あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

今日池袋のサンシャイン通りを一人で歩いていたら、若いお兄さんに声をかけられました。
いきなり学生さんですか?と聞かれ、はい(現在大学一年生です)と答えると、10代ですか?といわれたのでそうだと答えると、そうですか~じゃあ失礼します…と去っていかれました。一体何だったのでしょう…(笑)気になるので書き込んでみました(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も一度同じ経験があります!


10代ではできない仕事の勧誘なんじゃないかと思います。
しつこく纏わりつかれなくてよかったですね(´∀`*)
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0

なにかちょっとインモラルな印象を持つ職業かアルバイトにスカウトされかかったんじゃありませんか。


でも未成年者じゃまずいってことじゃないでしょうか。
甘い言葉にひっかかってはいけませんよ。老婆心です。
    • good
    • 0

声をかけてきたのが、オバサンであれば、多くの場合アンケート調査です。



オニイサンの場合は、何かを販売しようとしたのでしょう。
学生ではローンが組めない、また、未成年では販売できないようなものなのでしょう。

路上で声をかけられるのは、
宗教の勧誘。
手相をみてあげる、あなたの幸せを祈らせて下さい、などで近づいてきます。
得体のしれないチケットや商品の勧誘。
アンケート調査。

等がほとんどです。
    • good
    • 0

で、質問はなんでしょうか。



こういうのはツイッターのほうがいいんじゃないですか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池袋サンシャイン通りでキャッチセールス?

池袋のサンシャイン通りの中で、
若いお兄ちゃんたちが、女の子に声を掛けてますが、
アレは何でしょう??

7,8年前、同じ場所で、
「そこの美容室の者なんだけど、髪型についてのアンケートを」と言われ、
キャッチであることを承知で面白半分について行ったことがあります。
(今思うと、アホなことやったな~という感じですが・・・)

美容室っぽい看板は出ていたものの、
中はカーテンで仕切られた個室がいくつかあるだけで、
私以外にも連れて来られた女の子たちがいて、
歯科助手っぽいユニフォームを着た化粧がやたら濃いお姉さんたちから、
「某タレントも使ってる美顔器」を営業されていました。

年収や、1ヶ月に美容に使える金額等、
お金に関する設問ばかりのアンケートを書かされた上、
マシンガン営業トークをされてつまらなくなったので、
「髪型についてのアンケートって聞いてたんですけど、
 どうしてコレ(美顔器)の話ばっかりなんですか?
 ここって美容室じゃないですか?
 これってキャッチセールスってやつですか?」
と他のブースにも聞こえる程度の声で言い放ったところ、
担当の女性は早口で言い訳みたいなものを言い、
私は体よく帰されました(苦笑)

後日、「最近キャッチらしき人がいないな」と思ったら、
「キャッチセールスに注意」の看板がありました。
さらに数年後、つきまとい行為のような勧誘は禁止という内容の
条例ができたかと思います。
その成果か、キャッチがなくなった(少なくなった)な~と思っていました。

ですが、最近、また女の子に声を掛けている人をよく見かけますし、
カードのようなものを渡して、道案内みたいなことをしていました。

やっぱり彼らもキャッチなんでしょうか?
私のような推測ではなく、実際にご存知の方いらっしゃいますか?

池袋のサンシャイン通りの中で、
若いお兄ちゃんたちが、女の子に声を掛けてますが、
アレは何でしょう??

7,8年前、同じ場所で、
「そこの美容室の者なんだけど、髪型についてのアンケートを」と言われ、
キャッチであることを承知で面白半分について行ったことがあります。
(今思うと、アホなことやったな~という感じですが・・・)

美容室っぽい看板は出ていたものの、
中はカーテンで仕切られた個室がいくつかあるだけで、
私以外にも連れて来られた女の子たちがいて、
歯科助手っぽいユ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
サンシャイン通りでよく若い子に声をかけているのは
ほぼ間違いなくお見合いパブの勧誘です。
今っぽい言い方だと「出会いカフェ」でしょうか。

女性は無料で飲み物のんだりしていればいいだけなので、
ひとりでも多くの子を店内に入れたいのです。
そこで男性客が好みの女の子を指名して2人で会話して、あとはご自由にという感じです。
だから2人連れなんかの子にも声をかけているはずです。
あの通りには老舗のお見合いパブもあり、そのビルの周辺で盛んに声をかけまくってます。

その他キャッチ、風俗スカウトも多いでしょうが、お見合いパブへの勧誘がメインだと思います。

Q『若い女性が渋谷を歩くと声をかけられる』という現象とは?

ある女性のブログを読んだ時「最近渋谷を歩いてもめっきり声をかけられなくなった。渋谷でお声がかからなくなるということは女として終わったということだ」と書かれていました。
(はて?私は昔から毎日渋谷を歩いていても声をかけられた事など1度だってないが??若くして女として終わっていたのであるか・・わはは・・)
そういえば知り合いの若い女の子も「渋谷嫌い!誰にも声かけられずにまっすぐ歩けないから急いでいる時なんか面倒くさい!」と言っていたっけなぁ・・。

そこで質問なんですが、私には経験がないのでわからないのですが『渋谷を歩くとお声がかかる』とはどういう現象を指すのですか?
ナンパのことですか?

それから、若い女性であればよほど容姿に難がない限り誰でも経験する事なのですか?それとも美人さんやかわいい子だけですか?

Aベストアンサー

キャッチであれナンパであれ、若いほうが声をかけられる確率は断然高いです。

キャッチであれば、キャバクラ嬢など年齢制限のある職業に勧誘したいか、もしくは騙しやすい未熟な若者をターゲットにした悪徳商法だし、ナンパであれば、自分も等しく若い男性が、自分の相手として誘うわけなので、自ずと若い女性がターゲットになります。これとは別に、近年では、ギャル相手に芸能・モデル関係のスカウトもあるようです。

ちなみに、声をかけられないからといって「終わっている」というわけではありません。声をかけられないのは、キャバ嬢には向いていない、騙しにくそう、付いてきてくれそうにない、などの理由によるわけですから、簡単に言ってしまえば「身持ちが固そう、まじめそう」などと見られているとも言えます。実際、私も服装ひとつで声をかけられたりかけられなかったり、かけてくるタイプが違ったりしました。

というわけで、確かに「商品価値がなくなった」という意味も含めると、「女として終わった」とも言えなくもないかもしれませんが、正直、その終わってない渋谷の女だと見られても、私はあまり嬉しくはありません。ただ、ケバい子ばかりが声をかけられるわけではありません。デビュー間もなかった頃の質素な竹内結子さんも、渋谷でキャバクラのスカウトを受けたと言っていました。

ハチ公の交差点をセンター街に向かって渡ると、色とりどりのお兄さんたちが立っていて、ときどき女性に声をかけています。かつては規制がまったくなかったので、人のことをつかんだりして、かなり鬱陶しかったのですが、今はどうなのでしょうねえ。

ちなみに、ブログの女性は、声をかけられたからといって「付いていった」とは限らないと思います。したがって、声をかけた本当の理由を明確には知らないままに、自分の価値をはかっている可能性もじゅうぶんに考えられます。一応、彼らは「君は魅力的だよ」という目線で声をかけてくるので。

余談ですが、世の中には「自分だけポケットティッシュを配られなかった」と憤慨する女性も少なくないようですが、これに関しても上記に準じます。

キャッチであれナンパであれ、若いほうが声をかけられる確率は断然高いです。

キャッチであれば、キャバクラ嬢など年齢制限のある職業に勧誘したいか、もしくは騙しやすい未熟な若者をターゲットにした悪徳商法だし、ナンパであれば、自分も等しく若い男性が、自分の相手として誘うわけなので、自ずと若い女性がターゲットになります。これとは別に、近年では、ギャル相手に芸能・モデル関係のスカウトもあるようです。

ちなみに、声をかけられないからといって「終わっている」というわけではありません。...続きを読む


人気Q&Aランキング