【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

真珠湾攻撃後の乗組員の休暇

真珠湾攻撃後、「飛龍」「蒼龍」以下のウェーク島支援艦隊以外は柱島泊地へ帰投しましたが、その後、乗組員(特に搭乗員)にはどれほどの休暇が与えられたのでしょうか。士官、下士官の差など一概には答えられないとは思いますが出来るだけ詳しくお願いします。

また、その時の様子が書かれた本などあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 日本海軍の航空母艦が作戦を終了して内地に帰還するとき、内地近海に至ると搭載飛行機は母艦を離れて各陸上基地に集結することになっていました。



 たとえば、真珠湾攻撃を終えた「翔鶴」「瑞鶴」のばあい、12月23日土佐沖に達した際に飛行機隊は大分、佐伯航空基地へ向け発艦しています。一方「赤城」「加賀」の飛行隊も伊予灘付近で呉、松山などの航空基地にむけ飛び立ちました。基地に着陸した後は、士官・下士官らは別府温泉の海軍が指定した保養所旅館で休養したり、士官は休暇を申請し実家に帰る、あるいは妻子を呼び寄せるなど短い命の洗濯をしたとおもわれます。基地から温泉へは軍専用の白バス(判任官以上が利用できる)があり、搭乗員は下士官以上なのでそれを利用したはずです。バスは基地から最寄の国鉄駅あるいは温泉のすぐ近くまで送迎したとのことです。

 艦船勤務中は水は貴重品でゆったり入浴など出来ず、インド洋作戦戦中などはスコールが来ると、飛行甲板に出てシャワー浴をしたという話もあるほどですから、内地に帰るとまずはゆっくり温泉に浸かることが何よりの憩いでした。長崎県の佐世保基地の場合には、佐賀の嬉野温泉や雲仙温泉に出かけたという話があります。(潜水艦の乗員) 

 しかし、「瑞鶴」、「翔鶴」は南方作戦支援のため、翌1942年(昭17)1月5日には呉を出港し、松山沖で飛行機隊を収容し、中部太平洋トラック島へむけ南下しましたから、休暇も士官で長くて一週間、下士官は三、四日ほど休んだ後は飛行基地で編成替えや飛行訓練に励んだろうと思われます。一下士官の回想では「休みはなかった」というのもあります。「飛龍」、「蒼龍」も三日後に呉を出港してパラオ島へ向かいましたからさらに休みは少なかったでしょう。まして艦船勤務者は転勤や次作戦の準備補給に終われ、せいぜい夜に呉の繁華街に繰り出すぐらいではなかったでしょうか。

 ふつう、戦記は戦闘場面が主で休暇を描いたものにはぶつかりません。しかも空中勤務者で開戦当時の生き残りは僅少ですから、当時の詳細な記述をみつけるのは難しいですね。ただ様々な回想録に断片的ですが、つかの間の娯楽について書かれています。

 以上の記述は雑誌『丸』各号の回想録をまとめて推測したものです。ヤフーで「別府(または熱海)温泉 海軍 保養」で検索をかけると何か出てくるかもしれません。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 やはり休養などは殆ど取る事が出来なかったのですね。上記されているように「戦闘の合間」というものには色々な本を読みましたがなかなか出逢えません。一兵士としての戦争を知りたいと思って文献に当たっていますがなかなか難しいものですね。

 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/01 00:07

まず搭乗員士官と兵曹兵長との差 士官飛行機でさっさと



内地の転属先何時何時までに転属余った時間休暇

兵隊たち同じ搭乗員で実力はこちらがある

貨物船で乗り継ぎ便待ちの間使役にこき使われる
その間危険水域で雷撃されれば貴重な搭乗員も海の藻屑

やっと内地に到着転属先に電話も入れられず
やっと到着すれば、先に到着したへたくそ士官が
!!何処ほっつき歩いていた、随分遅いではないか!!
これが現実
海軍では食い物まで材料同じでも片方マグロの刺身
片方マグロの塩味のフレーク猫まんま

坂井三郎著書零戦の真実である
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 日本海軍はイギリス海軍から学びましたから、恐ろしいまでの身分制度が出来たのかも知れませんね。しかし、本当の問題は兵や下士官がどういう待遇を受けていたのか士官が知らなかったという事だと思います。

 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/30 23:46

日本機動部隊は、真珠湾後にはインド洋作戦に参加し、それに帰ってきたら次がミッドウェーでした。

そんなわけで、内地(呉)に帰還したときは補給が整うまでの間に休暇はあったかもしれないですが、実際はほとんど休暇というほどの休暇はなかったんじゃないかと思います。

これがラバウル航空隊なんつーともっと悲惨で、ガダルカナル作戦のときは延々ガ島まで飛行して戦争して帰ってこなきゃならなかったのですが、これが毎日毎日出撃が続いたそうです。日本軍つーのはそんな「三ヶ月勤務したらまとまった休暇」とか「三回出撃したら次はパス」なんて「なまける戦争」はしませんでしたよ。月月火水木金金って知ってますか。
え、なんて過酷な軍隊だって?なにをいっているんですか、「過労死」なんて言葉があるのは日本語くらいですよ。最近は「カローシ」というとどこの国でも過労死を意味するらしいですよ。ツナミみたいに世界語になった日本語ですね。しかも、低所得者層がやるような単純労働じゃなくってマクドナルドなんて誰もが知っているような大企業でも平然とやっているんですから。
ドラマ「私は貝になりたい」では主人公は「日本軍はね、兵隊は牛や馬と同じなんですよ!牛や馬と!」と裁判で絶叫します。私は現代の話をしているんじゃないんですよ。70年前の話をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですよね、士官の笹井中尉でさえ、戦死前は五日間連続でラバウルからガダルカナルに出撃していたそうですから。

 搭乗員は消耗品、整備員は備品。今だから言える事ですが必死で戦っていた人たちが気の毒で仕方ありませんね。

お礼日時:2010/09/30 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング