最新閲覧日:

最終回「ホタルノヒカリ2」で疑問です

高野部長が3ヶ月台湾に行ってる間、結局蛍は日本で待つことを選択しましたが
3ヶ月のわりには季節が冬になって雪までふっていました・・
設定は夏だったのに。
ぎりぎり夏の終わりだったとしても帰国予定は12月。
いまどき12月では雪はふらない気がするし、クリスマスとかのイメージの方が
良かったように思うのですが。

あと、翌年の夏がきて蛍がウエディングドレスを着てましたが、高野部長が帰国後
なぜすぐ結婚式をあげるなり入籍するなりしなかったのか不思議です・・

やはり「夏の縁側」にこだわりが??


最終回なのにちょっと、、と思ったのは私だけでしょうか?_?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私もちょっと最後の方で消化不良だったので、遅ればせながら…



雪のところですが、クリスマスの方がわかりやすいな~と思いましたが、思い返してみると1の時にクリスマスイベントシーンがあったからかな~と。
「冬」を連想させるものって、他にはもう雪しかないですし;(あとは焼き芋とか?)

でもラストはやっぱりちょっと盛り上がりに欠けたかなあと…
原作を知らないので、忠実にやった結果があれだったのかもしれませんが、どうせだったら台湾行きを「1年」とかにして、ちょうど夏に帰ってきて結婚…とか、ドレスで迎えるとか(ってこれはちょっと古臭いですが…)なんかそういう感じにした方が楽しかったな~とは思いました。

1の方が面白かったというのは私も賛同です!
会社のメンバーも1の方がよかったな~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>台湾行きを「1年」とかにして、ちょうど夏に帰ってきて結婚…とか、ドレスで迎えるとか
まったく同感です!!
そのほうが絶対感動するし分かりやすかったですよね。

パート3はないにしても、続編みたいな特番は見てみたいです^^

お礼日時:2010/09/19 06:32

|ω・`)…



昨日仕事だったから、ビデオに撮って今から見よう、と思ってたのに。

ネタバレ…;

嘘です。丁度いま見終えました。でも感動がありません、こんなハズじゃなかったのに。かなり雑なラストでした;

これじゃ、パート3はないかなあ。やっぱ原作の漫画ほどのカンドーはありませんねえ、ふぅ

もう一度、今から漫画読み直します☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え~~!!
ごめんなさい><。
まだ見てない方もいるのに結末言ってしまいましたね(悲)

でも、このドラマを見て原作がすごく気になります!
ちなみに原作では感動したみたいですが、ドラマと内容は違うんでしょうか?

パート1は最後感動してもらい泣きしてしまったし、1の方が面白かったな★

お礼日時:2010/09/16 13:16

私も毎週楽しみにして観ていたのに、最後が粗いなぁと思いました。



ぶちょおの性格上、きちんと準備をしたら何ヶ月か経ったのかしら?

ねえさんとフタツギさんの結婚パーティーより、ぶちょおとホタルの結婚式見たかったな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ぶちょおの性格上、きちんと準備をしたら何ヶ月か経ったのかしら?
あ~なるほど。。
準備で夏になってしまったって事なら少しは納得。

う~ん。
でもドレスまで披露したのだから2人の結婚式見たかった!!!残念です。


こんなくだらない質問に答えてくださってありがとうございました(恥)

お礼日時:2010/09/16 11:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラマ 信長協奏曲 最終回について

本物の信長と、光秀が組んでましたが
いつごろから組んでいたのでしょうか?

仇の信長と手を組む意図は?

教えて下さい!

Aベストアンサー

>>いつごろから組んでいたのでしょうか?
比叡山の焼き討ち後、秀吉は信長の正体を確信し、光秀に「光秀のほうこそ、天下を取るのにふさわしい。」と接近しています。


>>仇の信長と手を組む意図は?
秀吉は本心で本物の信長(光秀)と手を組んでいる訳ではありません。
秀吉が狙っているのは、仇の信長(光秀)を殺す事と織田家の乗っ取りです。

秀吉は織田家の勢力を大きくさせた後、本物の信長(光秀)に偽者の信長(サブロー)を殺させた上、
本物の信長(光秀)を自身で倒し、その後で織田家を乗っ取る事を企んでいます。
つまり結果的に、この企みは史実通りになる訳です。

ドラマで秀吉がスパイである事を知っている秀吉の腹心(蜂須賀小六)に「なんで憎んでいる織田家に協力しているんだ?」
と聞かれ、上記を企んでいる事をにおわせています。


ちなみにドラマの最後のカットは本能寺の門前に立つ本物の信長(光秀)でした。

Qデスノートは、もう、最終回なのでしょうか?

今、放送されている実写版のドラマのデスノートですが、今日の、次回予告を見ると、映画のラストシーン並みの展開でしたが、次回が最終回なのでしょうか?まだ、6回なのに終わるのは早すぎると思うのですが・・・。それとも、映画とは別の展開があるのでしょうか?

Aベストアンサー

再再回答です、最後にします。

あまりネタバレするのも、
書いてる私が興ざめするのでやめときますが、

映画版は1と2がある、と書きましたが、
Wikiの言葉をつかうと「前編」と「後編」があり、
時期をずらして上映されました。

もし片方しか見てないなら後編を見たのかな、
とか思ったりしました。
どちらにせよ、前後編合わせて
キラとLとの戦いまでです。

スピンオフ作品については、
テレビでもやりました。
2回くらいもうやったかも知れない。
ただ特別なにか思いいれがなければ
見る必要はないかな、と。
Lが別の大きな事件を推理し
犯人を導きだすストーリーです。

あと原作を読みたいなら漫画喫茶とかでしょうね。

Q金田一少年の事件簿neo 最終回について解説求む!

金田一少年の事件簿neoの最終回ですが、
結局、真壁が持っていた写真は何だったのでしょうか?
撮影者は誰で、写っていた子供は誰なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

写 真→真壁の子供のころ
撮影者→佐久羅 京

真壁先輩が持っていたのは、自分の子どもころの写真です。
※顔も名前も憶えていない兄が撮ったもの
しかし、劇中でなぜ持っていたのかは説明されていません。

おそらくですが、今回の事件の
「高遠の顔も知らない兄弟(年下)を探し出し、守ること」
という内容と掛けたものだろうとは思いますが。

撮影者については、金田一が学校の部室で解説しています。
写真の人物ではなく、バラにピントが合っていた。
だから、バラに興味のあるカメラマンだろうと。
※真壁との年齢差がわかりませんので、撮影当時に「カメラマン」であったかは不明。

ただ、今回の事件に居合わせたカメラマンの佐久羅に聞いてみたところ「自分が撮った」と言ったそうです。

Qドラマ「民王」9月18日最終回のラスト

ネタバレを、お願いします。

録画を見たところ、途中で切れたのか、それがエンディングなのか、よく分からなかったので、本当のラストを教えてください。

・泰山が、無事に首相の就任演説を始めたところで、口元に手を当て「あれ?」っと異変を感じる。
 それを城山が、小さくニヤリ。
 泰山は異常を感じて、後ろを振り向いて、、、終わり。

これは、また入れ替わりが怒るなどのトラブルを予感させての、エンディングなのか、
うちの録画が終わったのか。

Aベストアンサー

番組後のCMまで見ていましたが、それで終わりでした。
入れ替わりを予感させてのエンディングということで間違いありません。

Qナオミとカナコ最終回が終わりましたね。もしも捕まったとしたら懲役何年くらいになりますか?だいたいで

ナオミとカナコ最終回が終わりましたね。
もしも捕まったとしたら懲役何年くらいになりますか?だいたいで良いので教えてください!気になって、眠れません…

Aベストアンサー

ナオミが20年から無期懲役
カナコは10年から15年ってところでしょうか。

私はこのドラマを途中からしか見ていませんので誤りがあるかもしれません。

ナオミがこの事件の主犯です。
カナコは共犯です。

DV被害にあっている友人を救いたいって気持ちから
殺人を計画したのはナオミです。
ナオミは殺人と死体遺棄、詐欺、林さんの替え玉など色々犯罪に手を染めてしまいました。
カナコはそれに比べればまだ少ない、ナオミに言われるまま
殺人を犯したとなれば減刑はあると思います。
が、友達思いの2人なので
ナオミもカナコも相手をかばう発言しかしないでしょうけど。

カナコはどちらかと言えば、ナオミに賛同した形です。

計画性があったかないかで懲役も変わりますが、
今回の場合はずさんとは言えかなりの計画性があります。

殺人の方法や
死体遺棄の方法まで、とにかく練習までして当日に備えていました。
管理会社の防犯カメラの内容をもっとさかのぼって
死体を積み込む練習までしていたとわかれば、
計画性があった、確実な殺意があったと認められます。
ナオミは殺人を犯した日に無理矢理、京都から東京にまで舞い戻って
殺人を決行していますよね。陽子が証明します。

最終回で、カナコはナオミに「1人で逃げるよう」に言いますが
ナオミはカナコを連れて逃げます。
殺人の計画性と逃亡しようとしたことで減刑は難しいです。


よほど良い弁護士をつけて
DV夫を殺すしか方法がなかったとなればよいのですが、
裁判官はドラマを見ていないので(笑)短絡的な犯行と判断されるでしょう。
カナコ自体が殺す以外の方法があったかもしれないといってるのに対して
ナオミは殺さなきゃカナコが殺されていたよとも言っています。

カナコが達郎の子供を妊娠しているのもマイナスです。
DVではなく、日頃から夫婦仲は悪くなかったといわれれば
それを覆すだけの証拠は、とぼしいですよね。
顔が腫れていて外に出られないで、ピルを所持できなかったといわれても
顔は隠すなりしてもすれば、薬はもらいに行けたはずです。
ピルは「今は妊娠したくないだけ」って事で使用していたのではといわれれば
やはり覆せない気がします。

達郎の以前の恋人がDV被害を受けて
証言をしてもさほど状況が良くなるとは思えません。
「では何故、被害届を出さなかった?」となります。
達郎は以前からDV癖があり、それを証明できる物が確実にあれば
良いのですが、今のところ全くありません。
殺されるほどのDVを受けていたという証拠の映像でもあれば
減刑もあり得ますが、無いですよね?

ナオミは父親が母親の暴力を見て育ったとの生い立ちが
DV夫を許せないってことが認められれば減刑もあるかな。
でも、これも難しそうです。

との理由から
ナオミは20年から無期懲役まで。
カナコは10年から15年と考えます。

計画性が無く、過失致死ならば
10年未満もあり得ましたが、
計画性がありすぎるので、かなり重い罪になると思います。
ナオミはカナコに言われてやっただけ
逃げたときもカナコに説得されたとなれば
減刑もあるかもしれませんが、カナコのせいにはしないでしょう。

DV男は生きている資格ないよ、ってのは私も賛成です。
けれど実際に殺しては駄目です。

海に捨てるって考えも悪くないんだけど、
魚はキレイに食べてくれない恐れあり。

李社長に頼んで、
上海で中国ギャングに頼んで
殺してしまえば良かったかな。

林さんが戻ってきたのが誤算でしたね。
林さんは良い人のようなので、200万+300万くらい渡せば
こんなにすぐに日本に働きには戻ってこなかったと思います。


盗聴器に気がづいて、それを逆に利用できなかったのは勿体ない。
陽子をミスリードさせれば、上海までは行けたはず。
盗聴器を壊した瞬間に「何で壊すんだよ!」って私は叫んでいました。

羽田に行かずに
陽子達をまいて、そのまま成田から出国すれば良かったのにとも思います。

最後までハラハラドキドキでした。
逃げ切って欲しいなって思っていましたが、
それはドラマを見ている側の視点と考え、
やはり犯罪は許しては駄目です。
最後は捕まったかどうかをぼやかして正解だったと思います。

最後の陽子さんのカット
で、私は陽子の執念勝ちって事で見終わって私はスッキリしてました。
あのシーンで2人が捕まったことがわかりました。
年齢を公表していた頃から知っている吉田羊さんって
以前からすてきだなと思っていました私です。

ナオミが20年から無期懲役
カナコは10年から15年ってところでしょうか。

私はこのドラマを途中からしか見ていませんので誤りがあるかもしれません。

ナオミがこの事件の主犯です。
カナコは共犯です。

DV被害にあっている友人を救いたいって気持ちから
殺人を計画したのはナオミです。
ナオミは殺人と死体遺棄、詐欺、林さんの替え玉など色々犯罪に手を染めてしまいました。
カナコはそれに比べればまだ少ない、ナオミに言われるまま
殺人を犯したとなれば減刑はあると思います。
が、友達思いの2人なので
ナ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報