ヤフーから光ファイバーにするようにと電話がありましたが…

Yahoo!BB ADSL 8MB を利用しています。
本日ヤフー株式会社から以下のような電話がありました。

「電話回線は2015年までに完全デジタル化される。そうなるとADSLは使えなくなる(それはそうでしょう)。9/末までに電話回線をデジタル化して光ファイバーにすれば、工事費28,000円が無料になる。基本料金は月額7,003円だが、年々下がっていき、2年後には6,500円程度になる。また、(私は京都市在住なのですが)京都市であれば最初の1年は月額 5,145円で利用できる。このことはNTTは公表はしていない」

言っている内容は分からないわけでもないのですが、なぜそんな大事なことをこんな直前に連絡してくるのか、また、「NTTは公表していない」理由もよく分かりませんでした。

これまでインターネットプロバイダにはいろいろ苦い思いをさせられてきており、ヤフーも決して例外ではありません。
私の勝手な論理ですが、電話回線のデジタル化はNTTの(言ってみれば)勝手な話であり、その費用を利用者に負担させるというのはおかしな話だと思います。今は9/末までなどと言っておきながら、最終的には全家庭NTT負担でデジタル化するのではないでしょうか??

とにかく寝耳に水で困っています。お分かりの方、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

とりあえず、ANo4さんの勧誘電話云々の部分は、ANo4さんの単なる思い込みですね。



NTTと代理店は関係ないですし。
その昔Y!BBの勧誘で無茶な事をやってた業者が、そのまま今度はフレッツ光の方に移行してきてるだけなので。
NTT本体は勧誘しませんしね。

なので、電力系に云々なんてのは根も葉もない大嘘ですし。
って、これ信用毀損罪・業務妨害罪にならないんでしょうかね?


まぁ、それはそれとして、勧誘業者の言い分はセールストークなので無視でOKです。

Y!BBの場合、過去に自力で光回線を整備しようとしましたが、金がかかるのであっさり止めて、フレッツで行く方針に変更しました。
現在はフレッツ光への新規加入者勧誘による、NTTからの報奨金収入を主軸へと切り替えています。
なので、その報奨金を得るためなら、どんな手段でも使ってくる悪質な業者がいます。

Y!BBの頃にモデムを押し付けての強制加入、勧誘電話で「結構です」の断り文句を「(契約して貰って)結構です」と解釈したことにしての無断加入、など悪事の限りを行っていた業者が、現在フレッツの勧誘に移動して来ていますから。

基本的にYahooを種柱とした現在ADSLで力を奮っている業者(現在NTT回線をタダ同然の値段で借りて、商売している連中。他人の憤怒酢で相撲を取る事で利益を上げている連中。)こそが、全ての回線を光にして云々というSoftbankの主張に乗って動いているだけで、自力で多額の設備投資を行っているNTTや電力系は、全てを光化しようなんて方向ではありません。
要するにADSL組の方は全てを光にすることで、NTTが多額の設備投資した回線を、電話回線同様にタダ同然の、そして自分たちには何のリスクも無い状態で貸し出しをやらせ、甘い汁だけ吸おうという魂胆で動いています。
なので、かなり綺麗事、夢物語を展開している訳ですが、月額が安くなるからという言葉だけに惑わされた人たちが、ADSL組に賛同してたりします。
ADSLで価格破壊を行い、ADSLを普及させブロードバンド化を進めたという意味では立役者ですが、そのおかげで日本の光化の方は当初の予定より大幅に遅れる結果になっています。

話がそれましたが・・・

電話回線のデジタル化と言う意味で合えば、光収容すれば済む話なので、それはNTT負担で全てやってくれると思いますよ。
その代り、光収容化すればADSLは使えなくなりますし、光収容化で使用する光ケーブルと、フレッツ光のケーブルは全くの別物なので、光が使用できるようになる訳でもありません。

現状、ひかり電話の月額525円は、フレッツ光の付加サービスだからこその値段であって、単品提供するならかなり高額になります。
Softbankの夢物語が実現すれば、現状の固定電話並みで提供できるでしょうが、光回線に投資している企業の負担が大きくなります。
そして、それを推し進めるなら自らも金を出すべきなSoftbankは自らは一切金を出す気は無いようなので・・・

なので、現状ADSLが廃止になる事は有り得ません。
少なくとも、国の方針すら出ていない状況で、Softbankの夢物語が、NTTや電力系に拒否されている状態で、そのような阿呆な夢物語が実現することは有り得ません。

また、フレッツ光の初期工事費無料は、以前から延々とずっとやっています。
事実上、初めてフレッツ光にする人は、初期工事費無料の状態が、もう何年も続いています。
なので、「今なら」なんてのは大嘘です。
確かに先の事は判りませんが、10月に入ったら即有料になる、なんて事は無いでしょう。

基本料金にしても、キャンペーン割引が終われば月額が上がる事はあっても、下がる事はありません。
フレッツ本体の月額自体は、初めに2年縛りで「あっと割引」が適用され、2年過ぎたら「ずっと割引」に変わるので、割引の額もほぼ変化しません。

まぁ、光にしたいのなら、特に理由が無いのなら関電のeo光の方が良いでしょう。
戸建でも、ネットと電話で月額5,200円ですから。

基本的に、電話で勧誘してくる業者の言う事は信用しないでください。
電話勧誘してくる業者に、まともな所はありませんから。

貴方が現状ADSLで困ってないのなら、そのままADSLを使う事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答有難うございます。当方現状ADSLで全く不自由しておりませんので、完全無視することに致します。ベストアンサーとさせて頂きます。

お礼日時:2010/09/26 18:09

まだ完全移行日は決まっていません。



但し、NTT西日本の回線を使っているかぎり勧誘電話は、止まりませんよ。

電力系にいじめられているNTT西日本がYahoo!を使ってユーザーに嫌がらせをしているだけです。

無視しましょう。

光ファイバーにするなら「eo光」にしましょう。
Yahoo!ADSL8M(通常契約)とNTT固定電話の合計額に月200円足せば光ファイバーに行けます。

またNTT西日本のフレッツ光の場合
特定8府県(関西では、大阪京都兵庫の3府県)のみ
電力系対抗価格を設定しています。
(NTT西日本ホームページにあっと割引として記載あり)

Yahoo!withフレッツ光の場合
開通月と2ヶ月目は、3360円(電話525円別)
3ヶ月目から12ヶ月目までは、4620円(電話525円別)
13ヶ月目以降は、6478円(電話525円別)

2年後(25ヶ月目以降)安くなるようにするには、
「24ヶ月目にNTT西日本コールセンターに※ユーザーから※電話しないといけません。」
(もっと割引として記載あり)

電話をした場合
25ヶ月目から60ヶ月目まで6037円(電話525円別)

勿論61ヶ月目以降は、6478円(電話525円別)になります。

ネット電話で比較です。
eo光
5200円(ずっと同じ)
Yahoo!withフレッツ光
3885円→5145円→7003円→6562円→7003円(以降ずっと同じ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ完全移行日は決まっていないのですね。無視することにします。また当方、光ファイバーの必要性を全く感じていないので現状維持でいこうと思います。

お礼日時:2010/09/26 18:07

面白い電話ですね。

本気にしてはいけません。また、こういう電話に本気で悩んでいるとすると、詐欺電話にかかりやすい性格だと言うことなので、自覚されたほうがいいかと思います。

相手をするとして、私なら「今言ったことを書面にして会社の社判を押して郵送してくれ。それから考える」とでも言ってみます。

そもそも、YahooBBは「ソフトバンクBB株式会社」のサービスなので、「ヤフー株式会社」から電話がかかることがおかしい。おそらく手数料稼ぎの代理店でしょう。「消防署の方から来ました」みたいな。まあ、代理店を監督出来てないソフトバンクBBにも責任はあるわけですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。私も「とても電話では正式な契約締結は出来ない。書面にして郵送してくれ」と言いましたところ、「今私が言ったことを書面にすれば膨大な量になる。電話のほうが早い」というようなことを言い、書面による提示を頑なに拒否しました。
この時点で「変だな」とは思っていたのですが、相手は一応大手プロバイダですし、電話での応対も実に丁寧、警戒心のない人ならコロッと「乗せられて」しまうところでしょう。
しかし先程ネットで調べ、9月2日付の読売新聞で、NTTが「2015年までの電話回線完全デジタル化は困難」と述べていることが判りました。
相手方の言っていることが100%ウソというわけではないことは分かりますが、これは言ってみればテレビ放送のデジタル化と同じようなもの?当初DAコンバータは3万ぐらいするとのことでしたが、今は5千円程度、挙句無償配布のような話も出ているようです。
ヤフーの話は無視することとします。
「Yahoo!BB」は「ソフトバンクBB株式会社」のサービスであり、「ヤフー株式会社」のサービスではないのですか・・・・・。それは参考になりました。今度の電話で問い詰めようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/09/26 00:11

なにも困る事はありませんよくある営業電話ですし


電話回線は2015年までに完全デジタル化される
こんな事は決まっておりません
情報元を明確にするように確認すればいいです
そこで
今の現状でネットに不満がないのなら
今のままでいいでしょう
対費用を計算して
ADSL 8MBなら光にすると速度の向上は望めますが
金額的に値打ちがあるのか自分で判断すればいい

yahooの光で7000円超えるのなら
プロバかえれば費用は減る

速くしたいのなら光
安くしたいのなら現状
プロバのキャンペーンを利用してうまくたちまわれば
光で安いのもあります

結論
営業トークですからほっとけばいんじゃないかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。ご指摘の通り、ネットで調べましたところ2015年のデジタル化は決定事項ではなく、むしろNTTは「実施困難である」と述べていることが判りました。お断りしようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/26 00:01

あの手この手で光を契約させようとしてますよね。

無視しましょう。
ところで京都なら関電系のEo光回線も選べますから(すべて引けませんが)、調べてみるのも良いかも?
値段的には安いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。ネットで調べましたところ、9/2の読売新聞にて、NTTが「2015年までの完全デジタル化は無理」と発言していることが判りました。現状で行こうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/25 23:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTTとヤフーの固定回線の契約を辞めたのですが、NTTからは返却用の袋が送られてきましたが、ヤフーか

NTTとヤフーの固定回線の契約を辞めたのですが、NTTからは返却用の袋が送られてきましたが、ヤフーからはなぜか、箱が送られてきて、中にルータが入っていました。これは何かの間違いなのでしょうか?その場合どうすればよいのですか?

Aベストアンサー

ヤフーは何かの間違いでしょう。
もう一度連絡して、返品です。

Q先ほど、ヤフーBBと名乗る方からアナログ回線からデジタル回線への変更の

先ほど、ヤフーBBと名乗る方からアナログ回線からデジタル回線への変更の電話がありました。

いつもフレッツ光の営業の電話が多くて困っていたので、本当にヤフーなのか確認したら『ヤフーです』と言っていました。

光に変える事で、キャンペーンで初期費用が実質無料、ヤフープロバイダーの料金2ヶ月無料と良く思える内容でした。

ただ、なぜか非通知で電話をかけてきたのと、旦那と相談したいから改めてかけなおしたいと言うと、『そちらからかけ直すと他のセンターにつながってしまう』と言います。


この方は、信用できますか?

ヤフーとNTTが提携したと言うのは本当ですか?

Aベストアンサー

yahooは以前独自で光回線のアクセスラインをやって
いましたが、現在は採算が取れなく模様で販売を止めてます
NTT側はプロバイダ事業は法律によりできませんので
各、プロバイダへインターネット接続事業をお任せし
ている状態です
NTTのアクセスラインを利用したインターネットは
(NTTのアクセスライン+プロバイダ)の申込みが必須です
NTTとyahooは犬猿の仲という感じであるが
ある時、yahoo側から「販売のみ取次できないか」という歩み寄りが
ありNTT側は「何か裏があるのではないか?」と思いつつも
「販売のみ」という形で提携というよりは
yahooというプロバイダのブランドを利用していただく様yahoo側が
「販売取次」として組ませてもらっているだけです
(某、ビジネス系雑誌にこんな感じで記載あった気がします)

実際、他ブランドのプロバイダは提携しているように見えるが
NTTと提携しているというというよりは各、プロバイダが「販売取次」
としてのみ提携(みたいな感じ)させてもらっていてNTT側からも
NTT+プロバイダ=プロバイダパックとして申込みできるようになっています
NTTの「フレッツ公式ホームページ」にはまだyahooは記載がありません

販売取代理店からの勧誘電話が非通知番号での着信だったのは
現在の電話機はナンバーディスプレイ(電話機に着信した電話番号が出る機能)
にて着信あった電話番号を着信拒否登録できる機能が付いた電話機も
多い為、着信拒否されない様に阻止する目的で非通知でかけてきている
ある意味少々悪質な要素があります
多少なりとも善良な販売取次代理店であれば番号は毎回通知してきます
ちなみにだいたいこういう会社は回線や電話番号を多数所持していて
番号を変えて何度も電話してきます
当方も同じ会社から番号を変えて何度も着信があったが全て着信拒否登録
して(計23件の番号)着信を阻止しましたがひどい場合は
その勧誘してくる会社所持の携帯電話?からも電話してきます

もし、勧誘系の電話を嫌うなら「非通知」や着信された電話番号について着信拒否
する様、電話機で設定できればして下さい
なお、質問者様以外の発信番号通知の契約していない相手からの着信は
全て着信できなくなりますので注意というかデメリットがありますが・・・。

「電話をかけても違うところにつながる」というのは
販売取次代理店の下請けなどが親会社の電話番号を借りて
つまり、電話をしているところから特定されのを恐れ、
親会社の番号へ転送させて(もしくはすでに表示させて)
質問者様へ電話していると思われます


ちなみに、勧誘等の電話を阻止する場合は
かかってきた電話に関して「興味はまったくない」
「2度と電話してくるな」等、質問者様側から引き止められても
一方的に電話を切ってしまうのが技です
(旦那様がその時いれば電話でた時に言ってもらうのもお勧め)

こういった販売取次代理店で仮に申し込んだ場合は
キャッシュバック等の金額(サービス)も金額的に?少ない気がします
もし、申込みをする場合は価格.comやお近くの電機量販店等で
申し込んだ方がキャッシュバックの恩恵も良い場合も多いです
直接NTTに申し込めば安心というのもあります(キャッシュバックなし)
いろいろクチコミ等もありますが
人によってはyahooも良いと考えている方もいますので
申し込む場合はいろいろ検討してみてください

yahooは以前独自で光回線のアクセスラインをやって
いましたが、現在は採算が取れなく模様で販売を止めてます
NTT側はプロバイダ事業は法律によりできませんので
各、プロバイダへインターネット接続事業をお任せし
ている状態です
NTTのアクセスラインを利用したインターネットは
(NTTのアクセスライン+プロバイダ)の申込みが必須です
NTTとyahooは犬猿の仲という感じであるが
ある時、yahoo側から「販売のみ取次できないか」という歩み寄りが
ありNTT側は「何か裏があるのではないか?」と思いつつも
「販売...続きを読む

QNTTフレッツ光の通信回線+プロバイダーで5000円弱のキャンペーンについて

先日、我が家の固定電話に、現在当社では、NTTフレッツ光の通信回線+プロバイダーで5000円弱のキャンペーンをしている」との営業電話がありましたが、お断りしました。だた、現在。NTTフレッツ光代に7000円弱+プロバイダー代に600円弱がかかっていますので、格安の当該キャンペーンに興味を持ちました。どなたか、このキャンペーンに詳しい方がおりましたら、ご教示ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在では、NTT東日本本家の契約の戸建てで4600円+ブロバイダ料ですね。
30ヶ月超えると以後はずっと4900円+ブロバイダ料になります。
NTTコラボで平均5200円で、コチラはブロバイダ込みも有る様です。
なので、安いと言っても数百円ですね。
通常、第三者の代理店を経由するとその分高くなりますから、3年目からぐっと高くなる可能性も有るので、普通に契約した方が結果的には安くなったりします。

取り敢えず、7000円は高過ぎるので、光コラボを考えて下さい。
(ただし、電話契約が有るとそんなもんです。上記に電話契約は含まれてません)
契約中の携帯会社の光回線だと、携帯料金が割り引かれるので、良いと思います。
ドコモ→ドコモ光、au→au光、ソフトバンク→ソフトバンク光、とそれぞれで光回線が有ります。(内、ソフトバンクは結果的に支払額は変わらないのでコラボ光にしなくても良いです)
最近はMVNOでもコラボ光をしている所も有るので、携帯会社がMVNOの場合も調べてみると良いと思います。

QOCN ADSL3M【3215円】→ OCN光ファイバー100M【6000円】の変更について

現在OCNのADSL・3Mを契約しています。

ダイヤル通話料/INS通話料 合算 70円
〔OCN・インターネット〕
ADSLセット3M基本料 合算 1,980円
基本料セット割引 合算 -110円
ADSLご利用料金 内税 950円
ADSLモデムレンタル料:540
ADSL無線LANレンタル料:410
回線使用料相当額 合算 158円
〔消費税等〕
消費税相当額(合算分) 非対象等 167円
で合計が

3,215円

です。

100MのOCN 光 with フレッツ

フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ

OCN月額基本料
1,100円

フレッツ光利用料金
4,500円

---------------------------------------------------
ルーターレンタル料?
ホームゲートウェイ
100円
無線LANカード追加
100円

などで、5600円~6000円ぐらいだと思うのですが、

光ファイバーの無線LANカードの親機に差し込むカードは
普通に買えるものなのでしょうか?

出来れば、5000円以内で収めたいのですが、
光ファイバーで5000円以内というのは無理なのでしょうか?

ADSLがまだしばらくは大丈夫でしょうがもう新規加入を止めたようで、
今後、光ファイバーのみになっていくと思うのですが、

1年間で3万3600円の増額になるので

負担が大きいです。

出来れば、現在の負担額に年間で+1万円の

月の支払いが4000円ぐらいが良いのですが、難しそうなので、

5000円ぐらいでなんとかしたいものです、

アドバイスよろしくお願いします。

現在OCNのADSL・3Mを契約しています。

ダイヤル通話料/INS通話料 合算 70円
〔OCN・インターネット〕
ADSLセット3M基本料 合算 1,980円
基本料セット割引 合算 -110円
ADSLご利用料金 内税 950円
ADSLモデムレンタル料:540
ADSL無線LANレンタル料:410
回線使用料相当額 合算 158円
〔消費税等〕
消費税相当額(合算分) 非対象等 167円
で合計が

3,215円

です。

100MのOCN 光 with フレッツ

フレッツ 光ネクスト
ファミリー・ハイスピード...続きを読む

Aベストアンサー

>光ファイバーの無線LANカードの親機に差し込むカードは
普通に買えるものなのでしょうか?

NTT東西のものは、基本的にレンタルだけであり、販売は行われていなかったはずです。
無線LANのアクセスポイントなら、電気屋にいけば5000円未満でも販売されております

>出来れば、5000円以内で収めたいのですが、
光ファイバーで5000円以内というのは無理なのでしょうか?

NTT東エリアなら、光コラボの方がやすい
NTT西なら、光コラボの方がトータル的に安い場合もあれば、NTT西+ISPの現行の方が安い場合もあります。
NTT西なら、携帯電話を含めてトータル的に考慮すれば複雑になります

NTT西のファミリータイプでいいですよね?
IP電話及び消費税を除けば可能です
NTT西のサイトに直接申しこめば、月3810円~
OCNで2年契約にすれば、1100円
http://flets-w.com/newly/

NTT西だと、OCNを利用して、一番安いのが、月3610(9年以上)+1100円です

IP電話を利用する場合は、別と500円が発生します

>月の支払いが4000円ぐらいが良いのですが、難しそうなので

月4000円は難しいですね。
マンションタイプなら4000円以下です
ファミリータイプなら4500円以下で一部はあります
BB.exciteだと4360円
http://bb.excite.co.jp/bbhikari/
エディオン光だと4400円(NTT西地域)
http://hikari.edion.jp/#about
であります。(値段だけでの案内でISPの評判等を無視しています)

>光ファイバーの無線LANカードの親機に差し込むカードは
普通に買えるものなのでしょうか?

NTT東西のものは、基本的にレンタルだけであり、販売は行われていなかったはずです。
無線LANのアクセスポイントなら、電気屋にいけば5000円未満でも販売されております

>出来れば、5000円以内で収めたいのですが、
光ファイバーで5000円以内というのは無理なのでしょうか?

NTT東エリアなら、光コラボの方がやすい
NTT西なら、光コラボの方がトータル的に安い場合もあれば、NTT西+ISPの現行の方が安い場合もありま...続きを読む

QNTTとNTTコミュニケーションズとNTT西日本の違いを教えてください.

NTTとNTTコミュニケーションズとNTT西日本の違いを教えてください.
採用面接に聞かれそうなのですが、普段何気なく使っているのですが、会社としてのそれぞれのはっきりした区別がわかりません。よろしくお願いします

Aベストアンサー

No.5がまとめているのが詳しいですが、今はずいぶんとサービスが増えているため、かなり微妙になってきています。重要なポイントは、

NTT:
持ち株会社であり、グループ全体の舵取り(経営方針の決定など)と研究部門のみの会社であること。
直接営業などを行なって利益を上げるのではないこと。

NTT東西:
日本電信電話株式会社法(いわゆるNTT法)によって規制がかけられる対象の会社であること。
基本的には県内通信のみを許可されている会社ですが、一部のサービス(フレッツ・グループアクセス、フレッツ・オフィス、ひかり電話など)では県間通信にも進出していること。

NTTコミュニケーションズ:
NTT法によって規制をうけない会社であること。
基本的には県間(長距離)通信、国際通信を対象とした会社ですが、マイラインサービスの導入時に県内通信にも進出しました。

大きな分類としてはNTTは持ち株会社としてコントロールをする会社、東西とコミュニケーションズは県内/県外および国際で分けられましたが、その後サービスが増えるにつれてその枠組みがあいまいになってきているということですね。
また、大きな違いとして日本電信電話株式会社法の規制を受けているかどうか、があります。

No.5がまとめているのが詳しいですが、今はずいぶんとサービスが増えているため、かなり微妙になってきています。重要なポイントは、

NTT:
持ち株会社であり、グループ全体の舵取り(経営方針の決定など)と研究部門のみの会社であること。
直接営業などを行なって利益を上げるのではないこと。

NTT東西:
日本電信電話株式会社法(いわゆるNTT法)によって規制がかけられる対象の会社であること。
基本的には県内通信のみを許可されている会社ですが、一部のサービス(フレッツ・グループアクセス、フ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報