はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

チヌ竿を買いたいのですが教えて下さい。チヌ釣りは、波止からのフカセ釣り専門です。チヌ暦は3年ほどで月1回位の釣行で、毎回40cm代のものを1~2匹釣っています。内50cmオーバー2匹あげています。今まで万能竿を使用しておりチヌ竿には詳しくありません。胴調子or先調子、号数等まったく解らないのでおすすめのチヌ竿を教えて下さい。上記の私の釣り方に合わせて下記の希望を満たす竿を探しています。(1)価格は15,000円まで(2)上げやすさより、駆け引きを楽しめるまた、グレなど走る魚や、思わぬ大物でも対処できる竿がよいなと思います。(3)糸の絡みにくいガイド(竿の中にラインが通るものは考えていません)どうぞ宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

まず価格ですがもう少し頑張って実売18000円台、大型店のバーゲンではもう少し安くなる


シマノの「鱗海」を買いましょう。
実売20000円以下では文句なくベストバイの1本です。
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=5006

これだけの価格で抜群に軽量、オールガイドライン、ノンコンタクト塗装、穂先もライン絡みの少ない前傾SICなど
他メーカーでは絶対にこの価格ではこれだけの装備は無理で、コストパフォーマンスは抜群です。

それと何と言ってもこのモデルが優れているのは5mモデルがラインナップされているところです。
5.3mと5mの持ち重りは雲泥の差があり、風でもあったら更にその差は歴然です。
大型が着て極限まで竿が曲がれば30cmの差は全くありませんから、軽く主導権が取れ取り回しが非常に
楽な5mだとやり取りにも余裕が生まれてきます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5633710.html

40cmオーバーのグレなどにも対応できる1.5号の5mがオススメですね。
これなら50cmオーバーでも余裕を持って対応できるでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

たいへんご親切な回答を頂きありがとうございました。ご回答を見た瞬間にこれしかないと思ってしまいました!教えていただいたURL2つとも熟読しましたがとてもピッタリな感じです!そのうえ解りやすいご説明を頂き、予算オーバーでも3000円ちょっとなので迷わず決定です。ですのでもうこの質問を締め切ります(笑)。号数と長さもご教授頂いた分にします。先日、唯一の竿(格安万能竿)で大型グレがかかってしまい、格闘の末ハリスを切られてしまった事もあり、fiftyshoulder様のご回答分は私の質問全部を解決してくれるものでした。助かりました、ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/29 16:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチヌ竿と磯竿の違い

磯釣りを始めてすでに20年以上経ちます。

竿は磯竿を使っています。
チヌ竿は使ったこと無いです。

今は、ダイワのメガディス競技1.5-520・DXRメタルトップ1.5-530で
ほぼ全ての磯釣りテトラなどふかせ釣りを行っています。
渚釣りと夜釣りにはNFTのIG-ハイスピード極翔1.5-530を使っています。(かなり古いです)

そこで質問ですが、
チヌ竿と磯竿はどう言った違いが有りますか?
使ったことが無い(チヌ竿の必要性を感じない)ので、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の竿など(がまかつグレ競技SPECIALなど)の先調子の竿も少数ながらあります。

同じグレ竿でも尾長専用になると、積極的に竿尻を肘に当てて軽やかにロッドワークでなど
無理なので6:4調子の胴調子ながら非常に反発力があり、尾長の突進に両手でタメていると
徐々に魚が浮いてくる調子もありますが、大半は7:3調子がメインになっています。

対象魚のグレとチヌは今さら説明するまでもないと思いますが、グレは岩礁やテトラなどの
くぼみや穴に基本的な住み家をを持っているいわゆる根に着く魚ですが、チヌは海底付近にはいますが
決まった住み家は余り持たず、回遊しながらいろんなエサをあさっている魚なので深い岩礁にもいますが
海岸や河口の極浅い1m以内のシャローにもごく普通にたくさんいます。

グレはこうした住み家からマキエで浮上させて釣るので、針に掛かった魚は一気に自分の住み家に
戻ろうとして下に突っ込みますから、柔らかい竿では瀬切れしたり根に張り付かれたりしますから
ある程度ロッドワークで主導権を取って浮かせないと切られてばかりになりますから上記のような
先調子の竿が多くなっています。

対してチヌはハリ掛かりするとゴンゴンと首を振ってハリを外そうとするような行動を取り
竿が強く硬いとよりゴンゴンと激しく抵抗しますから、先調子の張りのあるグレ竿ですと
手元への負担も大きくなり、魚が暴れるので海藻に巻かれたり、カキに触れてハリス切れなどを
起こしやすくなります。

ですからチヌ竿はこのゴンゴンと言う衝撃を吸収して魚にも優しく暴れさせないように竿全体を
曲げて柔らかいやり取りをして魚を浮かすように6:4調子や5:5調子のように胴調子の竿が多く
チヌは大型でもグレのように根に張り付いたりせずに、根に沿って走ったりしますから、柔らかい
竿を思い切り曲げてゆっくりと泳がせながら徐々に浮かすというやり取りに向くように設計されています。

そのように、対象魚の性質に合ったように専用設計されていますから、#2さんが言われるように
メーカーが勝手に言っている訳ではなく、落とし込みや前打ちロッドは(落とし込みは随分夢中になって
竿も当時のリョービの上級ロッド3本を使い分けていました)目印やラインのほんのちょっとの
変化を鋭く掛け合わせて瞬間的にヘリやテトラから引き離すように9:1調子に近いような
非常に先調子の掛け調子で、魚が突っ込むとそこから徐々に曲がっていくような、やはり
専用設計された竿で、ガイドだけが違って元竿は同じなんてことはありませんね。

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の...続きを読む

Qチヌ竿のおすすめ

私は、主に堤防でフカセでチヌ釣りを行っています。

現在、シマノの鱗海エランサ(1.2号)を使用しているのですが、
柔らかくて強い竿が欲しくなりました。
どのような竿がおすすめでしょうか?
リールは、ダイワのトーナメントISO競技LBDです。

やわらかくても年無しチヌもあげれるような竿が良いです。
まだ、年無しチヌは釣った事ありませんが・・・

今年、このサイトで色々仕掛けやマキエ等を教えて頂いたおかげもあり、
今年の春、今までの最高となる43センチ、46センチ・・・は、釣ることができました!
そこで、欲が出てきて次は年無しチヌ!と思っているとこです(^_^;)

エランサでも、大丈夫とは思っているのですが、
この1本しか持っていないので、もう1本欲しいと思って、
経験豊富な方のアドバイスを頂きたく投稿させて頂きました。

候補として、
・鱗海アートレータ06号530
・09極翔 硬調 黒鯛06号530
・銀狼王牙06号530
をあげていますが、
この中もしくは違う物でも良いので
これおすすめ!とかあったらご教授ください。


よろしくお願いします。

私は、主に堤防でフカセでチヌ釣りを行っています。

現在、シマノの鱗海エランサ(1.2号)を使用しているのですが、
柔らかくて強い竿が欲しくなりました。
どのような竿がおすすめでしょうか?
リールは、ダイワのトーナメントISO競技LBDです。

やわらかくても年無しチヌもあげれるような竿が良いです。
まだ、年無しチヌは釣った事ありませんが・・・

今年、このサイトで色々仕掛けやマキエ等を教えて頂いたおかげもあり、
今年の春、今までの最高となる43センチ、46センチ・・・は、釣ることができました!
...続きを読む

Aベストアンサー

今候補に挙げているどの竿でも50cmオーバーを獲ることは可能ですが、どの竿を使うにしても
大事なのはどれぐらい竿を立てて、最大限の弾力まで曲げることが出来るかですね。

初心者やあまり大物とのやり取りに慣れていない方に多いのが竿が45度から50度ぐらいまでしか
起きしきれず完全に魚に主導権を握られたまま固まってしまって、最後は根に入られたり
ハリスを切られておしまいというのを、よく隣の磯などで目にしますね。

私が今おすすめするなら銀狼エアの0.4号か0.6号の52が非常に軽量、細身ですがシャキッとして
操作性も非常に良さそうで、釣具店の店長に穂先を持ってもらって曲げた感じもきれいなカーブで
やり取りもしやすそうでしたね。

最近友人がチヌ竿を買うというので一緒に釣具店でちょうど色々みていたところですが
私の見た中ではこの銀狼エアが一番調子が好きでしたね。
結局友人はがまの黒斬(くろきり)の0号を買いましたが、これはかなりペロンペロンの軟調子で
40cmでも相当引き回されそうな感じでした。

丁度銀狼エアのチヌ釣りの動画がありますからご参考に(リールも競技だし・・・)
http://www.turitalo.jp/move/himesima/FLV_top.html

今候補に挙げているどの竿でも50cmオーバーを獲ることは可能ですが、どの竿を使うにしても
大事なのはどれぐらい竿を立てて、最大限の弾力まで曲げることが出来るかですね。

初心者やあまり大物とのやり取りに慣れていない方に多いのが竿が45度から50度ぐらいまでしか
起きしきれず完全に魚に主導権を握られたまま固まってしまって、最後は根に入られたり
ハリスを切られておしまいというのを、よく隣の磯などで目にしますね。

私が今おすすめするなら銀狼エアの0.4号か0.6号の52が非常に軽量、細身ですがシャ...続きを読む

Q磯竿の長さの違い。メリットについて

私は先日極翔黒鯛06-500を購入しました。

今まで磯竿でチヌをそれなりにあげていたのですがチヌ竿に興味をもち釣り仲間たちにも勧められ購入しましたが、今まで530の竿ばかり使用していたのですが、500とは何が違うのでしょうか?

私はハリスを長く取るほうなのですがこの30センチ短いというのが気持ちの問題かもしれませんがもどかしいのです。

何かこの30センチ短いのはなぜか、納得できる理由を教えてください。

よろしくおねがいします。 

Aベストアンサー

四半世紀ほどフカセ釣りをしていますが、現在所有している竿はすべて5mです。

私の地元は西日本でも最もグレ釣りの盛んな場所でメーカーの大会や
有名なテスターの方もたくさんいらっしゃいますが、そんなエキスパートの方が
よく5mを使用されていたので5mを使うようになりましたが、まず第一に持ち重りの違いですね。

これはモーメントの関係で30cm短ければ全く同じ自重でも重心が
手前に来ますから持った感じはずっと軽くなります。
この持ち重り感の違いが振り込み、マキエ打ち、回収、取り込みなどの
一連の操作の中で非常に取り回しが良くなってきます。

これに風の影響が加わってくると5.3mは通常持っているよりはるかに
持ち重り感を感じるようになってきますので北西風にさらされやすい磯の
グレ釣りでは多くの方が5mロッドを使用しています。

では取り込みの際の30cm短い分で、根に入られたりハリス切れを起こしたり
しやすいかと言えばほとんど差はありません。
同じ号数の5mと5.3mの重心の位置の差は10cm前後ですから30cmの
差と言っても大型を掛けて大きくロッドが曲がればほとんど同じになってしまいます。

また5mの方がよりシャキッとなって片手でのやり取りで軽く主導権を
取りやすいので軽やかなロッド操作が出来るようになります。
私の友人達もしょっちゅう磯にグレ釣りに行きますが、全員予備ロッドも
含めて5mロッドばかりを所有していますね。

みんな常にハリスは2ヒロ半取りますが、全然使いにくくないですよ。
5mに慣れるともう5.3mには戻れなくなりますよ。

四半世紀ほどフカセ釣りをしていますが、現在所有している竿はすべて5mです。

私の地元は西日本でも最もグレ釣りの盛んな場所でメーカーの大会や
有名なテスターの方もたくさんいらっしゃいますが、そんなエキスパートの方が
よく5mを使用されていたので5mを使うようになりましたが、まず第一に持ち重りの違いですね。

これはモーメントの関係で30cm短ければ全く同じ自重でも重心が
手前に来ますから持った感じはずっと軽くなります。
この持ち重り感の違いが振り込み、マキエ打ち、回収、取...続きを読む

Q安くつく撒き餌

できるだけ撒き餌を安くするには何を使えばよいでしょうか?
やはりアミエビやオキアミのブロックを使うのが一番安いですか?

Aベストアンサー

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと集魚材1袋で半日分として、1000円ちょいで用意できます。

でも、クロダイ狙いの時など、集魚材にさなぎミンチにアミにオキアミやなんやかんやブレンドしたりして幾つも買って、付け餌でオキアミに練り餌にコーンetcなどなど、気づいたら餌にいくら使ってんのって感じです。

まきゃいいってモンじゃないですけどね。

自分の餌代より高いですし(笑)
重いの背負って一日かけて、で、その釣果は…(泣)
家に帰れば、魚屋さんで買ったほうが安いジャンみたいな…。

たまの釣りなので、ついついとお金かけちゃうんですよねー。

すみません。このようなところで愚痴がでてしまいました(笑)

本当に餌代安くて釣れるのが理想ですね。
回数を重ねると、餌代かけずに釣れるようになるとおもいます。

コマセの金額は切実な問題です。
高いの買えば釣れるというわけでもありませんし。でも釣具屋さんにいくと高いほうが釣れる気がしてくるし…。

釣具店を利用するということを前提で

まず安く買えるところを探す。オキアミブロック(3kg)の値段はピンからキリまであるので一番安い所で購入する。
当方では、650円~1000円ぐらいが相場で、大型店で安く購入できます。
集魚材も割引率の良い所で購入する。もしくは安い集魚材を使用する。
付け餌はブロックから取る。
すると、オキアミ3kgと...続きを読む

Q地磯の口太40クラスに1.5号竿は太過ぎですか

20年位前にグレ釣りにハマり伊豆半島の沖磯渡船で口太メインに釣りを5年程し、その後パッタリご無沙汰してましたが、最近また釣りの虫が騒ぎ始め、近くの地磯を探して、いい場所を見つけましが、水深が2ヒロ程度で、根も結構あり、口太40クラスや尾長30クラスも来る様なので、大島磯クラスの1.5号を買おうかと思いますが、1.5号を使ったことがなく、また最近の竿の性能も知らないので、御意見を頂きたいのですが、1.5号では硬すぎで面白く無いでしょうか? 沖磯釣りをしていた頃はCWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号を使ってました。

Aベストアンサー

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬いから面白くないという表現は恐らく適しません。この僅かな差がタメを作りやすいか、止めやすいかのバランスの違いとなってくるのです。
現在主流になりつつある1.25号(私のはG社の1.2号強度)という竿なのですが、グレ竿の1.25号であれば50cm口太でも大丈夫な竿で私自身60cm尾長、70cmクラスのイスズミすらも取ってはいますが、磯竿となりますと同じ1.25号でもグレ竿ほど強いバネの印象は受けないのです。

大島磯は中間バランスの「磯竿」ですので誰でも使いやすく出来た竿です。私の考えですが、地磯で40cmクラスの口太、30クラス尾長対応ですがこういう潮が入る場所では「釣れるのはグレだけではない」のでそれらを考慮すると1.5号で丁度よいかとは思います。また沖磯へ・・・などもあるかもしませんしね。
魚の引きは昔とそう変わらないですが竿も糸も近年劇的によくなったので同じ魚を釣るのに従来の号数は必要なくなったという見方も出来ますが、あくまで細ハリスを使ったグレのトーナメント式での釣りであり一般釣行用とは少し違うとは思っています。

CWPM大島T-1号やHZ波濤T-1号・・・この頃の最高クラスの竿より現在の大島磯の方がバランスはいいですね。竿もそうですが釣具はそれほど進化しました。

1.5号でいけるかですが、十分大丈夫です。今現在の竿は非常にバランスがよく、使用範囲(細ハリス~太いハリス)が非常に広いのが特徴です。
1.25と比べると、同じ負担が掛かった場合の曲がり方で約20cm(穂先)が曲がりこむか曲がりこまないかの違いです。加えて硬い竿で止めるという感覚ではなく、強いバネで止めるという感覚ですので現在では硬...続きを読む

Qふかせ釣りで、軽い仕掛けで流れが早い時は・・・

ふかせ釣りを始めて20年近くになります。
一昨年から軽い仕掛けでふかせ釣りを行うようになりました。
数年前から「B」以下の仕掛けでしたが、
「G2」ぐらいの浮きを使うようになり、
去年からは浮き負荷「0~G2」で全遊動などのハリスには「G2~G5」ぐらいの錘だけの仕掛けで行っています。

昨日も磯釣りに行ったのですが、
あいにくウネリがあり、潮の流れがかなり速く流れるように動いていました。

そこで本題ですが、
流れるように早い潮の場合、軽い仕掛けだと釣りたいポイントに入れれません。
流れが速く仕掛けが浮いてしまい餌の有る棚が分かりません。
こういう場合、皆さんはどうしていますか?

私は「へたれ」なので波が高い時など怖くて行かない様にしています。
渡船なので、安全な所でないと降りませんし、地磯などに降ろしてもらいます。
昨日は、たまたまあまり乗らない磯に何年かぶりに乗りました。

Aベストアンサー

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁やヨレがあるはずです。
それがサラシの左右か、湧昇流の先の30m付近かは磯の形状や潮の状況にもよって違いますから
自分を中心に半径30m近くの海面の状況で、サラシの影響がなく尚かつゆるやかに潮が流れている
場所を見つけ出すのが先決ですね。

どこかにはそんな場所があって、そんな場所では水深があっても結構早いタイミングで
グレはマキエに反応して浮き上がってきてツケエを喰うものです。

海面は全く同じような状況に見えても15m先は強い横流れだけど20m以上は僅かに斜め沖に
流れていたりしてそこまで遠投して流し出すと嘘のように釣れたりするのは良くあることです。

活性の高い時は1カ所でもかなりの数のグレがマキエに反応して湧き上がったりしますが
低活性時は個体数も少ないので1、2匹続いて釣れてもパッタリ喰わなくなったりよくします。
こんな時はちょっと離れた位置の潮の良さそうな場所にマキエを打つとフレッシュな魚が
反応してまた何枚か釣れると言うことが良くありますから、あっちゃこっちゃ釣法も私は良くしますよ。

ガン玉の6号、7号は良く使いますね(8号はごく緩い時で低活性時のアタリの出にくい時)
6号から8号は調整用ではなくほとんどが口オモリです。
常に仕掛けの流れ方を見て、ウキからツケエまでがより綺麗な「ノ」の字になっているように
ツケエが浮きすぎない、中間のガン玉によってハリスがL字にならないように最大の注意を払っています。

私はド近眼のド老眼なんですが、小さなガン玉もメガネを外して目ん玉に入るぐらいの近さで
きちんと噛みつけていますよ。
この僅かな努力をするか、しないかで釣果が大きく変わったりしますからね。
ですからガン玉はすべて買ってすぐ一つずつめいっぱい綺麗に爪で開いてケースに入れています。

それと気になったのがG3のウキにG5のガン玉という点ですね。
これでは設定浮力以下でウキがより海面に浮きますから、風の影響も受けやすくなりますし
グレがツケエを含んだ時にも強い抵抗感を感じますから、ツケエを離すケースも出てくると思います。

通常は設定通りでも更に余浮力がありますから、私はその余浮力も極力減らし出来る限り
口に含んだときに抵抗感がないように気をつけていますね。

#1さんの補足の沖で浮き上がるのは#1が言われるようにサラシの湧き返しによる湧昇流のためですね。

湧昇流に乗ってしまうならその流すラインは絶対に外すべきですね。
これはサラシがきつい時に良くあるケースですが、この場合だとマキエとツケエも同調せず
いくら沈めても湧昇流の方が強いので浮き上がってきます。

そのような状況ですと水中での仕掛けの流れ方もかなり速くなりますから、この低活性時には
よりマイナスな要因のみになります。

磯全体が湧昇流と言うことはあり得ませんから、どこかに潮の壁...続きを読む

Q紀州釣り お勧めロッド

紀州釣り お勧めロッド

そろそろアウトガイドに変えようと思って、今日シマノのタイドリームというズーム式のロッドを買いましたが、正直これでよかったのか?と不安です。

紀州釣りで予算3万まででお勧めのアウトガイドロッドを教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

タイドリームを買われる前に相談された方が良かったですねぇ。
タイドリームは本来グレ竿でチヌ竿に比べて先調子の硬調ですからチヌを掛けるとタタキが激しくなり
(ゴクンゴクンと頭を振って抵抗する)下へ下へ突っ込もうとして根や海藻に巻かれたり
タタキが激しいとハリはずれやハリの折れなども出やすくなります。
その為にチヌ竿は柔らかく胴調子に造られているんですよ。

それと使い前のないのがシマノのズームで本来はグレ釣りでずっと流したりロッド操作をしたりするときに
軽い短尺にして魚が掛かってやり取りが始まって初めてズームにするわけですが、大型の魚がグングン
引いているときにとっさに竿を伸ばしても何の意味もなくガイド位置もかなりズレたりします。

シマノの磯を非常に危険に飛び回る茶髪のインストラクターの意向で考案された機能ですが
その他の阿波の名インストラクター達は誰もズームを使いません。
まして紀州釣りの場合普通のフカセよりアタリが出る時間がかなり早いのでハッキリ言ってズームは必要ありませんね。

と厳しい事ばかり言いましたが、買ってしまったものは仕方ないですね。
返品して他に買い替えたり出来るんでしょうか。
3万円前後なら僅かに予算オーバーですが鱗海エランサが一番でしょう。
重い団子を投げるにも非常にタフなタフテック穂先に白塗装ですからライン絡みなども分かり易いし
IMガイドですからよりライン絡みは少なくなりますね。

http://www.ps-katsuki.co.jp/item.php?I=4919&P=5

予算的に厳しければその下のランクの鱗海も非常にコストパフォーマンスが高いですね。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6214181.html

ダイワの飛龍クレッサも良いですが、ダイワはどんな高級モデルもノンコンタクト塗装がないので
案外ラインがベタついてイライラします。
長さは穂先のたわみも少ない5mの方がトラブルも少なくていいと思いますよ。

タイドリームを買われる前に相談された方が良かったですねぇ。
タイドリームは本来グレ竿でチヌ竿に比べて先調子の硬調ですからチヌを掛けるとタタキが激しくなり
(ゴクンゴクンと頭を振って抵抗する)下へ下へ突っ込もうとして根や海藻に巻かれたり
タタキが激しいとハリはずれやハリの折れなども出やすくなります。
その為にチヌ竿は柔らかく胴調子に造られているんですよ。

それと使い前のないのがシマノのズームで本来はグレ釣りでずっと流したりロッド操作をしたりするときに
軽い短尺にして魚が掛かってや...続きを読む

Qインターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください。

それとも1.5のインターラインを買うなんてバカヤローだったのでしょうか。

道糸は昔のリールに付いていたナイロンの1.5です。

これもバカヤローだったんでしょうか。

以前からテレビでインターラインを見ていて、欲しかったのですがやっと購入して今日夜釣りにいってきました。

釣果は別として、糸が出て行かないのでたかが10mほど先のポイントに投入するのに全力投球です!

友人からはインターランイなんて止めておけと言われたのに買ってしまった、バカヤローですが後悔しても買ったものを捨てられないし。。。。。。。。

このバカヤローに良きアドバイスをお願いします。

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください...続きを読む

Aベストアンサー

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代わり、雨の日は糸が出ません。
でも私の行く釣り場が足元からですので、10mも飛ばせば釣りは出来ます。

流行のスルスル釣りとか、
道糸を出して行く流し釣り?とかだと不向きだと思います。

いつも行く釣り場で使い分けするとか、
天気の確認とか、制約されることはあります。
よくやる竿先を水面に付けて糸を出すとかはやってはいけません。
一応竿ケースには
普段使うインナー1.5号と予備の2号とアウトガイド1.5号の竿を入れています。

最近はやらなくなりましたが、
夜釣りとか風の強い日のライントラブルはほとんど無かったです。

欠点より利点が目立つ様に上手に付き合うようにしてあげてください。

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代...続きを読む

Qパン粉釣法

先日、釣具屋に行ったら、パン粉のまとめ売りをしていました。

そこで、色々店員さんと話していまして、
自分は熊本に住んでいますが、
熊本でもパン粉釣法を流行らせようと言う事で、
パン粉を安く売っていたようです。
大分県や北九州では、結構前からある釣法のようです。

そこで、
ちょっと興味があり、パン粉釣法とはどのようにするのか教えて頂けないでしょうか?

・付け餌の作り方
・マキエはどのようなのがいいのか
・仕掛け
・投入方法
・あわせ方
・釣れる魚

などなど。

宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

以前に詳しく解説した回答があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7065068.html

もう一度私なりに要点をまとめて説明しましょう。

まずマキエですが、これは釣具店で売られている2kg入りの安い物でOKです。
私は1日分6kgとまとまりを良くするために一番安い集魚剤、ホワイトパワーを1袋、これだけです。

それと必需品が100円ほどのチューブニンニクです。
まず2kgのパン粉と集魚剤3分の1をそのままバッカン内でよく混ぜます。
水くみバケツに満タンの水をくみ、そこにチューブニンニク3cmほどを絞り出し、よく溶かしてニンニク水を作ります。
あとは遠投が出来るぐらいの固さに注意しながら水を入れて混ぜるだけです。
パン粉が異常に水を吸うので上記ぐらいの量でもバケツ1杯ぐらいは要りますね。
気分によってはお好み焼きに使うような青のり混ぜてもいいでしょうね。

あとはツケエですが、これはスーパーなどで売られている白いホワイトパン粉です。
だいたいどこでも250g~300gで100円ぐらいですね。ダイソーなどでもK&K国分のものなど売っていますね。
1日分としてはこの半分ぐらいでも十分に足ります。
これは量が非常に少ないので、バケツにごく少量の水をくみニンニク1cmぐらいのニンニク水でこねて終わりです。

この固さが微妙なんですが、耳たぶぐらいの柔らかさで十分に練った方がエサ持ちが良くなります。

仕掛けは本来チューブ使用の特殊な仕掛けを使いますが、Lサイズぐらいの普通の円錐ウキの0号ぐらいの単体で十分です。
http://plaza.rakuten.co.jp/zx14se/diary/200807030001/
要するに普通のチヌやグレの仕掛けで十分で、パン粉のツケエの重量に負けないような若干大きめの
ウキを使うだけで良いんです。
別に2本針などしなくて普通に1本針で十分です。

で、仕掛けには普通ガン玉は打ちません。
針とパン粉の重みだけで自然に落とし、全遊動で自然にタナを探っても良いですし、タナがはっきりしなければ
なるほどウキ止めできっちりタナを取って少しずつ喰うタナを探っても良いですね。

投入は近距離ならハリスを持ってサイドやオーバーでやさしくヘラのように打ち込めばいいですね。
私はエサ取りによっては20mぐらい遠投しますが、普通にオーバースローでルアーのキャスティングのように
遠投してもテイクバックを緩やかにして振り抜けばツケエはまったく取れませんね。

釣れる魚はもちろんグレと浮いてきたチヌも釣ったことがあります。
厄介ですがバリも非常に良く釣れます。これはタナを浅くすれば何とかかわせますが。
エサ取りはゼンゴは釣れます。これはかなり厄介です。
しかしスズメダイやネンブツダイは無数にいても不思議と釣れません。

マキエの粉末状態は拾っているようですが、ツケエのダンゴは大きすぎるのかど真ん中でも通過しますね。
水温が高い時期にグレが浮いた時は半ピロぐらいがもっとも喰い込みが良いですね。
こんな時はウキが一気にすーっと消し込みラインも伸びるぐらい良く喰い込みますね。

これからの低温時期はかなり厳しくなってきて、グレは浮きにくく深いタナでエサを喰っている
ケースが多くなってきますからタナをきっちり取って、ウキも少し押さえ込むような僅かな
アタリを確実に合わせるようにしないと難しいでしょうね。

パン粉釣法に関しては、とにかくこの方のブログが非常に参考になりますから読み物としてもオススメです。
http://ameblo.jp/koppa1091/

以前に詳しく解説した回答があります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7065068.html

もう一度私なりに要点をまとめて説明しましょう。

まずマキエですが、これは釣具店で売られている2kg入りの安い物でOKです。
私は1日分6kgとまとまりを良くするために一番安い集魚剤、ホワイトパワーを1袋、これだけです。

それと必需品が100円ほどのチューブニンニクです。
まず2kgのパン粉と集魚剤3分の1をそのままバッカン内でよく混ぜます。
水くみバケツに満タンの水をくみ、そこにチューブニンニク3cmほどを絞り...続きを読む

Q堤防でのチヌ・メジナ用の竿を買いたいです。

同じ堤防ですが、チヌ狙いの時は
・A-1 SPECIAL LIMITED 0-530
・臨海スペシャルコンペ 0.6-530

その他の時は
・龍刀 1.25-500を使っています。

龍刀だとチヌがきた時にあまりおもしろくなく、
A-1や臨海だとメジナの40~サイズや真鯛がきた時に面白いのですが、結構疲れます。
で、チヌ竿の1号だとどちらでも今よりは楽で楽しいかなと思い、購入を検討してます。

臨海RBと臨海AXと飛竜チヌを候補に考えてますが、お勧めはありますか?
臨海AXなら1-500がありますので筆頭候補なのですが、
値段的なものもあり、ペナペナのイメージがありまして・・
近所の釣具屋を何軒かまわってみましたがこれらの3種類は全て置いていませんでした。

Aベストアンサー

釣暦30年です

チヌ竿は基本ぐにゃぐにゃの胴調子ですので号数を上げても曲がり方は変わりません。チヌは根に巻くことはあっても張り付くことはない魚ですので細い仕掛けも手伝って糸を伸ばしながらやり取りするような感じの竿に仕上がっているのです。

かわりまして、龍刀などグレ竿は根に突っ込むグレを止める(コントロールしやすいように)胴がしっかりしているのであまり曲がらず、または曲がっても粘る腰でぐいぐい浮かせるような調子の竿が多いので、泳ぐスピードのないチヌはあっさりと浮いてしまうのですね。。。

そして現在各釣具メーカーの作るの魚の名前の付いてる専用設計の竿と言うのはその魚のみ狙う竿ですので他の魚には向いていません。

5.3と50では50の方がやや堅い目の仕上がりとなっており、持ち重りは激減するので持っていて楽ですし、振っていて疲れませんが、長さがない分大きな魚が掛かった時にタメが作りにくく上手く竿の角度を保てていないと伸されてバラシという確立は高くなります。短い竿はやや玄人向けという感じは受けます。

色んな竿をお勧めしたいですが、竿のガイド作りの大元であるフジの中国への工場移転失敗?問題で竿のガイドが極端な品薄の為、最新の竿は出てきても、在庫分の竿には行き渡らず殆ど無い状態ですので、少し前に出た竿は店頭・ネット通販にない場合かなり手に入りにくい状態となってます。竿の修理もガイドがなくなるとかなり大変です。

なので現在、特にお勧めしたい竿はがまかつのエリネス1-50です。チヌ竿のような曲がり方と胴調子のグレ竿のバネを両方兼ねそろえてるので曲がりこみやすく浮かせやすい竿となっています。カラーリングなどに抵抗が無いならがまかつはお勧めです。他メーカーでは8万円クラスにしか存在しない調子の竿が4~5万円クラスで実現できてるのもがまかつの良いところでしょうね。

釣暦30年です

チヌ竿は基本ぐにゃぐにゃの胴調子ですので号数を上げても曲がり方は変わりません。チヌは根に巻くことはあっても張り付くことはない魚ですので細い仕掛けも手伝って糸を伸ばしながらやり取りするような感じの竿に仕上がっているのです。

かわりまして、龍刀などグレ竿は根に突っ込むグレを止める(コントロールしやすいように)胴がしっかりしているのであまり曲がらず、または曲がっても粘る腰でぐいぐい浮かせるような調子の竿が多いので、泳ぐスピードのないチヌはあっさりと浮いてしまうの...続きを読む


人気Q&Aランキング