生物学の本で、「Molecular Biology of the Cell , 3rd edition」という本を授業で使うので買わなくてはいけないのですが、アマゾンや本屋さんで探したところ「Molecular Biology of the Cell and the Hypercell with CDROM」というものが検索で出てきました。99年6月に出版されており、一番新しいのですが、これの説明として、装丁がCDROMになってました。これは本ではなくてすべてCDROMなのでしょうか?それとも本にCDROMもついてくるという意味なのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の成書ではないでしょうか?


===============================
Molecular biology of the cell / Bruce Alberts ... [et al.]. -- 3rd ed. -- (BA22001044)
New York : Garland Publishing, c1994 xliii, 1294, 23, 44 p. ; 29 cm -- : hbk;: pbk
注記: Includes bibliographical references and index
ISBN: 0815316194(: hbk) ; 0815316208(: pbk)
著者標目: Alberts, Bruce, 1938-
分類: NDC8 : 463 ; NLM : QH581.2 ; NDLC : RA71 ; NDLC : RA111 ; LCC
: QH581.2 ; DC19 : 574.87
件名: Cytology ; Molecular biology ; Cells ;
Molecular Biology
======================================
この本であれば以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
所属する大学の図書館には所蔵はないのでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BA220 …
    • good
    • 0

私も生物学を専攻していましたので、CELL(略です)を持っています。


日本語版が2万円で英語版がもう少し安いと記憶しています。
本単体で、2万円するのですから常識的に考えるとCD-ROM付きになれば、も
っと高いはず。その値段がいくらかで判断することが出来るのではないでしょうか?ちなみに、岩波書店の生物学辞典CD-ROMは単体で本より高かったです。

あんまり、参考にならなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
えっと、この「CDROM」と書いてあったものはUSDで95.95だったと思います。
だいたい1200~1300円ぐらいでしょうか。
日本語版が2万円するのは知っていたのですが、私は英語版を買わなくてはいけないのでいまいち金額がわからないままなんです。
CDROMだけの方が安いのか、英語だからなのか…

お礼日時:2001/04/10 19:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMolecular Cell Biology( Freeman)の訳本は?

Molecular Cell Biology, 4th edition( Freeman)の訳本は出ていないのでしょうか。

The cell,4th edition の訳本も出ないですね。

Aベストアンサー

Molecular Cell Biology, 4th edition
分子細胞生物学

参考URLのものかと思います。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4807905481.html

Qessential cell biologyの和書について

essential cell biologyの和書を読みたいと思っているのですが、それはessential細胞生物学で合ってるのでしょうか?この本にはmolecular biology of the cellの和書みたいなことが書かれていますが、どちらの和書なのでしょうか?
わかる方いましたら教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

Essential cell biologyの和書はEssential細胞生物学であってます。

元々この本は,Molecular biology of the cellの要約版として出版されたものなので内容はこちらの方が詳細なところまで載っています。

専門的に勉強をされたいのであれば,Molecular biology of the cellの和書であるThe cell細胞の分子生物学,をお勧めします。
そうではなく,要点だけを抑えたい,とりあえず読んでみたい,ということであれば,Essential細胞生物学,をお勧めします。

QCell LineとPrimary Cellの違い

こんにちは。細胞培養の初心者です。
素朴な疑問があります。

例えば、同じRatの骨芽細胞でも、
継代培養して不死化させたCell Lineと、Primary Cellでは、細胞の増殖、分化に違いは絶対生じるものなのでしょうか?

Cell Lineはどこか染色体異常を持っているため、In vitroの実験結果を、生体内で起こる反応として考える上で、より確からしいとしていいのは、Primary Cellの方と考えて細胞生物学的によろしいのでしょうか?

基礎中の基礎と思いますが、どなたかご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

動物を解剖し、細胞を分離して得た初代培養細胞は、一般的に株化細胞に比べて増殖が遅く、培養を続けると脱分化するなど、培養を維持するのが難しいです。しかしながら、正常性が高く元の臓器と類似した性質をもつという点で重要な位置を占めています。
逆に、特定の性質をもち長く継代可能な細胞を株化細胞といいますが、染色体数は2倍体から異倍体になっています。細胞の性質の保持は株化細胞の方が安定していますが、そのような異常な細胞であることから、必ずしも生体の反応を忠実に反映しているとは限りません。したがって研究内容によって使い分けます。
実験内容によっては、株化細胞のほうが刺激に対するレスポンスが高く、きれいな結果が出ることが多いことから株化細胞に飛びつきがちになりますが、先ほどお話しした通り、実際の生体反応を反映している保障はできませんので、結果を客観的に見る必要があります。
つたない説明ですみません。ご参考になれば幸いです。

QTHE CELLの原著を読みたい

よくTHE CELLは平易な英語で書かれているといわれますが、実際どの程度の英語力を必要とするのでしょうか。だいたいのTOEICのスコアなどで表していただけると具体的で分かりやすいのですが。
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

質問するのであれば、書名は全て書いたほうが良いかと思います。
"THE CELL"
http://www.amazon.co.jp/Cell-Geoffrey-M-Cooper/dp/0878932208/ref=sr_1_8/249-5391024-2885103?ie=UTF8&s=english-books&qid=1179844094&sr=1-8
についての質問ではありませんよね?

Molecular Biology of the Cellについての質問であれば、
文法は大学の入試レベルです。
専門用語の単語力はTOEICなどのスコアでは分かりません。

QThe Cell の翻訳・誤訳について

『細胞の分子生物学』(Molecular biology of the cell)
の翻訳版には結構誤訳があるそうで、その訂正を載せている
HPがあるらしいのですがどなたか知りませんか?

Aベストアンサー

すみません。
新しくUPしました。

参考URL:http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報