プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

論理的思考が弱いです。考えることがすごく苦手です。

私は小さい頃から計算が得意です。そろばんを5才のときから13才までやっていました。三段取得してやめてしまいましたが、計算するのが小さい頃から好きでした。

しかし文章問題や応用問題になると一変して手につけられなくなるほどできないです。

「暗記と計算は人一倍速い」と昔から言われてきましたが、反するように思考することができません。
現在大学生ですが、一番思考することが大切になってきますよね?

どうしたら論理的思考力って鍛えられるでしょうか?計算ばかりやってきた私はもう手遅れでしょうか?

アドバイスお願いします。

A 回答 (6件)

計算ができるのに応用問題が解けないですか。

応用問題を見た時に「え?」と思って避けてしまっていませんか?一瞬見てわからないと思っても、解説を見たり、他人に聞いたりして理解を深めるということは大事です。その繰り返しで論理的思考力はつくと思います。大学生なら、他人との議論は非常に重要ではないかと思うのですが。もっとも、自分も応用問題は手を付けられないほどではないですが、不得意ですがね。
    • good
    • 1

うーん



究極の論理的思考の持ち主というと数学者でしょうが、
数学者のエッセイなどを読めば、別に論理的な思考で数学やっていないと書いていますね。
気持ち悪さとか、むずむずするとか、きれいにわけられてすっきりしたとか、そういう感性と共に数式と付き合っています。

また
ガウスは「数学は科学の女王である」と評していますが、女王は他の命令を受け付けません。数学がこうであると決めたら再考の余地は与えられません。
数学をやっているとこういう「感覚」に囚われます。
論理的思考しているとそういう感覚を得たりします。

そして
E=mc?というのは質量とエネルギーの等価性ですが物理学者はこれを「美しい」と評価したりします。

http://www.google.co.jp/search?q=e+mc2%E3%80%80% …




暗記と計算だけの人が論理的になれない理由が分かると思います。
論理的になるには論理的な美学なり論理的感情・感覚を豊かにしなければいけないのです。
文章題の文章を無感動に読んでいてもダメなんです。

で、手遅れかどうかですか?
・・・まあ、何とも言えません・・・。
    • good
    • 1

こんにちは。

理系のおっさんです。
私は周囲の人から、よく、「本をたくさん読んでいる人」と勘違いされますが、ここまでの人生数十年で小説を1冊通して読んだことが一度もありません。

>>>文章問題や応用問題になると一変して手につけられなくなるほどできないです。

それは、意味を置き去りにして、なんとなく解くことだけに専念してしまった結果です。
つまり、受け身で理解することと、真の理解を身につけることとは違います。
言い換えれば、意味の理解を人任せにせず、自分なりの言葉で自分に理解させるのです。

たとえば、「一次関数とは何か」を考えましょう。
「y = ax + b で表されるとき、yはxの一次関数である。」
ではダメです。
正しい理解とは、
「往復のガソリン代がb円かかるスーパーに行って、1個a円のお菓子をx個買ってきたら、全部でy円かかるとする。すると、y=ax+b という関係になる(一次関数)。xが1個増えるごとに、yはa円高くなるから、xに対するyの変化の割合は、常にa(当たり前)。だから、2つ以上のスーパーで迷うとき、各スーパーのaとbがわかれば、a、b、xを代入すれば、どのスーパーに行くのが最も得か(yが小さいか)がわかる。また、遠い方のスーパー(bが大)を選んだとしても値段aが安ければ、個数xを増やせば得になることがあり、その場合、何個(x個)以上まとめ買いすればよいかは、連立方程式か連立不等式を解けばわかる。」
です。(一例)

このように理解しておけば、ほかの問題を解くときに、「この問題のaというのは、お菓子の値段と同じことだな」というふうに、頭の中で「置き換え」ができるのです。

>>>どうしたら論理的思考力って鍛えられるでしょうか?

会社の理系の部署に入ると、技術レポートや特許文書で鍛えられます。仕事ですから、必死になってやらざるをえません。
大学生だと、レポートがよい練習になります。
結論には、その結論を出す根拠を示すが必要となりますから。

あと、おすすめなのは、ゲームです。
論理的思考による結論が明らかに1つしかない場合と、確率に左右される場合とがあります。
その両方を鍛えるのです。
答えが1つしかないのは、詰将棋(つめしょうぎ)や詰め碁です。
答えが確率に左右されるのは、RPGや麻雀やバックギャモンです。
その局面局面でどういう作戦が最善なのかを考えるのは、まさに論理的思考です。

>>>計算ばかりやってきた私はもう手遅れでしょうか?

まさか。
いつからでもできますよ。
私は大手企業に勤めていましたが、難関大学の卒業者でも入社1~2年目の人が論理性に乏しい文章を書くのはよく見られることです。
今から少し努力しておけば、そういう人達よりは上のポジションに立てます。
    • good
    • 2

計算や暗記は基本単純作業です




あなたは処理能力は優れているでしょうが、その内容が発展的だったり、新しい問題となると困ってしまうんではないでしょうか?

数学とかやると考え方が身につくんですが、文系だと触れる機会もないでしょうし、だから何か問題が起きた時、何故その問題が発生し、いかにして解決出来るかという事を考えてみて下さい


一見、当たり前でしょうが、的確に問題点、解決策を指摘する事は何故それが問題発生の原因になっているのか見抜くかなければなりません



日頃から何故こうなるのかということを意識してみてください
    • good
    • 0

本をたくさん読むといいと思います。

特に小説がいいです。私は逆に計算が苦手です‥。
小説を読むと少なくとも文章を読んで理解する力がつきます。
自分で考える力も身につきます。
普段は使ってない方の脳を使うといいらしいです。
    • good
    • 0

私は貴方と逆で計算は苦手で遅いけど論理的思考は得意です。

人それぞれですね。よく甲子園出場チームの評価で五角形のグラフがあって打力とか投手力とか機動力とかそれぞれの能力を評価している図があるけどまああれに例えると正五角形ではなくてちょっといびつな形になるわけですね。
論理的思考はやはり訓練だと思います。
ぼくがよくやるのはパソコンに向かってあることを打ち込んでその結果を考えます。
風が吹く→砂埃が舞い上がる→めくらが増える→三味線弾きが増える→猫が殺される→ネズミが増える→ネズミが桶をかじる→桶屋が儲かる
みたいなことをやります。訓練するとできるようになります。たとえば今回の尖閣諸島でもいろいろなケースを推理してみるのも面白いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング