短編で怖いホラー小説ってありますか?
僕が読んで面白かったのは、高橋克彦の短編物、鈴木光司の短編物、ぼっけえきょうてえなどです。
外国のものでも、怖い!のなら知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

○篠田節子「静かな黄昏の国」


ちょうど今読んでるところです。普通の短編集だと思って読み始めたら、
どれもホラーのようで読んでるうちに寒気が・・・。

○綾辻行人「フリークス」
既にお読みになったかもしれませんが生理的に「うっ」とくる話もあって怖くて
二度と読んでません。

○岩井志麻子「邪悪な花鳥風月」
「ぼっけえきょうてえ」を読まれたならこちらも済みかもしれませんが、
岩井さんは女性の怖さを書くのが上手いですね。
    • good
    • 3

古いものばかりですが。



柳田国男『遠野物語』。創作ではなくて土俗的な伝説を集めたものですが、土臭く、何のオチも説明もない怪異の怖さがそそります。
半村良「箪笥」。非常に短い絶品です。おそらく何らかの短編集に収録されていると思います。
小松左京の短編「猫の首」「くだんのはは」。
夢野久作では「瓶詰の地獄」を推します。
上田秋成『雨月物語』も。
    • good
    • 1

夢野久作は、、。


ホラーではないかもしれないけど(幻想文学)、とにかく文章がもうイってます。最近は「朗読本」とかありますが、夢野久作はちょっと読めないですよ。狂人の叫び声とかが多すぎる。(笑)
読んでいると、何かにとりつかれて書いたのでは、、と思えるくらいです。「ぼっけえきょうてえ」が好きなら、ぜったいに「少女地獄」や「ドグラマグラ」も楽しめると思います。
あと、古典的なところでは「江戸川乱歩」最高です、、。「人間椅子」なんども読みました。ホテルのソファの中に人が住んでいる、というキテレツな話ですが、エロティックでもあります。ホテルのソファに座るときに中に人がいないか、確認したくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夢野久作も未読でございます・・・。
>狂人の叫び声とかが多すぎる。
ある意味コワイですね(笑)。参考にさせていただきます。
江戸川乱歩は、昔読んだっきりだったので、また読みたくなりました。探してみようかな。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 22:13

怖いかどうかは、あまり自信はないのですが、


高橋克彦は私も好きなのでお邪魔しました。

「ガストンルルーの恐怖夜話」は、いかがでしょうか?
ルルーというと「オペラ座の怪人」や「黄色い部屋の謎」で有名ですが、これは短編集です。

それと、ホラーというか、なんというか・・・、
中井英夫の「とらんぷ譚」も結構面白いと思うのですが。
精神病院の患者さんの妄想の話?
この人もミステリーの「虚無への供物」の方が有名ですけど。

あと、「倉橋由美子の怪奇掌編」とか小池真理子の「倒錯の庭」なんかも好きなんですが~。

好みから外れていたり、既読でしたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高橋克彦、好きですか~。
ご推薦の作品、全て未読です(笑)。
小池真理子の「墓地を見おろす家」は怖い作品でした。ですので他の作品(コワイやつ)も読みたかったのですが、彼女はいろんなジャンルを書く作家さんなのでなかなかどれを買っていいのかと・・・。
「倒錯の庭」と他の推薦作、さっそくあたってみます。
高橋克彦好きなら、たぶん好みが合うかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 14:45

小林泰三「玩具修理者」、栗本薫「家」、綾辻行人「殺人鬼」あたりをお勧めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

「玩具修理者」と「家」は読みました。スイマセン・・。
「玩具修理者」は映画にもなりましたよね。見てませんけど・・。
綾辻行人の他の作品は、幾つか読んだことありますが、この「殺人鬼」はまだです。いかにも、といったカンジですね。怖そうですね・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 14:26

内田百閒はいかがでしょう。

ホラーというよりファンタジー・悪夢ものでしょうがじめじめとして肌にまつわりつくような不快さがたまらない。百閒はユーモア関係も多数あり、好きになるとたまらなくなります。

岩波文庫「冥土・旅順入城式」には「尽頭子」「石畳」「菊」など怖いはなしが目白押し。ちくま文庫「サラサーテの盤」もお勧めです。

十数年ごとに百閒ブームというか、文庫の復刊がある。何か日本人の心に引っかかる部分が大きくあるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内田百閒ですか。まだ読んだことはありませんが、こういうタイトルは好きです。
是非読みたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 14:17

海外物なら創元推理文庫の「怪奇小説傑作集1~5」をお薦めします。


ブラックウッド、ビアスやラグクラフトなど、キラ星のごとく古典の名作が網羅されています。
特に「・・1」に収録の『猿の手』(W・W・ジェイコブス)は古典の中でも怖さはピカイチですよ。
この中でお気に入りの作家を見つけられましたら、その作家の短編集を試されてはいかがでしょうか?

個人的なお薦めは、ラグクラフト全集(創元推理文庫)、アンプローズ・ビアス短編集(角川文庫)、W・H・ホジスンの短編集『夜の声』(創元推理文庫)が良いですね~。
ちなみに『夜の声』は怪奇SF映画で有名な『マタンゴ』の原作であります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「猿の手」は読んだことないですが、古典の名作として有名ですよね。この機会にぜひ読んでみます。
今まで海外物はなんとなく食指がのびなかったのですが、こうして教えていただくと非常に参考になります。ご推薦の作品、早速捜してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/03 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推理小説、SFも、前書き、後書きから読むべきか

推理小説やSF小説を読む時も、ノンフィクション本と同じように、前書きと後書きから先に読むべきでしょうか。

Aベストアンサー

hattlepapeさん、こんにちは。

 お願いです。あとがきから読まないでください。
 後書きを付ける場合は、読者へのサービスで中身を解説したり、時にはネタバレさせたりしてるものです。推理小説はそんな読み方をしたら興味半減でしょ。作家からしたら「やってられねえぜ」ってとこです。
 私はアマチュアであるうえ推理モノを滅多に書きませんが――今書いていて、今まさに後書きを書いてるところ。本編はまだだけど。何というタイミングだ――作品は書かれている順番に読んでいただくように書いているはず。前書きにせよ、後書きにせよですね。これは何も私に限らずのこと。ノンフィクション本も例外ではないはずです。
 もう一度言います。お願いです。あとがきから読まないでください。

Qそこそこ怖いホラー小説

 歴史小説や時代小説を読んでいたら友達から
「お前、いろいろ読んでいるけどお前がホラー小説読んでるの見たこと無いよな」といわれました。
 僕も興味はあるのですが、どうも「怖い、怖い、夜眠れなさそう……」といった妄想に飲み込まれて買う勇気が出ません。

 そこで質問ですが、「まあ、怖いといえば怖いけど、これぐらいなら怖がりでも大丈夫じゃない?」といったホラー小説はありますか?
 某巨大通販サイト(アマ○ン)でも調べているのですが、どれもこれも解説読むだけで怖くて……。

Aベストアンサー

個人的に

あかんべえ(恩田陸)

秋の牢獄

朱川湊人
わくらば日記、かたみ歌です。

私は怖がりで、ホラーを読んだあとはお風呂でシャンプーする間も、
トイレに一人いる時間も怖くてキョロキョロしてしまうのですが、
朱川さんの作品だけは、怖いながらにも人情や温かみがあってよかったです。ちなみに、このサイトで教えていただいた作家さんです。

Q「マッキー」と「マイネーム」名前書き用マジック

名前書き用のマジックを買う時いつも迷います(^^;)あなたはどちら派ですか?また理由は?

Aベストアンサー

マッキーです。

書きやすいし、かすれにくいから。

QViVIで連載してた短編小説

ViViで連載していた恋愛短編小説の題名&作者などを教えてください。
一冊単行本になってたような気がします。
おねがいします。

Aベストアンサー

森浩美の「推定恋愛」でしょうか?
おそらくキーワード的には合っていると思います。

講談社文庫から出ているようです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406273138X/qid=1108385043/sr=1-6/ref=sr_1_10_6/250-5568734-4437845

Qご祝儀袋の名前書きをしてくれるお店

ご祝儀袋の名前書きをしてくれるお店を探しています。
東京駅、上野駅、錦糸町駅近辺でございますでしょうか?

Aベストアンサー

百貨店に結納用品を売っている場所があるので、そこで祝儀袋を購入して書いてもらえばいいですよ。

文具売り場とかでも売っていますが、そこでは書いてくれませんでした・・・(うちの地元にある百貨店では)

東京駅なら大丸が近くにあるかと思います。

Qコバルトの短編新人小説賞ってネットで発表した作品は

コバルトの短編新人小説賞ってネットで発表した作品は応募しちゃダメなのでしょうか?
また、どういう作品が好まれるのでしょうか?
エロ傾向を含んだ作品は投稿しないほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ネットで発表した作品は応募しちゃダメなのでしょうか?

回答・・・ダメでしょう。
「応募のきまり」にはっきりと「自作未発表のもの」と書いてありますから、ネットで発表してたらアウトでしょう。

>どういう作品が好まれるのでしょうか?

回答・・・申し訳ありませんがわかりません。
入選した作品や、最終候補作品の選評を読むと、編集の人というより、読者に読んでもらうための工夫をいかにしているかが大切みたいには感じます。

>エロ傾向を含んだ作品は投稿しないほうがいいのでしょうか?

回答・・・露骨なものはどうかと思いますが、ある程度は許容されるのではないかと思います。
去年の2012年1月号の最終候補作品に残った作品の中には「太ももを舐める」「飴玉の口移し」という「ナマナマしい」表現をしていた作品があったと選評に載っています。この程度で「ナマナマしい」と編集の人が言うのですから、やはり露骨な表現は避けた方が無難かと思います。

Qおすすめの短編漫画の単行本ってありますか?

漫画好きなら読んどいた方がいいというような短編(読み切り)漫画集ってありませんか?ちなみに好きな短編漫画は藤子・F・不二雄さんの異色短編や紺野キタさんの短編漫画などです。どんなジャンルでもいいのでおすすめがあったら教えてください。

Aベストアンサー

少女マンガでは、「tsunamix」(海野つなみ・講談社コミックスKiss)をおすすめします。読んでいるととげがささるんだけど、とげのない綺麗なだけの話なんてつまらない。でもとげだけなのもつまらない、という感じのとげがあるけど暖かい気持ちが残るような作品が詰まっています。
ちょっと不思議ものの短編集としては、「オプショナル・ツアーシリーズ」(夢路行)がおすすめです。夢路行全集(一迅社ゼロサムコミックス)の13~15巻として出ています。
SFでは、「著者再編集版 アフター0」(岡崎二郎・小学館)がおすすめです。藤子不二雄さんの短編に近い雰囲気がある短編集になります。
マンガ好きならこれは!というのは「群青学舎」(入江亜季・エンターブレイン)。短編のなかにしっかりとした物語のエッセンスがしっかり入っています。

Q外国のベストセラー?なホラー?のタイトル

小学校高学年の頃に読んだ、外国の本のタイトルが思い出せません。
確かシリーズ物のホラー小説です。
(しかし1冊1冊、話は全然違います)
面白くて何冊か読んだのですが、タイトルをすっかり忘れてしまいました…

覚えている話がいくつかあります。

1、エジプトのピラミッドの話
2、引越した先の家で色々な事が起こる話
(姉弟だかで近くの墓場で、怖い女に追われる。家が表紙)
3、少年が寮で厳しいトレーニングを受けてて
(親に手紙を書いてたのだが、届けられずに捨てられたシーンがあった)
そのトレーニングを受けた理由は、地球に行くからだった話。
4、なんか表紙が鮫だったやつ…
5、日本人形みたいのが表紙なやつ…

あと、表紙に英語で題名が書いてあったのですが(勿論中は日本語です)
その題名の文字が、ぷくぷくしてた気がします。
ハードカバーじゃありません。

こんなヒントしかないのですが
思い当たる本があれば教えてください。

Aベストアンサー

ご質問者が小学校高学年だったのが、5年前なのか10年前なのかいつかわかりませんが、「グースバンプス」かな?
と思いました。
大きな画像がみつかりませんでしたが、下のサイトでロゴがみえます。

北米ではテレビシリーズが流行ってましたね~。
10年前は特に人気だった記憶があります。
日本にもあるんですね。

↓説明がありました。
http://www.asahi-net.or.jp/~wf9r-tngc/goose.html

違っていたらすみません。

参考URL:http://www.imdb.com/title/tt0111987/

Qオススメの漫画の短編集を教えてください。

私は漫画の短編集が好きで、いつも探しています。しかし、短編集についての情報が少ないので満足できません。

私が持っている短編集は
『ひかりのまち』浅野いにお
『いつも春のよう』あすなひろし
『青い空を白い雲がかけてった』あすなひろし
『未来の恋人たち』犬上すくね
『想うということ』犬上すくね
『男女』宇仁田ゆみ
『喜喜』宇仁田ゆみ
『楽楽』宇仁田ゆみ
『アカイチゴシロイチゴ』宇仁田ゆみ
『フィラメント』漆原友紀
『遠藤浩輝短編集1・2』遠藤浩輝
『おひっこし』沙村広明
『さよならパパ』高橋しん
『バシズム』日本橋ヨヲコ
『夜の歌』藤田和日郎
『暁の歌』藤田和日郎
『シャーリー』森薫
『茂志田★諸君!!』モリタイシ
『村上かつら短編集1・2』村上かつら
『ハードタックル 佐藤秀峰短編集』佐藤秀峰
『リベラメンテ-鎌谷悠希短編集-』鎌谷悠希
『ノーサンキューノーサンキュー』土田世紀
『あのころ、白く溶けてく―安永知澄短編集』安永知澄
『高橋留美子劇場 1~2』高橋留美子
『高橋留美子傑作集 赤い花束』高橋留美子
『玄米ブレード 雷句誠短編集』雷句誠
『青山剛昌短編集』青山剛昌

これらのものとなります。ジャンル関係なく漫画好きなので、オススメの短編集漫画があるならば教えてください。

私は漫画の短編集が好きで、いつも探しています。しかし、短編集についての情報が少ないので満足できません。

私が持っている短編集は
『ひかりのまち』浅野いにお
『いつも春のよう』あすなひろし
『青い空を白い雲がかけてった』あすなひろし
『未来の恋人たち』犬上すくね
『想うということ』犬上すくね
『男女』宇仁田ゆみ
『喜喜』宇仁田ゆみ
『楽楽』宇仁田ゆみ
『アカイチゴシロイチゴ』宇仁田ゆみ
『フィラメント』漆原友紀
『遠藤浩輝短編集1・2』遠藤浩輝
『おひっこし』沙村広明
『...続きを読む

Aベストアンサー

割合すっきりした作品がお好きなようですので好みに合わないかもしれませんが・・・

大友克洋「SOS東京探検隊」「ハイウェイスター」
藤子F不二雄「異色SF短編集」
つげ義春:「赤い花」「ねじ式」
さべあのま「ライトブルーペイジ」
高野文子「絶対安全剃刀」
ますむらひろし「永遠なる瞳の群れ」

連作短編ということになりますが
坂田靖子「伊平次とわらわ」

Qたばこのマナーを面白おかしく書いた(黄色だった?)ページの載った雑誌

フライデーだったか、ヤングマガジンだったか、
そのような雑誌の中に
ちょっと面白おかしくタバコを吸うときのマナーが
漫画で書いてあるページがあったのを記憶しています。
(確か黄色っぽいページだったかな)

そのページが欲しいのですが、
今どの雑誌にあるのか分からないんですよね。
知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

 sakocchiさんこんにちは。
 どうしても雑誌じゃないといけませんか?

 おそらくそれはJTのおとなたばこ養成講座だと思います。シリーズになっていて、かなり前から雑誌などの広告ページに載っています。私が見たのは経済雑誌・競馬雑誌・男性ファッション誌などです。
 今、どこの雑誌に載っているかはJTに問い合わせればわかるかもしれません。
 ・・・が、先にこのサイトをご覧になってみてください。↓
http://www.otonatobacco.com/(同参考URL)
 年齢ごとに進むようになっていますが、絵のいろんなところをクリックしてみてください。

 これじゃなかったらごめんなさいm(_ _)m。

参考URL:http://www.otonatobacco.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報