ハーピィデッキを作ったんですが、どう思いますか?

モンスター19枚
ハーピィクイーン 3
ハーピィレディ1 3
バードフェイス 3
DDクロウ 2
ハンターアウル 2
ステルスバード 2
ダークシムルグ 2
アレクトール
ゲイル

魔法12枚
ハーピィの狩場 3
一族の結束 2
ライボル
護封剣
月の書
収縮
地割れ
デザートストーム
万華鏡

罠11枚
ゴッドバードアタック 3
奈落 2
落とし穴 2
ヒステリックパーティー 2
ミラーフォース
門前払い

戦い方は狩場を張って相手の魔法、罠カードゾーンを空にしてデザートストーム、結束×2、ハーピィ1×3を張って相手ライフ0という戦法なんですが、どう思いますか?

他の戦法や相性のいいカードなどはありますか?

あまりカードで作ったんで幽閉など、どのデッキにも入るカードはあまり余ってないです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

気になった点が2つ。


バードフェイス使うくらいなら、アウルにも対応するドラゴンフライのが良いかな?というのと、ダムルグのために闇を入れるなら、ステルスバードよりシュラとかBFを入れる方が戦い易いのでは?という点です。


自分でもダムルグ入りのハーピィを使っていますが、風属性をクイーンとSBくらいにして、BF寄りの構成にするのも面白いですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハーピィ・レディ等について

フィールド上または墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。という効果の付いたモンスターは各カード3枚ずつ入れる事が出来るのですか?それとも、ハーピィ・レディとして扱われるカードの合計が3枚に成るまで入れる事が出来るのですか?どちらが正しいですか。

Aベストアンサー

もちろん、可能です。

ルールブックに「同名カードは3枚までしか入れてはならない」とありますが、カード自体の名前なのでフィールドまたは墓地上とは関係ありません。

Q診断お願いします ハーピィデッキ

診断お願いします

ハーピィデッキ




モンスター


ハーピィ・クィーン×3

ハーピィ・レディ1×3

ハーピィズペット仔竜×2

ハンター・アウル×3

ドラゴンフライ×3

召喚僧サモンプリースト

クリッター

メタモルポット





魔法

万華鏡-華麗なる分身-×3

ハーピィの狩場×3

サイクロン×2

地砕き

地割れ

団結の力

光の護封剣

貪欲な壺








聖なるバリア-ミラーフォース-

激流葬

リビングデッドの呼び声

奈落の落とし穴

ヒステリック・パーティー×2

ゴッドバードアタック×2

門前払い×2

Aベストアンサー

全体的によくまとまったデッキだと思いますよ。ただ、ハンターアウルとか仔竜は、少し力不足ではないでしょうか?霞の谷の戦士やブラックスピアなどこのデッキで使い易いチューナーを使って、シンクロ召喚も狙ってみてはいかがでしょう?

門前払いは、ハーピィを何度も召喚できたり、シンクロモンスター相手には除去として働いたりしる良いカードですが、単純に二枚目の奈落や、三枚目のゴドバにしても良いかもしれません。
もし門前払いを使うならなら、効果を使いたくない時は、霞の谷のファルコンやハリケーンで手札に戻せるようにしておくのも良いかと思います。ファルコンは場に残るヒステリックパーティーの回収にも使えます。

Q【MTG】マジックザギャザリングについて『魔法印』

ギルドパクト?の『剣士の魔法印』等の魔法印系について質問です。

このカードの『エンチャントされている各クリーチャー』というのは、全体エンチャントの影響を受けたクリーチャーも含むのでしょうか?それともエンチャントオーラをつけられたクリーチャーのことなのでしょうか?

例えば、剣士の魔法印と空中浮遊などを使った場合、自分のクリーチャーは全員が魔法印の恩恵を受けるのか否かということです。

回答よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

違います。
いわゆる全体エンチャント、つまり「オーラでないエンチャント」は、
それ自身のみで戦場に存在し、何かにエンチャントするものではありません。
したがって、エンチャントの影響を受けていても、そのクリーチャーはその全体エンチャントに「エンチャントされている」わけではありません。

魔法印サイクルが指定する「エンチャントされているクリーチャー」とは、
なんらかのオーラがつけられているクリーチャーのみを指します。


303.4d オーラのつけられているオブジェクトやプレイヤーのことを、「エンチャントされている」という。そのオーラはそのオブジェクトやプレイヤーを「エンチャントしている」、あるいはそのオブジェクトやプレイヤーに「ついている」という言い方をする。

Q遊戯王実戦向き魔法使いデッキを作るための予算

遊戯王ocgにいまさら興味が出てきました。
スターター混沌の黒魔術師が出たパックまで現役で、そのときは混沌の黒魔術師をディメンションマジックで出す魔法使いデッキを使ってました。(今は混沌の黒魔術師は禁止みたいですね^^;)
なのでブランクは10年ぐらいですね。

結構ガチ思考でwikiを見てみたら、今魔法使いデッキでガチ思考でデッキを作るなら魔法族の里ってカードを使うのが結構シナジーがあるように見えたんですが、問題は予算です。

ぶっちゃけ今からデッキを一から作るには大体どれだけお金がかかるものでしょうか。
結構構築済みデッキのノーマルとかシングル買いすればお金かからないでしょうかね。
今はシンクロとかエクシーズという概念があって、このあたりがいやでもお金がかかりそうですね。

Aベストアンサー

同じく魔法使い族使いの私でよければ教えさせてくださいw

ブランクが10年といった形ですので、簡易的にですがOCGの流れ(魔法使い族限定で)を話させてください。
もし金額面でのお話のみをご所望でしたら、途中までスルーして結構です~。


私もブラック・マジシャンや混沌の黒魔術師の時代から魔法使い族を始めたクチなのですが、
時代がシンクロ世代に移り変わり、知り合いのアンデットシンクロデッキに一切勝てなくなりました。

そこでCRIMSON CRYSISパックで初登場したのが史上初の魔法使い族シンクロモンスター、
「アーカナイト・マジシャン」です。
ttp://yugioh-wiki.net/index.php?CRIMSON%20CRISIS
素材がチューナー+魔法使い族、と素材指定されてはいるものの、その強力な効果で一時期、
大会上位のプレイヤーはサモンプリーストからレスキューキャットを出し、レスキューキャットの効果からXセイバー・エアベルン(獣★3チューナー)を2体出し、そこからアーカナイトをシンクロ、相手の場を掃除し畳み掛けるデッキが一時期多くの場で流行しました。

時代は進み、シンクロモンスターを素材とした融合モンスターが初登場したDUELIST EVOLUTIONパック。
ttp://yugioh-wiki.net/index.php?DUELIST%20REVOLUTION
このパックには2種類の、今現在でも充分通用する強力なカードが収録されました。
「エフェクト・ヴェーラー」、「強欲で謙虚な壷」。
前者は、レベル1魔法使い族のチューナーでありながら、相手メインフェイズに手札から捨てることで相手モンスター1体の効果をエンドフェイズまで無効にする効果を持った強力な無効カードです。
このカードの登場で、当時猛威を振るっていた強力な効果モンスターは足止めを食う事になります。

後者は通称「剛健」「強謙」。
デッキから3枚めくり、1枚選んで手札に加え、残りをデッキに戻してシャッフルという手札補助の効果を持つカードです。デメリットとして、そのターンに特殊召喚が封じられるので使いどころは難しいです。
※なお、この2枚の前者はゴールドシリーズ2013、後者は2012に収録されております。

さて、ここまでで強力な魔法使い族は、アーカナイトほどですが、そもそも遊戯王5D's自体に強力な魔法使い族の登場が少なかったため、この世代のお話はココで終わりになります。


続いて、アーカナイトや墓守などの次に、遊戯王ZEXAL、エクシーズの時代になって、
注目されたカテゴリがRETURN OF THE DUELISTパックになって初登場した「魔導」。
ttp://yugioh-wiki.net/index.php?RETURN%20OF%20THE%20DUELIST

どういったデッキかを申し上げますと、「魔導書」と名の付いた魔法カードをデッキからサーチ、墓地から魔導書を除外した後に特殊な効果、除外された魔導書を回収、と魔法カードをぐるぐる回転させ、相手の場を荒らし、高速でモンスターを大量展開する2013年11月現在でも文句なしのガチデッキです。

流行した当初、世界大会の上位入賞者のほとんどがこの「魔導」デッキと、「征竜」を使用し、勝利を収めているようです。


今回はこの魔導書デッキを主軸にお話させてください。
また、モンスター効果は簡易的にお話しますが、詳しくはwikiをどうぞ。

まず、代名詞ともなるのが「グリモの魔導書」「魔導書士バテル」「魔導法士ジュノン」「魔導書院ラメイソン」の4枚です。

第一に「グリモの魔導書」。このカードは【魔導書】と名の付いたカードをサーチできます。
魔法カード限定ではないので、このカードは上記の「魔導書士バテル」もサーチが可能、
また、十年か前に登場した「魔導書整理」、罠カードの「隠された魔導書」などもサーチ可能です。

第二に「魔導書士バテル」。このカードはグリモの魔導書に非常に近い効果を持っています。
召喚、及びリバースした際に、デッキから魔導書と名の付いた【魔法カード】を1枚サーチできます。
最初のターンでグリモかバテル、どちらかを1枚でも引ければ、グリモ→バテル→新たな魔導書か、バテル→グリモ→新たな魔導書、といったデッキ圧縮に加えて好きな魔導書までサーチできる強力な流れを生み出します。

第三に「魔導法士ジュノン」。魔導デッキのエースカードにして、主力です。
手札にある魔導書を3枚相手に見せるだけで手札から特殊召喚可能、1ターンに1度、手札か墓地の魔導書1枚を除外する事で相手の場のカード1枚を破壊出来る効果があります。
ステータスは光属性となったブラック・マジシャンと同一となっております。

第四に「魔導書院ラメイソン」。これがおかしい性能をお持ちです。コナミは何を考えてるんだ。
自分フィールドか墓地に魔法使い族がいる事が効果の発動条件。
「魔導書院ラメイソン」以外の墓地の魔導書魔法カード1枚をデッキボトムに戻し、デッキからカードを1枚ドローする。
ラメイソンが相手に破壊された時、墓地の魔導書魔法の数以下のレベルを持つ魔法使い族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚できる。
魔導書を使って使って墓地を魔導書だらけにすれば毎ターン1枚の追加ドロー、しかも相手がこのフィールド魔法を除去しようとしてもさらにデッキから魔法使い族特殊のおまけつきというチートカード。
しかもびっくり、このカード無制限。

あまり環境のトップに立てなかった魔法使い族は、これら魔導書デッキを主軸として堂々の環境トップに君臨しました。








▼また、非常に簡潔ですが、分かりやすく効果と平均のお値段をまとめた図が下記となります。
お値段が書いてないものはノーマルか、文字レアの安価と思っていただいて結構です。

バテル:【魔導書魔法サーチ】=平均1000円
グリモ:【召喚リバースで魔導書サーチ】
ジュノン:【高打点】【1ターン1度の破壊効果】【魔導書手札から3枚見せて特殊召喚】=1000円
ラメイソン:【墓地魔導書デッキ回収して1ドロー】【破壊時に墓地魔導書数レベル以下魔法使い族をデッキから特殊】【チート】
ゲーテ:【速攻魔法】【墓地の魔導書をX枚除外】【除外枚数で異なる3種の効果】【1枚:場のセット魔法罠手札バウンス】【2枚:月の書・太陽の書】【3枚:相手カード1枚除外】【なんと3枚除外の除外効果は対象を取らない】
トーラ:【魔法使い族1体選択して2種類から選んで発動】【エンドまで魔法効果耐性を与えるか罠効果耐性を与えるか】
セフェル:【コスト:手札の魔導書1枚相手に見せる、墓地の魔導書1枚を選択】【セフェルの効果が、墓地で選択した魔導書と同じになる】【1ターン1度のグリモを2度使えるのと同じ】
アルマ:【除外魔導書1枚回収】
システィ:【魔導書使用ターンのエンドに自身を除外してデッキから魔導書1枚と魔導レベル3を1枚サーチ】
フォルス:【1ターン1度に墓地魔導書1枚除外でレベル1アップ攻撃力500アップの1500モンスター。しかもエンドフェイズまでではない】
ラパンデ:【どのような形で墓地に送られてもタイミングを逃さずにレベル3魔導モンスターをサーチ】
ヒュグロ:【魔法使い族なら誰にでも使用可能。対象魔法使い族の攻撃力をエンドまで1000アップ、このターン対象モンスターが相手モンスターを戦闘破壊した場合、デッキから魔導書1枚サーチ】
マット:【1ターン1度ノーコストでデッキから魔導書1枚墓地肥やし】【墓地に魔導書が5種類ならばエンドに自身をリリース、デッキから闇★5以上魔法使い族モンスターを特殊】
ネクロ:【コスト:墓地魔法使い1体除外、手札のネクロ以外の魔導書を相手に見せる】【効果:墓地の魔法使い族蘇生。蘇生したモンスターはネクロが装備されている限り、コストで除外した魔法使い族のレベル分レベルがアップ】
※マットやネクロからのフォーンチュン・レディ ダルキーを呼ぶトリッキーなデッキもあるようです。
 詳しくはダルキー、ネクロのページにてどうぞ。


★例外
※魔導書の審判【禁止】:【魔導書史上最悪のチートカード】【そのターン使った魔導書の枚数分、デッキから魔導書サーチ】【なめてんのか】【なぜOCG化した】【セルフデッキ破壊】


幸いにも魔導書のデッキは、バテル君とジュノンちゃん以外はそんな金額はかからないようです。
バテル3ジュノン3で6000円+ノーマル揃えるの500~1000円と見てよいかと!
また、質問者さんの言う魔法族の里とも相性がよく、魔法カードを主軸にしているので王宮のお触れ3積み、エフェクト・ヴェーラーも3積みしてもまったく苦しくないかと!

また、ニコ動ですが、ブランクを埋めるのでしたらこちらを見てはいかがでしょうか。
とてもわかりやすく解説してあり、公式のコナミからもネタにされた有名なシリーズとなっております。
ttp://www.nicovideo.jp/mylist/32652388#+sort=0

ものすごく長文ですが、こんなのでよければ役立ててください!

同じく魔法使い族使いの私でよければ教えさせてくださいw

ブランクが10年といった形ですので、簡易的にですがOCGの流れ(魔法使い族限定で)を話させてください。
もし金額面でのお話のみをご所望でしたら、途中までスルーして結構です~。


私もブラック・マジシャンや混沌の黒魔術師の時代から魔法使い族を始めたクチなのですが、
時代がシンクロ世代に移り変わり、知り合いのアンデットシンクロデッキに一切勝てなくなりました。

そこでCRIMSON CRYSISパックで初登場したのが史上初の魔法使い族シンクロモ...続きを読む

Q遊戯王の、装備魔法は実践には不向きというのはどういうことですか?

私がここで言う装備魔法とは、早すぎた埋葬や強奪ではなく、団結の力・魔導師の力・デーモンの斧などの攻撃力アップのカードを指しています。

このサイトでも、
http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%C1%F5%C8%F7%CB%E2%CB%A1&word=%C1%F5%C8%F7%CB%E2%CB%A1
「自分のフィールドのモンスターに装備させるタイプはディスアドバンテージが生じるために実戦向きとされていない。」と書かれていますが、本当にそうでしょうか?

友人に、「装備魔法のディスアドバンテージとは何か」、と聞いたら、「炸裂装甲や地砕きを食らうと一気に二枚以上のカードが減り、1:2交換や1:3交換をされてしまうから」、と返答されました。
ですが私は思うのですが、例えば

Aパターン
攻1900のセイバーザウルスを召喚
→悪魔の口付けを装備して、攻2600になる
→炸裂装甲で死ぬ
結果、セイバーザウルスと悪魔の口付けの二枚が墓地に行く
Bパターン
攻1900のセイバーザウルスを召喚
→生贄にして、攻2600のフロストザウルスを召喚
→炸裂装甲で死ぬ
結果、セイバーザウルスとフロストザウルスの二枚が墓地に行く

AもBも、攻2600を出したのに、結果的な手札消費は2枚です。それに、Aは一ターンで2600をだせる。しかも、装備魔法がデーモンの斧や魔導師の力なら攻2900、3900にもなります。

つまり、「装備魔法をつけていると除去されると一気にカードが減る」というのは、装備魔法のディスアドバンテージとは言えないのではないでしょうか?

こう考える事も出来ませんか?
攻を1000上げる装備魔法は、「モンスターを生贄にしてそのモンスターよりも1000高い攻になり特殊召喚する」という効果のモンスターカードと同じ、だと。

サイクロンや大嵐を使われたら…、というのも分かります。ですがその場合、相手はこちらの攻撃力を下げるために制限カードを消費してしまった、と考える事も出来ませんか?お触れホルスを使われたら本当にお終いだと思いますが相手がそのデッキじゃなかったらいいだけの話ですよね。

実際のところ、「装備魔法は弱い」というのは、みんななんとなく周りに流されてそう思ってるだけで、実は700以上攻を上げる装備魔法はみな強力なカードなのではないでしょうか?
ガジェットだって、登場したときは大して重要視されてなかったけれど大会で活躍してからみんなが注目するようになったらしいですね。
同じように、そのうち、装備魔法を多く使ったデッキが大会で活躍してみんなの見方が急に変わったりするのではないのでしょうか?

もし、装備魔法には実は私がよく見ていないところで多くのディスアドバンテージがあり「自分のフィールドのモンスターに装備させるタイプはディスアドバンテージが生じるために実戦向きとされていない。」というのは事実であるというのなら教えてください。「馬鹿馬鹿しい質問だ。大して遊戯王を知らない奴だ」と思っても、ならべく分かりやすくご説明下さい。
もし、僕の意見に同調している方がいらっしゃるならそれを書き込んでください。

ご意見、お待ちしております。

私がここで言う装備魔法とは、早すぎた埋葬や強奪ではなく、団結の力・魔導師の力・デーモンの斧などの攻撃力アップのカードを指しています。

このサイトでも、
http://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%C1%F5%C8%F7%CB%E2%CB%A1&word=%C1%F5%C8%F7%CB%E2%CB%A1
「自分のフィールドのモンスターに装備させるタイプはディスアドバンテージが生じるために実戦向きとされていない。」と書かれていますが、本当にそうでしょうか?

友人に、「装備魔法のディスアドバンテージとは何か」、と聞いたら、...続きを読む

Aベストアンサー

装備魔法は融通が利きにくいのが欠点です。
早すぎた埋葬、巨大化、団結の力レベルの強さが無い限り、採用をする人は少ないです。
デーモンの斧にしても、上級を倒すには下級モンスターが存在することが前提となりますし、
黄泉ガエルやトークンの攻撃力程度では意味がありませんので、使用場面も少なめです。
また、手札の消費が激しく、2発目、3発目と後が続きません。
実際の試すとわかります。他の方法に比べて弱点が多すぎます。

その点上級モンスターは召喚時に何らかの効果を持つものも多くあり、
墓地を肥やすことも出来るので、メリットは大きいです。
雷帝ザボルグなど、召喚するだけで生け贄の枚数分の差を補うものも多くあります。

が、一瞬にして攻撃力を倍増させたり、デッキからのサーチが非常に容易な
装備魔法は魅力的です。アームズ・ホール等、装備魔法を強力にサポートするカードもありますし、
フェニックスブレードなど、ある種のデッキの核となる装備魔法もありますので、
今後装備魔法を見かける機会は増えていくと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報