人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大人とはなんでしょうか。
少し前、成人年齢の引き下げが話題になったことがありましたが、果たしてそんな数字に意味などあるのでしょうか。そもそも大人とは何か、そういうことを考える機会なりました。
そこで、皆さんから大人とはなにか、主に子供との違いを論じる形で様々な意見をお聞きしたいです。答えがない問にこのような質問を投げかけるのは無意味かもしれませんが、宜しくお願いします。

自分は20手前の未成年ですが、そんな子どもが思う一意見としては、
『個々が個々の責任において自律的に考え、自ら行動する』事だと思います。
実はこれは受け売りなのですが、まさに、自分で考えて行動し、その行動の責任を自分に求め、他人に依存しないことが大人への一歩だと個人的にも思います。
(言うのは簡単で知った口を叩くのは容易だと思いますが、難しいとは思います・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

仕事をもっている既婚女性です。


素敵な質問ですね!
私も学生時代に 考えたのを思い出しました。
そのときの自分で出した答えは「社会的自立」と「経済的自立」そして「精神的自立(自律)」
でした。 

今 自分が考えると 当時と比べ少し変わった点があるので 書いて見ます。
参考になるといいですが。

(1)問題が起きたときの 「解決方法」を考えることができること。
…大人でも、一人では解決できないこと、責任を取りきれないことが たくさんありますよね。
そんなとき、仲間や上司を信頼して 
きちんと相談できることが 大切です。
つまり、一人で何でも解決しようと 頑張ることが 大人ではないのです。
人に相談することも含め、「どうすることが一番いい解決方法か」を考えることこそ
「大人の判断力」だと思います。

(2)自分と違う考えを 受け入れる「心の広さ」があること。

(3)欠点も含めた 自分自身をちゃんと受け入れ 「自分を大切にする」こと。

(4)「家族や恋人を守る」ために 自分にできること〈仕事や家事など)を頑張れること。

(5)世の中のためや、人のために、自分が少しでも「役立ちたい」と思えること。

(1)~(5)を満たしている人は、多分社会人としてちゃんとやれる人だと思います。(社会的自立)
当然、自分に必要なお金を 自分で得ることもできる人でしょう。(経済的自立)
また、自分が「人としてどう生きるべきか」も、理解している人だと言えます。(精神的自立)

ただ、大人だからと言って、全部がうまくできるわけではありません。
できないことは できないなりに、どうすればいいかを考えたり
必要なときに 誰かに ちゃんと相談したり、
そういう「柔軟な行動」がとれることこそ、「大人」なのかなあ…と、思います。

そう考えると、年齢的に 「大人」といわれる人間でも
できていないことが多いかもしれません。
自分自身 大人なのに ダメだなあ…と思うことが たくさんあります。
逆に 若い人でも 人間ができているなあ~と 思える人は たくさんいます。
少なくともbigben4649 さんのように
いろんなことを ちゃんと考えながら生きている人って
人として 素晴らしいなあと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>人に相談することも含め、「どうすることが一番いい解決方法か」を考えることこそ
「大人の判断力」だと思います

これはまた少し違った見方ですね。
一人で考えることに固執するのではなく、解決に向けて全力を尽くす。
これもまさに大人としての能力ですね。

(2)については全くの同意見です。
人の多様性を受け入れるられる寛容さは間違いなく大切ですね。
自分しか見えていない、認められない人間はやはり子供なのでしょう。

(3)はまた少し違う切り口ですね。
自分を大切にすることは自分勝手とは違いますものね。
まずは自分を受け入れる、そこから人を受け入れるのかもしれませんね。

(4)は確かにそうですね。
大人というより人間に重要なことですね。
ひたむきに生きようと思います。

(5)も勿論必要ですね。
社会に貢献することができるというのが大人といえそうですね。
そういう意味でも働いていない大学生などは大人とは言えないかもしれません。

現在自分は親に確かにお世話になってますし、まだまだ精神的にも未熟なのでその3つの自立ができるように努力しようと思います。

>ただ、大人だからと言って、全部がうまくできるわけではありません。
できないことは できないなりに、どうすればいいかを考えたり
必要なときに 誰かに ちゃんと相談したり、
そういう「柔軟な行動」がとれることこそ、「大人」なのかなあ…と、思います。

肝に銘じておこうと思います。
なんでもできるわけじゃないのを承知で問題解決に向けて努力するというのが重要ですね。

自分なんかを褒めていただいて本当にありがとうございます。
ただ口で言っているだけでまだまだ思索も足りず、実践も出来ない青二才ですので、これからはここで皆さんに教わったことを考えつつ行動に移していこうと思います。

お礼日時:2010/10/07 20:45

大人とは不正に抗うことなく妥協し、もっともらしい理由を付けて悪びれない人間をいうんです

    • good
    • 6

インディペンデンスという言葉は、米国の労働者が、雇用主にいいように扱われ



忍耐の中に希望を見出すために生まれた言葉ですよ


理解しているのですか
    • good
    • 1

成人年齢引き下げの議論は、容易に騙せる青少年を扇動し世論を作ることに成功した


NETベンチャーからでてます
また他国を経済的に侵略するときにそそのかされるのが若者です
日本が右傾化し酷薄な社会になったのもその為です

また自立という言葉が使われていますが、それを妨げるのが金融ですよ

核家族化>結婚しない若者、離婚の推奨

すべて経済的に困窮させ意のままにする為です

早稲田、慶応出身者が作った論理を鵜呑みにしないで考えて下さい
    • good
    • 2

大人とは


個人的な意見ですが、自分のケツを自分で拭ける人間です。
一応、実際に尻が拭けるという意味ではないですよ。(笑)

自分の行動に最後まで責任を持ち、その出来事に関する問題解決または失敗野代償を自分で払う事が出来ることです。

当然、生活も自分で生計を立てている事が前提です。
上記の事を概ね出来る様になるには人それぞれです。

成人年齢は社会的な目安です。
ただの目安ですが、社会的に設定された目安の為、本人が年齢に関わりなく精神的に幼くても責任を負わされます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり責任を負えるということが最重要ですね。
そして経済的な自立ですね。

>成人年齢は社会的な目安です。
ただの目安ですが、社会的に設定された目安の為、本人が年齢に関わりなく精神的に幼くても責任を負わされます。

肝に命じておこうと思います。
大人に少しでも近づくために努力していこうと思います。

お礼日時:2010/10/04 18:25

質問者様も良く判っておられると思いますよ。



質問者様の考えを要約すると、私の考えに近いです。
私は「自立」に集約すると思ってます。
逆に言えば、質問者様も使っておられますが、依存心が少ないのが大人です。

質問者様が使っておられる方の「自律」は、少し法律的な要素を含む言葉です。
自らを律する規範と言うは、法律や個々の道徳律など。
その道徳律とは、法律の内側で自分を律するものです。

一方の「自立」になりますと、包括的で、もう少し高次の概念も含むかと思います。
法律的な部分だと、極端に言えば、法律をも弄べる様なレベルも含みます。

自らの知性や品性で行動するだけで、法律や常識とされる部分に触れるコトが無ければ、法律的・道徳的に概ね自立していると言えます。
モチロン裁判などになれば、弁護士など専門家に依存せねばならない部分は有りますが、しかし適正な時点で、腕の良い弁護士を選ぶ等の部分では、自立が求められます。

経済的にも自立せねばなりません。
知性や精神的など、他にも多くの面で自立せねばなりません。

自立部分が多い人が大人。
依存部分が多い人が子供。

責任については、「責任を自己に求めるだけ」では、少し足りない様な気がします。
責任を負える能力を有して自立と言えます。
「死んでお詫びを」なんてのは、お詫びでも何でもないですから。
逃避であり、依存よりタチが悪いです。
そういうことまで弁えて、自立したいモノですネ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり自立は不可欠な要素ですね。
一面だけではなく、あらゆる面での自立というのは考えておこうと思います。
精神的な部分以外の自立というのもありますものね。

>責任については、「責任を自己に求めるだけ」では、少し足りない様な気がします。
責任を負える能力を有して自立と言えます。

能力は確かに重要ですね。
責任を負うことができるというのは、口で言うほど簡単ではないですね。
よく考えておこうと思います。

お礼日時:2010/10/02 00:33

30代既婚女性です。


はじめまして。

どなたかも仰っていますが、私も、自分で生計を立て、生活できることが大人の最低条件だと思いますね。
そうするとほとんどの20歳の大学生は大人ではないことになりますが。
でも国民年金は20歳から義務付けられますし、そういう定義なのだと理解してますよ。

20歳になっても親に生活の面倒を見てもらっている人は多いですが、そんな親に頭を下げることができるようになるのは、みんな20歳くらいな気がしますよ。
一人で生きていける訳ではないことを知って、感謝の気持ちが感じられるようになれば、大人の第一歩ってところでしょうか。
親のおかげ、社会のおかげ、世界中の人達のおかげ。
そういうことを感じて、少しばかりの恩返しするのが「働く」ってことの一つの意味です。

それが理解でき、実践できれば大人。
私はそう思っています。

ちょっと前はだいたい20歳くらいから収入があり、納税もしていたので、選挙権が発生していたということです。
今の制度はその名残。

18歳に引き下げる意味は個人的にはよく分かりません。
ただ若者の関心を引きたいのかなとも思いますが、それならもっと政治の根本的な問題を解決しないとね。
若い人もバカじゃないんですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり自分の世話を自分でできるというのは必要最低限かもしれませんね。

>一人で生きていける訳ではないことを知って、感謝の気持ちが感じられるようになれば、大人の第一歩ってところでしょうか。
親のおかげ、社会のおかげ、世界中の人達のおかげ。
そういうことを感じて、少しばかりの恩返しするのが「働く」ってことの一つの意味です。

これは重要ですね。周りの人へ感謝し、育ててもらった人や社会へ奉仕する。
これも大人のあり方ですね。そういう意味でも働いていない大学生は大人というのは難しいのかもしれません。理解はできても実践をしていないので。

義務と権利の話でいえば、本来自分も含めて、納税をきちんと果たしていない者に選挙権は与えられていいのか、ということはありますね。
18歳に引き下げるのは確かによくわからないですね。
早めに大人扱いすれば自覚が出てくると言いますが、成人式を終えたからといって大人の自覚が持てるとは限らないですし。あまり形式に意味はないと思います。
仰る通り関心を引きたかっただけなのかもしれないですね。
政治は問題だらけですが、選挙権の話で言えば一票の格差が根本的な問題の一つですね。
余談ですが、政治家も自分の言動に責任を持てないひとが多いような気がします。

お礼日時:2010/10/01 15:09

大人とは何か?? とても素敵な問いですね♪


年齢か? 経験か? 色々な大人像が頭に浮かびました。

矛盾を多く含んだ問題に気が付き、悩み考えるだけでも、もうすでに大人の世界の仲間入りです。

まず、迷う事を甘受出来る人は大人と思いました。

次にやはり、自己否定でしょうか。
自己否定をしっかりやり遂げた人は大人と思います。

自己否定というのは良い意味ではあまり使いませんが、とても大切な言葉です。
自己を発見しなければ、否定は出来ないのですから。
そこに確かに、世界に一つだけの自己がある事の素晴らしい体験です。

ちょっとお恥ずかしいですが僕の事をお話させて頂くと、僕が32歳の時に自分が大人になったとはっきりと自覚しました。

それは、テレビでたまたま曼荼羅を見た事からはじまりました。
胎蔵界曼荼羅と言う曼荼羅です。

神様の中の神様「大日如来」が中央に居て、その周りを何百体という神様が取り囲んでいます。
大日如来を守護する神様や、額の隅の方に人間界や地獄まで描かれています。

まず大人になる為の突破口となったのは、何で神様の中の神様、言い換えれば無敵の神様を守護する神様がいるのか?? という疑問でした。無敵という事は誰が来たって負けないはずでは?? 守護する神様は意味が無いのではと思いました。

丁度その頃、僕の考える「大人像」と言うのが「自立した人」だったので、自立とは自らの足で立つ事と思って、全ては自己責任に帰すると考えていました。個人主義ですね。他人の力を借りない一人の世界です。

曼荼羅をぼや~っと見ていたら、「神様の中の神様、無敵の神様だって他の神様の力を借りているのか~」とふと思い、今までの自分の考えが全て壊れてしまいました。

大人になる事は独りよがりに自立する事では無かったのです。
あの中心の神様の様に、沢山の人の中にあって、頼り頼られる人間になる事が本当に大人になる事だと思い知ったのです。

特に個人主義を志向してきた者にとって、それは全てを否定する事になります。
たとえ一人きりで生きる事が出来ても、人間の世界ではあえてそうしてはならない。
他人に頼る勇気を持つ事が出来る生き方にこそ、本当の学びがあると腑に落ちたのです。

その後、曼荼羅は中央の大日如来が全ての神様の生まれ変わりである事を知りました。
沢山の多様で個性的な神様は、実はたった一人の生まれ変わりの姿だと言うのです。
曼荼羅には人間界も描かれています。つまり、人間も大日如来の生まれ変わりとしているのです。人間一人一人が神様の仮の姿ですよ。

多様で個性的な60数億居ると言われる人間も、人間として数えれば一つと言う事です。
そう考えると自分は、沢山居る人間の一つのバリエーションに過ぎません。
しかし、その事に気が付くと、どんな人間の中にも自分の一部を見つける事が出来る様になります。

「罪を憎んで人を憎まず」とはよく言ったもので、この人とは自分の事と思う想像力を持つ事です。
悪い事をした他者は、もしかしたら自分の代わりにしでかしのではないか?? と思い、そう考えると、人間の心の中にある悪い心こそ、万国共通に人間が持ち合わせている心なのだと気が付きます。
あの罪人の心の中にある悪い心の一部を自分も持ち合わせている。
天に唾するようなものなのです。
あ、大分話がそれてしまいましたね・・・(^^ゞ

「生まれて良かった」と言う子供も大人だと思います。本当に考えると枚挙にいとまが無いですね。

これからは、「心」についても考察してみて下さいね♪
決して交わる事の無い、4つのこの点と線に一体どんな意味があるのでしょうね??
僕も思案中です♪

最後に、「子供は大人になるけど、大人はその後何になるんでしょう??」
こんな面白い問いもあります。

長文失礼致しました~。読んでもらえたら嬉しいです♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
新しい視点ですね。
迷うのは確かに大事ではあると思います。
自己否定というのは確かに必要な点ですね。
>自己を発見しなければ、否定は出来ないのですから
自分を知っている人間というものが大人というのはあると思います。
そこで肯定だけでなく否定ができることも重要ですね。

>大人になる事は独りよがりに自立する事では無かったのです。
あの中心の神様の様に、沢山の人の中にあって、頼り頼られる人間になる事が本当に大人になる事だと思い知ったのです。
特に個人主義を志向してきた者にとって、それは全てを否定する事になります。
たとえ一人きりで生きる事が出来ても、人間の世界ではあえてそうしてはならない。
他人に頼る勇気を持つ事が出来る生き方にこそ、本当の学びがあると腑に落ちたのです。

これは新たな切り口ですね。一人で生きているのではなく、多数の人、家族や社会に生かされている事の自覚を持てること。
そして頼り頼られること。これは確かに大切な要素ですね。

>多様で個性的な60数億居ると言われる人間も、人間として数えれば一つと言う事です。
そう考えると自分は、沢山居る人間の一つのバリエーションに過ぎません。
しかし、その事に気が付くと、どんな人間の中にも自分の一部を見つける事が出来る様になります。

これもありますね。人の多様性を認めることにもつながりそうです。
そして人間に対する感受性が養われていくことになるので、この意味でも大人と呼ぶには必要なことだと思います。

「生まれて良かった」、と言える子どもが大人というのも考えつきませんでした。
その子供の言葉の裏には、周りの人間や社会への感謝の念が込められていると考えればそういう意味で大人なのかもしれませんね。

心、大人の次になるものというのは面白そうですね。
これからも答えのない問を考え続けていこうと思います。
多くの切り口、ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/01 14:58

自分の言動に責任が持てる者が「大人」でしょう。


自律とは非常に難しいでしょう。まあ、最近は年齢にかかわらず
子供じみた人間は多数見かけますからね。

成人とは違うのですが、年齢関係でいちばん思うのは、選挙権が20歳からということです。
高卒で就職した場合、立派に税金を納めています。こういう立場の者が、年齢に満たない
と理由で選挙権がないというのは、明らかにおかしくはないかと思います。親のカネで
大学に行っている者よりは、はるかに条件を満たしているでしょう。

大人の条件とは、最低限の年齢さえ満たせば、それほど年齢は重要視されない。
ただ、年をとっただけで大人というのは明らかな間違いである。
「年長者を敬うべきである」、いや、正確には「尊敬される年長者」になるべきなのだ。

そんな感じじゃないかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり言動に責任をもつのは最重要な点ですね。
自律はまだまだできてないですね・・。

確かに大学生よりよっぽど自立しているのでそういう意味では本来選挙権を与えられるのは働いている人のほうですよね。
年齢に意味が無いのは間違いないと思います。
人に尊敬される人間になることも一条件としてはありえそうですね。
そういう意味ではまだまだ子供なようです・・。

お礼日時:2010/10/01 14:44

大人を演じるのが苦痛でない人が 大人ではないでしょうか



と最近思うようになりました
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大人を演じるのが苦痛ではないというのも一理有りますね。
ある意味自律心がなければできないことでしょうから。
参考になります。

お礼日時:2010/10/01 14:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf

Q精神的に大人とは

※子供以外の大人の精神について

よく(?)大人が大人に向って、または大人を指して「あの人は大人だ」とか「もっと大人になりなさい」とか「大人のふるまいだ」などという言葉がありますが、大人とはどういう状態を言うのでしょうか。誰が大人かどうか決めるのでしょうか。
今の私は、18歳の時よりは知識は増えましたが、感動する事は減ったと思います。精神的に高校生の時のまま止まっている様な気がします。
体は見れば大人だとわかります。だんだん老化もしていきます。

では、精神は?精神が大人になるとはどんなふうなのでしょうか?老化していくのでしょうか?それとも子供のままの人もいるのでしょうか?精神的に大人な人はどんな感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
心の中を覗いてみることはできません。ですから、精神的に大人であるかどうかは、そのひとの行動や言動といった、身体の外に表れ出たものを評価することになります。
我々動物の行動や反応は、脳内の中枢神経系が自分に与えられた状況に対して「利益・不利益の価値判断」を行うことにより、その全てが選択されます。ですから、行動や言動、あるいは反応といった身体の外に表れ出るものは、そのひとの心の動きを映しているということになります。そして、それが大人であるかどうかは、多くの場合、その社会の道徳観や価値観などに従い、必然的に評価基準が設けられることになります。

我々の脳内には、行動選択のための価値判断を行う中枢が以下のように三種類があり、それぞれによって選択される行動の様式が異なります。

「本能行動:脳幹以下脊髄まで」(本能行動)
「情動行動:大脳辺縁系」(学習行動)
「計画行動(意識行動):大脳皮質」(学習行動)

本能行動の様式といいますのは全人類に共通であり、これは生涯に渡って変更されることはないのですが、大脳辺縁系の「情動行動」と大脳皮質の「計画行動(意識行動)」は学習行動でありますから、成長・体験に応じて次第に複雑になってゆきます。そして、我々の社会で「理性行動」と呼ばれているものは、学習行動の内、大脳皮質の「計画行動(意識行動)」に含まれます。従いまして、まず知性的であるということは本能行動に対する「学習行動の比率」が高いということです。そして、知的行動として選択される学習行動の内、更に情動行動に対する「計画行動(意識行動)の比率」が高ければ、それはより理性的であり、より大人ということになります。

我々が産まれたとき、大脳皮質は白紙状態であり、更に人間の場合、その正常な発達には15~20歳までの期間を要します。これに対しまして、情動反応を司る大脳辺縁系といいますのは、出生時でほぼ正常に機能できる状態にあります。
このため、子供というのは大人に比べ、学習行動における「情動行動の比率」がたいへん高くなります。「泣く」「甘える」「欲しがる」、小さな子供でしたら当たり前のことです。やがて大脳皮質の発達と生後学習の積み重ねによって「情動行動と計画行動のバランス」が執れ、知的作業や理性的な判断が行えるようになります。そして社会的な評価というのは、どちらかと言いますならば知的作業よりも「理性的な判断」の方に下されます。
従いまして、大人として評価されるためには、脳の発達が成人に達しているだけではなく、その社会における道徳観や価値観をきちんと学習獲得し、それに基づいた行動の選択ができなければなりません。
精神的に大人になるというのはこのようなことであります。

では、我々の社会で「理性行動」と呼ばれるものは、どうして大脳皮質の「計画行動(意識行動)」に分類されるのでしょうか。それは、大脳皮質には「善悪」の判断が付けられるからだと思われるかも知れませんが、実はそうではありません。
「情動行動」といいますのは、「大脳辺縁系」に発生する「情動反応」に従って選択される行動です。学習行動ではありますが、それは大脳辺縁系の価値判断によって行われるものであるため、大脳皮質に知覚されるまでは行動や反応の発生を自覚することさえできませんので、自分の意思でコントロールするというのはたいへん困難です。
これに対しまして、「計画行動(意識行動)」は「過去の学習記憶を基に未来の結果を予測する」という、極めて複雑な「大脳皮質」の情報処理によって実現するたいへん高度な学習行動であり、本能行動や情動行動では対処できない様々な問題を解決することができます。

「理性」とは「感情に影響をされない判断能力」と定義されます。
「バカ野郎!」と言われたら「何を、この野郎!」というのが情動行動です。ですが、それがたまたま目上の上司でありますならば、「自分の会社での善悪(利益・不利益)」の判断を誤ったということになります。
これに対しまして、「バカ野郎!」と言われたら、ここは取り敢えず謝っておいた方が得だな、というのが「計画行動」です。このようなことは「未来の結果」を予測することのできる大脳皮質でなければ不可能です。このため、「理性行動」という複雑な行動選択は、全てが大脳皮質によって行われます。
上司と自分はどちらが正しいか、我々が理性的な行動を選択するために、善悪の判断は全く関係ありません。強いては、理性的であると評価されたいのでありますならば、心にもないウソを吐けば良いわけです。ともすれば、これができて初めて「大人」ということになるのかも知れません。

「感動」といいますのは、大脳辺縁系の「情動反応」によるものです。
「大脳辺縁系」は、身体内外の環境から入力される知覚刺激に対し、生後体験に基づく「利益・不利益の価値判断」を下し、「快情動」と「不快情動」のどちらかを発生させます。「快情動」と判定され「報酬行動(接近行動)」を選択せしめる知覚入力を「報酬刺激」、これに対しまして、「不快情動」に伴う「回避行動」の因子を「嫌悪刺激」といいます。そして、「好奇心」の源であります「新奇刺激」は、快情動をもたらす「報酬刺激」に分類されます。
ですから、我々にとりまして「感動」という情動反応の要因となりますのは、
「刺激の強さ」
「刺激の新奇性」
「報酬体験としての学習」
主にこのようなことになります。
ですが、まず一度体験してしまいますならば「新奇性」が損なわれます。また、強い刺激も繰り返されるならば反応が弱くなりますし、如何に過去に強い感動を学習したとしましても、飽きてしまえばそれまでですよね。
まして、知識が深まるならば「未来の結果を予測する」という能力が高まるわけですから、「そんなの当たり前だ」「見る必要はない」、これでは、新たな感動に巡り会う機会は端から損なわれてしまいます。更に、知識や経験によってある程度の判断が容易に下せてしまいますと、それが今度は、「頭が固い」といった現象として表れることになります。
我々はこのようにして、しだいに若かりし頃の豊かな感受性を失ってゆきます。

かつてフロイトが「性的道徳観」と指摘したものは、現在では、生後体験によって大脳辺縁系内の「扁桃体」に獲得される「情動記憶」であると考えられています。我々は生まれ育った社会からSEXに関する道徳観を学習し、それを判断の基準として情動反応を発生させているわけです。
ですが、大脳辺縁系内に学習獲得される判断規準といいますのは、決して善悪や道徳観ばかりではありません。個人体験や社会慣習に従い、道徳的価値観や宗教的価値観から、食べ物の好き嫌い、異性のタイプまで、ありとあらゆる価値観が獲得され、我々はそれに基づいて行動の選択を行っています。これが「情動行動」であり、そして我々の日常生活は、決して大脳皮質の計画行動ではなく、ほとんどがこの情動行動によって賄われています。
大人であるということは理性行動を選択できることであり、理性とは感情に影響を受けない行動の選択です。このためには、様々な学習情報を駆使して未来の結果を予測するというたいへん高度な思考を行わなければなりません。
ですが、先に述べました通り「感動」とは大脳辺縁系の情動反応であります。そしてそれは、決して自分の意思ではコントロールすることはできませんが、我々の行動を「目的」というものに対して突き動かすという原動力であります。更にそこには、生後我々が長い年月を掛けて獲得した道徳観や個人の個性といった判断規準が無数に獲得されているだけではなく、何よりも、大脳辺縁系の情動反応が大脳皮質の計画行動とはっきり異なる点は、ここではウソを吐けないということです。ですから、作り笑いをすることは誰でもできますが、ウソで感動できるひとはいないわけですね。

我々が大人になるためには、大脳皮質にたいへん多くの知識を詰め込まなければなりません。ですが、それと同時に、ひとが悲しむならば自分も悲しみ、幸福であるならば心から喜ぶと、そんな豊かな人間であり、豊かな大人であるためには知識だけではなく、より多くの体験に触れ、大脳辺縁系に様々な反応規準をしっかりと獲得する必要があります。
感受性は確かに年齢と共に低下してゆきます。ですが、知識が高まれば好奇心を増やすこともできるわけですし、何よりも経験・体験というのは年月が物を言います。お年寄りの心が豊かなのはこのためですね。脳の成長は止まっても、人間としての成長は生涯続きます。

こんにちは。
心の中を覗いてみることはできません。ですから、精神的に大人であるかどうかは、そのひとの行動や言動といった、身体の外に表れ出たものを評価することになります。
我々動物の行動や反応は、脳内の中枢神経系が自分に与えられた状況に対して「利益・不利益の価値判断」を行うことにより、その全てが選択されます。ですから、行動や言動、あるいは反応といった身体の外に表れ出るものは、そのひとの心の動きを映しているということになります。そして、それが大人であるかどうかは、多くの場合、...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q「失ってからわかる大切さ」なぜ人は失う前に気づくことが出来ないのでしょ

「失ってからわかる大切さ」なぜ人は失う前に気づくことが出来ないのでしょうか?
よく失ってから本当の大切さに気付いたと言いますが、なぜ日常では気づけないのでしょうか?

傷ついているときの方が、心でいろいろなことをキャッチしやすくなっているのでしょうか?

私も、失ってから気付くこと、後悔したことがたくさんあります。これからは失う前に気付きたいのです。
どのようなことに気をつければ良いでしょうか?

Aベストアンサー

30代既婚者男です。

失ってから気付くことは多いですね。
なぜ、人は失わないと気付くことができないのか?ですが、
これは、当たり前と思う傲慢さが原因だと思います。

今あるものが全て当たり前で、永遠に続くものだと勘違い
してしまいます。
恋人が隣にいるというのが当たり前になってしまい、
優しさや思いやりに欠ける言動や行動をしてしまうのです。
恋人であったり、家族であったり、友人であったり、
それぞれ大切だと思えるものは違うのでしょうが、

全ては、いつか言えばいい。いつか行動すればいい。
という思いが曲者なのです。
ありがとう、愛している、ごめんなさいを今言えるなら、
今言うべきです。
明日にしないで、今出来ることは今するべきなのです。
そうした先送りの癖をつけていると、いつか本当に後悔する
日がやってきます。

今を当たり前と思わないで、今日一日を、今を精一杯生きる
ことこそ大切なことなのです。
明日が来るのは当たり前ではなく、奇跡なのです。
でも、心から大切なものを失う前に気付くことはとても
難しいことです。
失って初めて見つめることのできる心のシステムのような
ものですからね。
だから人は、失恋や失敗、挫折から学ぶことが出来るのです。

でも、こうして普段から意識を集中させていれば、
いつか、今を感謝できるようになれるはずです。
後悔は悪いことではありません。後悔が心を育てるからです。
たくさんの後悔の経験から得るものはとても大きいのです。
でも、一つ気をつけなければならないのは、あなたが今
感じている失って初めて大切に思える事が、単なる寂しさと
依存から来るものではないか?ということです。
この依存から来る思いでは、本当に大切なものを見過ごして
しまうかもしれませんからね。

失えば得るのです。逆に得ることで、失うのです。
どちらも良い経験ですね(^.^)

30代既婚者男です。

失ってから気付くことは多いですね。
なぜ、人は失わないと気付くことができないのか?ですが、
これは、当たり前と思う傲慢さが原因だと思います。

今あるものが全て当たり前で、永遠に続くものだと勘違い
してしまいます。
恋人が隣にいるというのが当たり前になってしまい、
優しさや思いやりに欠ける言動や行動をしてしまうのです。
恋人であったり、家族であったり、友人であったり、
それぞれ大切だと思えるものは違うのでしょうが、

全ては、いつか言えばいい。いつか行動すればい...続きを読む

Q大人の取るべき責任って、何?

ふと疑問に思いまして。

大人である条件として「自分の行動に責任が取れる」とか、よく言われますよね。
私は短大の指導教授に教わりました。

三十過ぎて、結婚して子供も出来て、ふと、自分が何かに責任を取れるかと考えた時、責任をとるって何だろうという疑問にぶち当たりました。

例えば引責辞任。辞めたほうは責任を取ったと成りますが、相手側は常に「責任を果たした」と思えるのか?

例えば犯罪。法的に償いを終えた(懲役や極刑でも)として、被害者からみてそう見えるのか。あるいは殺人であれば、被害者からは「償いを果たした」とは言ってもらえません。

例えば子育て。親としては出来るかぎりでいい環境(子供のためになること)を整えたいとは思うでしょうしするでしょう。
でも、育った後の子供から見て「あれが、これが足りなかった」といわれた時に、子育ての責任を果たしたことになるのでしょうか?

個人的と社会的な責任の取り方があるとは思うのですが、両立しないことも多々ありますよね。
そういう場合、どちらを何処までやれば、責任を取れる大人の行動と認識されるのでしょうか?
また、責任がとれないなら大人でないと仮定するなら、どこかで責任を果たせなくなった時点で「大人」でへなくなるのでしょうか?
その場合、なんと呼べばいいのでしょうか?

例で上げるなら

● 大企業の粉飾決算で社長が辞任した。

● 党ぐるみの不正に主として関与した政治家が「わが身の不徳です。死をもって謝罪します」と自殺した。

● 大量殺人者が宗教に帰依して、善行に励んだ。

● 貧困家庭が倹約を重ね、子供の通う有名私立大学の学費を払った。

● 交通事故で相手を殺してしまった人が、遺族の許しを得るまで足しげく謝罪に通う。

● 何千人と救ってきた名医が成功率が高い手術に失敗して、患者が亡くなってしまった。

などで考えていただけないでしょうか?

あるいはもっといい例示があればご紹介いただけると嬉しいです。

大人って、その責任っていったい何なのでしょうか?

ふと疑問に思いまして。

大人である条件として「自分の行動に責任が取れる」とか、よく言われますよね。
私は短大の指導教授に教わりました。

三十過ぎて、結婚して子供も出来て、ふと、自分が何かに責任を取れるかと考えた時、責任をとるって何だろうという疑問にぶち当たりました。

例えば引責辞任。辞めたほうは責任を取ったと成りますが、相手側は常に「責任を果たした」と思えるのか?

例えば犯罪。法的に償いを終えた(懲役や極刑でも)として、被害者からみてそう見えるのか。あるいは殺人で...続きを読む

Aベストアンサー

NO.4です。お礼ありがとうございます。

そうですね、責任とは義務を果たすこと、と捉えて宜しいかと存じます。
また私事になるのですが、家を飛び出した際に一番苦労したことを述べさせて頂きます。
飛び出した直後は夏休みと言うこともあって、友人宅を転々としておりましたが、2学期が始まると母親からの連絡により、家出をしていることが学校側にバレてしまいました。
職員室に呼び出され、大勢の先生に囲まれ母親と話し合いの場を設けた際に、私は「このまま自立する、自分の力だけで高校を卒業する」と宣言したところ、「具体的にどうやって実現させるのか、本当にやり遂げることが出来るのか、ここにいる大人全員を納得させてみよ」と担任に言われました。
この時の私は責任を負うことの大変さが分かっていませんでした。
やる気と根性論を展開してその場を切り抜けたのですが、さあ実行という段階で、早くも心が折れそうになったのです。
住み込みで働ける仕事を探したのですが、誰からも相手にされませんでした。
やる気や根性があっても16歳の私にはそれを証明することが出来なかったのです。
私のことを全く知らない大人から信頼を得るにはどうすれば良いか。
そこでようやく社会における「責任」について真剣に考えるようになった次第です。
義務を果たす。
サラリーマンの場合、給与に見合った働きを行うことでしょうし、
親の場合、子が成人するまで育てることでしょう。
しかし淡々と目の前のことをこなすだけでは、責任を果たしたことにはなりません。
親の責任で考えるとよく分かると思います。
子が健やかに成長するためには、福利衛生面を整え、適切な教育を受けさせ、愛情を注いで育てる必要があります。
お分かり頂けましたでしょうか。

NO.4です。お礼ありがとうございます。

そうですね、責任とは義務を果たすこと、と捉えて宜しいかと存じます。
また私事になるのですが、家を飛び出した際に一番苦労したことを述べさせて頂きます。
飛び出した直後は夏休みと言うこともあって、友人宅を転々としておりましたが、2学期が始まると母親からの連絡により、家出をしていることが学校側にバレてしまいました。
職員室に呼び出され、大勢の先生に囲まれ母親と話し合いの場を設けた際に、私は「このまま自立する、自分の力だけで高校を卒業する」と宣言...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?

一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?


歴史的にみると昔は一夫多妻の制度はありましたが、今は普通にそのようなことを望む人はいないからですか?

Aベストアンサー

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かったこと
昔の平均年齢は二十歳を超えていません。多く生まれ多く死んでいくわけです。そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。
そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。


一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。

一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。

さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。
とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。



本題に入りましょうか。

日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、
砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国
明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々

そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。

つまり現代日本では一夫多妻は
社会的に必要とされていないし合理性も無い。


一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。残念なことに。


ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。

そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。結婚と言う取り決めは無く。
彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。

女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。
短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。

日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。


一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。
それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。
南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです


セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。
脱線が過ぎましたね。そういう事です。

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かっ...続きを読む

Q『幼稚な会話』と『大人な会話』

いわゆる『幼稚な会話』と『大人な会話』とは、具体的にどんな感じなのでしょうか?
私は聴覚障害者で、他人の会話を盗み聞きとかできないので、気になっております。

いわゆる『幼稚な会話』と『大人な会話』のそれぞれの具体例を挙げて頂いた上で、比較させてもらえるようにご説明して下さると嬉しいです。

意見は人それぞれで、これが正解というのは無いのは分かってますが、参考にさせて頂きたいので、是非たくさんの意見をお願いします。

Aベストアンサー

幼稚な会話と認識するのは
・自分に非が無い事のみを一生懸命言い合う
・時間を掛けても結論が出ない

大人の会話と認識するのは
・認識、分析、対策がなされる会話
・適切な諦め
・相手を責めない

等でしょうか。

非現実的とか、過去の事に拘る等、周囲を無用に不愉快にさせる可能性のある会話は幼稚と捕らえられてるケースが多く、目線が限りなく子供、或いは低いと感じる場合でしょうか?

大人の会話と思われるのは、少し視線が高く、より全体的なバランスを考えた会話になるのでしょうか。中には相手を許すだとか、諦める等も含まれ、一生懸命ではないけど、解決する力を持った会話の場合、周りから大人の会話と認識される場合が多いのでは無いでしょうか?

ですが、一概に問題を解決する上で、どちらが適切とは言えない場合も有ります。従来通り諦めるのが、大人で、何とか改善しようと必死になるのが子供か?と問うなら、変化を好まない大人と、挑戦だとか新しいものや変化を好む子供、何れも大切な気がします。

余り上手く説明が出来ませんが、思いつくまま書いてみました。

幼稚な会話と認識するのは
・自分に非が無い事のみを一生懸命言い合う
・時間を掛けても結論が出ない

大人の会話と認識するのは
・認識、分析、対策がなされる会話
・適切な諦め
・相手を責めない

等でしょうか。

非現実的とか、過去の事に拘る等、周囲を無用に不愉快にさせる可能性のある会話は幼稚と捕らえられてるケースが多く、目線が限りなく子供、或いは低いと感じる場合でしょうか?

大人の会話と思われるのは、少し視線が高く、より全体的なバランスを考えた会話になるのでしょうか。中...続きを読む

Q生活保護費って1ヶ月いくら?

あたしの知り合いが生活保護をうけてます
母子家庭で子供一人です普通に生活してればなんも問題はないと思うですが…
毎月お金がたりないとかいって返すから貸してとあたしや他の知り合いにいってきます
あたしは結婚して子供もいて専業主婦なので旦那の給料で全部やっていて余裕なんてないからいつも断ってます。
でも知り合いに気いたら結構貸してたりご飯食べさせたりしてるみたいで一体いくらもらって何に使ってるの?と聞いてもカツカツの金額しかもらってないって言われます。
人のことなので言われるすじあいがないと思いますけど毎回お金ないとか財布に1000円しかないというわりに昼ご飯たべにいこうとか言われて
何なのかなぁとおもいました
車も子供がいるからないと困ることしってるんで内緒に車も所有してます毎日出歩きガソリン代はどこからでてくるんだろうと不思議です
北海道なんですけど
子供一人で母子家庭の保護費って誰か知ってる人いませんか?
本当になくて困ってるならと思いますがやってることがやってることなのでとても疑問です

Aベストアンサー

自治体にもよりますけども、子供一人の母子家庭であれば15~17万は最低貰っていると思います。

使い途は支給を受けた本人の自由ですが、あまり贅沢はできませんよ、大概は。問題は車を所有してる事を隠してる事です。これ、ばれたら大変な事になりますよ。生活保護は打ち切られるわ、これまで支給された保護費全額を返済しなければならなくなります。場合によっては「詐欺」で訴えられる事もあります。

恥ずかしながら私も生活保護を受けていますが、一人暮らしで10万5000円ちょいです。これでカツカツになる事はありませんよ。光熱費や家賃を払っても4万位は生活資金に充てられますし、冬場(私も北海道)は燃料手当ても加算されて13万ちょいになりますから、冬場は生活としては非常に楽に生活ができます。ただ私は「精神障害疾病3級」なので、就活については言われませんが、いつまでも貰い続けていると若い人の場合「仕事をちゃんと探してますか?」とは言われるみたいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング