マンガでよめる痔のこと・薬のこと

綾瀬女子高生コンクリ詰め殺人事件をモデルにしたマンガ?を教えて下さい

10年以上前に目にしたんですが、なぜか強烈な印象だけ残ってます。
宜しければお分かりの方、情報をお教え下さい。


そのマンガは単身赴任のサラリーマンの中年のお父さんが、久しぶりに家に帰って来ると言うところから
始まります。
でも久しぶりの家は地獄でした。
まず温和で美人の高校生ぐらい?の長女が不良少年グループにレイプされてしまいます。
しかも娘の家が少年達の溜まり場になってしまい、長女はクスリ漬けにされて、
薬物中毒になり、監禁されてしまう。
少年達は北斗の拳の悪役のようなものすごくおかしな髪型と服装をしています。
それなのに母親はアル中で無関心。

唯一、まともなのは次女だけですが、しかしまだ中学生ぐらい?なので、何も出来ない。
そういう状態で日常生活が何ヶ月も進みます。
父親は驚いて「厳格な父」として対処しようと思います。しかし不良たちには暴力で簡単に
撃退され、警察に話しても、少年の父が権力者だったり、家族がそのような状態で父親自身が
信頼されてなく、うまくいかない。
そうやって不良少年たちの天下が淡々と続きます。
また唯一、まともに見えた次女も自傷癖など、問題があります。

そうやって家族の心がバラバラな状態、最悪な状態で物語は進む。
で、そのうち父と次女が開き直る。長女や母親も変わって来る。
それまで怖れていた暴力や不良たちに、厳然と立ち向かうようになる。
「正義が勝つ」と言うよりも、「やたら変な感じ」で戦う感じになる。

最後は父親が刺されたか、長女が不良を刺して警察が来て(ここは不確か)警察が来て、
最悪な事態が終わる、と言う感じでした。
ただ完全なハッピーエンドでなく、なんかよくわからない終わり方です。

僕が感じたのは「妙なマッタリ感」です。最悪な状態なのに妙にのどかで、出来事が淡々と進む。
少年もやってることは最低なのに、全否定的には描かれず、被害者である家族側にも、マイナス面が
あるように描かれる。
そこで「家族」と言うものが1度徹底的に破壊されて、そこから再生していく、と言う感じに見えました。
当時は子どもだったので、「これはどういう事なのだ???」とよく分からない後味でした。
今なら分かるかもしれないし、もう1度読んでみたいと思います。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

山本直樹 の 「ありがとう」ですね。



ビックコミックスピリッツに連載されていました。


http://picnic.to/~ohp/yamamoto/ariga10.htm
    • good
    • 0

双葉社のアクションコミックスから出ていた「17歳。

」ではないでしょうか?
原作:藤井誠二、作画:鎌田洋次
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまたあの凶行が……

かつて東京都足立区のコンクリ事件で逮捕された少年らのうち主犯格の少年Aこと宮野裕史を除いた全員が出所したのですが、大変残念ながら少年Bこと神作譲(小倉譲)が監禁致傷でまた捕まったそうです。
しかも養子となったにもかかわらず、少女の事件時と同じ連れ去り、監禁、暴行の上に「なめてんじゃねえぞ。殺すぞ。オレは一人殺しても二人殺しても一緒だ。長い懲役行ってるから、警察や検察を騙す方法は知っている。精神鑑定受けて減刑される方法だって知ってるんだ」っと過去に女子高生を殺しておいてまったく反省の色なし。
この調子では本出所の日が近づいてきている宮野裕史も同じ事をやらかすのではないかと心配です。
はっきりいって学校に通う生徒らが危なくてなりません。
みなさんはこの状況をどう思いますか?

Aベストアンサー

宮野裕史は昨年2月に既に仮出所しています。 また、名前を宮野祐史に変えており、出所後住所を転々としたものの川口市に住んだところまでは分かっています。 彼は周囲の人間に、暴力団組織のようなものを立ち上げるとまで言っているようです。 神作譲も、2004年に再度監禁・暴行事件を起こし、2005年に懲役4年の判決を受けています。 と言うことは、刑期満了まで、服役するとしても来年にはやはり出所ですし、おそらくそれ以前に仮出所するでしょう。 この事件は、長期に亘って一人の人間の尊厳を徹底的に貶め、挙句の果て殺害して遺体もコンクリート詰めにして遺棄したということで、私としては、光市母子殺人事件よりももっと悪質な犯罪だと思っています。 個人的には死刑制度の存続には疑問を持つ立場ですが、こういった犯罪を犯した人間がいくら犯行当時未成年だったとはいえ、まだ30代くらいで、大手を振って娑婆に出てこられるというのは全く納得がいきません。 彼らは間違いなくまた犯罪を起こすでしょう。 そして捕まれば、今度こそ簡単に娑婆に出て来ることはできないと思いますが、何とか犯罪を起こす前に身柄を拘束するか、No.1さんの仰るように日本版ミーガン法の施行とかできないものでしょうか。

宮野裕史は昨年2月に既に仮出所しています。 また、名前を宮野祐史に変えており、出所後住所を転々としたものの川口市に住んだところまでは分かっています。 彼は周囲の人間に、暴力団組織のようなものを立ち上げるとまで言っているようです。 神作譲も、2004年に再度監禁・暴行事件を起こし、2005年に懲役4年の判決を受けています。 と言うことは、刑期満了まで、服役するとしても来年にはやはり出所ですし、おそらくそれ以前に仮出所するでしょう。 この事件は、長期に亘って一人の人間の尊厳を徹底的に貶...続きを読む


人気Q&Aランキング