有酸素運動(ウォーキングやランニング)と無酸素運動(筋トレ)について
簡単に言うと
有酸素運動は脂肪を燃やす、筋肉はあまりつかない
無酸素運動は筋肉がつく、脂肪はあまり燃えない
と思ってるのですがあってますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

有酸素運動は、酸素の取り込みに優れている遅筋を使い長時間持続しての運動が可能なので、カロリー消費には向いていると思います。



無酸素運動は、酸素の取り込みが得意ではない代わりに瞬発力に優れた速筋を使うので、運動時間分のエネルギー消費量はこちらの方が高いですが、短時間しか持続できないので運動でのカロリー消費量は長時間の有酸素運動のようには大きくできません、でも速筋は容積がありトレーニング後は3~5日は回復のために筋肉の代謝量も高くなるので、カロリー消費も見込めると思います。筋量が多くなるほど運動後の回復に使われるカロリーも増えますが、まったく運動なしで回復の必要もない時は体脂肪と基礎代謝量はは変わりません。


同体重を維持していても、体内では常に代謝で少しずつ脂肪は分解され、食事などの栄養を摂ることでまた新しく脂肪が合成され入れ替わっています、運動し始めからすぐに体脂肪を遊離脂肪にする率は高まりますが、長時間の有酸素運動で体内のグリコーゲンレベルが落ち脂肪を分解する率がさらに増え脂肪を多く分解しても、消費カロリーが摂取カロリーを下回っていれば有酸素運動で分解した体脂肪量以上に体脂肪の合成量の方が多くなり太ります。脂肪を蓄えるほどのカロリー摂取が無ければ脂肪にはなりません。

体脂肪を落とすには、摂取カロリーより消費カロリーを高くするしかないと思います。運動などは消費カロリーを増やす目的で行うので、次いでの事になると思います。

○有酸素運動は脂肪を燃やす、筋肉はあまりつかない

○無酸素運動は筋肉がつく、脂肪はあまり燃えない(栄養過多でないと筋肉はつかないので、脂肪は減れらないのはそうだと思います、運動歴なしで体脂肪30%ぐらいなら脂肪が減って筋肉がつくこともあるかもしれませんが)


言われることは合ってると思います。
    • good
    • 0

なんというか、私の認識だと、、、。



脂肪を減らすにはアンダーカロリーです。
有酸素運動は、脂肪を減らす運動ではなく、カロリーを消費する運動だろうと思います。

有酸素でも無酸素でも、食事制限でも、
アンダーカロリーが実現できれば脂肪は減るはずです。

さて、アンダーカロリーが実際に実現できたとして、
体から脂肪や筋肉が分解されて欠損分を補うはずですが、
このとき、より脂肪が使われやすいのは無酸素運動を行っている場合です。

つまり、体脂肪率を下げたい(本当の意味で痩せたい)なら無酸素運動をしましょう!
ってことですね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有酸素運動とは、なんですか?

皮下脂肪を、おとすには
有酸素運動がいいとよくききますが、
結局 有酸素運動ってどういうふうに
するのが、効果的なんですか?

Aベストアンサー

筋肉を動かすときに必要なエネルギーは、強烈な力を出す場合(たとえば重量挙げ、あるいは陸上100m競技など)には筋肉の中に含まれているエネルギーが使われます。これを使うと強大な力が瞬発的に出せますが、筋肉内のエネルギーは限られているのですぐに使い果たし、力尽きて長い時間(あるいは多数回)続けられません。
このような強烈な力を短時間で出し尽くす運動は無酸素運動と呼ばれていて、次に書くように肺から取り込んだ酸素は使いません。たぶん陸上100m競技は、呼吸しなくても走り切ることは可能ではないでしょうか(それで勝負するわけにはいきませんが)。
無酸素運動は筋力アップ、筋肉量増大には向いていますが、脂肪燃焼には効果的ではありません。

これに対して、満身の力は出さず(たとえば出せる最大の力の60%くらいで)、その代わりに長時間(あるいは多回数)に亘って行う運動(たとえばジョギング)では、脂肪を燃焼(分解)させ、それによって発生するエネルギーが使われます。
これには肺から取り込んだ酸素を血液に載せて燃焼させる脂肪に届け、発生したエネルギーは血液によって筋肉に送り込み、そこで発生した疲労物質(乳酸)は血液によって肝臓に送られて処理されます。
たとえばジョギングを続けるためには、肺で酸素をたっぷり取り込み、心臓をしっかり動かして血液の循環をよくし、酸素の供給・脂肪燃焼・エネルギーの供給・疲労物質の運搬をしなければならず、これが有酸素運動です。
有酸素運動では肺と心臓の連携が必要で、有酸素運動でもちょっと強めにすると、やがて呼吸は荒くなり、心臓はバクバクし始めます。こうした強めの有酸素運動を繰り返すと、心肺機能が強化され、スタミナ(持久力)がついて長時間運動(作業)をしても疲れにくい体になります。
また有酸素運動では脂肪をエネルギーにしますから、脂肪燃焼に向いた運動は有酸素運動だということになります。

脂肪を燃焼させてエネルギーを得ると、脂肪は水と二酸化炭素(炭酸ガス)に分解されます。水は汗になったり呼吸中の水蒸気として吐き出されたりオシッコなどで体外に排出されますが、二酸化炭素は酸素を取り込んだのと引き替えに肺から外に出ます。なので、肺から出した二酸化炭素の総量が多いほど、脂肪を多く燃焼させたことになるわけです。

脂肪(体脂肪)には内臓脂肪と皮下脂肪があります(心臓の周りにもわずかながら脂肪が付きます)。太り始めは内臓脂肪から付くことが多いのですが、やがて皮下脂肪も付いてきます。これを燃焼させるのには有酸素運動が効果的です。
一口に筋トレとは言っても、たとえば腕立て伏せを満身の力を込めてすればやっと7回できる場合は、それは無酸素運動かも知れませんが、30回も50回も出来るようになると、有酸素運動に近づいて来ます(それも中途半端な)。

できるだけ多く脂肪燃焼をするためには、有酸素運動で肺から出す二酸化炭素の総量を多くすることです(たくさん呼吸すればよいという意味ではなく、それでは二酸化炭素は増えません)。

筋肉を動かすときに必要なエネルギーは、強烈な力を出す場合(たとえば重量挙げ、あるいは陸上100m競技など)には筋肉の中に含まれているエネルギーが使われます。これを使うと強大な力が瞬発的に出せますが、筋肉内のエネルギーは限られているのですぐに使い果たし、力尽きて長い時間(あるいは多数回)続けられません。
このような強烈な力を短時間で出し尽くす運動は無酸素運動と呼ばれていて、次に書くように肺から取り込んだ酸素は使いません。たぶん陸上100m競技は、呼吸しなくても走り切ることは可...続きを読む

Q筋トレと有酸素運動

こんにちは。
30歳女性です。身長160cm、体重51キロ、体脂肪率25%です。1年前は体重47キロ、体脂肪率19%でした。体重も増えたのですが、体脂肪率がかなり高くなっているのでどうにかしたいと思っています。
食べることが大好きなので、筋肉をつけて基礎代謝を上げたいと思っています。体脂肪を減らすには有酸素運動もしなければいけないのでしょうか?
筋トレだけではダメなのですか?
それと食事制限をしながらの筋トレは筋肉はつきませんか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有酸素運動は必要です。
基礎代謝を上げたいなら、下半身の筋肉を増やしましょう。ジョギングやバイクなら、下半身の筋肉アップと有酸素運動の一石二鳥です。
上級レベルの話ですが、下半身にしっかり筋肉がなければ、上半身にしっかりした筋肉はつきません。
目的が、筋肉アップ脂肪減ならば、筋力トレーニング後ジョギングしましょう。とにかく痩せたいなら、その逆の順番です。
筋肉は付けたいけど脂肪は落としたい、じゃあ、食事はどうすればいいの?という疑問、よくわかります。
食事制限は面倒くさいですよね。それよりも、減塩減油を意識した食事習慣をつけましょう。具体的には、食べる前に醤油をかけたり、ソースをかけたりしますよね?それを減らすかやめましょう。私は、刺身は醤油をほとんどつけない、とんかつにもソースは少しだけ、サラダにドレッシングはかけません。人間、薄味になれれば、それでもどうってことはありません。量よりも、質を意識しましょう。あなたの身長体重なら、ガマンして食事量を減らさなければならない体型ではないでしょう?

Q有酸素運動と無酸素運動とは?

ジムに入会したばかりなのですが
有酸素運動と無酸素運動の意味を知りません。
違いが何か知りません。

Aベストアンサー

筋肉には2種類あります

軽い重量で長期間耐える(繰り返す)筋肉と
重いものを一気に持ち上げる筋肉です

有酸素運動では前述の筋肉に効果的です
無酸素運動では後述の筋肉に効果的です

たとえて言えば

1キロの重りを100回持ち上げるのは有酸素運動で
100キロの重りを1回持ち上げるのは無酸素運動です

Qウォーキングしたら全身が痩せますか?ウォーキングは有酸素運動なので痩せ

ウォーキングしたら全身が痩せますか?ウォーキングは有酸素運動なので痩せる為にしたいんですが、ウォーキングで脂肪が燃焼されるのは顔から足までの脂肪が燃焼されるんでしょうか?

Aベストアンサー

通常のウォーキングは、消費カロリー自体は、大したものではありません。
http://muuum.com/calorie/1018.html

が、心拍数が増大するために、酸素を取り込む能力が増加し、脂肪燃焼効果もあり、血液の循環を良くする効果がありますので、健康的にはとてもよいです。

そこで、様々な工夫をするわけです。

スロージョギングとか、
http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090610

カロリーの違いでお分かりいただけるように、速足ウォーキングにしたり、です。

血液循環がよくなれば、全身に影響しますが、まず、お腹周りから減ってきます。
体の真ん中からです。

Q有酸素運動とは・・・?

有酸素運動とは・・・?

先日、300段ある階段をかけあがったら、
息がきれて「はぁはぁ」して、とてもしんどかったです。

空気をたくさん吸って、吐くのが有酸素運動で間違いないですか?

Aベストアンサー

vivi1017さん。こんにちわ。


>300段ある階段をかけあがったら、
:300段を登るには1分以上かかるはずなので、
有酸素的過程にも無酸素的過程にもなっている
と思いますが、運動強度が高いようなので、
無酸素的過程に依存する割合が大きいと思います。

>息がきれて「はぁはぁ」して
:これは「酸素負債」のためであると思われます。

>空気をたくさん吸って、吐くのが有酸素運動
:半分まちがいです。

____________________

まず有酸素運動と無酸素運動についてです。

☆無酸素エネルギー
 使うもの :ATP、クレアチン燐酸、グリコーゲン
 代謝産物:ADP、乳酸
 (乳酸の体内蓄積量には限界があるため、
  40秒程度しか持続できません。)

★有酸素エネルギー
 使うもの :グリコーゲン、乳酸、脂肪、酸素
 代謝産物:水、二酸化炭素
 

有酸素運動は、
グリコーゲンや脂肪から生まれた
「アセチルコリンA」と酸素が、
盛んに、スムーズに反応している状態です。


ですから
>息がきれて「はぁはぁ」して
:これは、繰り返しになりますが、強度が高いため、
無酸素的過程に依存する割合が大きく、
上記の反応がスムーズに行われず、
不足した酸素を必死で取り込んでいる状態です。
(脂肪よりも糖を多く使っていると思います。)

ちなみに
最も有酸素的過程に依存する率の高い運動は、
「睡眠」です。

_________________________


さて。脂肪を燃焼させる有酸素運動について、ですね。
最大酸素摂取量の6割から8割が適切のようです。

そうですね、友達と話したり笑ったりしながら
運動を継続できる程度の強度、かな。

_____________________


しかしみなさまお忙しいでしょうから
長時間の運動はできれば避けたいですよね、

余計なことまでいろいろ書いてきましたが、
心臓が丈夫であれば、
高速で階段300段ダッシュ!でOKです。
このような強度の高い運動をすると
「あるホルモン」が分泌され、
その後数時間、安静にしていても
勝手に(しかも効率よく)脂肪が燃えます。


それでは怪我に気をつけて頑張って。(^_-)-☆

vivi1017さん。こんにちわ。


>300段ある階段をかけあがったら、
:300段を登るには1分以上かかるはずなので、
有酸素的過程にも無酸素的過程にもなっている
と思いますが、運動強度が高いようなので、
無酸素的過程に依存する割合が大きいと思います。

>息がきれて「はぁはぁ」して
:これは「酸素負債」のためであると思われます。

>空気をたくさん吸って、吐くのが有酸素運動
:半分まちがいです。

____________________

まず有酸素運動と無酸素運動についてです。

☆無酸素エネルギー
...続きを読む

Q筋トレと有酸素運動に関する質問です。 ジムに通い、週に5日ほど行っているのですが、曜日ごとに部位のト

筋トレと有酸素運動に関する質問です。

ジムに通い、週に5日ほど行っているのですが、曜日ごとに部位のトレーニングを分け、そのトレーニング後にランニングマシンで10kmほど走っています。

身体はある程度絞れてきたと思うのですが、少し筋肉を付けすぎた気がします。

筋トレをせずにランニングだけをしばらく続けるとすると、やはり筋トレをしていない分、脂肪燃焼効率は落ちてしまいますよね??

Aベストアンサー

有酸素運動の前に筋トレをやると、何で脂肪の燃焼率が高いかといいますと・・・

★筋トレによって分泌が盛んになる成長ホルモンとアドレナリンの2つの成分あります。
①そして体脂肪を分解・代謝をする脂肪酸とグリセロールがあります。
            ↓
②その分解をこの筋トレでつくった2つの成分(成長ホルモン・アドレナリン)が容易にしてくれているんですよ。
            ↓
③次に有酸素運動で酸素を使って、その分解→代謝したものを、燃焼してくれます。

ですので脂肪の燃焼に筋トレが役に立っているという訳です。
ですから筋トレをせずにランニングだけをやると、今までよりは脂肪の燃焼率は低下しますね。
でもランニングだけでも炭水化物(体脂肪)を燃焼してくれてます。

そして、なな民さんは週に5日ジム通いで、トレ後に10キロマラソンみたいですね。
かなりスポーツマンの身体つきですね。筋肉も付いているみたいですし...
ですから、その身体自体が基礎代謝が大きくなっていて分解・代謝・燃焼しやすい身体自体に成長してますよ。
つまりやせやすい、太りにくい身体になっているという事ですね。

そこで筋トレをやらないと、将来確かに筋力は減りますし、脂肪の燃焼率も低下しますけど、
スポーツマンの身体です。例えばランニングだけを続けているだけであっても、
消費した炭水化物をとっていれば今の体重のキープはできますよ。
ですから食事制限(炭水化物)によって痩せる事もできます。
でも運動をしてますので体が締まっていて標準体重が最もいいですし、きれいですよ(^_-)-☆

もし筋力が低下し過ぎてしまったという事から、また筋トレをやることにすれば、また筋肉は付きますしね。
そこは臨機応変に対応してください。

後は、附属して栄養成分を気にしてほしいです>^_^<
野菜とかフルーツに多く含まれているミネラルとビタミンが、血液をササラにきれいにしてくれますし、むくみも解消してくれます。
そのむくみが①老廃物を蓄積させたり、②体脂肪の代謝率を低下させます。
その①②が、例えば有酸素運動での体脂肪の燃焼を妨げます。つまり脂肪を燃焼できなくなります。
例えば・・・フルーツと野菜のフレッシュミックスジュースなども飲む習慣もいいと思います。

他は、
●ビタミンB群(B1・2・6・12、ナイアシン、ビオチン、パテント酸、葉酸)
●マグネシウム、コエンザイムQ10(これはサプリメントからとるといいですよ)
これらがないと体のエネルギー生産サイクルがうまく機能しなくなってしまいますので、効果がでません。
例えば・・・下の表を参照にして下さい。でも体は絞れているみたいですから、これは満たしていると思いますけど、いちよ参照してください。

身体と筋トレと食事は密接なつながりがあります。まだまだそれぞれ奥が深いですしね。
でもトレも体を壊すほどの無理は禁物ですよ。
疲れたら、休養をとってくださいね。
疲れが取れたら、また新鮮な気持ちになりますから、また始めても遅くはないですよ(^。^)y-.。o○

有酸素運動の前に筋トレをやると、何で脂肪の燃焼率が高いかといいますと・・・

★筋トレによって分泌が盛んになる成長ホルモンとアドレナリンの2つの成分あります。
①そして体脂肪を分解・代謝をする脂肪酸とグリセロールがあります。
            ↓
②その分解をこの筋トレでつくった2つの成分(成長ホルモン・アドレナリン)が容易にしてくれているんですよ。
            ↓
③次に有酸素運動で酸素を使って、その分解→代謝したものを、燃焼してくれます。

ですので脂肪の燃焼に筋トレが...続きを読む

Q有酸素運動として最も効果的な頻度・強度とは? 体の引き締めを目的にエアロバイクを漕いでいるのですが

有酸素運動として最も効果的な頻度・強度とは?

体の引き締めを目的にエアロバイクを漕いでいるのですがどっちが効果的ですか?

①心拍数が平均150前後の少しきつめな強度で30〜40分漕ぐのを週3

→きつめの強度でやると運動後の脂肪燃焼があがる。週3以上有酸素運動をしてもそれに見合った効果がでない。(体が慣れると脂肪を蓄えやすい体になるらしい)という情報から。

②有酸素運動に一番適しているという心拍数を保ち40分以上毎日漕ぐ

→一般的に言われている有酸素運動のやり方

これらの①か②に加えて筋トレを週3やるつもりです。


また、体は細身で気になる脂肪は特にないのですが(上げるとしたら脚をもっと絞りたい)、体の引き締め方はお肉が気になってダイエットを始めた方と同じやり方でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

米国の研究ですが。
30秒流してから30秒、全力で漕ぐ。
これを5分続ける。

また、NHKでやっていましたが、
30秒全力で漕ぎ、3分流す。
それを20分ほど繰り返す。

そうするとアンチエイジングに効果的なんですと。
ミトコンドリアがどうのこうのと説明して
いました。

知り合いに勧めたら、見違えるようになりました。
医者にも褒められたそうです。

Q有酸素運動で、脂肪から筋肉がエネルギー源になるのは運動開始後

有酸素運動で、脂肪から筋肉がエネルギー源になるのは運動開始後
とある一定時間後の目安などがあるのでしょうか?
それとも時間だけでなく心拍数(運動強度)とも関係があるのでしょうか?

ちなみに、自分でもいろいろ調べたところ、有酸素運動は20分以上1時間以内に...
とあったのですが、この1時間の根拠はやはり何かあるのでしょうか?

せっかく毎日1時間程度ウォーキングをしているので、
なるべく脂肪燃焼に照準を合わせて効率よく運動できたらと思います。
どなたかご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

 運動を始めると、まず血液中にある糖と脂肪酸がそのためのエネルギーとして消費していきます。筋肉を強く使う運動では筋肉中に含まれるブドウ糖が消費されます。こうして血糖値などが低下して平常値よりも少なくなると、体脂肪が溶け出してそれが平常状態になるまで補われます。ですから結局は体脂肪が燃焼することになり、同じです。

 ウォーキングなどの有酸素運動でなるべく脂肪燃焼を効率よくしたいのなら、先に筋トレを行い、その後で(3時間以内に)有酸素運動をすることです。筋トレを行うと成長ホルモンが分泌され、それが脂肪燃焼を促進するからです。

Qこの有酸素運動の消費カロリーとは

お腹(丹田)を意識しながら 鼻から息を吐き吸う
これを繰り返し素早く行なう 有酸素運動を三分間しています

ヨガの呼吸法で火の呼吸らしいですが
一体どれ位の消費でしょうか 教えて下さい

Aベストアンサー

 カロリーをもっとも多く消費するのは足に負荷をかけて行う運動であり、それは筋肉が圧倒的に多いのは足だからです。呼吸を激しく行っても肺を動かす筋肉の量は知れていますし、負荷としても軽いので、3分間のウォーキングで消費するカロリー(10kcal)よりも圧倒的に少ないと思われます。

Q有酸素運動?無酸素運動?

私は現在中学3年生で身長は157cmで体重は51kgなんです。
どうも下腹が出て・・・それにせめて46kgぐらいになりたい!!!んです。
サプリとかそういうのは嫌なので運動かなぁ~と思っています。
過去の投稿を読みあさっていたら
●有酸素運動は朝ご飯前がいい
●無酸素運動は夜寝る前がいい
というのがおおかったんですが・・・中学生なのでウォーキングとかやってて学校に遅れたらいやなので家の前で縄跳びがいいな~と考えているのですが、縄跳びって有酸素運動なんですか?
それに無酸素運動ってなんですか?

それにもし運動をするのにベストな時間があれば教えてください。


食事も揚げ物などはできるだけ控えたいと思っているのですが中3なので横で家族が食べてるんです(とってもおいしそうに)お菓子のときもそうです。妹が食べているのを見るとどうしても欲しくなってしまいます。
夜の炭水化物は減らしているんですが、その分鳥のから揚げとかそんなおかずでもかまわず食べてしまいます、どうすればいいか教えてください!!!

Aベストアンサー

まず有酸素運動と無酸素運動についてですが、有酸素運動というのは、体にかかる負荷が低く、長時間続けることが可能な運動です。
具体的には、ウォーキング、ランニング、自転車、水泳、踏み台昇降などです。
効果としては、余計な脂肪の燃焼や持久力のアップが見込めます。

無酸素運動というのは、体にかかる負荷が高めで、どんなに頑張っても1~2分しか続けられない運動です。
具体的には、自分の体重を利用した腕立て伏せやスクワット・腹筋・背筋などの筋トレ、あるいはダンベルやバーベル、マシンを使ったウエイトトレーニングなどです。
効果としては、筋肉の引き締めや筋肉の肥大、瞬発力のアップが見込まれます。

ちなみに無酸素運動を続けた場合、男性は筋肉の肥大、女性は筋肉の引き締めが主に起こります。

なお、縄跳びですが、普通にやるなら有酸素運動、素早くやったり、二重とびを続けるなどしたら無酸素運動に近くなります。

次に運動についての時間ですが、これはあまり重要ではありません。肝心なのは、やるかやらないかです。ですので、少しずつでもいいから続けるようにしましょう。

具体的には週4~5回・20~30分程度をめどに有酸素運動を行いましょう。慣れてきたら、週1~2回自分の体重を利用した筋トレ(ゆっくり丁寧に10回×3セット)を加えます。

それと食事前だと、体を動かすのに必要なエネルギーの糖質が不足しているため、早い時間から脂肪が燃え始めます。だから「有酸素運動は朝ご飯前がいい」と言われるのでしょうが、うかつにやると低血糖状態になり、倒れる危険性があります。食事前の運動は、開始30分ほど前にバナナ1本や果汁100%ジュースをコップ1杯飲んで、ある程度糖質を補給してから行いましょう。

逆に食事後に行うなら、体に栄養が行き渡っているのでより安全に、より長時間で来ます。ですが、食べた直後だとお腹が痛くなったり、消化が悪くなりますので食後1~2時間後に行うようにしましょう。

食事については、現在成長期なのですから、もっとも栄養を必要とする時期です。おかしな我慢をしないようにしてください。
適度に運動をしていれば、代謝も上がりますし、多少の揚げ物くらいでどうにかなることはありません。
間食についても無理には止めず、止める場合も徐々に減らすくらいに考えましょう。

今の時期に過度な食事制限をすると、生理が止まったり、骨がボロボロになったりといったリスクを一生背負うことになります。

栄養バランスをとって、よく噛んで食べる食事をしていれば自然と無駄なものは食べなくなります。「食事はおいしく、楽しく」を基本にちゃんと食べるようにして、適度な運動で健康的に引き締まった体を手に入れましょう。

まず有酸素運動と無酸素運動についてですが、有酸素運動というのは、体にかかる負荷が低く、長時間続けることが可能な運動です。
具体的には、ウォーキング、ランニング、自転車、水泳、踏み台昇降などです。
効果としては、余計な脂肪の燃焼や持久力のアップが見込めます。

無酸素運動というのは、体にかかる負荷が高めで、どんなに頑張っても1~2分しか続けられない運動です。
具体的には、自分の体重を利用した腕立て伏せやスクワット・腹筋・背筋などの筋トレ、あるいはダンベルやバーベル、マシンを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報