あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

昨年の12月に交通事故にあいまして、左耳の耳鳴りや難聴、左肘と右手親指付け根を骨折しました。耳と骨折は別々の病院で診てもらっていました。ともに治療は終了し、自賠責の後遺症診断書を書いてもらいました。耳の方はしっかりと書いていただき、こちらとしても安心しています。

ただ、肘と右手親指付け根の骨折については、ひどいもので、左肘は治るので右手親指付け根だけ書いておきますと言われ、障害内容の増悪…には「痛みが継続すると思われる」としか書いていません。さんざんDrに説明するも右手のみしか書いてもらえませんでした。かなり面倒だな~という表情でした…。

実際には
【右手親指付け根の痛み】
・仕事で自転車を使い利用者宅の訪問を行うのだが、自転車のブレーキを頻繁に握ったり、急ブレーキ時に痛みがある。右手を使いすぎると翌日まで痛みがり、痛みで力が入らない(結構痛いです)。
・ペンを持って書類に字を書く時、書き過ぎると痛みが出る。
・拍手をする際、患部に触れると痛い。
・パソコン等の板状のものを持つと痛い。

【左肘】
・自転車の急ブレーキ時痛みがある(結構痛いです)。
・机に肘を突いたり、うつ伏せ状態で肘をつくと痛い(結構痛いです)。
・腕を伸ばした状態・曲げた状態共に力を入れると痛い。

等々。

正直、主治医に書き直してもらうか、別のDr書いてもらいたいです。

このような経験をされた方や、診断書の書き直しや別のDrに書いてもらった?っという方がいましたら御指導いただきたいです。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>正直、主治医に書き直してもらうか、別のDr書いてもらいたいです。

このような経験をされた方や、診断書の書き直しや別のDrに書いてもらった?っという方がいましたら御指導いただきたいです。

 後遺障害等級審査は、後遺傷害診断書の自覚症状欄に記載されている症状が、将来にわたって改善できない症状である場合に、後遺障害として認定されることになります。
 また、ただ単純に症状があるというだけではダメで、その症状を裏付けることができる医学的所見も必要ですし、日常生活や就労に影響がなければ対象とならないこともあります。
 おそらく主治医は長年の経験から、対象とならないだろうと考える症状を除外したのでしょう。
 質問者さんがそのことに不満を持たれるなら、作成してもらった後遺障害診断書以外に、別紙に「自分の症状」と「日常生活の状況」を記載した「陳述書」を添付して提出するという方法があります。

 第一次的に後遺障害等級審査を行うところは調査事務所というところですが、後遺障害診断書に添付する形で提出された陳述書の内容についても、ある程度きちんと審査してくれます。
 ただし、後遺障害診断書に記載されていない症状が認定されるか否かは責任もてません。
 また、無理をして後遺障害診断書を記載してもらっても、審査で認められるかどうかも分かりません。
 つまり、書いてもらえば等級が取れるということではないということです。
 それよりもむしろ気になる点は、「左耳の耳鳴りや難聴」は耳鼻科の診察で無ければならず、その中で聴力検査は6分法によらなければなりませんし、平衡機能検査等がなされているなら、そういう検査資料の添付も必要になります。

 整形外科の場合は、骨折等が明らかで、骨癒合状態は画像確認ができますから、骨癒合状態等の確認は比較的簡単です。
 関節可動域制限や神経不全麻痺等の病態がない限り、上記陳述書を作成・添付する方法で十分と考えます。
 もし、審査結果の回答に記載されていなかったときは、その時にどうするかを検討されると良いと思います。
 実際に陳述書を添付することで、調査事務所書がきちんと審査していた事例を、何度も見ていますので安心されて良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なアドバイスありがとうございます。
アドバイスを参考にしながら、対応したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/23 14:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング