マンガでよめる痔のこと・薬のこと

第三者について

調べても分からなかったので教えて頂きたいのですが。親族、家族は第三者にあたりますか?

とある会員規約を見ると「会員は、会員証、会員番号、会員特典その他本規約の会員たる地位を、会員資格の有無を問わずいかなる第三者にも貸与、譲渡、売買または担保に供する等の行為をしてはなりません。」
とありますが、この会員枠で取ったチケットを弟に譲るのはこの第三者にあたるのでしょうか?

そのサイトに聞くと必ず本人が来場下さいと言われました。と言う事は親族も第三者になると言う事でしょうか?

A 回答 (3件)

ご質問文の場合、


・第1者=会員(=貴方)
・第2者=会員資格を発行した人や企業
・第3者=上記以外の全ての人

というふうに判断されますので親族も家族も第三者でしょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。

サイトで調べても「家族以外の第三者が…」とかよく書いてあるので、家族は第三者に当たらないと思っていました。

ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2010/09/29 15:15

第三者とは、会員本人以外の全ての人間を指します。


ですから、「家族・親族」であっても、会員としての「権利関係」では第三者になります。
    • good
    • 2

質問文の場合には、第三者として規制しているようです。

珍しいと言うこともないかと思われます。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人情報保護法の第三者の定義について

某店にて、私の同意なく家族へ売買契約内容等の伝言をした為、(法を遵守しているのか疑問を抱き)個人情報保護法について問合せをしていました。
結局、個人的にはその店の解釈が理解出来ませんでした。最終的には専門家等へご相談を…となりました。
私が問い合わせた後、プライバシーポリシーに追記されたようですが、私は何か違うような気がします。追記された為、違法では無くなる気もしますが、この定義が正しいのかご教授お願いします。

下記が追記後のプライバシーポリシーの一部です。

 当社は、あらかじめ本人の許諾なく、個人情報を第三者(※)に提供しません。ただし、保護法その他法令に別異の定めがある場合を除きます。なお、商品の配送等、お客様との取引を遂行するにあたり、必要な外部委託を行う場合は第三者提供にはあたりません。

 ※「第三者」の定義について
 今回施行された「個人情報保護法」は、個人情報を取り扱う業者(この場合は当店となります)が、お客様の個人情報を流用し利益を得ようとする業者(第三者)へ漏えい、及び提供された場合に個人情報を取り扱う業者が罰せられるという法律で、業者間の取引等(利益)が発生しなければ、特にお客様がご心配される範疇ではございません。 たとえば当店受注等、お取引上必要な電話連絡等で、ご家族様へご伝言させていただくことは、個人情報の取扱いとは関係のない個人のプライバシーの問題となりますので、個人情報保護法の対象外となり、ここで言う「第三者」にはあたりません。

某店にて、私の同意なく家族へ売買契約内容等の伝言をした為、(法を遵守しているのか疑問を抱き)個人情報保護法について問合せをしていました。
結局、個人的にはその店の解釈が理解出来ませんでした。最終的には専門家等へご相談を…となりました。
私が問い合わせた後、プライバシーポリシーに追記されたようですが、私は何か違うような気がします。追記された為、違法では無くなる気もしますが、この定義が正しいのかご教授お願いします。

下記が追記後のプライバシーポリシーの一部です。

 当社は、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

今回の問題は、家族を第三者と判断するかどうかがポイントだと思います。

追記後のプライバシーポリシー拝見しましたが、
※「第三者」の定義について
以降、すべてが個人情報を専門に扱う人たちの認識している解釈とはかけ離れたものです。

個人情報保護法でいう第三者の定義には、「利益の有無、業者間の取引等」などは、一切示されておりません。

法は、第三者の定義を明確にせず、第三者としないものだけを明記しています。ですから、基本的には第三者とされないもの以外は、すべて第三者と考えたほうがいいでしょう。

外れるものは、業務委託、事業の継承、共同利用という3つの関係がある場合だけです。

ですから、上記プライバシーポリシーは、勝手な宣言であるといえると思います。

といったところで考えますと、家族とはいえ第三者ということになるかと思いますが、もう少し問題があります。

ご家族に…ということですが、それが配偶者の方であれば、民法761条により、配偶者の一方と契約を行った取引関係者を保護する目的で、(今回のような契約上必要な連絡事項の伝達を依頼する行為は)認められるかもしれません。
また、もし質問者さんが未成年であり、親権者のかたへ伝達された場合は、そもそも法定代理権がありますので、第三者には該当しないといえます。

いずれにしろ、このあたりも明確な判断があるわけではないので、これから種種様々な事例(判例)が積み重ねられていくものと思います。

繰り返しますが、今回のは「契約に必要な連絡事項を家族に伝えることが第三者提供にあたるかどうか」という問題であり、お店がいうようなプライバシーポリシーに書いた誤った認識での記載でお店の行為が免責になるようなものではないでしょう。

こんにちは。

今回の問題は、家族を第三者と判断するかどうかがポイントだと思います。

追記後のプライバシーポリシー拝見しましたが、
※「第三者」の定義について
以降、すべてが個人情報を専門に扱う人たちの認識している解釈とはかけ離れたものです。

個人情報保護法でいう第三者の定義には、「利益の有無、業者間の取引等」などは、一切示されておりません。

法は、第三者の定義を明確にせず、第三者としないものだけを明記しています。ですから、基本的には第三者とされないもの以外は、すべて...続きを読む

Q保証人の第三者とは?

会社に就職するんですが、入社書類のところに、保証人の印鑑証明が必要みたいなんです。で、保証人は2人必要なんです。(書く欄が2つある)

で、ひとつめは「父もしくは母」と限定されていて、、ふたつめは「第三者」とあります。この場合、私には姉がいるんですが、姉の印鑑証明でもいいんですよね?
法律上の第三者という意味では大丈夫だと思うんですが、どうなんですか?

Aベストアンサー

法律的に言えば「父もしくは母」も「第三者」も会社の指定なので会社に聞いてください。
法律上の第三者と言えば当事者(会社と貴方)以外の者という意味です。
個人的には「父もしくは母」以外の人の事だと思うのですが・・・

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q譲渡と売買違いってなんでしょうか

譲渡は、目的であっって、その目的を達成するために、売買というう手段が
あるといううことでよろしいのでしょうか?
無償の譲渡なんていうのもあるとおもうのですけど、それは無償の売買ということになるのでしょうか?相続や生前贈与がこの無償の譲渡になるのでしょうか?(相続税は発生することもあるでしょうが)
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

譲渡というのは簡単に言えば「何がしかの特定の財産を他人に譲る意思をもって譲ること全て」です。他人に譲ること「全て」なのでそれが具体的にどういう状態であるかを問いません。

#物(件)に限りません。債権でも知的所有権でもなんでもいいです。

譲渡の一種として、売買があります。売買とは、譲渡の「対価として」一定の金銭を代わりに受け取ることです。つまり、「譲渡の内、譲渡する財産の対価として特に金銭をもらう場合」です。対価のない譲渡、つまり無償の場合は「贈与」と言います。

#ちなみに、対価が金銭以外の場合を「交換」と言います。

寄付というのは法律的には贈与の一種です。通常は、特定の活動を行う者に当該特定の活動に役立ててもらう目的で贈与を行うことを寄付と呼びます。いわば使用目的を限定した贈与。


なお、相続というのは、被相続人の意思とは無関係に被相続人の死亡という事実のみによって生じる「被相続人の生前の地位の承継」です。つまり、被相続人が相続人に財産を譲るという意思があろうとなかろうと関係がありません(*)。
譲る意思があるかないかがどうでもいいので「譲渡」ではありません。
また、被相続人に属した個別の権利義務が移転するのではなくて被相続人の地位それ自体が相続人に移転します。故に「包括承継」と言います。譲渡の場合は、「特定の」財産権を移転するだけなので「特定承継」と呼びます。
相続により、被相続人に属した個別の権利義務が相続人に属することになるとしてもそれは単に相続が「被相続人の地位の承継」である結果にすぎません。無論、包括と言っても「被相続人の一身に属する権利」は対象になりません。その意味では「地位を完全に承継するわけではない」です。

(*)遺言にまつわる話は省略していますが、どの道「遺言によって相続が発生するのではない」です。
遺言は、「被相続人の意思と無関係に生じる」相続に関しては、「具体的な権利義務関係の帰属を被相続人の意思で定めるだけ」でしかありません。遺贈も遺言によることができますが、これは相続とは全く別もので、遺言者の意思に基づく「譲渡」の一種に他なりません。なお時々、「遺言により法定相続人以外を相続人にできる」という回答がありますが、間違いです。遺言により法定相続人以外に財産を与えるのは遺贈であって相続とは別です。この場合に遺贈を受ける人は受遺者であって相続人ではありません。法定相続人以外は絶対に相続人にならないのが日本の民法の規定です。逆に、法定相続人が同時に受遺者になることはあります。

譲渡というのは簡単に言えば「何がしかの特定の財産を他人に譲る意思をもって譲ること全て」です。他人に譲ること「全て」なのでそれが具体的にどういう状態であるかを問いません。

#物(件)に限りません。債権でも知的所有権でもなんでもいいです。

譲渡の一種として、売買があります。売買とは、譲渡の「対価として」一定の金銭を代わりに受け取ることです。つまり、「譲渡の内、譲渡する財産の対価として特に金銭をもらう場合」です。対価のない譲渡、つまり無償の場合は「贈与」と言います。

#ち...続きを読む

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Q身元保証書の保証人は家族でもOKですか?

就職に際し、身元保証書の提出を求められています。
「会社に損害を与えた場合は連帯して損害を賠償します。」の文言があります。
家族(成人)でもOKですか?(連絡文書には家族はダメの記載はありません。)

Aベストアンサー

通常は両親や年長の兄弟などでしょう。

叔父さんなども多いですかね。

勿論経済的に賠償ができるということは必要です。もっともその人の財産状態までは調べないでしょうが。

またこの保証人は一般的にはせいぜい3年程度の保証義務で、それ以上の義務は無いものとされています。
このことも伝えて適当な人にお願いしたらよいでしょう。

Q法律的な意味での口外とは?

「契約書の内容を今日までまでいかなる者にも一切口外していないことを認める。
また契約書の内容についていかなる者にも今後秘密とし、方法の如何を問わず一切、口外しないことを約束する。」

といような内容の念書があります。
口外の意味は第三者に話すこと。
ですが、話さなければ契約書そのものを第三者に見せたり、筆談で契約書の内容を知らせるのは問題ないのでしょうか?
逆に契約書を第三者に見せるのもNG、筆談で書いて内容を知らせるのもNGということにしたい場合は上記念書をどのように変更すれば良いでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

方法の如何を問わず一切、口外しない の部分を、
開示もしくは漏洩しない
と直せばok。
というか、目的論解釈でいけば、口外する=情報漏洩 とならざるをえないので、
となるから、念書どおりでも問題ないと思うが。(何故、契約書に書かなかったのかは棚上げとします。)

あと、「いかなる者」の部分に例外があって、
・弁護士、税理士などに相談する場合
・官公署、裁判所等の公的機関に回答、届出等をする必要がある場合
・社内において、本検討に参画する必要最小限の範囲の者
などは、「いかなる者」の中に該当しません。(業務が回らなかったり、法律が契約書に優先するため、
契約で縛っても無意味となる。)

よって、
契約書不備で裁判沙汰→弁護士に見せることを禁止 というのが念書を作る目的なら、それは無理です。

Q他人の配偶者を何と呼びますか?

 それほど親しくない間柄の人との会話で、自分の配偶者のことを言うのに、以前は男なら家内、かみさん、女房、女なら主人、うちの人、だんななどと言うのが普通でした。しかし最近、夫、妻という人が増えているような気がします。その表現は以前なら抵抗があったのが次第に抵抗なく使えるようになりつつあると思います。
 家内とか主人という言い方に主従関係のような感覚があることがこのような変化をもたらしたと思います。
 しかし、話し相手または第3者の配偶者のことを言うのに、「お宅の妻(さん)」、「××さんの妻(さん)」とか「お宅の夫(さん)」、「××さんの夫(さん)」というわけにはいきません。
 通常なら「(お宅の)奥さん」、「(お宅の)ご主人」という言い方をしますが、この言葉にはやはり上と同様な主従関係のにおいが残ります。
 主従関係の感覚のない何か良い呼び方はないのでしょうか、ご意見を伺いたいと思います。

Aベストアンサー

 No.5でコメントした者です。
 ちょっと調べたりして、下記に大幅に加筆しました。
「おつれあい」は、男性でも使えるかも……。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3069.html
================引用開始
 mixiには、専門?のトピがあった。
【伴侶の呼び名】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1531113
【新しくそして正しい伴侶の呼び名を考える】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1564447

 自分の伴侶の呼称は個性的なものがあるが、第三者が使う呼称はやはり少ない。
「ご主人(様)」「旦那(さん、様)」
「奥様」「奥さん」「細君」
 あたりはフツー。
「かみさん」は、自分の伴侶の呼称のイメージがあった。だが、「かみさん、元気?」のように第三者が使うのもアリだろう。残念なことに当方は使えない。
 ユニークだと思ったのは、「おつれあい(さま)」。年配の女性が使うならアリだろう。
================引用終了

 No.5でコメントした者です。
 ちょっと調べたりして、下記に大幅に加筆しました。
「おつれあい」は、男性でも使えるかも……。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3069.html
================引用開始
 mixiには、専門?のトピがあった。
【伴侶の呼び名】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1531113
【新しくそして正しい伴侶の呼び名を考える】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1564447

 自分の伴侶の呼称は個性的なものがあるが、第三者が使う呼称はやはり少ない。
「ご主人(様)...続きを読む

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q会話を録音することは違法ではないのか

ちょっとトラブルになったりした時に、言った言わないの揉め事ってあると思います。

その時、会話を録音していればって思うのですが、そこで質問です。

1.会話を録音すること自体は違法か?
2.適法であるなら録音方法などに条件はあるのか?
3.録音する際には相手の了承を得なければならないのか?それとも録音する旨を伝え、一方的に録音してよいのか?

以上の3点です。

法律には詳しくないですが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考に

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112053066


人気Q&Aランキング