加齢と加重により膝(内側)痛みあり整形外科を受診、医師より減量と大腿四とう筋の強化するよういわれました。レントゲンより膝関節の隙間がせばまっているため半月板に負担がかかり炎症のため立ち座りする時痛いとのことでした。
これより、自転車を購入し大腿四とう筋の強化に励んでます。
あとコンドロイチンかヒアルロン酸のサプリを検討中ですが、いかがでしょうか。
アドバイスお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ヒルアロン酸→ヒアルロン酸


訂正します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは減量と筋力強化に励んでいきたいと思います。
貴重な体験談有難うございました。

お礼日時:2010/10/03 02:00

多分小生と同じ病気と思われます。


この病気は発病したら大変です。
歩行困難に陥り、労務不能になります。
因みに病気の進行を止めることは出来ません。
小生も大腿四とう筋の強化にスポーツジムに通いました。
何の効果もありません。
サプリメントも効果はありません。

その病名は「変形性膝関節症」です。
これは間接の軟骨が無くなる病気です。
原因はまだ解明されていません。

治療は、炎症痛み止めのロキソニンを飲むこと。
2週間に一回のヒルアロン酸の注射をするのみ。
6回目からは3週間に1回になります。
ただ痛いのを我慢するしかありません・・・・

立ち座りのときに痛いとと言うことなので、もういくらもしないうちに激痛が来ます。
ただ耐えるのみです。
少し書き方がひどいようですが、これが今の私の状況です。

はっきり言ってこの病気は原因不明ですからなるようにしかならないので・・・・
    • good
    • 0

>コンドロイチンかヒアルロン酸のサプリを検討中ですが、いかがでしょうか。



残念ながらこの手のサプリメントは、最新研究において 「効果なし」 と証明されています。サプリメントは摂取後、消化吸収され血液によって患部に運ばれます。ここでポイントになるのが、血液中の有効成分の濃度です。これを有効血中濃度といいます。サプリメントはこの濃度が小数点以下0が何個もつくことが報告されています。薬の種類によっては濃度が薄くても効くものもありますが、軟骨再生を目的にするには非常に薄すぎます。

膝が痛いのであれば、病院の薬で炎症を抑える必要があります。関節の炎症を放って置くと、軟骨は驚異的なスピードで破壊されて行きます。今の医療では軟骨の再生は出来ませんので、炎症を早期に抑えることは最も大事なことです。

サプリメントでも使われているヒアルロン酸は、やはりサプリメントでは効果がないですが、病院では関節に直接注射しています。これは軟骨の再生を目的にしているのではなく、軟骨を保護し、炎症をおさまりやすくさせる目的があります。


>自転車を購入し大腿四とう筋の強化に励んでます。

屋外ウォーキングは行っていますか?自転車は行ってもいいと思いますが、屋外ウォーキングに筋トレは欠かさずに行った方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サプリ他、詳細なアドバイス有難うございました。
無駄かもしれない投資をせず済みました。
やはりまずは減量(170cm、95kg)と筋力強化に励んでいきたいと思います。

お礼日時:2010/10/03 02:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝蓋大腿骨関節症?

こんにちは。
数年前から、歩きすぎると左膝が痛み、バキバキ鳴るようになりました。たまたま捻挫でかかった医者に「膝のお皿が動きすぎて炎症を起こしている。大腿骨の受け皿(くぼみ)がちょっと小さい」といわれました。
スポーツ選手がよくなる症例のようですが、なぜなったかはナゾです(以前、スポーツジムで膝かっくんしたことがあったから?)。ひょっとしたら生まれつきかもしれないし・・・だそうです。
とにかくあまり歩かない、ヒールの高い靴ははかない、そして膝まわりの筋肉を鍛える、サポーターをつける・・・などといわれています。なるべく実行していますが、膝の筋肉を鍛えるのはなかなか・・・。
サポーターをつけるのでスカートがはけなくなり、また蒸れてかゆくなったりもします。

手術するほどではないのだと思うのですが、一生直らないんでしょうか?泣くほど痛いということもないのですが、確かに歩くと痛いですし(仕事柄よく歩きます)、将来早く膝の老化が進むといわれています(女性はなりやすいんだそうです)。
低周波や赤外線といった対処療法をしていますが、なんとかサポーターをはずしたいのですが・・・。

どなたか、こういった症例を完治させた方はいらっしゃいませんでしょうか。

こんにちは。
数年前から、歩きすぎると左膝が痛み、バキバキ鳴るようになりました。たまたま捻挫でかかった医者に「膝のお皿が動きすぎて炎症を起こしている。大腿骨の受け皿(くぼみ)がちょっと小さい」といわれました。
スポーツ選手がよくなる症例のようですが、なぜなったかはナゾです(以前、スポーツジムで膝かっくんしたことがあったから?)。ひょっとしたら生まれつきかもしれないし・・・だそうです。
とにかくあまり歩かない、ヒールの高い靴ははかない、そして膝まわりの筋肉を鍛える、サポータ...続きを読む

Aベストアンサー

 質問中にある医師のコメントから考えると、膝蓋大腿関節不安定症ではないかと思われます。
 
 この疾患だとすると、もともとの関節の形態が原因であることが多く、将来的に変形性関節症になる可能性があります。
 
 治療法としては現在行われているような筋力強化やサポーターでまず経過を見て、症状の改善が無ければ手術を考える場合もあります。

 現在かかっている医師によく相談するか、膝に詳しい整形外科医を探してみることをお勧めします。

Q筋がはる感じとお皿がずれるような感覚の膝の痛み

年末年始で2kgほど太りました。ダイエットと健康のために1月中旬からウォーキングをはじめ1月末日頃からジョギングを始めました。ある日ダンベル1kgを両手に持ってジョギングをしたところ、右膝のお皿がずれるような感覚が合った後、激しく痛み歩けなくなりました。しばらく安静にしたら大丈夫になりましたが、その後時々膝がずれるような痛みがありました(ウォーキング&ジョギングはお休み)。ある日宴会でずっと正座&横座りをしていて、トイレに立った後座ろうとすると右膝のお皿の上の1本の線に激痛がはしり座れなくなりました。それから約5日とりあえず多少の痛みと違和感を感じ、今日お医者さんに行きました。
レントゲンの結果、骨は綺麗だし押しても痛くないから問題はないです。と言われ、そのままで治るでしょう。とのことでした。。少しずつ痛くなっていくのに骨に問題がないから大丈夫ということはありますか?とても若い女医さんでつい疑ってしまっているのですが、このままで大丈夫でしょうか?アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

参考程度に聞いてくださいね。
Swinさんって、女性ですか?
以下は、女性の場合に起こりやすい例として聞いてください。
過度な運動によって膝を痛めるのは、女性に起こりやすい障害です。(男性でも起こりますが、かなりスパルタ的に運動しないと起こりません。)
というのは、女性と男性で、筋肉に信号を伝える伝達速度が「女性の場合遅い」ために起こりやすいと考えられています。(神経伝達速度を統計的に見ると差がハッキリしています。)
そして、女性の場合、男性よりも筋肉がつきにくい(ついていない)場合が多いため、膝・肘の曲げ伸ばしの際、過度な運動を起こしてしまいがちになります。

以上のことから、女性の場合、過度の運動をすると肘・膝の関節を曲げるときに曲げられず、間接を止めつるときに止めることができないので、関節部分の大きな負担をかけ、「靱帯」を損傷する場合が多いのです。(度を越すと靱帯断絶・疲労骨折を起こします。)
これは女性特有の「スポーツ病」と呼ばれるもので、バレーやバスケットの選手に多く見られる傷害です。
靱帯はレントゲンなどには写りませんから、
>レントゲンの結果、骨は綺麗だし押しても痛くないから問題はないです。
と医者が言ったとしても無理はありません。(その方がスポーツ医学に詳しくないだけですから・・・。)
おそらく靱帯に傷が付いた(一部断絶)、あるいは、伸びきったしまった、ということから、膝の半月板や関節部分を正常な場所につなぎ止めておくことができず、ほかの場所とぶつかるためにくる痛みと考えられます。

Swimさんがどちらにお住まいか分かりませんが、地域の学校の部活等で怪我をした場合によく行く「整形外科」、体育大学のかかりつけ整形外科など、スポーツ医学に詳しいる「整形外科」があると思います。
そういった病院を探した方が一番早く痛み等の軽減がはかられると思いますよ。

参考にしてみてくださいね。(男性でしたらごめんなさい。でも、症状的には靱帯を怪我なさっていると思いますよ。)

参考程度に聞いてくださいね。
Swinさんって、女性ですか?
以下は、女性の場合に起こりやすい例として聞いてください。
過度な運動によって膝を痛めるのは、女性に起こりやすい障害です。(男性でも起こりますが、かなりスパルタ的に運動しないと起こりません。)
というのは、女性と男性で、筋肉に信号を伝える伝達速度が「女性の場合遅い」ために起こりやすいと考えられています。(神経伝達速度を統計的に見ると差がハッキリしています。)
そして、女性の場合、男性よりも筋肉がつきにくい(ついていな...続きを読む

Q膝が痛みます

歩く分にはとくに問題ないのですがスクワットのような屈伸運動や階段の上り下り、重いものを持ったときに痛みが生じます。病院にいこうと思うのですが、整形外科、接骨院、整体など、はたしてどこに行ったらいいものかわかりません。よろしければアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

整形外科をおすすめします。

整形外科は医師の資格を持っている人、
接骨院は柔道整復師の資格を持っている人が診ているので、
ひとまず医師の診察を受けた方がいいかと思います。
(接骨院と整骨院は内容的には同じようなものみたいです)

私も半年前に「平らなところを歩くには問題ないけど、
階段の上り下りが痛い。でもケガをした覚えもないし、
外見上、腫れてもいない」という状態だったので整形外科に行きました。

ひざのお皿を支えている筋肉の筋力が衰えることによって、
本来ならピシッと固定されるはずのお皿がゆるゆるになっていて、
お皿がズレるたびにお皿の下の軟骨が擦れて痛みが出たということでした。

薬で治るものではないようで、痛まない程度に筋トレをして、
日常的には少し強めのサポーターをしています。
サポーターをすることでだいぶ痛みが軽減しました。

医師からは「まだ若い(30代前半)のに・・・」と苦笑されています。
確かに、おばあちゃんが同じような痛みで通院していたな~と(笑)

質問者さんが同じ状態とはわかりませんがご参考までに。

※整形外科もよくよく考えて、なるべく評判のいいところに通ってください。
 私は最初に行った病院が悪くて、そこで何枚もレントゲンを撮ったりしたのに、
 「原因不明」と言われ、無意味な電気治療とシップ+ゆるいサポーターで、
 全く痛みが取れませんでした・・・
 今の病院は別件で通っている医師に紹介してもらって行ったのですが、
 丹念な触診と問診で原因を一発で突き止めてくれたという経緯があります。

お大事にしてください。
 

整形外科をおすすめします。

整形外科は医師の資格を持っている人、
接骨院は柔道整復師の資格を持っている人が診ているので、
ひとまず医師の診察を受けた方がいいかと思います。
(接骨院と整骨院は内容的には同じようなものみたいです)

私も半年前に「平らなところを歩くには問題ないけど、
階段の上り下りが痛い。でもケガをした覚えもないし、
外見上、腫れてもいない」という状態だったので整形外科に行きました。

ひざのお皿を支えている筋肉の筋力が衰えることによって、
本来ならピシッ...続きを読む

Q膝をつくと痛みます。

半年前から右膝の皿の表面側に激痛があり2ヵ月前に整形外科でレントゲンを撮りました。お医者さんには、見た目にも触ってみても分からないので経過観察でよいと言われましたが、まだ膝をついた時や物にあたると痛みを感じます。やはり、MRIなどの検査を受けたほうがいいでしょうか?まったくの、自己診断ですが、膝蓋前滑液包炎と思います。強い痛みは感じなくなりましたので、すでに、慢性期に入っているのかと思われますが このまま様子をみていていいものでしょうか?なにか投薬などの治療を受けた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>自然治癒することはありませんか?

はっきりした原因が分からないのでお答えできません。


>薬はステロイドのようなものになりますか?

普通は非ステロイド性の消炎鎮痛剤だと思います。


>また、膝蓋前滑液包炎は細菌感染性の場合もあるようですがどういう
検査で診断するのでしょうか?

感染では明らかに腫れて、赤くなります。
検査でしたらレントゲンと血液検査だと思います。

Q腰から膝などにかけての関節痛

初めまして。37歳の男です。

先日から、腰やら膝やらの関節痛があります。
ちょうど風邪を引いた時のような関節の痛みです。

かといって、熱もなく、体が重いわけでもありません。
これは病気なんでしょうか?
それともただ歳とってきただけ?(笑)

すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

風邪や疲労から関節が痛むこともありますし、
ちょうど季節の変わり目ですから、
年齢的なものもあるかもしれません。

太ももの筋などがピリリと痛むようなら、
椎間板ヘルニアなどの恐れもあります。

腰、膝に痛みがあるのは、
そこに負担がかかっているわけで、
身体をストレッチなどでほぐし、
特にふくらはぎなどの筋肉が
かたくなっているはずですから、
ゆっくり、しっかりと伸ばしてみると
ましになるでしょう。

それで症状が改善に向かわないようなら、
一度お医者さんにいかれたほうがいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報