『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

@日本の俳優にはなくて@韓国俳優にある魅力って何だと思いますか?
@日本のドラマとは違う@韓国ドラマの面白さってどう表現したらよいでしょうか?

@私は韓流ドラマもスターも大好きなのですが
韓流に興味のない人に聞かれた時にうまく表現&説明ができないのです。(^^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 韓国の俳優さんは、日本の俳優さんよりも、感情表現の仕方がストレートな人が多いと思います。

演技が熱い人が多いです。そこが魅力の一つだと思います。

 美男の俳優は日本にもいますが、韓国の美男の俳優は、また、ちょっと違う魅力があると思います。大陸的というか・・・、うまく言えないのですが。。

 韓国の俳優さんは、ファンを大事にしています(日本の俳優さんもですが)。
 ペ・ヨンジュンさんのように、ファンを「家族」と呼ぶ方がいたり、ファンミーティングを頻繁に行ってファンとの交流を図っている人が多いです。このような親しみやすさも魅力の一つだと思います。

 韓国ドラマは、俳優さんをあまり知らない段階では、俳優さん自体に予備知識やイメージがないぶん、ドラマ自体に集中することができます。
 ストーリーもわかりやすく、起伏にとんだものが多いです。
 日本で作ったら、ベタで成立しないようなストーリーでも、韓国ドラマなら成立します。
 また、ユン・ソクホ監督の四季シリーズなど、映像美を味わえるドラマも多いです。
 ジャンルも、コミカルなものから、シリアスなものまで幅広いです。

 今、ざっと思いつく魅力といえば、このようなものでしょうか・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

感情表現の仕方がストレートなところは確かにドラマの中でもそうですし、
ファンミ―ティングとかでファンの人たちに向かっても『ファンの皆さま愛してます。。』とか普通に言いますよね・・・(;^^;)
それがたまらないのですね。。。おばさま方には特に。。。(**)

日本の俳優さんがそれ言ったら≪違和感大≫ですもの。。

@ご回答ありがとうございましたm(uu)m

お礼日時:2010/09/29 20:47

韓国の俳優さんて、端正で純粋な感じがします。


日本より上下関係などが厳しそうですし、
また男性は兵役もありますから、ある種の緊張感をあるのかもしれません。
韓国では自殺する芸能人がとても多いそうですが
体面やプライドを傷つけられる事に弱いのかなと思います。
私は先だって亡くなったパク・ヨンハさんが結構好きだったのですが
とても繊細な方だったんだろうなと。
ドラマは
なんていうか日本で言う昼ドラみたいな感じがします。
善と悪がハッキリしていてわかりやすいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに純粋さはありますよね。すれていないというか・・・。

その分韓国の方は日本人より堅い考えを持っているところもあるのでしょう。。。

だから世間の目も厳しく自殺する方が多いのでしょうか。。?

《パク・ヨンハさんオールインの挿入歌がとても印象的で上手だったのにお気の毒でした(。。;)》


@韓国のドラマは善と悪がハッキリしていて確かにわかりやすいです(^^)

だから引き込まれるのでしょうね。。。

ご回答ありがとうございましたm(uu)m

お礼日時:2010/09/29 20:35

 


非現実性
「そんな訳ないやろ!」と突っ込める演技かな
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにオーバ―な演技というか内容とかも「そんなのあり~っ??。。」的な感もあるかも知れませんね。。。
でもそこがまたハマるツボな部分なのです。。

ご回答ありがとうございましたm(uu)m

お礼日時:2010/09/29 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国人はなぜ背が高いの!?

最近、韓国ドラマを見るようになりました。

そこで疑問に思ったのが、

日本の俳優よりも背も高くスタイルもいいなということです。

男性も女性も背が高い人が多いので気になりました!やっぱり、遺伝ですか!?

背が高くてスタイルがいい理由を教えてください。

自分の意見でもいいです。

Aベストアンサー

平均身長は、他の人も言ってますが、若い人は 差が2、3cmです。

ただ、俳優女優芸能人に関して言えば、あの国は身長制限があるんです。

男性は 173cm以上 女性は 158cm以上でないと身長公表しません。

ただ、それより低い人も少しならいないことないですが、そういう人は身長を公表しません。

でも基本的にはそうです。逆に大きいのは 男性は190cmまで 女性は175cmまでみたい。

韓国芸能人のプロフィール見たらだいたい、 その枠の中の身長です。

ちなみに、韓国では小柄芸能人って言われてる人の身長は 日本だと女性だと益若つばさちゃんのような、150cmぐらいな人が小柄って言われてますが、韓国で芸能人で小柄って言われてる人は 160cm前後みたいです。少女時代の小柄キャラの子も160cmぐらいです。日本だと普通身長なのに・・

やはり一番したが158cmだとそうなりますよね。
男性でも同じです。170ぐらいなのが小柄って言われてます。日本みたいに160cmの男性芸能人はいません。

でも一般の人は結構背の低い人 170以下の男性 158cm以下の女性もいます。

芸能人がそうなんですよ。

スタイルですが、女性は、あの国は美容整形費用が安く、脂肪溶解(すごい太ってる人はダメだが、部分痩せに便利)が特に盛んです。芸能人でもやってる人多いです。
あと胸の大きい女性も芸能界でうけないので、痩せてる女性が多いです。それとキムチに発汗作用があるのでは?
男性は モムチャンといって、とにかく体を作ります。痩せすぎは男性はダメで(女性は理想だが)ジムとかで体を鍛えて筋肉質にする傾向があります。だからスタイル良い人が多いんです。

平均身長は、他の人も言ってますが、若い人は 差が2、3cmです。

ただ、俳優女優芸能人に関して言えば、あの国は身長制限があるんです。

男性は 173cm以上 女性は 158cm以上でないと身長公表しません。

ただ、それより低い人も少しならいないことないですが、そういう人は身長を公表しません。

でも基本的にはそうです。逆に大きいのは 男性は190cmまで 女性は175cmまでみたい。

韓国芸能人のプロフィール見たらだいたい、 その枠の中の身長です。

ちなみに、韓国では小柄芸能人って言...続きを読む

Q韓国ドラマはなぜおもしろい??

去年の夏から韓国ドラマにはまってしまいました。
今までドラマに興味がなかったので、まさか自分がはまるなんて!と自分でもびっくりしています。
一応、大学生の女です。最初に見たのは「秋の童話」です。
見始めたころは、映像が古臭い感じがして、ストーリー展開もあり得ないことばかりで結構文句言いながら見ていました。
(ファンの方すみません…)でも!見るのをやめられなかったんです!!
徹夜で一気に見てしまいました。

それから、夏の香り、サンドゥ学校へ行こう、ランラン18歳、ジュリエットの男、皇太子の初恋、バリでの出来事、ごめんね愛してる…などなど

夢中になって見てます。なんでこんなにおもしろいの??ってかんじで。
あと、韓国の女優さんはきれいな方ばかりですが、正直俳優さんは日本の俳優と比べてハンサムではない気がします。
なのに、すごくかっこよく感じてしまいます。なぜ??

日本のドラマはあまり見ません。ERとかロズウェルとかアメリカのドラマは一時期はまりました。
それで最近のanegoとか曲がり角の彼女、エンジン、汚れた舌などを試しに見たのですが、おもしろくなくて途中でギブアップしました。
anegoは結構好きですが、いまいちはまれなかったというか…

で、ここ最近ずっと「なんで韓国ドラマにはまってしまうのか、面白く感じるのか」を考えているんですが、結論が出ません。
韓国ドラマになぜこんなにひきつけられるの??!
こう感じるのって私だけじゃないと思うんです!みなさんの意見が聞きたいです!

ちなみに、冬ソナはみてません。韓国ドラマに古きよき日本の純愛を求めているっているのも自分の中では違うと思います。まだ20代ですし…

長々と失礼しました。ここまで読んでくださったことに感謝します。

去年の夏から韓国ドラマにはまってしまいました。
今までドラマに興味がなかったので、まさか自分がはまるなんて!と自分でもびっくりしています。
一応、大学生の女です。最初に見たのは「秋の童話」です。
見始めたころは、映像が古臭い感じがして、ストーリー展開もあり得ないことばかりで結構文句言いながら見ていました。
(ファンの方すみません…)でも!見るのをやめられなかったんです!!
徹夜で一気に見てしまいました。

それから、夏の香り、サンドゥ学校へ行こう、ランラン18歳、ジュリエット...続きを読む

Aベストアンサー

男ですが質問者さんのお考えがなんとなく理解できます。
そこで理由を考えてみました。

韓国の連続ドラマって長いですよね。
冬のソナタも60分が20回。
ですから心理描写などを丁寧に描けます。
そのため深いテーマを取り上げても違和感がない。

日本の連続ドラマはCMを除くと実質40分を10回放送するくらいの長さのものばかり。
そのためどうしても駆け足気味になり深みが出ません。

また各局やたらドラマを作るうえ、それぞれが10話程度と終わるのが早いため、次から次へとドラマを作る必要が出てきます。
そのため内容がワンパターンになってきます。
それでも視聴率を稼ごうと先にキャストを決めてしまうためにますます内容が二の次になってしまう、という悪循環があると思います。
日本のドラマがつまらないのはこういう理由だと思います。

日本のテレビ局も、もう少しドラマを減らし、その分、長く深みのある面白いドラマを作ってもらいたいと思います(ただ個人的には、ごくせん、アネゴ、義経はおもしろかったと思いました)。

俳優に関していうと、韓国ドラマのほうが格好良く主演男優を描いていると思います。
大人の男というか、男らしいというか。
たぶんこれは、韓国が男尊女卑の社会であることと関係しているでしょう。
基本的に男尊女卑の社会では男は男らしく、女は女らしいことが望まれるものです(といっても韓国は感情をストレートに出すお国柄なので男性でもよく泣くようですが)。
ですから韓国のような国では主役の男性は徹底的に男らしい2枚目を演じ、日本のドラマのように3枚目っぽくはあまり描かれないのでしょう。
そこが女性優位になってきた日本しかしらない人にはかえって新鮮なのではないでしょうか。

男ですが質問者さんのお考えがなんとなく理解できます。
そこで理由を考えてみました。

韓国の連続ドラマって長いですよね。
冬のソナタも60分が20回。
ですから心理描写などを丁寧に描けます。
そのため深いテーマを取り上げても違和感がない。

日本の連続ドラマはCMを除くと実質40分を10回放送するくらいの長さのものばかり。
そのためどうしても駆け足気味になり深みが出ません。

また各局やたらドラマを作るうえ、それぞれが10話程度と終わるのが早いため、次から次へとドラマを作る必要が出...続きを読む

Q韓国映画と日本映画の絶望的なレベルの差はどこから?

私は映画は総合芸術だと思っています。

娯楽作品であっても文学作品であっても、文学、音楽、美術、建築、文化、歴史、ビジネスが複合して生み出される芸術です。

その映画ですが、日本の映画は全てが幼稚な学芸会レベルで絶望的に最悪です。

セリフは怒鳴るかぼそぼそしゃべるだけ、悔しい時は目を向いて歯ぎしりし、悲しい時はボロボロと涙を流し、おかしい時はゲラゲラ下品に笑い、怒った時は頭の周りで手を振り回してプンスカ。高校生レベルのCG合成、アイドルの歌謡曲に漫画原作の魅力のない脚本。

本当に日本の映画はひとつ残らずゲロカスです。

一方、まともな歴史も文化も文学も建築も何一つ存在しないおとなり韓国の映画は驚くほどレベルが高い。

脚本、映像、音楽、俳優、演出、全てが日本を圧倒しています。一つも勝てるところが見当たらりません。

これは一体何が理由なのでしょうか?

詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

大ざっぱにですがいくつかの理由を。


ポン・ジュノ監督が「殺人の追憶」を作るにあたって参考にした作品が今村昌平監督の「復讐するは我にあり」だったそうです。
ここからわかるように韓国の監督は、まずしっかりと映画そのものの勉強をしているということです。反日的な感情のある国で、邦画の「復讐するは我にあり」のタイトルを知っているだけでもたいしたものだと思いますが、何度も見返してかなり影響を受けたそうですから、この事実を知った時にはさすがだと思いました。

ベルリンだったかベネチアだったかの映画祭で映画祭のディレクターの方が、日本の映画評論家(四方田さんだったか??)にこんなことを嘆いたそうです。
「なぜ映画祭にやってくる日本の監督たちはミゾグチを知らないのか」

ということで撮影所あがりのベテランはともかくも、20代~40代の監督の多くは、溝口健二監督作品さえまともに見たことがないのです。ろくに映画の勉強をしていない、ということなんです。

また取りあげる内容そのものに関して言えば、近年の日本映画は私的な内容なものが多くを占め、どちらかというと社会性に欠けている、ということもあると思います。

別の視点から見ると、観客動員数が邦画の方が優って何年か経ちましたが、観客の鑑賞能力が劣っている、ということも拍車を掛けていると思います。
映画通を自認し、いろんな方が映画のサイトやアマゾンのDVDレビューなどにいろんな感想を書かれていますが、その多くが稚拙です。中には唸るような感想もありますけど、内容から判断するとけっこう年配の方が書かれていると思われるものが多いですし。

映画の配給会社や製作会社に「映画が好きで好きでしようがありません。どうしても映画関係の仕事をしたい!」という人が無理矢理押し掛けて来ることがあります。
そういった若い方と面談をしたことがあります。
「次の10本のうち、もっとも好きな作品はどれですか」
と(回答はほぼわかっているのでちょっと意地悪なんですが)映画史に残る(けどややマイナーな作品「野いちご」とか「灰とダイヤモンド」とか)を並べてみると、「一本も見たことがない」か「タイトルも今日始めて知りました」の、どちからの答えになるのがほとんどなんです。

と、まあこんな具合なので、邦画よりも韓国映画の方が見応えのある作品が増えているのだと思います。

大ざっぱにですがいくつかの理由を。


ポン・ジュノ監督が「殺人の追憶」を作るにあたって参考にした作品が今村昌平監督の「復讐するは我にあり」だったそうです。
ここからわかるように韓国の監督は、まずしっかりと映画そのものの勉強をしているということです。反日的な感情のある国で、邦画の「復讐するは我にあり」のタイトルを知っているだけでもたいしたものだと思いますが、何度も見返してかなり影響を受けたそうですから、この事実を知った時にはさすがだと思いました。

ベルリンだったかベネチアだっ...続きを読む

Q韓国俳優は反日?!

私は、韓国の映画やドラマが好きでよく見ています。
いろいろな日韓の問題は聞きますが、あまり気にはしていませんでした。(個人的な意見だろうな…位にしか)
でも、好きな俳優や歌手のことを調べてるうちに
どんどんどんどん反日と噂される人達が出てきました。
もちろん噂もあると思いますが、記事になっているモノや
ニュースになってるような確実なものもありました。

私の好きな俳優や歌手のほとんどが
反日運動的な事をしていて、本当にショックでした。
やはり日本での姿は、作られたものなんでしょうか?

韓国がどうとか、日本がどうとかとあまり厳しい事は言いたくないので、気軽に答えて下さると嬉しいです。

Aベストアンサー

20年来のコリア・ウォッチャーです。
韓国の芸能人にとって「反日」はいわゆる「踏み絵」となっています。
日本で活動を始め、日本での人気が上がると、韓国のメディアや一般市民は「こいつはチニルパ(親日派)になったのではないか」と疑いを持ち始めます。すると、その芸能人が帰国した際に、「独島のことをどう思うか」とか「小泉の靖国参拝についてどう思うか」という質問をするわけですね。
日本で人気が出たといっても、やはり韓国のファンや世論を敵に回したくないですから、彼らも仕方なく「反日発言」を行うのです。
(中には、#1の方が挙げておられるキム・テヒのように自らすすんで反日活動を行っている困った輩もおりますが)
北朝鮮の政府高官や外交官が、資本主義国での勤務を終えてきた時に、「資本主義に毒されていないか」という尋問をしつこく受けさせるそうですが、さすが同じ民族ですね。言論や思想の自由、文化や民族の多様性を認めない「ウリナラ至上主義国家」が、南北朝鮮に共通した実態です。

Q紀元前と紀元後をなぜ分けるの?

タイトル通りの疑問なのです。当たり前すぎなことなのかもしれませんが、教えてくださいお願いします。どういういきさつで分ける必要になったのでしょうか?
またいつから分ける様になったのですか?

Aベストアンサー

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれた年を紀元とすることにしました。
これが、現在我々が使っている西暦の始まりです。
何故西暦0年が存在しないかと言うと、西暦が作られた6世紀半ばのヨーロッパは、まだ数学が発達していなかったためか、「0」の概念が無かったのです。
そのため、「西暦0年」ではなく、「西暦1年」から始まったのです。これは平成0年がないのと同じですね。
だから、紀元1年より前の年をあらわすには、0がないので当然ながらマイナスを使えず、「紀元前」とするしかないわけです。
この西暦は、まず教会で用いられ、それがヨーロッパの一般人に定着するのはそれから数世紀経ってからで、 実際に世界的に使われるようになったのは、18世紀になってからです。
日本に至っては、明治以降、つまり19世紀に入ってから、やっと使い始めました。

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれ...続きを読む


人気Q&Aランキング