出産前後の痔にはご注意!

経験の方は教えて、散水用に使っている、ビニールホースですが、2年ぐらい使ってあちら此方に粘るぬめりだ出て手に付いたらなかなか取れにくいのですが、ホースのぬめりをとる方法と。ぬめりが出ない方法があれば教えてください。

A 回答 (2件)

こんにちは!


最初の方が回答されていることが原因で粘りが出てしまうことがありますよ。
あとはビニール自体の寿命もあると思います。
保管状況やビニールの製品性質よってもずいぶん違いがあると思いますよ。
濡れたままぐるぐる巻いて保管していると、雑菌が腐食してホース同士のビニールも腐食してベタベタすることがありあます。
よくプラスチックの容器に消しゴムや輪ゴムを長期間保管しているとベトってくっついていることありませんか?
たぶんあれと同じ状態がビニールにおきていると思いますよ。
とりあえず、現状のホースを利用されるようであれば最初にアドバイスしてくれた方の方法で洗浄されていいと思います。
ただ、一度ではとりきれないと思いますから2,3度繰り返しされたほうがよいと思います。
あとは画材屋さんやホームセンターで売っているシール跡を取る薬剤などでふきとるのもひとつの方法です。
ただ、この薬剤は少し刺激臭があって揮発性も高いので手袋やマスク、ゴーグルなどをしたほうが安全です。
あとはホースを使用したあとの保管は、しっかりと中の水抜きをして表面を雑巾などでふき取り、わっかの状態でもかまいませんから風通しのよい陰干しをされてはいかがでしょうか?
私の経験上の手入れ保管方法なので、もしかたらもっと楽に良いやり方があるかもしれませんが、、、よかったら参考にしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答いただき有難うございました、
大変参考になりました、

お礼日時:2003/08/07 12:07

ぬめりの原因は増殖した雑菌です。


薬局で売られている「逆性せっけん」を薄めてホースの中に満たし(ホース全体を薄めた液の中に浸し)殺菌すれば、ぬめりが取れます。

ぬめりを防ぐには、ホースを使用した後、ホース内の水を完全に抜くようにすることです。

消防署で、消防車のホースが建物の壁に折り返された形で下げられているのをご覧になったことがあるでしょうか。
あのような形にすると、ホースの中も外側も乾燥するので雑菌の繁殖を抑えられます。

この回答への補足

ご回答いただき有難うございます。ホースの中ではなく、外です、ぬめりと申しましたが、粘りです、(ガムテープ見たいな)申し訳ございません再度教えてください。

補足日時:2003/08/07 10:03
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変参考になりました、厚くお礼申し上げます、

お礼日時:2003/08/07 12:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道ホースのべたつき 何とかなりません?

見た目はともかく、ベタツキがひどくなりました。
そんなに高価なものでもないのですが、まだまだ使えそうなので…
何とか、このべたつきを除去する方法はありませんか?

Aベストアンサー

塩化ビニール製の散水用のホースでしょうか?
軟質塩ビですと、柔らかくするために可塑剤などが入れてあります。
これか、その他の原材料が紫外線やオゾンや温度によって徐々に変質して、ベタつきの原因になっているのだと思います。

このベタつきは簡単には取れないし、元には戻りません。
ひどいのは先端部分だと思いますので、とりあえず10cm位切り捨てるのも方法です。
しかし、既に全体的に劣化していますので、買い替えが基本だと思います。

買い替えるなら少し値段が高いですが、ベタつきが出にくい耐候性の強いホースもありますのでホームセンターなどで聞いてみてください。

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Qイチジクのカミキリムシ対策

 庭のイチジクが毎年カミキリムシに食われて困っています。農薬は使っておらず、成虫を見つけては捕殺しているだけです。
 対策として幹や枝にアルミホイルやビニールテープ、金属網を巻き付けるなどと言うのは効果がありますでしょうか?

Aベストアンサー

カミキリムシは飛散する昆虫ですから、飛散する昆虫には薬剤が効き
にくいとされています。つまり薬剤を噴霧しても、噴霧しようとする
と逃げてしまうので、飛散する昆虫に対しては薬剤散布は難しいと昔
から言われています。見つけ次第に補殺するのが最も効果的ですが、
これが面倒で、飛散したら補殺を繰り返すだけでイタチゴッコになっ
てしまいますよね。
幹や枝にアルミホイールやビニールテープを巻き付けると、日照不足
や通気性が悪くなり生育不良になります。また巻き付けた隙間に何ら
かの害虫が住み付き、逆に被害が大きくなる事もあります。
実際にそのような物を巻き付けるような事をすると聞いた事がありま
せんので、そのような効果が立証されていない事はしない方が良いと
思いますね。
そんな無駄な事をするよりも、確実な方法を実践しましょう。
カミキリムシは一般的にテッポウムシと呼ばれていて、幹の中で1~
2年間は幼虫として食害を繰り返しています。1~2年の幼虫時期を
終えたら成虫として地表に出ますが、この時期が5~7月がピークと
言われています。成虫になると今度は産卵をしますので、産卵を防ぐ
ためには補殺が大切になります。いつ産卵するか分からないのですか
ら、産卵を防ぐためには補殺はするしかありません。
成虫にしなければ産卵はありませんので、幼虫の段階で駆除すれば今
回のように補殺に時間を費やす事はなくなります。

イチジクの根元付近を良く見ると、木屑のような粉が落ちているはず
です。これを発見したら間違いなくカミキリムシの幼虫が幹に侵入し
ている証拠ですから、この段階で成虫にしないための駆除を行うよう
にします。木屑から10~20cm上を見ると、5ミリ程度の小さな
穴が見つかります。この穴から幼虫が侵入したわけです。
穴には幼虫が潜んで食害をしていますから、穴を見つけたら脱脂綿を
小さく丸め(穴に入れられる程度の大きさに丸める)て、スミチオン
乳剤等の殺虫剤の原液を浸み込ませ、ピンセットで穴に押し込み、針
や針金で穴に完全に入るように詰めます。穴を粘土かチューインガム
で塞ぎます。これは薬剤が気化しないための方法です。これで内部に
薬剤が蔓延し、内部の幼虫は死んでしまいます。
これをする事で翌年からは被害が減少します。ただ先程に書いたよう
にカミキリムシは飛散しますから、他の場所からも飛散しますので、
やはりイタチゴッコは繰り返されます。

全てのカミキリムシを補殺したら、直ぐに防虫ネット(カミキリムシ
が潜れない網目にする)をイチジクを覆うようにして張ります。
これが一番の予防策です。とにかく補殺は必ず終えて下さい。補殺を
負えないでネットを張っても意味がありません。

カミキリムシは飛散する昆虫ですから、飛散する昆虫には薬剤が効き
にくいとされています。つまり薬剤を噴霧しても、噴霧しようとする
と逃げてしまうので、飛散する昆虫に対しては薬剤散布は難しいと昔
から言われています。見つけ次第に補殺するのが最も効果的ですが、
これが面倒で、飛散したら補殺を繰り返すだけでイタチゴッコになっ
てしまいますよね。
幹や枝にアルミホイールやビニールテープを巻き付けると、日照不足
や通気性が悪くなり生育不良になります。また巻き付けた隙間に何ら
かの害虫が住み付...続きを読む


人気Q&Aランキング