中島らも「ガダラの豚」
おもしろい本を探しており、中島らも「ガダラの豚」がおもしろいと、ネットで目にしました。
ブックオフへ行き(I)はなかったのですが、(II)と(III)は¥105で売っていたのでを買いました。
そこで質問です。この「ガダラの豚」は続き物で(I)から順番に読まないとダメなものなのか、
それともそれぞれ独立していてどれから読んでもいいものなのか、
それとも、できれば(I)から読んだ方がいいが、順番どおりでなくてもそれなりに楽しめるものなのか。
アドバイスをよろしくおねがいいたします。

A 回答 (1件)

1巻から順番に読まないと駄目です。


ストーリーが1巻~3巻まで続いています。
残念ですが、1巻を購入してから残り2冊を読んで下さい。

ま~、ちょっと我慢すれば楽しい時間を過ごせますので^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですか。1巻を買ってから読むことにします。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/03 09:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中島らもの『酒気帯び車椅子』

中島らもが好きで結構読んでいます。『酒気帯び車椅子』
という作品があるらしいのですが、どこで読めますか?
50歳以後に書いたと聞いているのですが・・・。

Aベストアンサー

12月3日に発売予定のようです。

参考URL:http://www.s-book.com/plsql/com2_booksche?jan=s&mm=1

Q今までに読んだなかで、おもしろかった本教えて

この本読んで人生が変わったとか、面白かった本教えてください。
仕事関係の本しか読まず、映画はよく見ます、カッコウの巣の上で、セブン、子育てごっこ、などが好きです、最近読んだ本林住期 いろいろなジャンル読みたいので、お願いします。

Aベストアンサー

「冷血」トルーマン・カポーティ
この本は一気に読みました。読み終わった時は悲しかったくらいです。でも、好みに合いますかどうか・・・

Q女性の方に質問 最近読んでおもしろかった小説を教えてください

女性の方に質問です。

最近読んでおもしろかった小説は何ですか?
ジャンルは問いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・中嶋博行「ホカベン」
中嶋氏原作のマンガではなく、書き下ろしの番外編らしいです(マンガは未読)
・新野剛志「あぽやん」
・笹本稜平「素行調査官」
・鏑木蓮「エクステンド」
・桂木希「終末のパラドックス」
・アリステア・マクリーン「女王陛下のユリシーズ号」
古い作品ですみません。海外の小説は比喩や諧謔が分かりにくくて敬遠していたのですが、この作品は面白かったです!

Q★人生で読んだ中で「一番おもしろかった小説」を教えてください!!!★

★人生で読んだ中で「一番おもしろかった小説」を教えてください!!!★

タイトルの通りです。

私は小説を読むのが苦手なので、一気に全てババッと読み進められるような面白い小説を探しています。

ジャンルはどんなものでもいいので、あなたが人生のうち読んだ中で一番おもしろかった小説を教えてください!

Aベストアンサー

私も十代の女子です。

他の方も挙げてますが、星新一さんがおすすめです。作品のほとんどがショート・ショート(短編)なので、さっくり読めてさっくり楽しめます。SFになじみのない私でも5~6冊まとめて買った短編集をすぐに読み終えてしまいました。
スカッとする爽快な話から、背筋が凍るぞっとする話、心温まるいい話、エスプリの効いたブラックな笑い話まで豊富な色を持つ作品ばかりです。

人におすすめの本を訊かれると私は必ず星新一さんをおすすめしてます。ぜひ!読んでみてください。
ちなみに、星新一さんの作品群で私が一番好きな話は「天使考」です。短編集「ようこそ地球さん」の中に入っています。名作と名高い「処刑」も入っていますので、一度読んで損はありませんよ。42話入ってたったの550円です。

Q恩田陸作品の読む順番

以前から恩田作品に興味があるのですが
どこから読んでいいのかわかりません。
『ドミノ』はシリーズに関係ないということで
以前読みました。が、面白かったのですが
逆にシリーズに手を出すきっかけを逃しました。

同じようなスレッドを探したのですが見つからず

御講授願います!

Aベストアンサー

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
「六番目の小夜子」→「図書室の海」の表題作or「象と耳鳴り」or「puzzle」
「六番目の小夜子」の登場人物である、関根秋(高校生)の家族の話です。「象と耳鳴り」は秋の父で退職した判事である関根多佳雄が主人公の短編集、「puzzle」は秋の兄で検事の春の話です。

恵弥シリーズ
「MAZE」→「クレオパトラの夢」

とりあえず思いつく限りシリーズ物をあげてみました。
シリーズ名は私が勝手につけてしまいましたが・・。
三月シリーズがとても複雑です。私は上記の順番で読むといいと思いますが、人によって違うと思います。
たくさんあるので読むのが大変ですが、微妙なつながりを発見したとき、わかったときはとても嬉しいですよ。ぜひ読んでみてください。

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報