タイトルにある「舌鼓」の「鼓」は「づつみ」と読みますが、「鼓」はそもそも「つづみ」と読むはずなのになぜ濁音の「づ」の位置が、かわっているのでしょうか?

A 回答 (5件)

確かに漢字に分解して発音すれば、「シタ ツヅミ」ですけど、普段「シタ ヅツミ」と言いますよね。

私だけでしょうか。

多分こういう理由なのだと思います。日本語では単語が二つ重なると後の単語の始めの文字が濁音化します。例えば、太鼓「タイコ」に大が付けば、大太鼓「オオ ダイコ」です。

「ツヅミ」の前に「シタ」が付いた場合も、最初の「ツ」が濁音化され「ヅ」になり、それに影響されて二つ目の「ヅ」が清音化されて「ツ」になったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

#3です。


先程の回答と同じようなことを書いている方がいらっしゃったので、参考にURLを載せておきます。(下の方です)
http://people.uleth.ca/~uzawa/essay9.htm

参考URL:http://people.uleth.ca/~uzawa/essay9.htm
    • good
    • 0

本来は「したつづみ」が正解ですね。

「したづつみ」と言っている人もいますけど。
でも「腹鼓」は「はらづつみ」って覚えてました。思わず辞書で再確認してしまいました。
でも「『・・づつみ』は誤り」ではなくて、「『・・づつみ』とも」と書かれている、ということは、今ではどちらでも良いのでしょう。「したづつみ」の方がどちらかと言えば言いやすいですし。
昔「新し」は「あらたし」だったものが、いつの間にか「あたらし」になってしまった、というような例はいくつもあります。「舌鼓」も「したづつみ」に変わっていく、今ちょうどその過渡期なのかもしれませんね。
    • good
    • 0

正しくは「したつづみ」です。


辞書などでも「つづみ」で掲載されています。

ただし、「したづつみ」でもOKらしいです。
この辺は、地方色なのか、昔のお偉いさんが間違えて発音したのを「コレでも良いのだ!」と押し切ったのか(笑)
まぁ特に理由は無いんじゃないかと。

参考URL:http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%C0%E5 …
    • good
    • 0

したつづみ じゃないんですか!? σ(゜、゜)はて?


gooに国語辞典でしらべたら
したつづみ がメインで「したづつみ ともいう」と書いてありました。

やっぱり したつづみ が合ってると思うけど・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QパソコンのHDDが壊れた時の音ってどんな音?

私は、パソコンのHDD(ハードディスク)が物理的に(不良セクタ発生やディスクに傷が付いたなど)壊れた時の音がどんな音なのかよくわかりません。

一体どんな音がするのか教えて下さい。

Aベストアンサー

カッチンカッチン や カコンカコン などの音がしたり、ゴリゴリなど音もする場合もあります。
スーウィンとかのヘッドを動かすような音が聞こえる場合もあります。

もちろん、音に気づかないうちに突然死ってのもあります。

不良セクタしても、通常の音のままだったりします

Q俳句では「者」を「は」と読むのは何故?

タイトル通りです。例えば、「つ」は「津」・「せ」は「世」など、たいてい音読みで読み方が想像できるんですが、「者」を「は」と読ませるのは何か理由があるのでしょうか?(俳句はまだ読み始めたばかりのド素人です。)

Aベストアンサー

漢文を読み下すとき、「者」を「~は」と読みます。(参考URL)

むかしは、「い」の音を表すのに、「以」や「伊」の草書を使ったり、「ろ」は、「呂」や「路」使っていました。

現在のように一音一字になったのは、明治33年(1900年)以降のことで、その他のものは「変体仮名」として、書道や俳句などでは、現在でも使われています。(参考URL)

「そばや」の暖簾や看板にある字も変体仮名です。

参考URL:http://www.yo.rim.or.jp/~nohara/kanbuntext.html,http://www.toride.com/~yuga/moji/kana.html

Q「舌鼓」「舌鼓を打つ」の語源を教えてください

「舌鼓」(おいしい物を味わったときに鳴らす舌の音)、あるいは「舌鼓を打つ」(おいしい物を味わった満足感を舌を鳴らして表すこと)の語源、成り立ちなどを教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 もともと日本人は美味しいものを食べた時、舌で上顎を弾いて「コッコッ」といった感じの音を出して「美味いねえ、こりゃまた結構」といった意思表示をするくせがありました。それが音締めをした鼓の高い音に似ていることから舌鼓の語源となったのだと思います。

 この音、つまらない時に出す「チェッ」は舌がほとんど上前歯のすぐ後ろに当たって出ますが、それよりは、舌をもっと奥に丸めて出すようです。

 フランス人は、美味しそうなものを見ると両手の手の平を揉み合わせますが、東西どちらもなぜそうするのかまでは分りません。

Q土佐日記の「門出」で、「二十日あまり一日」を「はつかあまりひとひ」と読

土佐日記の「門出」で、「二十日あまり一日」を「はつかあまりひとひ」と読むのは分かるのですが、「二十二日」はどう読むべきでしょうか??


ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はつかあまりふつか。

Q暇をつぶすと、どんな音がしますか?

暇をつぶすと、どんな音がしますか?

Aベストアンサー

「ブチュッ。。。。。。。。ヌチョッ。。。」

です・w・

ちなみに、「ブチュッ」で大きめな音とともに潰され。
「ヌチョッ」とさりげな~く何かが漏れ出してくるようです。

Q今「阿部昭」がかいた文章を読んでいます。テーマは「命」です。

外人です。今「命」という文章を読んでいます。分からないところがあります。教えていただけませんか。よろしくおねがいします。
次はこの文章の一部分です。
それはともかく、動物の行動を見ているだけでも、私には楽しい。彼らが、松やいぬアカシアの幹を、垂直に、一気に、何メートルも駆け上がったり、飛んでいる虫を捕ろうと宙高く踊りあがったりするのを見るたびに、動物ってなんと無駄のない正確な運動をするんだろう、と今さらのように感嘆するのだ。
 畜生のあさましさ、などという言葉が人間にはあるが、そうとばかりは言えない。人間の母親でさえ、子供を生むこと育てることをいとい、捨てたり死なせたりする世の中なのに、猫の育児は細心の情愛と無限の忍耐そのものである。
質問(1)「畜生のあさましさ、などという言葉」は何の意味ですか。ほかの言葉で言い換えることができますか。
分かりやすい言葉で説明してくださいませんか。

Aベストアンサー

こんばんは。

> 質問(1)「畜生のあさましさ、などという言葉」は何の意味ですか。

「畜生」というのは、もともと仏教用語から来た言葉ですが、一般には、人間以外の動物、広くは鳥や虫や魚も入れた人間以外の生物の総称として使います。時には人間に対しても、不道徳で人間らしくない行いをする人を軽蔑した言い方で「畜生」と言ったりします。
「浅ましさ」とは「愚(おろ)かさ、醜さ、情けなさ、見苦しさ」のことですので、
この文での「畜生の浅ましさ」を簡単に言い換えると
「(人間以外の)動物の愚かさ」(beast's foolishness)となるでしょうか。

……そういう言葉が人間の世界にはあるが、動物ばかりがそうだとは言えない。人間の母親でさえ子供を生むこと育てることを嫌い…… 
と続きます。

Q類語辞典アプリについて

最近出先で類語辞典を使うことが増えました。
今までは講談社の類語辞典とオンラインのシソーラスを使っていましたが、講談社の類語辞典は語彙少なく、通信環境必須でした。
しかし必ずしも作業する環境が通信環境がいい状況でなかったりするのでオフラインで使える類語辞典を探しています。

角川類語新辞典と三省堂類語新辞典のどちらかの購入を考えています。
この2つのアプリはオフラインで使用できますか?
アプリ評価のサイトを色々探ったのですがオフラインについて記述が見当たりませんでした。
価格が価格だけに試しに買ってみるのはちょっとためらってしまいます(書籍の類語辞典買うよりは安いんですが…)

それと角川の方は2200円のものと1500円のものがあるので、どちらを使っているかも書いていただけると助かります。

ちなみに角川は大辞林との連携が売りですが、私はあまりそこは用途として必要としていません。

Aベストアンサー

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

それから私がよく使う類語辞書を紹介します。
ネット上に存在するデータを使いローカルに持っているアプリですが、Word ouenというところが出している類義語辞書です。
この辞書では単語のみが表示されて用例や意味は表示されませんが、関連語というカテゴリがあって、類語からは外れる近い単語を表示してくれます。
また類語と共に英和・和英ができ、英語の類語と関連語も捜せるのが魅力的です。
意味や用例については外部辞書連携が利用できます。
広告は入りますが無料版もあります。

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

そ...続きを読む

Q「押下」は「おうか」と読む?

よくWindowsソフトのコマンドボタンを押すという説明をする時、
「押下」すると書いてあるマニュアルを目にします。
市販のソフトではあまり見ないのですが、ソフトハウスが開発時に
作成するマニュアルでよく見ます。
この「押下」は「おうか」と読むのでしょうか?
またこの言葉は一般的なんでしょうか?
私が見た限り、辞書には載っていませんでした。
またgooの国語辞典にもありません。

Aベストアンサー

 「押下」は「おうか」と読みます。
 一般的かといえば、そうとは言えないと思います。良く言えば業種業界用語、悪く言えば好事家言葉でしょう。
 「押下」の使われはじめは、やはりコンピューター関係のマニュアルだったと思います。「XXキーを押下する」などと使われますが、何故、「XXキーを押す」ではダメなのかは、未だに理解に苦しみます(理由を明確に説明できる方はおられますでしょうか)。
 コンピューターの世界の用語は、いくら伝統?のある専門用語と言っても理解に苦しむものも多く、昨今のように一般家庭まで広くコンピューターやその応用製品が浸透した時代では、努めて一般の用語に近づくよう改善を図っていく必要もあるかと思います。

Q年賀状の文例。

年賀状の文例で悩んでます。
文例が載っているサイトをご存知ありませんか?
文例の中でお祈り申し上げますなどの「お祈り」
という言葉は使わない方がいいとお聞きしましたが
本当でしょうか?

Aベストアンサー

 どの文例集を見ても「お祈り申し上げます」のオンパレードですよ(笑)。なので,大丈夫だと思うのですが・・・。

 あと,下記URLをご覧下さいませ。^^
他にも「年賀状 文例集」で検索すると結構たくさん出てきます。
ちなみに,印刷屋さんとかデパートで置いてあるただでもらえる年賀状の
見本の広告みたいのありますよね?
それを参考にしたりもしています。
友人宛なら,「猪突猛進」をもじって「猪っと猛進」とかいうのも
ありました。

参考URL:https://www.justmyshop.com/nenga/chiebukuro/bunrei.html

Q最後まで読んで「ソン!」したと思った小説

宮部みゆきさんの「理由」を読み終わった瞬間に、こんな結末を知りたくて徹夜したんじゃないのに~!と悪たれをついてしまいました。

同じく宮部さんの「火車」は、最初から最後までドキドキしながら一気に読んでしまいました。わたしにとって「火車」は徹夜で読んで良かったと思える作品でしたが、「理由」に関しては、読んで「ソンした!」と後悔するような小説でした。

同じような体験をされた方がいらっしゃいましたら、この小説を読み終わった瞬間に「読むのに費やした時間を返してー!」と「ソン」させられた小説のタイトルと作者名を教えて頂けますか。

Aベストアンサー

私も「理由」には大いに不満でした。
さんざん引っ張っといてあんな終わりかたはないですね。
他にも「えー!」と文句を言いたくなるような終わり方の小説は沢山ありましたが
印象に残っているものの中で有名作品は桐野夏生の「柔らかな頬」です。
「OUT」を読んだ時の興奮を期待していた私は消化不良を起こしました。
あとドラマになってしまったけれど、白川道の「天国への階段」。あの小説の
どこがどう名作なのでしょう。
帯に数名の著名人の「涙が止まりませんでした」というコメントが載っていたから
買ったのに…。時間もお金も返して欲しい!

逆に、いい終わりかただったなと思う有名作品は東野圭吾の「秘密」かな…。
映画にならなければもっと良かったのに。

私もこのスレ興味あります。沢山レスがつくといいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報