CPUのLCDの照明装置は冷陰極官でできているそうですが
冷陰極官とはどうゆうものですか

A 回答 (2件)

 冷陰極管は蛍光灯の一種です。

普通の蛍光灯と比べて、発光効率が低いかわりに小型化が可能で、液晶のバックライトに使われます。

 蛍光灯は内部で放電が必要です。普通の蛍光灯ではフィラメントを加熱することによって放電します。これを「熱陰極」型と呼びます。

 一方、冷陰極管では高電圧をかけて常温で放電することが特徴です。


 ちなみに「CPUのLCD」という言いかたはちょっと不正確です。CPUとは、コンピュータの中で演算を司っている集積回路のことです。コンピュータ全体のことではありません。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/2 …
    • good
    • 0

冷陰極官ではなく冷陰極管ですね。



参考URLに解説があります。

参考URL:http://www.tlm.co.jp/web/gijyutu/ccfl.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報