ギターの弦についてです。このマーティンの弦(EX light)はコーティングされてるのでしょうか?
また使いやすいですか?
知ってる方教えて下さいっ!

「ギターの弦についてです。このマーティンの」の質問画像

A 回答 (1件)

コーティング弦ではありません。



あと、張った時は良いのですが劣化が早いような気がします。

同じ価格帯ならダダリオがお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え有難うございます

そうですか コーティング弦じゃないのですか・・・

やっぱりダダリオですね!

分かりました

有難うございます^^

お礼日時:2010/09/16 18:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか

ギターの弦を交換して3日しか経っていませんが、1~3弦が黒くなってきたので弦交換したほうがいいですか?

Aベストアンサー

3日くらいなら、まだ、全然変えなくても大丈夫です。

但し、使用頻度や状況にはよりますけれど。

頻繁に、ライブで2時間くらいのステージをこなしていれば、変えた方が良い。
弦自体は、張ってすぐよりも何日か少したってからではないと、安定した物にはならないと思います。

Q好きなギター弦と嫌いなギター弦

皆さんの好きなギター弦と嫌いなギター弦を教えてください。

何か勉強になるような情報が得られるかなと思いまして。よろしくお願いします。

私は、アーニーボールが好きです。

嫌いな弦はダダリオですかね。音も感触も硬い感じがどうも苦手です。

Aベストアンサー

好きなギター弦
ダダリオのPURE NICHEL
EVERLYのB52s

嫌いな弦
ディーンマークレーン
アーニーボール

Qヤングギター SABER TIGER LIGHT-THUNDER-LIGHT

ヤングギターに、SABER TIGERのLIGHT-THUNDER-LIGHTの部分的に、掲載された情報を仕入れましたが、何月号または、№何になるのでしょうか。
何方かご存知の方おりましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直接問い合わせをするのが確実。今や雑誌はどうにもこうにも売れない媒体。こういう問い合わせは有り難いはず。

http://youngguitar.jp/contact

Qアコースティックギターの弦のピンの構造ですが、これは何回も弦を交換して

アコースティックギターの弦のピンの構造ですが、これは何回も弦を交換していると、木製のピンの穴がだんだん緩んでいって、いずれギターごと交換する必要があるのではないでしょうか。
たまに、ピンを使わない構造のアコギを見ますが、こっちの方が合理的な設計に見えるのですが、
ほとんどのアコギが、ピンで留める形式を採用しているのには、音が良くなるなどの、ユーザーにとってのメリットがあるのでしょうか。
それとも、買い替え需要を狙った、メーカー側の都合でしょうか。

Aベストアンサー

どういうアコースティックギターを想定されているのかが、はっきりわかりませんが、一般的なアコギならブリッジエンド(孔のある所)は木製で、ピンは「木よりも柔らかい」プラスチック製のものを使っています。
ですから、仮にピンが差し込んでユルユルになったとしても、孔が広がっての事ではなく「ピン側が痩せて」のことで、ピンを交換すれば問題ないはず(ピンには弦が通る溝が切ってあり、また使っているプラスチックの材質上からも、経年で少し痩せて径が微妙に細くなります)。

また、ピンが弦を留める構造上、弦がきちんと張られている状態ならピンの基部に力がかかるので、ピンそのものはユルユルでも弦が張ってあればブリッジエンドに強く引っかかって、ピンが勝手に抜けるようなことは無いです(抜けるとしたら、弦の張り方の失敗です)。

弦のボールエンドを孔の中に突っ込んでピンで留めるのは、むしろ弦の張力が木製部材の1点のみに集中して、そのために本体側を痛めることがないように、ブリッジ全体に張力を分散するための仕組みです。
ブリッジ部品に頑丈な金属製の部品を使えるエレキギターでは、ブリッジ部品自体が「堅く耐久性がある」ので、ブリッジに直接ボールエンドを留める様になっていますが。

ということで、ブリッジの木部よりピンの方が柔らかいですから、弦交換だけでブリッジの孔が使用に耐えないほど広がってしまう・・・ということは無いように、材質での工夫がされています。

それでも、長年使っていれば様々な理由でブリッジが傷む事はありますが、よほど安物のアコースティックギターでなければ、ブリッジだけの交換は可能です。
まぁプロ技術者でないとできないので、それ相応の費用はかかりますが。ある程度高いギターなら交換の方が安上がりです。
また、ブリッジ交換代が元値の半値するくらいの安いギターなら、通常使用でブリッジ交換が必要なほど痛む前に、本体そのものが使い物にならなくなりますから、ブリッジ孔が原因で買い換えるハメになる・・・なんてことは、まずあり得ないほど希でしょう。

長年アマチュアシーンで音楽やってますが、「ブリッジ孔が馬鹿になった」という話自体、30年間で1回聞いた事あったかな? くらいですし、「ブリッジ孔が原因でギターを買い換えた」なんて話は聞いた事がありません。

どういうアコースティックギターを想定されているのかが、はっきりわかりませんが、一般的なアコギならブリッジエンド(孔のある所)は木製で、ピンは「木よりも柔らかい」プラスチック製のものを使っています。
ですから、仮にピンが差し込んでユルユルになったとしても、孔が広がっての事ではなく「ピン側が痩せて」のことで、ピンを交換すれば問題ないはず(ピンには弦が通る溝が切ってあり、また使っているプラスチックの材質上からも、経年で少し痩せて径が微妙に細くなります)。

また、ピンが弦を留める構...続きを読む

Q【ベース】1弦を弾くとき親指は3弦、2弦を弾くとき親指は4弦

ベース初心者の高校生です。(指弾きです。)

よく教則本に、
「4・3弦を弾くときは親指をピックアップ上に、
2弦を弾くとき親指は4弦上あたりに、
1弦を弾くとき親指は3弦上あたりに移動する」
とあるんですが、
なかなかうまく親指をスムーズに移動できません。

何かコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移動できません。
今の練習の目的は
・親指と弾指の「位置と距離」の関係を、どの弦を弾く場合でも一定に保てるよう、その感覚を『右手に覚え込ませる』
→そのことで、どの弦でも弾指を一定の力でしっかり弾ける感覚を養う
・親指は右手指全体の「位置決め」として添えるだけで、弦は弾指の力だけで鳴らす感覚を掴む
→親指にはほとんど力は込めずにピックアップまたは弦に添えるだけ
という練習だと考えればよいです。

もちろん、初心者にはこれはこれで難しいので、できるよう引き続きの練習が必要でしょうが、最終的には「どんな状態でも一定の力で弦を弾ける」ようになるための基礎練習…と考えるのが大事かと。
親指は位置決めのために(教則本指定位置に)力を入れずに添えるだけで、弾く力は弾指だけに入れる…という感覚がわかったら、親指の移動は苦もなく自然にできるようになります。

それができるようになったら、その次の段階として、親指をいちいちあまり大きく動かさずとも、どの弦でも弾指さえ届けば自由に弾ける様になり、No.1の方の「実践での指使い」に近づけられる…という段取りです。

がんばって下さい。

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報