あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

血液型と遺伝は全くもって関係ないのか?

まず、述べておきたいのは私は基本的に中立の立場です。
中立の立場から見て、O型の人が100%、おおざっぱな性格であるわけではないと思っています。
しかしながら、経験則や理論的に見て40~60%くらいのO型の方はおおざっぱで
その割合は他の方よりも多いのではないかという印象を持っています。

つまり、血液型性格判断は「絶対」ではないが、「ゆるい相関」はあるのではないかと考えています。


また、血液型否定論をお見受けする機会があるのですが
それらも「血液型と性格が関係あるわけが無い」という点がスタート地点にあり
感情論が多く、いわゆる詭弁が多く存在しているような気がします。



その一例として「血液型と遺伝について」があげられます。

否定論では・・・

1.血液型を決める遺伝子は遺伝子のうちの数%である。
2.性格を決める要素としては後天性50%、遺伝50%である。
3.50%しか寄与しない遺伝子のうち、血液型が占めるのは数%
  すなわち、血液型は性格には遺伝しない。

というのが血液型と遺伝についての否定論だそうです。


これは血液型が直接的に性格に作用するかという点に着目した理論のようですね。



でも、私は次のように考えています。

1.性格は遺伝で50%が決まる。
2.血液型は遺伝できまる。
  http://mathmuse.sci.ibaraki.ac.jp/toshi/ketueki. …
  に示すように親の血液型で子の血液型が決まる。
  しかも、基本的には親に近い血液型の子供が生まれる。
3.性格は遺伝によって影響を受け、血液型も遺伝によって影響を受ける
  よって、長い年月を経てみると、そこにゆるい相関が生まれるのでは
(ゆるい相関であって絶対的な相関ではありません)

と、考えております。




この理屈って間違っているでしょうか??
もし否定される場合は論理的にお願いします。




最後に何度も申し上げたとおり、私は血液型と性格にはゆるい相関があると考えています。
ただし、それはゆるい相関であり絶対的な相関ではなく
初対面の人間を血液型で一方的に好き・嫌いで分ける行為に関して
否定的であることをご理解ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

白血球の血液型ともいわれるHLA型が一定以上一致しないと移植が不可能なため、移植可能な造血幹細胞を見つけるためにさまざまな試みがなされている。

なお、ABO式の血液型は一致しなくても移植は可能であるので、移植したドナーの造血幹細胞によって血液が造られるようになると、ABO式の血液型や血液細胞の染色体、DNAがドナー由来のものに変わる。
この理屈って間違っているでしょうか??
>以上の数少ない事実をクリアしていないのと、また取り違えられた子や産まれて直ぐに里子・養子に出された子供の性格は氏より育ちの可能性が強いのではないかと考えられる点に言及をしていない。
血液型性格判断は骨髄移植のどの部分で性格が変わったのかとの点について一切触れていないので論理的に判断自体が破綻をしている。
数が少ないと言いそうであるが現実に血液型が変わる事実が有りそれが子に受け継がれていく以上論理的な証明が必要である。
質問者の理屈に成否以前に血液型性格判断が成立しなくなったので間違っているとしか言えない。
    • good
    • 0

>何度も申し上げておりますとおり


>血液が性格に直接的に関係しているとは一言も申し上げておりません。

まあ まあ 落ち着いて (苦笑)
それだと当たっていなかったと言われてヒスを起こした占い師と同じですよ。


>性格は遺伝によって影響を受け、血液型も遺伝によって影響を受ける
>よって、長い年月を経てみると、そこにゆるい相関が生まれるのでは

この文章を読んで ん? と思ったが、まあ とにかく <性格は血液型とゆるい相関関係にある>って言っていると受け取りました。

そうではなく、<血液と性格は直接にも間接的にも一切関わりが無い>と言っているわけですか。

なんだ 私と同じじゃないですか。 よかった。
てっきり <少なからず関係があるんじゃないか>と言っていると誤読しちゃいました。


あなたの言う通り。
性格と関係するのは遺伝子と環境などであって、血液じゃないです。 にっこり。


>私の演繹をkigurumi様の否定しやすい都合のいいものに変えるのはやめてください

あなたは血液型と性格は関係が無いのではないかと推理したんですよね?
私は誤解して、てっきりあなたは関係があると言っているのだと思ってました。
読み間違えてしまって すいません。
    • good
    • 0

血液型遺伝子は、血球表面の異物識別のためのカギになるタンパク質で、性格にじかに作用するものではありません。


ただ、そうした性格に影響するいくつかの遺伝子が、染色体上でABO血液型遺伝子の近傍にあることが明らかとなっており、血液型と大ざっぱな性格づけが、高い確率で相関する可能性は指摘されています。

血液型の分布を見ると、明らかな偏りのある地域があります。
血液型を決定するのは血球表面の異物識別タンパク質=遺伝子ですから、それに偏りがあるということは、その集団の間で生殖隔離が行なわれているということです。
A型の比率の高い地域は、日本から中国・江南地方~雲南~ブータンへと続く「稲作農耕文化圏(ジャポニカ米)+常緑照葉樹林帯+温帯モンスーン地域」で、B型の比率の高いのは、韓国北部から中国北部~モンゴル・チベット・インド北部~中東という「遊牧文化圏」です。
一般にA型に言われる「協調性」や「几帳面」は、土地に定着し、年間を通じたスケジュールと地域での共同作業といった、稲作農耕文化の性格を代表し、B型について言われる「ゴーイング・マイウェイ」や「飽きっぽい」は、雨を追って移動する遊牧文化の性格を代表していると言えます。
(ちなみにO型は、アフリカから南アジア~南太平洋の狩猟採集文化圏=人類の原型であり、「情緒的」や「親分肌」といった生理的に核の部分が強く出ていると言えます)

もっとも、いくら「同じ染色体の近傍にある」といっても、交差という遺伝子交換メカニズムにより、長い時間交配し続けると、血液型と性格の相関性は失われていきます。
先の2つの文化圏の接する(かつあまり大きな民族移動のない)地域においてのみ、2つの母集団から持続的に、血液型と性格の遺伝子をセットで供給され、血液型占いは成立するのです。
血液型が日本と韓国でだけ騒がれ、欧米で成り立たない(あそこらは民族移動の連続だから)のも、当然です。
ちなみに、万里の長城は、中国南部の農耕民が、北部の遊牧民を防ぐ(正しくは遊牧している家畜を足止めする事で進撃を阻止する)ために築いたものであり、A型とB型の相性の悪さは、世界最大の建造物を生むほどだ、ていうオチ(^^;)
    • good
    • 0

>う~む・・つまり、結局のところkigurumi様は



>「性格」は後天的なものが全てであり
>クレッチマーの「気質論」
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/koneko/4seikaku. …
>のような先天的な性格への影響を与える要素は
>存在し得ない。もしくはきわめて小さいものであり。
>私の演繹の「性格は遺伝する」が否定され
>「血液型と性格との間に相関関係は存在し得ない」ということでしょうか?


うーーん 困ったぞぉ。笑

最後の「血液型と性格との間に相関関係は無いというのですね」に対しては「はい」です。

「遺伝子と性格ににはなんら関係が無いというのですね」でしたら「いいえ 関係があります」です。


「じゃあ 遺伝子も血液も遺伝がらみなので、やっぱり関係あるじゃないですか」といわれたら、「誰かーー たすけてーーー」です。

「犬の太郎のしっぽは白い、猫のミケのしっぽも白い ゆえに ミケは犬である」といわれたら「たすけてーー」ってなりませんか?


じゃあじゃあ。
チンパンジーのO型の血液を人間のO型の人に輸血したら、100人中 なんにくらいはチンパンジーの子が生まれると思います?
緩やかな相関関係ってのはどれくらい? 100人中子供を生んで半分の人はチンパンジーを産む?

10%くらいは、大人になってもチンパンジーのようにどこでもウンチしちゃうようになる?

血液が関係しているのなら、輸血されたら、血をくれた人の性格がうつっちゃう?

つまり




このCMを見てどれくらいの人がマジになって注文しようとして電話番号が無いので番組がミスってると思ったんだろう?

どれくらいの人が このジョークを楽しんだんだろう?

どれくらいの人が大笑いをしたんだろう?


http://www.youtube.com/watch?v=ucOv4OE30aI

上の動画をみてこれでニコリともしなかった人がいたら 血液型を教えて!
観た人1000人中、100が同じ血液型なら 認めてやるわぁ。

この回答への補足

お礼欄の補足です。

>>血液が関係しているのなら、輸血されたら、血をくれた人の性格がうつっちゃう?

何度も申し上げておりますとおり
血液が性格に直接的に関係しているとは一言も申し上げておりません。

私の演繹をkigurumi様の否定しやすい都合のいいものに変えるのはやめてください。

補足日時:2010/09/22 22:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>最後の「血液型と性格との間に相関関係は無いというのですね」に対しては「はい」です。
つまり、今までkigurumi様が熱く語っていらした
「生まれつきの性格など存在し得ない」という理論は間違いだったということでしょうか??


>>「犬の太郎のしっぽは白い、猫のミケのしっぽも白い ゆえに ミケは犬である」といわれたら「たすけてーー」ってなりませんか?

え!?そんなに否定するのが難しいですかね?

「しっぽが白いということは犬であるための必要条件ではない。」
で一発ではないでしょうか??



私の演繹がこのレベルのものと同一のもであるというのであれば
是非、同じように否定してただけると幸いです。

お礼日時:2010/09/22 21:10

私自身は血液型と性格には相関はないと考えております。


なぜなら、経験則や理論的に見て40~60%くらいの人は一般的な血液型占いの性格に合ってないからです。

と、質問者さまの主張を言いかえてみましたが、どうでしょう。
ぶっちゃけ、言ってることが曖昧すぎて反論とかどうとかのレベルではありません。
血液型と性格に関する正確かつ科学的なデータが存在しませんので、悪魔の存在の否定が不可能であるのと同じように質問者さまの主張も否定できません。


そもそも
>>経験則や理論的に見て40~60%くらいのO型の方はおおざっぱで

これはきちんとした数値的なデータがあるのでしょうか?数値の母数は?きちんと統計的処理をした上で有意差がありましたか?
また、おおざっぱ、というのは質問者さまの主観的な印象論である可能性がありませんか?


質問者さまは他の方に、その考えは主観的なので私の考えを否定できない、と言っている上に、緩い相関なので絶対ではない、と逃げを売ってますよね。

例えば、私が
「知り合いに両親と子供の性格が全く違う親子が何組もいるぞ」
と言っても
「私は絶対的な相関とは言ってません。例外もいるでしょうね」とか「本当に正反対の性格ですか?回答者の主観じゃないんですか?」
とか言われたら反論しようがないですね。

それに性格ってあやふやですから、これこれこうだからこういう性格、と断言することも難しいですしね。


つまり、質問者さまの主張は否定はできません。が、肯定もできません。なぜなら具体的な根拠となる数値的データが示されていない上に、主観的な印象論でしかないので、科学的な議論をしようにもしようがないからです。

あえてきつい言い方をすれば、小学生が屁理屈をこねているようにしかみえないんですよね。
もし私の言うことに反論をしたいのなら、血液型と性格について「緩い相関」を示す客観的な数値的データを出して下さい。
無論、統計学的に「緩い相関」が認められることをきちんと算出されたデータですよ。

そしたら素直に血液型と性格について「緩い相関」があることを認めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


>>ぶっちゃけ、言ってることが曖昧すぎて反論とかどうとかのレベルではありません。

おっしゃるとおりです。


私の表現力が足りず誤解を与えてしまいましたが
>>経験則や理論的に見て40~60%くらいのO型の方はおおざっぱ
これは私の主観的な印象論です。

なので、これについての論理的な批判が出来ないのも重々承知しております。



私の主題は
1.遺伝によって生まれつきの性格が存在する。(皆様からの指摘を受け修正しました)
2.血液型は遺伝できまる。
  http://mathmuse.sci.ibaraki.ac.jp/toshi/ketueki.
  に示すように親の血液型で子の血液型が決まる。
  しかも、基本的には親に近い血液型の子供が生まれる。
3.性格は遺伝によって影響を受け、血液型も遺伝によって影響を受ける
  よって、長い年月を経てみると、そこにゆるい相関が生まれるのでは
(ゆるい相関であって絶対的な相関ではありません)
という演繹です。

temtem1様はこの演繹については一切述べられていないのですが・・・
もしかして・・都合の悪い(否定しにくい)から逃げられているわけではありませんよね。



>>「知り合いに両親と子供の性格が全く違う親子が何組もいるぞ」
>>と言っても
>>「私は絶対的な相関とは言ってません。例外もいるでしょうね」とか「本当に正反対の性格ですか?回答者の主観じゃないんですか?」
>>とか言われたら反論しようがないですね。

反論のしようがないのは、やはり、裏づけや演繹がない「主観的な根拠」であるからではないでしょうか??
何の前置きもなしに「生まれつきの性格の影響は小さく、後天的なものが大きい」と言われても
それを信じろというのが無理があります。


「知り合いに両親と子供の性格が全く違う親子が何組もいるぞ」
は、つまり「性格の遺伝は小さい」ということを述べたいんですよね。

これはつまり
「50m7秒台でも優秀な選手が何人もいるぞ」
で「50m走のタイムは野球選手にとって重要な要素ではない」と述べているようなものです。



「私の周りで~」「私は~~と考えているから」ではなく
それこそ統計学的に「相関がない」が認められることをきちんと算出されたデータ
を提示していただければ幸いです。




ちなみに、私の主題は演繹でしかありません。
それを裏付ける根拠は
「生まれつきの性格(=気質)」が存在するというクラッチマーの「気質論」
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/koneko/4seikaku. …
でしかなく、具体的な数値データはありません。
(というより、性格を数値で表すことができるのかどうかも疑問ではありますが)

つまり、あくまで演繹でしかない、この主題に
「明確なデータ」による反論があれば完璧に否定できるのではないでしょうか??


「血液型と性格の相関はありえない」というデータがあれば完璧なのですが
・血液型と性格の相関を示すというデータの信頼性が低い
という話は聞いたことがあるのですが
・血液型と性格の相関はありえないというデータ
は私は見たことがありません。

なので「血液型と性格の相関はありえない」というデータを。とは言いません。
・性格は全くもって遺伝しない(してもその影響は小さい)
・血液型は全くもって遺伝しない(子の血液型は親の血液型の影響を受けない)
というようなデータがあるのであれば
私も自らの演繹が違うのだ。と認識できるのですが・・・

お礼日時:2010/09/22 06:06

質問と回答を読み返してみました。



ひとつお伺いしたいのですが、質問者様は「相関」の専門的意味合いについてはご存じですか?
専門用語としての「相関」か否かで、ずいぶんと話が変わります。

さて。
「血液型と性格」の関連と、「O型と大雑把」の関連は別物ですよね?
「血液型と性格は関連している」という主張と、「O型と大雑把は関連している」という主張が混ざっているため、混乱しているのだと思います。

赤血球云々ですが、ABO式にこだわっていらっしゃるようなので例示してみました。
RH式も遺伝しますが、RHは性格に関連するとお考えなのでしょうか。
その他の血液型はどうでしょう。
関連すると思いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>>「血液型と性格」の関連と、「O型と大雑把」の関連は別物ですよね?
そうなんですね。そういう認識はありませんでした。

私の主張は「O型と大雑把は関連している」です。
ご指摘ありがとうございます。


RH式には詳しくありませんのであくまで「こうだろう」という推測の話ですが
RH式に関わらず、遺伝する傾向があるものであれば
関連がみられるのではないかと思います。

お礼日時:2010/09/22 05:46

昨日から一卵性双生児において類似しやすい特徴、兄弟程度の類似率をあらわした表をネットで探しているんですけど、見つからない・・・・



外見的なものや身体的なものから、信仰心やモラル・倫理観・性格などにおいても、どれくらい一致するか、一致しないかを調査して表にしてあるものを見たことがあるんです。

人間行動学の関連の講義の時示されたもので、ネットでもアップされていると思ったのですが、、、見つけられない。

仕方ないので

http://labaq.com/archives/50777124.html

一卵性双生児の場合、血液型は一緒ですよね。

見ると、外見は省くとして、性格は<血液型>というより<脳>の特徴の遺伝率と関係していると思いませんか?

他にも親からアルコールを分解する酵素をもらっている人は、お酒を楽しめるが、もらっていない人は飲むと毒素を消化できず、苦しい思いをするので飲まなくなる。

酒をのむことで交流を深めるという特徴がある集団だと「つきあいが悪いやつ」となってしまう。

これは脳じゃなく酵素を親からもらっているかどうか。
もらっていたら、普段おとなしい人も、酒の席だけはアルコールの影響で陽気になってバカ騒ぎをするわけです。
酵素をもらっていない人は、毒素で苦しい思いをするので、酒を飲むと不機嫌になりイライラしてきて、周りに絡んだりするわけです。

酒を飲むと人が変わる人がいると言いますが、本来の性格が出ているんじゃない。
薬物によって脳が通常に働きを妨げられているので、別人格になってしまっているわけです。

リンク先に<楽天主義と悲観主義>ってあって、遺伝にかなり影響を受けていると書いてありますよね?
「ほら やっぱり血液が関係している」とは私は思いません。

一卵性双生児の場合、親からもらった遺伝子によりできた自分たちの遺伝子は同じですよね。
全く同じ遺伝子です。

発育段階で何が片方だけ頭をぶつけたとかなどの障害を受けなければ、同じ環境で育てば二人とも同じ刺激を受けるので、発達具合も同じになる。

だけど、ずっと同じ環境にさらされているわけじゃなくて、学校に行くようになりクラスが違ってしまえば、環境が異なる。
学校の方針という面では一緒の影響を受けますが、先生が違えば自分たちをとりまく友達も違う。

実は中学校の頃 私のクラスに2人 一卵双生児がいた。
外見は全く見分けがつかない。
髪型まで一緒だったので、廊下ですれ違っても自分のクラスの子の方かわからなくて、話しかけて区別していた。

会話すると声が違うし、話し方が違うので、それで区別がついた。
一組は片方は愛情深い感じで思いやりがあり、もう片方は自己中心的で他人を自分の思い通りにコントロールしようとする性格だと思えた。

もう一組は片方は奔放で無秩序、もう片方は真面目で堅実な性格だと思った。

たった二組の一卵性双生児しか人生において一緒の時をすごしたことがありませんが、二組とも受ける印象(性格)が違うってのはどうしてでしょう?

他のクラスの子らとも話したことがありますが、私の受ける印象と同じことを言っていた。

しかし、「あなたは10% いや1%でも性格は遺伝するものでしょう しかも血液によって」という主張を買えないでしょう。

普通は偶然の一致の確率を上回る数値を出さないと、関連があると言えないのではないか と。

で、、、
占い師は偶然の一致より低い確率で当てる。 占い師じゃない人達の方が予測が当たる率が高い。
にもかかわらず、どうして占い師は当たると言われるのか。
バーナム効果を利用しているから。

あなたがもし誰かに「この方は血液型診断の権威者で、血液がエネルギーを持っており、それは触るだけで品物にコピーされ、犯罪現場の品物を触るだけで、犯人はどういう人物か当てることができ、現在警察の捜査にも協力しておられます」と紹介された後、血液型を言ってもらい、相手に触れて「あなたの性格はこうですよね」といえば、「100%当たっています」と100人に言わしめることも可能です。
バーナム効果とコールドリーディングを使えば。

この答えが欲しかったんですか?
稼げるかどうかはあなたの話術のテクニック次第です。
卒論で血液型と性格の関連性を論じるつもりなら 絶対にやめたほうがいい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。

う~む・・つまり、結局のところkigurumi様は

「性格」は後天的なものが全てであり
クレッチマーの「気質論」
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/koneko/4seikaku. …
のような先天的な性格への影響を与える要素は
存在し得ない。もしくはきわめて小さいものであり。
私の演繹の「性格は遺伝する」が否定され
「血液型と性格との間に相関関係は存在し得ない」ということでしょうか?

お礼日時:2010/09/22 05:39

>>「全く影響を与えてはいない」とは言いきれません。



>その実、0%ではないという言及であり10%の可能性も90%の可能性も含んでいますね。

はい、文章を読んでいただければわかりますが、その後に「言い切れない」と述べた理由を書いています。
<外見の特徴は遺伝しやすい>と。 


>・性格の定義を「倫理観」や「行動嗜好」に置き換える
>・性格の「遺伝」を100%の同一と定義づける。
>というような詭弁のテクニックを使われているのではとお見受けしました。

行動傾向は性格には全く関係が無いと思っているわけですね。


>私のいう性格の遺伝・・・これは
>・親がマイペースであれば子もマイペースになりやすい
>・親が几帳面であれば子も几帳面になりやすい

例えばお兄ちゃんは周りを見ながら自分の行動を調節するということをせず、我関せずで1人で遊ぶことを好み、こだわりだすととことんこだわり続ける。 
「あー 主人もそういうところがあり、マイペースだから主人に似たんだわ」と思ったとする。
ある日、幼稚園の先生に「お子さん もしかして発達障害があるかもしれません。専門家にみてもらった方がいいかもしれません」と言われる。
「え? どこが? ああ おっとりしていてマイペースで1人遊びがすきなのは主人に似ているんですよ」と答えるが、「ですが、言葉の習得が遅いですし、回りの声に反応しにくい、他の子供と随分違うと我々は思えるんですよ。もし発達障害があるのなら、合った教育を施さないとつぶれてしまいます」と説得され、「大げさな、、、」と思いながら腹がたったので、違うということを証明するため、専門家を受診させたところ、「アスペルガー症候群の傾向にあります」と言われた。
「先生まで、、、うちの子は父親似なんです、父親もこんな性格なんです」といったところ、「ご主人を連れてきてください。」といわれ、父親も検査を受け「アスペルガー症候群の傾向にありますね 今まで気づきませんでしたか?」と医者に言われた。
父親は母親と違い、アスペルガー症候群の特徴を言われ「ああ、それでか」と納得した。

これは血液型じゃないです。

例えばキレやすいというのは前頭葉が関係しています。
血液型じゃないです。

情緒が不安定なのは、扁桃体の機能が活発すぎるからで、親がそういう脳だと子供もその特徴が遺伝したら、子供も情緒不安定になる脳になる。
血液型じゃないです。
脳の特徴です。


>しかしながら・・・kigurumiさんは
>「親が清廉潔白であれば子も清廉潔白である」
>という倫理観や行動嗜好を「性格」と定義することにより
>・犯罪現場で血液型が使用されない
>という反例を作り出しているようにお見受けします。

血液型じゃなくて脳です。
前頭葉は欲望をコントロールすることに関与しています。
倫理観が備わっていても、前頭葉に障害があると、わかっていながらやっては駄目なことをやってしまう。
しかも知能が高いと周りに気づかれずに犯罪をやれてしまい、証拠を残さない。
プロファイルでは、秩序型か無秩序型か分類し、秩序型の犯罪の場合、知能は高く高給の職業についている人物と特定します。


>倫理観や「犯罪を犯すか否か」は先天性のものはほとんど影響されず
>後天性のものがほぼ全てであるということは認めます。
>しかしながら、それは今回の演繹における「性格」とは異なるものであることをご理解ください。

性格とは社会性のことだと思いませんか?
他人との関わり具合、集団との関わり具合で、その人がおとなしい、活発、几帳面、ずぼらなどに<他者>が分類しているとは思いませんか?
    • good
    • 0

小難しいことは他の方が回答されていますので、俗的な考え方から攻めてみます。



(1)「おおざっぱな親の子どもはおおざっぱになりやすい」
モチロン100%ではありません。反面教師にもなりえます。
しかし、性格面において、子どもは親に似る、ということは、まあまあ肯定できることと思います。
環境の影響、ということですね。

(2)血液型は遺伝する
突然変異とか遺伝子の異常とかは置いておきます。
こちらについては、否定しにくいものでしょう。

(1)と(2)が同時に成り立つとします。
両親共にO型で、おおざっぱな人。
子どもはもちろんO型で、親に似ておおざっぱな人。

血液型診断に当てはまる人間の完成です。


続いて、「それを言ったら・・・」となるような考え方をしてみます。

(1)おおざっぱでない人、おおざっぱなところが皆無な人は居るのか?
何処で何をしていてもおおざっぱにしない完璧主義。
100人中何人でしょうか?
その人数と、O型の人の人数は?


さてさて。
ちょっと専門的です。

血液型は数千種類あることはご存知かと思います。
ABO式のものは赤血球です。
つまり、赤血球と性格に相関がある、と質問者様はお考えになっているのでしょう。
では、白血球は関係ないのか。血小板は?鉄分は?コレステロールは?水分量は?

仮に、関係があるとしましょう。
どのくらいの割合で?99%?70?50?30?10?1?
10%も無いのであれば、それはもはや関係ないと言って良いと思います。
30%だとしても、70%が別の要因であれば、どれほどの影響があるのか。


簡単な話をします。

(1)O型の赤ちゃんを、おおざっぱにも几帳面にも育てられる。
「育てられる」のです。

(2)質問者様は、「几帳面なところもあるが場面や相手によってなおざりにすることもあり、適当に済ませてしまうところもある」でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

時間の都合上端的なお礼になりますことをご了承ください。

>>血液型は数千種類あることはご存知かと思います。
>>ABO式のものは赤血球です。
>>つまり、赤血球と性格に相関がある、と質問者様はお考えになっているのでしょう。
>>では、白血球は関係ないのか。血小板は?鉄分は?コレステロールは?水分量は?


私はどこで「赤血球と性格に相関がある」と述べてますでしょうか?

質問文を演繹を改めて見直していただけると幸いです。

お礼日時:2010/09/21 01:16

何度もおじゃましてすみません。

しかも今回は回答ではないです。質問です。

どうしても一つお聞きしたいのが・・・。質問者様の仰る「遺伝」の定義です。

私にとっての、(おそらく他の多くの回答者様もそうだとおもうのですが)「遺伝」の定義は、「遺伝子により、親から子へ親の性質が受け継がれるというシステム(もしくは、このシステムにより受け継がれた性質)」のことです。だから「遺伝」と「遺伝子」は絶対切り離せないし、もし、質問者様の仰るように「(遺伝で)マイペースな親の子はマイペースになりやすい」というのであれば、「マイペース遺伝子」なるものが存在して、それが親から子へ引き継がれる、ということを意味します。

そして、私どもの立場からは

>性格は遺伝によって影響を受け、血液型も遺伝によって影響を受ける。長い年月を経てみると、そこにゆるい相関が生まれるのでは

この考えも否定されます。例えば、Aの遺伝子は子のBで1/2となり、その子のCでは1/4となるので「長い年月」で、むしろAと子孫との相似点(相関)は減少すると考えるからです。

しかし、「遺伝」と「遺伝子」を分けて考えていらっしゃる質問者様にとってはこの「反論」は「反論」にはならないのでしょう。

同じ「遺伝」という言葉を違う概念で使っていたら、議論に混乱が生じると思います。よろしければ、質問者様の「遺伝」の定義を説明していただけないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の考える「遺伝」とは・・・

親の身長が高ければ子の身長も高い傾向がある
親の彫りが深ければ子の彫りも深い傾向がある

というような親に子が似るというものです。

よって、A×Aの親からはA型の子供が生まれる傾向がある。
B×Bの親からはB型の子供が生まれる傾向がある。
という「血液型の遺伝」

そして、マイペースの親からはマイペースな子供が生まれる傾向がある。
せっかちな親からはせっかちな子供が生まれる傾向がある。
という「性格の遺伝」

という認識です。


「遺伝子」はあくまで遺伝のメカニズムの1部分であり
遺伝子的に「性格」と「血液型」の相関を見出すことはできないでしょう。

お礼日時:2010/09/21 01:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の血液型で生まれる子供の血液型のパターン

よく○型と○型の生殖によって○型の子供は生まれないという、血液型によって生まれる子供の血液型のパターンがありますが、そのパターンがわかりません。
どういうパターンになっているんでしょうか?。

Aベストアンサー

血液型はAA・AO・BB・BO・AB・OOの組み合わせで決まります。

A型はAAとAO。
B型はBBとBO。
AB型はAB。
O型はOO。

A型同士
AA×AA=AA
AO×AA=AA・AO
AO×AO=AA・AO・OO

A型とB型
AA×BB=AB
AA×BO=AB・AO
AO×BB=AB・BO
AO×BO=AB・AO・BO・OO

A型とAB型
AA×AB=AA・AB
AO×AB=AA・AO・BO・AB

A型とO型
AA×OO=AO
AO×OO=AO・OO

B型同士
BB×BB=BB
BB×BO=BB・BO
BO×BO=BB・BO・OO

B型とAB型
BB×AB=AB・BB
BO×AB=AB・BO・BB・AB

B型とO型
BB×OO=BO
BO×OO=BO・OO

O型同士
OO×OO=OO

AB型同士
AB×AB=AA・BB・AB

書きもれが間違いがあるかも解りませんが、このように理解しています。
逆に考えれば、子どもの血液型と親の血液型で自分がA型B型でもAAかAO、BBかBOが推察する事が出来ます。

血液型はAA・AO・BB・BO・AB・OOの組み合わせで決まります。

A型はAAとAO。
B型はBBとBO。
AB型はAB。
O型はOO。

A型同士
AA×AA=AA
AO×AA=AA・AO
AO×AO=AA・AO・OO

A型とB型
AA×BB=AB
AA×BO=AB・AO
AO×BB=AB・BO
AO×BO=AB・AO・BO・OO

A型とAB型
AA×AB=AA・AB
AO×AB=AA・AO・BO・AB

A型とO型
AA×OO=AO
AO×OO=AO・OO

B型同士
B...続きを読む

Q他者に意見を述べさせ、それに続く自分の言葉を恣意的に意見を変えてしまう指導的立場の人間の心理は?(長文です)

お世話になります。
学校教育、グループ活動、職場の会議などで、互いに意見を出し合う機会はよくあることと思います。
そういった活動の中で、指導者的立場の人間(教師、上司、先輩など)でありながら、まず他人に意見を求めてから、その内容によって恣意的に自分の意見を変えてしまう人というのを何人も見てきました。

例) 職場(生産工場)にて
工場長「新入社員の●●君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
●●「はい、マニュアルを熟読し、作業手順を守って決められた時間内に自分の担当する工程を終わらせ、ラインを止めることなく高い生産性を保つことです。」
工場長「何言ってるんだ! マニュアルどおりに仕事をすればそれだけでいいのか? 一番大切なことはエンドユーザーにこの製品を使っていただき喜んでもらうことだ! われわれはお客様を笑顔にするために働いているんだ!」

翌日
工場長「新入社員の▲▲君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
▲▲は●●から事の次第を聞いていたので、
「お客様を笑顔にするために働くことが重要だと思います」と工場長にとっての模範的回答をした。すると、
工場長「何言ってるんだ! 客の笑顔が重要だと! メルヘンみたいな事言うなよ。マニュアルにしたがって能率よく作業を行ってラインを止めないことがよほど重要だろ! 企業は利潤追求のために動いているんだぞ! ”客の笑顔が大切”なんていうなら、どこかの遊園地にでも就職すれば良かったんじゃないのか?」

さらに翌日
工場長「新入社員のXX君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
XXは▲▲と●●から事の次第を聞いていたので、
「2点あります。
 一つはマニュアルに従って能率よく作業を行いラインを止めずに生産性を上げること。
 二つ目はお客様を笑顔にするために働くことの二つが重要だと思います」と●●と▲▲が指摘された二つを取り入れた回答をした。すると、
工場長「違うよ! カイゼンをするためには何が必要か、今の手順のままでいいのか、もっと効率のよい方法はないか、を常に考えながら、現状の仕事の進め方に疑問を持って取り組むことが一番大切だ! 新入社員だからといってマニュアルに盲従しかできないのでは能力が足りない! 事実、今までも新入社員のフレッシュなアイディアでマニュアル改定、作業改定をして、劇的に効率が上がったことがいくらでもある。マニュアルどおりに仕事をするならロボットの方が効率がいいよ。そうやって高い生産性、高い品質の商品を送り出せば自然とお客様に喜んでいただける。お客様の笑顔は結果でありそれ自身を追及するものではない。よく覚えておきたまえ」


仕事を遂行する上でもっとも大切な事はこの工場長を職場から排除することだと思うのですが・・・


こういったことは学校教育やグループ活動など上下関係がはっきりした団体活動でもよくあることと思います。特に学校教育の現場では読書感想の発表や学校行事の反省会など、
”複数の意見、回答が存在し、見地によってはどれが正解、誤回答とは決め付けられないもの”
を求める場面でよく発生すると思います。
(逆に理系の授業で、正解の回答手順と正解が一通りしか存在しないもの、を求める場合にはこのようなことがめったにないと思います) 
場合によっては教師、上司、先輩によるイジメの根源になりうると思います。

 このように先に意見を言わせ、そのあとで恣意的に「その回答は間違っている」とするような指導的立場の者というのはどのような思考回路、心理状態の持ち主でしょうか? 指導者としての適性はあるのでしょうか? イジメでしょうか? 職場、学校などでどうしても人間関係を離せない場合はどのように付き合っていくのがいいでしょうか? 好かれるようにゴマすりでもすればいいのでしょうか?

 それとも単に回答した人間が僻み根性の持ち主か、嫌われているのか、とんちんかんか、あまのじゃくか、顔色を伺うのが下手で質問と合わない解答をしているだけでしょうか?

お世話になります。
学校教育、グループ活動、職場の会議などで、互いに意見を出し合う機会はよくあることと思います。
そういった活動の中で、指導者的立場の人間(教師、上司、先輩など)でありながら、まず他人に意見を求めてから、その内容によって恣意的に自分の意見を変えてしまう人というのを何人も見てきました。

例) 職場(生産工場)にて
工場長「新入社員の●●君、生産ラインに入って一通り仕事を覚えたと思うが、仕事を遂行する上でもっとも大切な事は何だと思うかね」
●●「はい、マニュアル...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、

文章だけから見ると、この上司は、部下に対して、心理的に優位に立ちたいだけのようです。
なんだか、部下に対してコンプレックスを抱えているようにも感じます。
部下が大卒で、自分は高卒とか、入社の経緯が違うとか…何かあるのかも知れないですネ。
(実際の表情、言い方、態度、その前後の行動などが見れるならもっと
  正確に判断できると思いますが…)

好意的に解釈すると、部下の気づかない部分を指摘して、
部下に成長してもらいたいと考えているかも知れませんが、
彼の戦略は、部下に不信感を抱かせるだけで、大失敗です…ご愁傷さまです(笑)

部下が、不快な思いをさせられて、生産効率の改善につながらないという時点で、
この上司の行為はパワーハラスメント(力を背景にしたイジメ)にも成ると思われます。

> 工場長を職場から排除することだと思うのですが・・・

パワハラは、必ず風土的背景(社風)から生まれて来ますから、個人を排除しても、
また、違う人間がパワハラの根源になる可能性があります、

現状で、そういった受け答えだけの問題で、そんなに大きな被害ではないのなら、
管理者研修などで、会社の風土診断などを行い、社風を変えて行く必要があるのかも知れません。
こちら↓のページの下の方、【教育資料】や【組織診断】をご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/okinawa-ta/org/organize.htm

本来は、経営者側がやるべきことですけどねぇ~
自分達の働きやすい環境のためですから、労働組合などから、要求してみては如何でしょう。

そして、この上司の(さらに)上役に対する態度は、どの様でしょうか?
書いてあるような部下への態度から想像するに、彼の上司に対しては
意見を合わせ妙に媚びへつらっていませんか? もしも、そうなら、
彼は蝙蝠野郎です(笑)、ひとりで立ち向かってはいけません。

個人個人が仲良く、連絡を密にして団結しているところを見せるだけで
充分だと思われます、こういう人は、人一倍防衛本能が発達していますので、
自分より力を持つ者には攻撃しませんので…(分断工作をしてくるかも知れません)

そして、考えを変えてもらうためにも、社風を変えて行く工夫をされるべきでしょうね。

> それとも単に回答した人間が僻み根性の持ち主か、嫌われているのか、
> とんちんかんか、あまのじゃくか、顔色を伺うのが下手で
> 質問と合わない解答をしているだけでしょうか?

この質問分の内容では、この複数の従業員の「僻み根性とか、
(上司から)嫌われているのか?」云々に関する情報は皆無ですし、
少なくともこの文の中に、従業員側の論理の破れは見えません。
そしてそのことは、従業員側から質問している、質問者さまが、一番ご存知のはずですよね。
長文の“前提”に従って答えを出しているだけですので、
この様な書かれていない情報をもとに、心理的な論理を組み立てることはできません。

そして、この最後の二行で、上司が部下に行っているのと同じ“ダブルバインド”を
質問者さまも、行っています。回答する側からは「教えて」と「答えるな!」と
同時に言われているようで、不快です(笑)…参考になれば

 ※ダブルバインド⇒ http://i.impressrd.jp/e/2008/02/15/365

こんにちは、

文章だけから見ると、この上司は、部下に対して、心理的に優位に立ちたいだけのようです。
なんだか、部下に対してコンプレックスを抱えているようにも感じます。
部下が大卒で、自分は高卒とか、入社の経緯が違うとか…何かあるのかも知れないですネ。
(実際の表情、言い方、態度、その前後の行動などが見れるならもっと
  正確に判断できると思いますが…)

好意的に解釈すると、部下の気づかない部分を指摘して、
部下に成長してもらいたいと考えているかも知れませんが、
彼の戦略...続きを読む

Q虫刺されの上からレーザー照射はまずい?

レーザー脱毛をしてる最中(10回セットで現在6回終了)なのですが、
首の一部に虫刺されが複数出来てしまいました。
『ここの部分だけを照射は外しましょう』と看護師に言われ、
2回分もそこの部分だけ照射出来てないのですが、
それだとそこの部分だけは脱毛されてない事になりますよね?
かといって、
虫刺されが治ってから照射をするのでは、
いつ治るか分からないし(私の虫刺されはなかなか治りません)、
何か良い方法はないですか?
ダニかアブのような虫刺されの跡ですが、
このまま照射したらまずいですか?
そうすれば脱毛は出来るし、
虫刺されの菌は死ぬ(?)ので一石二鳥ですよね?
でも虫刺されの上からレーザー照射をしたら派手な跡が残る可能性がありますかね?

Aベストアンサー

まずいと思います…。
私なら怖くてとてもできません。

虫刺されって(医者じゃないので細かくはわかりませんが)菌がいるんじゃなくて、刺された『傷口』が炎症を起こして腫れたり痒くなったりしている状態です。
傷ができたり炎症を起こして痛んだところを更に傷つけるような真似は、後悔する結果になる可能性があると思います。

脱毛する外科やサロン側も傷が残る可能性のある施術は本人の意思があったとしても責任問題になるのでやらないとは思いますが…。

Q血液型と性格が無関係だという説の根拠は?

血液型と性格の相関関係を面白く取り上げたテレビ番組が批判されています。そのために根拠なく子供がいじめられたりしているそうです。大変イヤな話だとは思います。一方で、血液型と性格は無関係なのに!という論調で批判がされていますが、これは証明されているのでしょうか?
血液型と性格の関連性を示した研究成果がないということに過ぎないのでしょうか?
近頃は心理テストと血液型の相関関係を調べるような研究成果も出てきているようなので、気になります。
教えてください。

Aベストアンサー

ごく少数ではありますが,
特定の行動傾向と特定の血液型の相関を示すデータは存在します。
しかし,それは血液型と性格の関連性を積極的に裏づけるほど
強力なものではないというのが大方の評価です。
また血液型性格判断の知識が普及するにつれて
「予言の自己充足」として関連性が生じつつあるとの報告もありますが,
これは生理学的レベルでの関連性とは別問題です。

そして,ここが大事なのですが,
「関係がない」と「関係があるとは言えない」は
学問的には同義ではありません。
血液型性格判断に批判的な研究者が主張しているのは
「現在までのデータでは関係があるとまでは言えない」ということであって,
「関係がない」ことが証明されたわけではありません。

それ以前に,
そもそも性格とは複数回の観察を通じて行為者の内部に想定される構成概念であって,
それを実体の如く扱うこと自体が間違いの元という議論もあります。
詳しくは下記のサイトへどうぞ。

ABOFANへの手紙
http://www.obihiro.ac.jp/~psychology/abofan.html

ごく少数ではありますが,
特定の行動傾向と特定の血液型の相関を示すデータは存在します。
しかし,それは血液型と性格の関連性を積極的に裏づけるほど
強力なものではないというのが大方の評価です。
また血液型性格判断の知識が普及するにつれて
「予言の自己充足」として関連性が生じつつあるとの報告もありますが,
これは生理学的レベルでの関連性とは別問題です。

そして,ここが大事なのですが,
「関係がない」と「関係があるとは言えない」は
学問的には同義ではありません。
血液型性格判...続きを読む

Q血液型o型が人気ですが皆さん好きですか?

血液型o型が人気ですが皆さん好きですか?

Aベストアンサー

僕もOです。蚊に刺されます。蚊には人気あります。

Q生理学的知見からの血液型と気質の因果関係の有意性を実証するための動物実験有無

心理学を勉強しており、現在、気質とABO式血液型との因果関係の有意性を実証しようとしている客観的なデータ(動物実験など)を探しています。検索すると、占いや疑似科学のようなものだらけで、科学的な裏づけのある資料が得られません。
推論では、このような「糖」がどのように人間の気質に影響しているかはもっと生物学を勉強してからのほうがよいとは思いますので、(ABO式の血液型に絞った考察は偏っており、客観性を確保するのが不可能と推定しています)いずれは別のテーマになるとは思いますが、試行錯誤の段階ですので、なにとぞ知恵をお貸し下さい。
なお、この類の論説では、性格と気質がごっちゃにされているケースが多いので、資料となりうるものは稀少です。性格と気質の明確な定義が共有されないまま意見だけが飛び交って不毛な議論が展開されているように思うのは私だけではないでしょう、、。(?)

Aベストアンサー

サイト紹介です。既にご存知かもしれませんが。

●このサイトでは、既存の各種論文を題材に心理学からの血液型性格判断に対するアプローチを検討されております。また、サイトの内の学術論文集は、科学的資料の収集に有用と思います。

http://www.remus.dti.ne.jp/~nakanisi/ketsueki/index.html

●次のサイトでは、いわゆる「血液型性格判断」(テレビ・一般書籍・インターネット上の議論)そのものを心理学の立場から分析されております。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/hasep/bloodtype/index.html

●このサイトは、「血液型性格関連説」についての、心理学的な知見とそれに基づく考察を提供することを目標として、心理学者の採ったデータ紹介や統計学と科学的方法論に言及されております。

http://www1.doshisha.ac.jp/~yshibana/etc/blood/archive/index.html

Q血液型でハイチュウの買い方を解説するCMの出演者は?。

 10年以上前にハイチュウのCMで血液型でハイチュウの買い方を解説するというCMがありました。
 そのCMに出演していた二人組みの男性コンビは誰でしょうか?。

Aベストアンサー

「とんねるず」って説が有力かと・・・。
私もうっすらとしか憶えていないので憶えていないのですが、
昔とんねるずがハイチュウのCMに出演していたのは事実のようです。
ただこのCMだったかは「?」です。

Q"血液型と性格が関係ある"とする生化学的根拠

血液型と性格が関係ある、という事を示そうとしている統計的"実験"はたくさんあると思うし、イヤという程聞かされるのですが、"血液型と性格が関係ある"とする生化学的な説明は為されているのでしょうか?
こんな実験が、こんな実験が…と見せびらかすだけではまるで健康食品の誇大広告のようだと思ってしまうのですが…
何かご存知の方はぜひ教えてください。

念のため、注。
生化学=「生命・生理現象を化学的側面から研究する学問。」(by広辞苑)

Aベストアンサー

>血液型の決定遺伝子の近くに神経伝達物質の遺伝子も載っていて、
遺伝子的には近くにはないんだが。
それに近くにあっても関連するとは限らないし。
大体、その神経伝達物質が性格に影響するという報告はありません。

それにしても「影響しあっているに違いない」とか、「10年後20年後世界に認められるデータが登場する」とか、どうして信じて疑わないんでしょうかねぇ。

参考URL:http://www.meken.med.kyushu-u.ac.jp/~tosakai/BloodDBH.html

Q子供の血液型 A×A B×O・・・

妊娠しています。
子供の血液型の確率を知りたいのですが・・・。
無知なので教えて下さい。
A型にもAAとAOがある。といいますが、このAAというのは自分の両親がA型とA型、という事でしょうか?
自分の両親がA型同士でも 祖父母がA型とO型であれば自分にもO型の抗体があるのでしょうか?

相手はA型・両親もA型同士。私はB型・両親はB型とO型です。
祖父母の血液型はわかりません。
この場合AAとBOでABかA型なのでしょうか。
相手にO型遺伝子があれば全血液型の可能性があるのでしょうか?

文面がわかりづく申し訳ありません。

Aベストアンサー

A型とA型の両親からでも、O型の子供が生まれますよ(^^)

両親がAA型とAA型だった場合、
子供はAA型になります。

両親がAO型とAO型だった場合、
子供はAA型、AO型、OO型になる可能性があります。

両親がAA型とAO型だった場合、
子供はAA型とAO型のどちらかであり、OO型にはなりません。

祖父母にO型の方がいらっしゃるなら、
その子(ご両親のどちらか?)はAOですね。

質問者様はB型、ご両親の片方がO型であれば、質問者様はBOのB型です。
相手の方のご両親がAAかAOかわからないので、
相手の方もAOの可能性、AAの可能性どちらもありますね。

ただし、AとBは優性・Oが劣性ですので、
OOで無い限りO型にはなりません。
AAとBOの組み合わせから生まれるのは、
AB型、AO型つまりA型です。

ABOすべての可能性があるのは、
AOとBOの両親から生まれる子供です。
AとOならAO⇒A型
AとBならAB型
OとBならBO⇒B型
OとOならOO型⇒O型

お二人の血液型を検査などでO因子があるかどうか調べられれば、
全血液型になる可能性はわかると思いますが。

質問者様は、赤ちゃんと母体との血液型不適合の件を心配なさってるんでしょうか?

だとしたら、血液型ではなくRH+か-かの不適合のことなので、
事前に調べるか、分娩時に免疫グロブリンなるものを注射する措置がありますよ。
(単に血液型が気になるだけでしたらごめんなさい^^;)

A型とA型の両親からでも、O型の子供が生まれますよ(^^)

両親がAA型とAA型だった場合、
子供はAA型になります。

両親がAO型とAO型だった場合、
子供はAA型、AO型、OO型になる可能性があります。

両親がAA型とAO型だった場合、
子供はAA型とAO型のどちらかであり、OO型にはなりません。

祖父母にO型の方がいらっしゃるなら、
その子(ご両親のどちらか?)はAOですね。

質問者様はB型、ご両親の片方がO型であれば、質問者様はBOのB型です。
相手の方のご両親がAAかAOかわからないので、
相手の方...続きを読む

Q血液型性格判断が

血液型性格判断が心理学で取り扱われない理由は
なぜでしょうか。

Aベストアンサー

自分の考えで書きます。

心理学は心の学問だからでしょう。
血液型は4つありますよね。その型のよってこれこれこういう性格だ、と言われますが実際のところ関係ありません。性格はひとそれぞれ違うし、第一、心理というものはおよそ性格に影響します。その性格が血液型で判断できないため(関係ないため)、扱われないものだと思います。

参考になればいいのですが↓
http://www1.doshisha.ac.jp/~yshibana/etc/blood/archive/index.html

http://www1.doshisha.ac.jp/~yshibana/etc/blood/archive/pseudo.htm

参考URL:http://www1.doshisha.ac.jp/~yshibana/etc/blood/archive/index.html,http://www1.doshisha.ac.jp/~yshibana/etc/blood/archive


人気Q&Aランキング