芸人が音声解説 「オレたちの甲子園」

続けての質問ゴメンなさい。

我が家は日蓮宗です。

(1)線香は何本立てますか?
私は三本立てています。

(2)ロウソクは拝んだら消すんですか?
私は拝んだら消してます。

私がやっていることに間違いはないでしょうか?

(3)他の宗派のことも教えてください。

A 回答 (3件)

日蓮宗です。


2年前に家を建てたときに分霊をしてもらい、御前様に教えていただきました。

1.線香は1本か3本(まとめて3本ではなく、1本ずつ3ヶ所:三角形に)。
  1本線香:ご先祖様に
  2本線香:ご先祖様と自分自身に
  3本線香:仏・法・僧に(現在・過去・未来の三界?)
 ということで、他宗派では2本でもokというのがあるそうです。
2.りんを鳴らすのはゆっくり3回。
3.ロウソクはすぐ消しても良い。

結論:間違いではありません。

浄土真宗では、香炉の大きさ(幅)に合わせて1本の線香を2~3本に折って横に寝かせるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぜ3本なのかの意味も教えてもらってためになりました。

3本の三角形は手前に1本?▼
向こうに一本?▲
どちらでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 22:57

ロウソクの火はすぐに消して下さい。


消す時には口で息をフ~~とかけないよう、手のひらで団扇(扇子)のように扇ぎ消して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/07 08:33

浄土宗です。



(1)初七日か四十九日かわすれましたがそれまでは1本です。
  以降は偶数本を嫌うので3本が普通だと思います。

(2)日常の時は火事がこわいですから拝んだら消しますね。
  お盆などで祭壇を作った時は、人がいますし親戚など来ます
  からつけたままです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり3本ですか。
火事が心配ですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/04 22:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお線香をあげに行く時、何を持っていけばいいですか?

近所の方が2年前に亡くなっていたことを、その方の家族に偶然会ったとき、聞かされました。
お線香をあげに訪問したいと思いますが、そういうことをしたことがないので、どうしてよいのかわかりません。
ご挨拶の仕方や、持っていくものなど教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 故人を偲んで焼香に来てくださるのは、嬉しいことです。父と母をおくって、そう思います。

ごあいさつ:
 故人に関わる思い出を伝えます。多くは「お世話になったことを貴方風の表現で簡単に述べて、感謝の意を伝えたくて…とか言います。」「焼香をさせて頂ければと思い、ご迷惑かと存じますが、伺いました。」等と焼香の許可を質します。

許されたら、「ありがとうございます。それでは失礼します…。」と焼香をしましょう。

蜀台があれば点灯して線香に火をつけます。二本が適当かと思います。
静かに拝みます。少なくとも5秒以上は黙祷しましょう。

焼香後は後に下がって、当主に、頭を下げて「ありがとうございました。」と礼を言い、故人との関係をはなします。

当地では空茶といって、お茶だけ出す習慣があります。
必ず、お茶を飲んでから、帰ります。

持っていったものは、焼香後に仏壇の前に置き、もう一度拝みます。

持っていくものは、ご仏前(3~5千円)と小さな供物です。
 供物:菓子折り・果物・線香・お花等です。

菓子折りは、お茶うけにできる物、果物は箱やパックに入れ、不祝儀(白黒の)の熨斗紙を付けます。

ご仏前だけでも良く、供物だけでも両方でも良いのです。

長居はせずに、5分以内程度に引きさがります。

席を立つ前に、仏壇の蜀台(蝋燭の火)と線香の安全を指差しで確認します。
 「ありがとうございました。ろうそくとお線香は大丈夫ですね。」

持ってきて嬉しい物
 ご仏前(現金)、茶菓子、籠などに活けた花。 笑顔やお世話になったというお話。
困る物
 線香や蝋燭(余って困るし、今はあまり点けない。)生花(活ける手間がかかる。重なると勿体ない。)
 長居。

田舎での慣習と施主の立場で一言述べました。
 ご参考になれば幸いです。

 故人を偲んで焼香に来てくださるのは、嬉しいことです。父と母をおくって、そう思います。

ごあいさつ:
 故人に関わる思い出を伝えます。多くは「お世話になったことを貴方風の表現で簡単に述べて、感謝の意を伝えたくて…とか言います。」「焼香をさせて頂ければと思い、ご迷惑かと存じますが、伺いました。」等と焼香の許可を質します。

許されたら、「ありがとうございます。それでは失礼します…。」と焼香をしましょう。

蜀台があれば点灯して線香に火をつけます。二本が適当かと思います。
静かに拝み...続きを読む

Qお線香の本数には決まりがあるのですか。

仏前やお墓にあげるお線香の本数には、何本が好ましいというような決まりがあるのですか?

49日までは、(49日まで用の)祭壇に毎日お線香を1本だけ(起きている時間)絶やさず着けていましたが、春の彼岸ということでお寺さんが来てお経を上げてもらった時は、お坊さんがお線香を2本同時に着けていました。

お墓参りの時は、10数本~1束まとめてお線香を着けていような記憶があります。

そこで質問なのですが、49日までは1本で、それ以降は2本(又は2本以上)といった決まりがあるのですか?

また、仏前とお墓の前とでは、お線香をあげる本数に違いがあるのですか?

ご存知の方、詳しい方、少しでも知っている方、
教えてくださいますようお願いします。

Aベストアンサー

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご本尊もそこには奉られていないはずです。
ですからこの場合、仏への1本。ということになります。さて、では49日を過ぎると、仏様はあの世へ到着し、本当に仏様となって、再びこの世に生を受けるための修行をなされます。
そうなると飾り棚ではなく仏壇を使用されますが、
そこからは、仏、法、僧の3本を焚いてください。また、僧を抜かして2本でも構いません。

コレはお焼香(抹香)でも同じです。
よく、通夜式(御通夜)なんかでは3回しますが、
翌日の葬儀式(告別式)では、ホールの方に、お焼香は一回で構いません。
といわれるケースが最近ありますが、通夜では、仏・法・僧の意味で、告別式では故人との別れとのことで
仏だけの1回ということになります。


また、お墓ですが、これまた49日までは一人1本ずつ。その後は特に決まりはありませんが、こういう基準を持つといいでしょう。
まず最低ラインである仏・法・僧の3本に、
そのお墓に入っていらっしゃる仏様の人数×1本ずつ
を一人一人が焚けば宜しいと思います。

ですからお墓に3人入っていらっしゃるのならば6本。5人なら8本ですね。

また、法事などでは一人3本ずつで構いません。が、法事をする対象の故人の人数が2人ならば+1本ずつ。としていけばいいでしょう。
法事のときに一人1本ずつは恥ずかしいですよ。

また、点けてしまってあまったお線香は施主か家族が全部線香受けに入れてあげてください。


ついでに言っておきますが、法事などのお墓参りには
事前に3ヶ月ほど前にお寺さんに出向き、1週間前に確認のため出向いたほうがいいです。その時、お寺ごとは2人で行くのが常識です。また、確認後はお墓へ行き、線香はいいので、お墓の掃除やお花を供えて、当日にやることがないようにしましょう。


ながながとすみません。

詳しく書かさせていただきます。

私の家は浄土宗なので浄土宗のお話になりますが、
お線香は『仏・法・僧』の意味を込めてそれぞれ1本ずつ、計3本です。
仏は仏様、法はその宗派、僧は、仏様をあの世へと導いてくれた菩提寺の住職へ。という意味です。
ですからお坊さんが来たときには自分から自分へ。なんてことはしないので基本的に仏・法への1本ずつ計2本ということになります。

ですから49日までの飾り棚を見ていただければわかりますように、一人の仏様用です。それに宗派によってですが、ご...続きを読む

Qお線香をあげに行く時のマナー

久しぶりに友達に連絡をしたところ友達のお父さんが先月亡くなった事を知らされました。友達は5つ上で、家にも何時かお邪魔した事があります。
家族とも顔見知りで、お父さん以外とは会った事があります。
久しぶりに連絡をした時に知らずに『久しぶり!暇?』と連絡をしたので 友達からは お父さんが亡くなった事と、お昼なら一人なので都合がいい時においで。 との事です。 友達に会いに行く時に是非お線香もあげにいきたいと伝えたところ、来週行く事になりました。

お線香をあげる以外にも何か持っていった方がいいのでしょうか?

その時の服装はどうすればいいのでしょうか?

私は20代前半で 今までお通夜、葬儀等に参列する事もなかったので マナーが分からず困っています。色々調べましたが、私の今の状況ではどうすればいいのか…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葬儀に行くのではないですよね?
葬儀は終わってますよね?
ならば式服はおかしいですよ。普通の訪問着です。
少なくともジーパンやTシャツはいけませんけどね・・・

気持ちがあるなら「御仏前」としていくらか包んでいくと良いのではないでしょうか?
金額は親しさの度合いにもよりますが、職場の同僚程度なら3~5千円くらい、幼馴染など非常に親しいなら5千~1万円くらいが良いと思います。

訪問したら、ご挨拶をし、「お線香をあげさせてください」と言って、仏壇前に座り、「御仏前」をそっと置いてお参りすれば良いですよ。
「御仏前」には自分の名前を書いておいてね。
お供えとして饅頭とか菓子折を持っていっても良いですよ。

仏壇前に座ったら、遺影か位牌をジッと見て無言でご挨拶をし、ろうそくに火がついていればそれで線香1本に火をつけます。
りうそくに火がついていなければ自分でつけます。
線香に火がついたら、口で吹いたり振ったりしてはいけません。
もう片方の手でサッと風を起こして消します。
線香を立てて、数珠を持った手を合わせてお祈りします。
お祈りが終わったら一礼して、座ったまま向きを変え、ご遺族の方を向いて軽く一礼します。

お祈りは、宗派によって、「なむあみだぶつ」、「なんまいだー」、「なむみょうほうれんげきょう」など色々ありますが、声を出すわけではないので自分の家の宗派流で良いですよ。
ただし、キリスト教の場合は違いますけどね。

葬儀に行くのではないですよね?
葬儀は終わってますよね?
ならば式服はおかしいですよ。普通の訪問着です。
少なくともジーパンやTシャツはいけませんけどね・・・

気持ちがあるなら「御仏前」としていくらか包んでいくと良いのではないでしょうか?
金額は親しさの度合いにもよりますが、職場の同僚程度なら3~5千円くらい、幼馴染など非常に親しいなら5千~1万円くらいが良いと思います。

訪問したら、ご挨拶をし、「お線香をあげさせてください」と言って、仏壇前に座り、「御仏前」をそっと置いてお参...続きを読む

Q仏壇でのお参りの手順

これから、知人宅の故人をお参りするのですが、
お線香、鐘(?)、お祈りの順番などが全くわかりません。大至急教えてください!

Aベストアンサー

 まだ間に合うかな?
 僧侶です。宗派によって違いますが、普通は、仏壇の前に座って、お線香あげて(もしくはお焼香して)、手を合わせます。
 宗旨が分からないのでなんともいえませんが、浄土真宗(一番多いです)なら、手を合わせて「ナンマンダブ」と何回か称えてから、そのまま礼拝(頭を下げて)戻ります。
 
 多くの方が間違えていらっしゃいますが、お参りのときにリン(チーン)はやりません!あれは読経のときにのみ使用します。

 線香を立てるか寝かすか、焼香は何回するのかなどは宗旨・宗派によって違うので、今回は余り気にしなくていいと思います。

Qお線香のあげ方について教えて下さい。

私は26才・女性です。
とてもお世話になっている方のご主人(60代前半)が昨日亡くなり、
昨夜にお通夜、そして今日のお昼にお葬式が行われたという事を先程知りました。
本来ならお葬式に参列したかったところですが、
せめてお線香をあげさせてもらいに行きたいと思っています。

明日、御香料を持ってその方のご自宅へ伺うつもりなのですが、
服装で気を付ける事があれば教えて下さい。
お通夜・告別式ではないので喪服は変ですよね?
黒やグレーでまとめた、地味な私服でいいのでしょうか?


それから、お焼香なのかお線香なのかが分からず、不安に思っています。
お焼香は分かるのですが、お線香のあげ方が分かりません。

(1) お線香の場合、1本で大丈夫でしょうか?
本数は宗派によって違うと聞きますが、その場で聞いてからにした方がいいでしょうか?

(2) お線香に火を付ける→手であおいで火を消す→お線香を刺す
という順番でOKでしょうか?
それともお線香を刺してから火を消すのでしょうか?

無知でお恥ずかしい限りですが、どうぞ宜しくお願い致します。

私は26才・女性です。
とてもお世話になっている方のご主人(60代前半)が昨日亡くなり、
昨夜にお通夜、そして今日のお昼にお葬式が行われたという事を先程知りました。
本来ならお葬式に参列したかったところですが、
せめてお線香をあげさせてもらいに行きたいと思っています。

明日、御香料を持ってその方のご自宅へ伺うつもりなのですが、
服装で気を付ける事があれば教えて下さい。
お通夜・告別式ではないので喪服は変ですよね?
黒やグレーでまとめた、地味な私服でいいのでしょうか?


それ...続きを読む

Aベストアンサー

後日弔問時の服装ですが、喪服でも大丈夫ですが、大袈裟になるとお考えなら、地味目の服装でも問題ありません。但し、ストッキングは必ず着用(出来れば黒)して下さい。素足はNGです。また光物(アクセサリーなど)は禁物です。出来れば、弔問に伺う前に電話などで、その旨を連絡しておくのがいいでしょう。

線香の本数は宗派によって1本から3本になります。(下の※印参照)弔問先の宗派が何か事前に分かっているのなら、その宗派にあった線香の本数を供えるのがマナーですが、不明な場合は、1本でいいと思います。ご近所に宗派をご存知の方がいれば、そちらで確認して下さい。(弔問先で宗派を聞くのはNGです。)

※長いまま1本をあげる臨済宗、離して3本の真言宗、折って寝かせる浄土真宗、折らずに寝かせるのが日蓮宗です。

線香のあげ方ですが、まず、線香を取り、ローソクで火をつけます。この時、仏前のローソクに火がついていないとか、ローソクが立っていない場合(まずそう言う事はないと思いますが、稀に可能性としてあり)は、まず燭台にローソクを立ててから、ローソクに火を点し(マッチでかまいませんが、マッチの火を消す時は手であおいで消します。)、線香に火をつけて下さい。線香に火がついたら、手であおいで消して下さい。(口で消さないように!)一方、火のついた線香を持った手を、静かに振り下ろすようにして消すのが最良と言われていますが、中々消えませんし、下手すると振り消しているようにさえ見えますので、避けた方が賢明かと思います。(ローソクは消さないように!)その後、香炉に立てます。(※にあるように寝かせる所もあります。)

線香の代わりにご焼香の場合もありますので、その場合は、焼香だけでかまいません。

あまりマナーや礼儀にとらわれず、質問者さんのお気持ちを伝えるようにすれば、大丈夫です。お気持ちを大切にして下さい。

あと、香典の表書きは「御霊前」ですが、四十九日を過ぎてしまった場合は「御仏前」とします。質問者さんの場合でしたら、「御霊前」とお書き下さい。

「自信なし」で失礼させて頂きます。

後日弔問時の服装ですが、喪服でも大丈夫ですが、大袈裟になるとお考えなら、地味目の服装でも問題ありません。但し、ストッキングは必ず着用(出来れば黒)して下さい。素足はNGです。また光物(アクセサリーなど)は禁物です。出来れば、弔問に伺う前に電話などで、その旨を連絡しておくのがいいでしょう。

線香の本数は宗派によって1本から3本になります。(下の※印参照)弔問先の宗派が何か事前に分かっているのなら、その宗派にあった線香の本数を供えるのがマナーですが、不明な場合は、1本でいいと思...続きを読む

Q仏壇にあげる線香の本数は何本?

地域差があるのか、母は四十九日が過ぎたら
線香は2本あげる、妻は私のところは1本だ!
と言い合っています。
本数って何本が正しい!ってあるのでしょう
か?

Aベストアンサー

線香の本数の作法は有るといえば有るし、無いといえば無いのです。

 というのは、仏事の作法というのは基本的にインドの作法を元にしています。そこでインドには線香が存在していなかった。当時のお香は粉末状の抹香や、香木の木片を削ったもの、あるいは丸薬状に練ったものです。香炉に火種を置き、そこに香を乗せて焚いていました。日本でも長くそのような香の焚き方でした。

 線香は宋代の支那で開発されたともいわれますが、日本には江戸初期に伝来しました。それまでの抹香などに比べ、使い方が簡便なので
禅宗・浄土宗を中心に各宗派で、日常的に用いられるようになりました。ですから宗派によっては古式に基づく法会では線香を使いません。

 上述のように線香は比較的新しいお香なので、仏教経典に基づいた「正式な作法」というものは存在しません。そこで各宗派では焼香などの作法に準じて、目安として本数をなどを示しているのです。

 香はひとたび火が付けば絶えることなく燃え続け、周囲に芳香を漂わして心を静め、さらに燃えた跡の灰は新たなる香を焚く土台となるところから「精進」、つまり“絶えることの無い仏道修行を務めること”を表しています。ですから仏前に供えるお香のことで言い争ってはいけませんよ。

【参考】
『密教辞典』(法蔵館)
『香道の歴史事典』(柏書房)

線香の本数の作法は有るといえば有るし、無いといえば無いのです。

 というのは、仏事の作法というのは基本的にインドの作法を元にしています。そこでインドには線香が存在していなかった。当時のお香は粉末状の抹香や、香木の木片を削ったもの、あるいは丸薬状に練ったものです。香炉に火種を置き、そこに香を乗せて焚いていました。日本でも長くそのような香の焚き方でした。

 線香は宋代の支那で開発されたともいわれますが、日本には江戸初期に伝来しました。それまでの抹香などに比べ、使い方が簡便...続きを読む

Qご自宅へお参りに伺うときのお供え物

ご自宅へお参りに伺うときのお供え物


今年1月に亡くなった友人(30代独身)のお参りをしに、ご実家に伺おうと思います。
私の実家と、彼女のご実家が同じ町で、私が今住んでいる所からは飛行機で数時間かかるのですが、私の里帰りに合わせてそちらにも行こうと思います。

2月に一度お参りに伺っており、今回は命日でもなんでもないのですが、行けるときに行きたいと思う次第です。
親御さんも、若くして亡くなった我が子の為に「いつでも来てくれたら嬉しい」と仰っていただいていたので、大丈夫だと思います。


特に決まりはないのだろうと思いますが、何をお供えにもって行こうか、悩んでいます。
・お花 ・お線香 ・日持ちのするお菓子

これくらいしか思い浮かびません。それなら、その中でどれが良いかとか、もっとこういうのはどうだ、とか、何かアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

線香はあるだろうから要らないと思われる。
花も場合によっては微妙。

日持ちする&相手家族が食べる事を考えたお菓子が無難じゃないかな。

Q線香に火を付ける場合は何から?

法事やお通夜の席で線香に火をつける場合、どのようにして火を付けるのが作法でしょうか?

今まで仏様に線香をあげる際には、左右一対の蝋燭の向かって右側の蝋燭の火に線香をかざして火を頂いておりました。
(点火用の蓮華型の蝋燭がある場合はそれから頂くようにしています)

ですが、先日ある通夜の席でお線香を上げたときですが、故人の親類の方に、
「何で仏様にあげた蝋燭で火を付けるんですか?」と注意されました。
ではどうすれば良いかと伺ったところ、
「蝋燭の火はお釈迦様の目ですから、線香でつっつかないように。線香にはマッチで火をつけて下さい」
とおしゃられました。
結局、私以後の弔問客、数十人全員がマッチで火をつけることになってしまいました。

しかし今考えてみても、その方に言われた方法が正式な方法だとは思えません。

自宅の仏壇、通夜等の場合も含め、正式な線香の上げ方の作法はどのようにしたら良いのか・・・ものすごく疑問です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

結論としては、蝋燭の火を使ってかまいません。
仏前の灯燭がお釈迦さまの目だという話は、おそらくどの経典にも出てこないと思います。「仏に捧げるものだから、自分の目のように大切に扱いなさい」という言い伝え(‥‥自分の目のように、という表現は割と良く見られる比喩です)がどこかで形を変えたのではないでしょうか。仏に捧げたものを礼拝する側が他の用途(線香に火を点す)事に使うのは失礼になるのではないか、という考え方が根底にあると思われます。そうであればこそ灯燭の他に点火用の蝋燭を用意するケースもあるわけですが、そのような用意がない場合、灯燭の火を分けていただくことに特に問題はありません。

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む

Q仏壇のある家への訪問のマナーを教えてください

こんにちは、よろしくお願いします。
恥ずかしい話ですが、普段日常での仏壇のある家への訪問のマナーが分かりません。
訪問先は私の知人の家です。数年前にお父様を亡くされています。
まず、家に上がったら仏壇にまず手を合わせに行くのでしょうか?
こちらから仏壇にご挨拶させて下さいとお願いしてからでしょうか?
鐘を鳴らしたり、線香をあげたりするのでしょうか?
家族で召し上がっていただくように和菓子の手土産を買いました。
手土産はどのように渡したらよいのか・・・・・・

ほんとに何も知らなくて恥ずかしいです。
お願いです、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

質問者様が知人のお父様にもお会いしたことがある(お父様のことも知っている)のなら、自らすすんでお仏壇にお参りなさったらいいと思います。
仏壇にお参りされるときは、まず手を洗ってからが良いでしょう(これは、そんなにこだわらなくても良いと思いますが)
そして仏壇の前に座り、お線香に火をつけます(ろうそくに火がついている場合は、ろうそくの火からとってください)
お線香の火の消し方は、手ではらうようにして(手で風を起こすように)決して息を吹きかけてはいけません。
お線香は1本もしくは2本立てます(宗派により違うと思うので知人に尋ねてからにしてください)
手土産はお仏壇に「お供え」として持参してもいいし(その場合は、黄色と白の水引のついたのし紙をつけ、お仏壇にお参りする際に仏壇にまたは仏壇の近くに置かれればいいでしょう)
そうでない場合(お仏壇に「お供え」として持参しない)は、訪問したときに知人に渡せばいいでしょう。


人気Q&Aランキング