仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!>>

法人税の種類について教えて下さい。
法人税とは事業を行う際に支払う総称の事なのでしょうか?
法人事業税や法人住民税などの名称は聞いた事があるのですが、
実際に収めなければいけない税金の種類はいくつあるのでしょうか?
例えば
資本金が1000万の株式会社で、消費税は別として1年間の利益(売上ー経費)が100万だった場合には、どのような支払いが必要になりますか?

また
赤字の場合には均等割りで7万円という事が書いてありましたが、
それは法人住民税等も含まれていますか?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法人が支払うこととなる税金には、いろいろな種類があります。


「法人税」とは、国税のことをいい、法人が事業を行う際に支払う総称の事ではありません。
法人が事業を行う際に支払う税金には、その他に、国税としての「源泉所得税」とか、地方税として県税の「法人住民税」と「法人事業税」があり、市町村民税の「法人住民税」があります。
その他にも細々とした地方税がありますが、その地区によって異なりますので、県税及び市町村民税のHPで確認してください。

>資本金が1000万の株式会社で、消費税は別として1年間の利益(売上ー経費)が100万だった場合には、どのような支払いが必要になりますか?

国税の「法人税18%」と地方税の県税及び市町村民税を合わせて概ね利益の30%程度です。
一般的に大企業などは法人税の実効税率が40%と言われていますが、中小企業の場合は30%弱と覚えておいてください。

>赤字の場合には均等割りで7万円

赤字の場合には、国税の「法人税」は0円です。また、県税の「法人事業税」は0円ですが「法人住民税」の均等割り分が2万円、市町村民税の「法人住民税」の均等割り分が5万円で、合計7万円の地方税を支払うことが必要です。(県・市町村によって若干の差があります。)
「均等割り」とは、法人がその地域で事業を行っている場合に最低限支払うべき税金です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2010/09/26 19:13

法人税は下記の3種類です。


(1)各事業年度の所得に対する法人税
(2)清算所得に対する法人税
(3)退職年金積立金に対する法人税

法人税は会社をはじめ法人の所得に対して課税されるものです。ひと口に「法人税」といわれているものも,厳密には上記の3つのものから構成されています。

上記を踏まえて,法人税とは,となると法人税に関する法令。法人税の性格。法人税の納税義務者と課税の基準。所得の帰属。事業年度とは。納税地。法人設立時の手続き,このようにざまざまな事柄を理解して計算し処理します。参考。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2010/09/26 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング