて
誰の心にもあるような些細な利己、みたいなのが怖かったです。
日常が些細なことで転落する怖さというか…。

めちゃくちゃ怖いものじゃないんですが
「何か怖い短編ないかな~」と言う人にはお勧めします
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/30904369
『七つの怖い扉』
七人の作家さんが書いた短編アンソロジーです。
読み比べたり、いろんなタイプの怖さがあって面白いです

Qコバルトの短編新人小説賞ってネットで発表した作品は

コバルトの短編新人小説賞ってネットで発表した作品は応募しちゃダメなのでしょうか?
また、どういう作品が好まれるのでしょうか?
エロ傾向を含んだ作品は投稿しないほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ネットで発表した作品は応募しちゃダメなのでしょうか?

回答・・・ダメでしょう。
「応募のきまり」にはっきりと「自作未発表のもの」と書いてありますから、ネットで発表してたらアウトでしょう。

>どういう作品が好まれるのでしょうか?

回答・・・申し訳ありませんがわかりません。
入選した作品や、最終候補作品の選評を読むと、編集の人というより、読者に読んでもらうための工夫をいかにしているかが大切みたいには感じます。

>エロ傾向を含んだ作品は投稿しないほうがいいのでしょうか?

回答・・・露骨なものはどうかと思いますが、ある程度は許容されるのではないかと思います。
去年の2012年1月号の最終候補作品に残った作品の中には「太ももを舐める」「飴玉の口移し」という「ナマナマしい」表現をしていた作品があったと選評に載っています。この程度で「ナマナマしい」と編集の人が言うのですから、やはり露骨な表現は避けた方が無難かと思います。

Qおすすめの短編漫画の単行本ってありますか?

漫画好きなら読んどいた方がいいというような短編(読み切り)漫画集ってありませんか?ちなみに好きな短編漫画は藤子・F・不二雄さんの異色短編や紺野キタさんの短編漫画などです。どんなジャンルでもいいのでおすすめがあったら教えてください。

Aベストアンサー

少女マンガでは、「tsunamix」(海野つなみ・講談社コミックスKiss)をおすすめします。読んでいるととげがささるんだけど、とげのない綺麗なだけの話なんてつまらない。でもとげだけなのもつまらない、という感じのとげがあるけど暖かい気持ちが残るような作品が詰まっています。
ちょっと不思議ものの短編集としては、「オプショナル・ツアーシリーズ」(夢路行)がおすすめです。夢路行全集(一迅社ゼロサムコミックス)の13~15巻として出ています。
SFでは、「著者再編集版 アフター0」(岡崎二郎・小学館)がおすすめです。藤子不二雄さんの短編に近い雰囲気がある短編集になります。
マンガ好きならこれは!というのは「群青学舎」(入江亜季・エンターブレイン)。短編のなかにしっかりとした物語のエッセンスがしっかり入っています。

Q短編小説のタイトルがわかりません

10年ぐらい前に読んだ短編小説のタイトルがわかりません。
全部よ世にも奇妙な物語系の不思議(?)な話でした。
うろ覚えなんですが以下のような短編だったと思います。
確か日本人が作者だったような・・・・

・全身がヌルヌルになってしまう男の話。日常生活は不便だが、
彼女とベットを共にするときは、彼女に好評だ。みたいな話。

・すごい美女なのに母親にブスだといい聞かされて育った
女の子の家に家庭教師かなんかとしてやってきた男の話。
その女と結婚するが、彼女を独占するために、母親と同じように
そのままその子にブスだと思い込ませるような話。

・朝起きたら虫みたいなのになっていて、それを繰り返す?みたいな話

すぎ断片的なんですけど、もしご存知のかたがいたら教えてください。

Aベストアンサー

>全部よ世にも奇妙な物語系の不思議(?)な話でした。

1999年のゲームキッズなどのゲームキッズシリーズではないでしょうか。

Qいろんな俳句、教えて下さい。

表題の通り、いろいろ俳句を教えて下さい(爆)
文学的な俳句でもいいし、オモシロネタな俳句や
日常の疑問について思わず頷いてしまう様な俳句、
語呂が俳句に近いような格言・川柳的なモノでもかまいません。

とにかく沢山の俳句を集めていますので、ご助言よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

歳は人にとらせていつも若恵比寿
蛸壺やはかなき夢を夏の月
石山の石より白し秋の風
美しや障子の穴に天の川
芭蕉

散る桜残る桜も散る桜
裏を見せ表を見せて散るもみじ
どちらも良寛の辞世の句という俗説があります。
真偽は色々語っているサイトがありますので
興味があれば探してください。

露の世は露の世ながらさりながら
一茶辞世の句

耕運機盛りのゲンゲ裏返す
作者失念。

一日も捨てる日もなし梅の花
栗田樗堂

糸瓜ぶらり夕顔だらり秋の風
秋の蝿追えばまたくる叩けば死ぬ
正岡子規

逝く空に桜の花があれば佳し
三波春夫

顔抱いて犬が寝てをり菊の宿
高浜虚子

蝉時雨子は担送車に追ひつけず
石橋秀野

他にも沢山ありますがまあこんなところで。

Qこの短編小説をご存知の方いませんか?

以前どこかで読んだ短編小説なんですけれど、
タイトルと作者がわからなくて悶々としています。
概要は以下。

主人公(男)は探偵で、若い男性から仕事の依頼を受ける。
それは「結婚間近だった恋人が突然婚約を破棄してきた理由を知りたい」
というもの。
品行方正で他に男の影も無いような彼女に一体どんな理由が…?
という、ある種のミステリなのですけど。

オチをばらしてしまうとまあ簡単に言えばその恋人は実は
極端な少年愛者かつサディストで、
要は「性の不一致」だったということなんですが。
彼女がコンビニで成人向け雑誌を読む小学生に脅すような言葉をかけ、
怯える子供の顔をみて興奮するという場面を探偵が尾行するシーンが
なんだか異様に記憶に残っています。

細かい部分はもしかしたら違っているかも…

多分、講談社文庫のアンソロジー(推理作家協会編)で読んだものだと
思うんですけれど…
心当たりのある方、いらっしゃいましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

講談社文庫「零時の犯罪予報」に収録されている、姫野カオルコさんの「探偵物語」だったと思います。
女性が名札を読んで声をかけるシーンや、小学生があわてて走り去った後の恍惚とした様子の描写にぞくっとしました。
http://www.bk1.co.jp/Sakuhin.asp?ProductID=2536244

昨年読んだ覚えがあるのですが、ここしばらくアンソロジー系はこの日本推理作家協会のものしか手にしていませんので、もし間違っていたら前後のミステリー傑作選をご覧下さい。

Qごく短い短編の文学賞は?

15枚にも達しないくらいの、ごく短い短編小説を募集している文学賞を教えてください。
ネットで検索してみたりもしたのですが、探し方が悪いのかなかなかこれというものを見つけられません。
なるべく短く…超短編、といって良いくらいのものでも可能な賞を探しています。
ジャンルは問いません。ライトノベル系歓迎です。
どなたかご存知でしたらご教授願います。

Aベストアンサー

ショートショートなら、小説現代とコバルトで募集しています。
これ以外の賞は下記サイトで見つけてください。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/index.htm

Qライトノベル「僕は友達が少ない」の書き下ろし短編が7月のコミックアライ

ライトノベル「僕は友達が少ない」の書き下ろし短編が7月のコミックアライブに載っている、と作者さんの日記に書かれていたのですが…

それは今月の23日に発売するやつなのか先月の23日に発売されたものなのかわかりません。

ないとは思いますが、もしかしたら大分前に発売された7月号のことだったらどうしよう、と悩んで(?)います。

先月までのものを買っている方がいたら、「僕は友達が少ない」の短編が今までに載っていたかいないか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

コミックアライブのHPを見ればわかります。
6月26日 アライブ8月号特別付録
(1)神野オキナ書き下ろし『あそびにいくヨ!』短編小冊子
(2)888描き下ろし『あそびにいくヨ!』文庫かけ替えカバー
7月27日 アライブ9月号特別付録
(1)『僕は友達が少ない』&『まよチキ!』Wかけかえカバー
(2)書き下ろし短編小冊子『僕は友達が少ない』


http://www.mediafactory.co.jp/comic-alive/index.php?MENU=next


人気Q&Aランキング

おすすめ情報