小学館の漫画週刊誌『少年サンデー』に連載されていた漫画がコミックにされた最初の作品は何でしょうか。またその発売は何年でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

既に回答が挙がっておりますが、補足させていただきます。


「スリル博士」の(1)は昭和34年11月に出版されております。翌月(2)が出版され、(3)も予告されましたが連載終了で出版されませんでした。(その結果、最終話が収録されていません)
本の大きさはA5型で堅表紙にジャケット装でした。版元は、あかしや書房との事です。
http://www.phoenix.to/59/59-16.html

質問者のコミックと云うのが単に単行本化された事を指すのか、それとも所謂新書判あるいはB6判で刊行されたものを指すのかがはっきりせないので、このようの回答になります。(何れにせよ小学館の出版書誌の詳細は今俄に判りませんが・・・)

少年サンデーは、後に「伊賀の影丸」を雑誌型式で(別冊)出版しております。これはB5型(本誌と同じ大きさ)、その後新書判でも小学館から出版されたのですが、途中迄しか出版されず続きは秋田書店から出版されると云う奇妙の事態になっています(その後、小学館刊行分も秋田書店から改めて出し直されています)

ご参考にならば幸甚です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ちなみに、「質問者のコミックと云うのが単に単行本化された事を指すのか、それとも所謂新書判あるいはB6判で刊行されたものを指すのかがはっきりせない」の件ですが、「単行本化」をさしております。

お礼日時:2010/09/29 07:16

詳しい事はわかりませんでしたが…



手塚治虫「スリル博士」、横山隆一「宇宙少年トンダー」、寺田ヒロオ「スポーツマン金太郎」、 藤子不二雄「海の王子」、益子かつみ「南蛮小天狗」
が創刊号に掲載されていた作品です。

このうちのどれかもしくは全てではないかと思います。
(1回に1冊しか出ないとかありえないので…)
創刊号が1959年3月、スリル博士の2巻が1959年12月とらしいので、1巻は1959年の夏くらいだったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/28 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年マンガと少女マンガの違いについて。

回答よろしくお願いします。

少年マンガと少女マンガのコマ割りの違いについて。

少年マンガらしくない、少女マンガらしくないマンガは何があるか。

ガンガン系統の作品は少年マンガか少女マンガか。

Aベストアンサー

 こういうところで尋ねても無駄。
 キミが研究すべきことだ。
 基本として、少年向きと少女向きの区別が分からん。
 ガンガン系統って何だ?
 自分だけの言葉を使うのなら、説明しなきゃ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E6%88%BF%E4%B9%8B%E4%BB%8B
 おそらくコマ割りに注目した唯一の人

Q四大週刊少年誌に載った初めての萌え絵風の絵柄の漫画作品について。

四大週刊少年誌(週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデー、週刊少年チャンピオン)には萌え絵風の絵柄の作品も掲載されています。
 「萌え」という言葉は新しいのですが、「萌え絵風」の絵柄はその言葉が生まれる前から存在していようです。古い作品でいえば、永井豪先生はそう言った絵柄に近いと思いました。
 そこで、永井先生以外の作品で、四大週刊少年誌に載った初めての萌え絵風の絵柄の漫画作品を教えて下さいませんか? 出来れば、若い方から見ても「萌え絵風」だと思えるような絵柄ものを宜しくお願いします。別にラブコメでなくても構いません。

Aベストアンサー

吾妻ひでおが萌え絵の草分けであることは異論を待たないですが、今でも通用する絵柄と言うことでは、内山亜紀の「あんどろトリオ」あたりからではないでしょうか。(少年チャンピオンに1982年頃に連載。今でも画像検索かけると出てきます。)

内容自体は、かなり際どい表現で、よくぞこの内容でメジャー少年誌が掲載を許したものだと驚かされる、衝撃的な内容であったと記憶しています。

Q少年マンガと青年マンガの違いが解りません

少年マンガと青年マンガの違いが解りません
どなたか教えていただけませんか?
あと、出来れば出よいので代表的な少年マンガと青年マンガのタイトルを教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

掲載している雑誌がターゲットとしている年齢層の違いでしかない。

例えば「キャプテン翼」は少年週刊ジャンプ連載だったけど、今はヤングジャンプ連載でしょ。
ハッキリ言って少年ジャンプ時代もヤングジャンプ時代も描写の違いなんて無い。

少年誌に連載しているのが少年マンガで青年誌に連載しているのが青年マンガという事でしか言えない。
つまり雑誌がターゲットにしている年齢層に帰結する。
性描写や暴力表現が酷くてもそれが少年誌で連載していたら少年マンガなのです。

最近では「少年」を付けない雑誌も増えていてよくわからない漫画が増えているのも事実ですが、漫画そのものを見て「少年」か「青年」かを判断する明確な基準はないと思います。

Q少年誌、青年誌で連載されて完結しているラブコメ漫画をおしえて

ラブコメ漫画にはまりました。ラブコメ漫画を知ってる方教えてください。実はこの質問を考えたときに、ラブコメ漫画って人気が偏っていて、タイトルを上げようとすると意外に少ないことに気づいたので、この質問をしてみました。条件は以下の通りです。
・少年、青年誌で連載されたもの。(少女漫画はパス)
・完結しているもの。(ラブコメはラストが重要だから)
・単行本が最低5巻くらい出てるもの(それ以下だとつまりは早期打ちきりってことだから読んでもつまらないので)
・大御所作家ものは除外(高橋留美子、あだち充、桂正和、赤松健、原秀則、星里もちる、浦沢直樹)(すでに私を含めて多くの人が知ってるから検索かければすぐわかるので)
以上です。条件がかなり厳しいと思うのですが、これをクリアできる、ラブコメ漫画が好きな方の出現を期待しています。

Aベストアンサー

「四年生(全一巻)」「五年生(全五巻)」木尾士目(講談社)
一応続編の全六巻。
げんしけんの前に書いていた妙に生々しいラブコメ。
何度か書いているから、ご存知でしたらすみません。

違うかもしれないけど
「狂四郎2030」徳弘正也(集英社)
ラブコメとして分類して良いのかわからないけど、広義ではラブコメだと思うので書いておきます。

古いけど
「きまぐれオレンジ★ロード」まつもと泉(集英社)

どうでしょうか?

Q有名な少年マンガ誌が放送禁止用語

誰もが知っている週刊少年マンガ誌の中で
明らかに放送禁止用語であるヒワイな言葉が
そのまま掲載されていることが話題になっていました。
(最初見たときは成人誌かと目を疑ってしまいました)

最近の少女マンガで過激な性描写がされていることは承知していますが
少年マンガでも同じような感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

cunnilingusならズバリなので該当しそうですが略語までダメなのだと始めて知ってそちらの方に驚いています。

そうなると口淫やオーラル、ハーモニカ辺りも放送禁止用語に入れなければ・・・。

驚いたりしているのは親世代だけで実際の読者層の中心にとって、ソレは少し背伸びして友人同士での猥談の中で頻繁に使っているレベルの言葉ですよね。

意味を知っているからこそ問題と感じるだけで全く知らなかったら、常軌を逸した(言葉より全裸で迫るシチュエーションが凄いと感じました。)登場人物が意味不明の因縁をつけているとしか思えないのではないでしょうか。

親が子どもに「これはためになるから読みなさい」と勧めるようなマンガは面白いのは無いでしょう。
故手塚治虫氏が 「大人が眉をひそめるような漫画こそ良い漫画なんです」と発言されていて誰もこれには異を唱えない。

少年マンガが単純に友情・努力・勝利で成り立っているとは昔から思っていません。

Q1974年頃の週刊少女コミックで連載していた漫画

連載物ですが終盤3回位しか読んだ事が無くタイトルがわからないのですが、とても気になる漫画があるのでお心あたりの方教えてください!
絵は少女マンガっぽくない絵でした。
主人公の女の子(髪が長かった)と彼氏(だと思う)と弟(だと思う、子供だった)の3人がたくさんのUFO?に追いかけられて洞窟に逃げて隠れていたけどみつかってしまう話でした。
ネットで検索してみたところ石森章太郎さんが「星の伝説 アガルタ」という作品を連載していたのでこれかも・・・と思ったのですがどんなストーリーなのかわかりませんでした。
なぜ忘れられないのかというと私の恐怖の原点がこれらしいんです。怖い夢を見る時って決まってUFOに追いかけられる夢なんです。もう一度読みたいので宜しくお願いします!

Aベストアンサー

「星の伝説 アガルタ」1974~75年 週刊少女コミック連載 後に『アガルタ』に改題

参考URLに物語の詳細がのってます。(結末はないのですが)お探しの本でしょうか?

参考URL:http://ueno.cool.ne.jp/mangadecoda/i-guide/agaruta.htm

Q週間少年ジャンプの愛読者に質問します? 週間少年ジャンプに連載のマンガで、大好きなマンガは、何ですか

週間少年ジャンプの愛読者に質問します?
週間少年ジャンプに連載のマンガで、大好きなマンガは、何ですか?

Aベストアンサー

斉木楠雄の災難ですかね。
ほとんど読むものがなくなってきました。

Q90年代前半、週刊少年サンデーに載っていた漫画がわかりません

90年代前半、週刊少年サンデーに載っていた漫画だと思います 。
基本タッチはコメディ。だけどこのシーンはシリアスで、主人公が久しぶりに事情があり、 郷里に帰ると、駅前?の風景は数年前と全然かわっておらず、「この町は時間が止まって いるのか?」と主人公は殺伐とした思いにとらわれる、というものです。

この漫画のタイトルがおわかりになる方はいらっしゃるでしょうか?

Aベストアンサー

サンデーではないのですが、星里もちる先生の「ハーフな分だけ」(小学館・ビッグコミックス)の上巻に、「この町は時間が止まったままなのか?」というセリフがあります。
役者のくせに芝居がかったセリフを言おうとすると吹き出してしまう”くさいセリフアレルギー”の持ち主・御前岳 実くんと、すぐに大粒の涙を流してポロポロ泣くけれど、笑顔が最高に可愛い音裏由羽さんのラブコメです。
出逢ったのは親友の結婚式がきっかけだったけれど、その後いろいろ話しているうちに、実は子供の頃に既に出逢っているのでは?という話になり、そのきっかけになった故郷の映画館を訪ねて故郷に帰ることになります。その町に着いて駅前の風景を見た時に、御前岳くんが言ったセリフが、これです。
(その映画館は昔の面影もなく、ポルノ映画館に変わってしまっていたという、シリアスな展開です)

Q少年マンガの「四天王」というと、どんなキャラの4人を思い浮かべますか?

少年マンガの「四天王」というと、どんなキャラの4人を思い浮かべますか?

実際のマンガに登場したキャラクターではなく、あなた様が思い描くキャラクターです。

どんなキャラ設定にしますか?

※ マンガのジャンルはなんでも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○相手を見くびって本気を出さないまま敗れるお調子者。

○怪力だけど頭が足りなくて戦術に負ける筋肉バカ。

○策士だけど自分の策に溺れる自信家のインテリ。

○実力が頭一つ出ていて他の3人とは違うと自負しているけど、カッとなると我を忘れてしまう短気な一面のある天才肌。

四天王って結局主人公達に敗れる定めのある連中なので、魅力的な欠点がある方がいいですね。

Q週刊少年チャンピオンで連載していた漫画

昔、週刊少年チャンピオンで「フリオチ」という漫画が連載されていたと思うんですが最終回はどんな感じだったのか知っている方、教えてください。
単行本は出ているのでしょうか?

Aベストアンサー

つまらないまま終わったのは覚えてるんですが・・・

単行本は出ていません。
他の3誌(J,S,M)だと連載されれば大概1巻くらいは単行本出ますが、
チャンピオンは短期連載(というか、早々に打ち切り)→単行本出ずに放置、というパターン結構多いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報