『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

【卓球】反転式ペンに張るラバー

自分は卓球暦4年です。
今自分は反転式のペンを使っています。両面張るだけなら中ペンでもよかったのですが、角ペンが好きなので使ってます。
そこで質問なのですが、ドライブ主戦型にピッタリのラバーの組み合わせを教えて欲しいです。
使っているラケットの重さなどは考慮しない事を条件でお願いします。

A 回答 (2件)

中高6年、ペンドラだったものです。

市販されているもので、一番スピードが出てスピンがかかるラバーは“テナジー25”です。ただ高いです・・・ドライブ型にとっては間違いなく最高のラバーです。高いと仰るなら、タキファイアなどどうですか・・・なかなか良いラバーだと思います。組み合わせとなると、もう一方のラバーは粒高になるのでしょうが、今はやりの王皓選手の様なプレースタイルもありだと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!参考にさせてもらいます!

お礼日時:2010/10/09 16:55

今使っているラバーでいんでないの。


本人が使いやすいラバーが一番だって。
なんか不満があるならそれを書くべし。
万人に都合のいいラバーって無いからね。

一般論でいいなら、
表面:スレイバーEL
裏面:オリジナルエクストラ or フレクストラ
使いやすいよ。
十分弾むし掛かる。

とことん弾むのが良いならまた別になるだろうけど、それは他の人に任せる。w
TとかVとかPとか言ってくるだろうけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反転ペンの裏面に貼るおすすめの粒高ラバー

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦り上げられずにボールの質が表ソフトラバーの角度打ちのような感じになってしまっています。(回転は一応それなりにかかっているのですが、上がらないと言った感じです)

このままではマズいと思い、とりあえずアンチラバーに飽きてきたこともあり、裏面のアンチラバーを粒高に換えて(1枚ラバーか超極薄など)、ラケットの軽量化を図りたいと思っています。しかし、あまり粒高ラバーの経験が無いため、どのラバーが自分の希望に合っているかわかりません。そこで、皆さんからお勧めの粒高ラバーを教えて頂きたく、質問致しました。

自分の希望としては以下の通りです;

1. なるべく弾まない粒高ラバー(使用ラケットがバイオリンの為、結構弾む)

2. アンチとまではいかなくても、ツッツキ時あまり回転のかからないラバー(回転のメリハリでミスを誘いたい)

3. 粒高ということである程度の変化、及びナックルボールが出しやすいもの


自分としてはカールP-1R(特薄)かフェイントロング2(超極薄もしくはOX)で悩んでいるのですが、どう思われますか?

皆様の知恵を分けて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
 

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦...続きを読む

Aベストアンサー

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1.粒が細くて軟い方が弾まない。スポンジも柔い方が弾まない。アンチのなんかフニョフニョだろ?カールシリーズは硬いから、叩くと割とスピードが出る。でも所詮粒高、裏や表ほどにはどうしても、ね。

2.大抵の粒高は掛からないよ。アンチと違うのは、頑張れば掛かるってこと。それでも表ソフトの方がよっぽど掛かる。この、自分の意思で回転量が変えられるってところが、アンチが廃れても粒高は残っている理由だ。もちろん、アンチより扱いは難しくなるけどね。当たり具合で摩擦性能が変わらないアンチの方が扱い易くはある。

3.粒が曲がり易い方がナックルになり易い。たぶん。要するに回転を跳ね返さなけりゃナックルになる。氷みたいに滑る訳じゃないし。


まぁ、取り合えずカールP1Rじゃないかなぁ。
後は好みだし。
個人的にはフェイントSOFTかファントム008だけど。


P.S.
ニッタクの性能表見るとバイオリンはミッドスローなんだけど、そんなに弾むと感じてる?
ま、これも個人の打ち方とかで変わるしね。

角型が重く感じるのは長いからであって、ラバーの面積は角丸の方が広いか変わらない程度。
なので、グリップエンドに重りを付けると軽く感じられる。
試しに一円玉でも貼り付けてみればいい。

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1....続きを読む

Q卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

Aベストアンサー

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打球する、そんな戦型の人もいない訳ではありません。

前置きが長くなりましたが、要するに、ラバーを両面に貼っていれば、ペンかシェークかにかかわらず、どちらの面でも打球出来ます。
ラケットの持ち方にルールは無いので、ペンホルダーグリップで裏面(3本指側)で打球してもかまいません。

ペンの代表的な選手は、中国の王皓選手と馬琳選手です。
特に王皓選手。
バックハンドの打球はツッツキ以外は裏面打法です。


★一つだけ注意
日ペンの場合、裏に半円コルクがありますが、それに重ねてラバーを貼ると違反です。
コルクを剥がして貼ってください。

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打...続きを読む

Q日ペンドライブのラバーについて

趣味で卓球を10数年程前から続けているものです。日ペンで前・中陣ドライブでプレーしていますが、現状よりもさらにドライブがかかりやすく、扱いもそれほど難しくないラバーを求めています。

現在、ラケットはコクタクの単板角ペンを使用しており、ラバーは「スレイバーEL 中」です。個人的に「スレイバー EL」はとても安定しているように感じるので、このまま厚か特厚を選ぶべきなのかなとも思っていますが、回転がかかりやすいという「テナジー・05」が気になっています。「スレイバー EL」と比べると「テナジー・05」の難易度はかなり高いのでしょうか。

また、それ以外のラバーでもおススメいただける候補がある場合にはお教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは、私も日ペンです、
スレイバー系は安定はありますがスピードが弱いと思います
ラウンデルを使ったことがおありなら飛び、スピンの数値を比べてみてください
同じメーカですので大体分かると思いますがテナジーの05は今まで使ったラバーの中で
一番回転が掛かります、「相手の回転も強く受けるのは当然です」がペンドラなら
細かいコントロールはシェークより楽ですから(私はシェークもやります、最近は裏ペンもやります)

 心配ないと思いますテナジー05はラウンデルより、かなり重いので05FXを
使って見ましたが回転もスピードも05の方が良いです、友人も中厚を使っていますが威力がありまよ、
今はバタフライ製品は割引率が少ないのが残念ですが(^_^)  

それ以外ではヤサカのラクザ7か、ラクザ7のソフトが扱いやすいです
価格も手ごろで現在使用中です中ペンと日ペンで私は特厚を使っていますが  

Q卓球 中国式ペンでシェイクハンドとペンの両方がしたい。

私は、ペンで卓球をしてましたが、自分のタイプなどを総合して、シェイクハンドに変更したいと思います。また、子供たちに卓球を教える機会もあるので、ペンにも持ち替えたりしたいと思います。
そこで質問なんですが。
中国式ペンで、シェイクハンドをすることは、OKでしょうか。遊びならできると思いますが、実際に大会などでそのような人はいるのでしょうか。

Aベストアンサー

試合で使うとなるとかなりの腕が無ければ厳しいと思います。
シェークハンドはしっかり握って打つのでラケットも分厚く作ってあります。ペンハンドは指で固定して打つためどうしてもシェークと同じ重量では使いこなせないと思います。
またペンハンドでは前方で打つのに対してシェークは体の近くになりがちです。体の近くつまり相手から距離のある状態で軽いラケットをいくら強く振り回しても強いショットが打てるとは思いません。
結局は大会のレベルですね。

Q単板に合わないラバー

いま単板ラケットを使っているのですが、
単板ラケットに合わないラバーを教えてください。

Aベストアンサー

強いて言えば、強粘着ラバーでしょうか。
最近のは昔ほど粘着も強くないし、弾むようになっているので問題ないかもしれませんが。
と言うのも、単板ラケットは捕まえて飛ばすという感覚で打つのに向いているからです。
強粘着で弾みの弱いラバーだと、厚く当てた時に粘着でブレーキが掛かるので、スピードも回転も削がれてしまい利点が出なくなってしまいます。

Qフェイントロング2と3の違いを教えて下さい

フェイントロング2と3の違いを具体的にお教え下さい。
私、カットマンです。あなた様が推薦するのはどちらですか?
スポンジの厚さ,硬さを含めその理由を具体的にお教え下さい。
ちなみに、私のラケットはダーカー7P-2A DF,フォア面はニッタクモリストDF薄です。
現在バック面に、ヨーラのオクトパスOXを使用していますが、板に直接あたるので、はね過ぎてオーバーしてしまうことに悩んでいます。そこで、フェイントロング2または3(ともにスポンジあり)にしようと考えています。
スポンジが厚くても回転がかかりますか?個人的には戦術的に「変化」よりも「回転(ぶつぎれ)」を好みます。
よろしくご助言下さい。

Aベストアンサー

フェイントロングと言うラバーは、面白いラバーでして。
まず!フェイントロング2ですね粒の硬さは少し柔らかい感じの
なんて言うんか実際にカットした際、ゴムの凸凹がかなりグイッと
最後まで倒れる感じで、非常に球離れが遅くなり
すこーしイメージしてください。
なんかピン球が下回転がかかっているけど、フリックした時の
あの球の球道みたいに沈んでくれません。
なので僕はあえてカットのコントロールがあまり良くないタイプ
のラバーだと実際使ってみて思いました。
フェイントロング3ですね。
これを僕はちょっとお勧めするんですが。まず、粒の細さ、硬さ
そしてなんと言ってもこの長さこれは、アナタにぴったりだと思うんですが、まずですね粒の細さこれはですね。
ラバーにピン球が当たる際、たくさん粒が太いよりも
よく粒の数があたりますよね?
これはですね、ピン球1個に対して当たる凸凹が多いと言うことは
よりピン球を摩擦すると言うことになりますね?
だからまず、あなたが言っている回転が優れてるわけです。
次に!硬さこれ大事だと思うんですけど粒が硬いことで
粒をカットする時のヘニャンと倒すのがやっぱり少し力がわずかながら
いるんです。やっぱり少しの力で粒が曲がらないと言うことは、
当然その分はねないと言うことですね。あなたが言っていた跳ね過ぎ、
これもカバーできると思うんです。そしてですね長さなんですが、
やっぱりカットマンで重要なツッツキも、早く粒に当たるんで球離れが
早くなりより早く沈むんです。だからツッツキ戦にもフェイントロング3をぜひ!お勧めいたします。

フェイントロングと言うラバーは、面白いラバーでして。
まず!フェイントロング2ですね粒の硬さは少し柔らかい感じの
なんて言うんか実際にカットした際、ゴムの凸凹がかなりグイッと
最後まで倒れる感じで、非常に球離れが遅くなり
すこーしイメージしてください。
なんかピン球が下回転がかかっているけど、フリックした時の
あの球の球道みたいに沈んでくれません。
なので僕はあえてカットのコントロールがあまり良くないタイプ
のラバーだと実際使ってみて思いました。
フェイントロング3ですね...続きを読む

Q表ソフトラバーに最適なラケットの打球感について・・・

表ソフトラバーに最適なラケットの打球感はどれだと思いますか?(ソフト、ミドル、ハードのいずれか一つ)。
皆さんの回答をお待ちしております。
あと、よろしければ理由もお聞かせください。

Aベストアンサー

ハードです。表ソフトで打球感ソフトという組み合わせは普通ありません。
表ソフトは、前陣で、どんどんスマッシュを打っていく選手のために作られています。パチンと弾く感覚で使うので、打球感がソフトだと、ちょっと違和感がありますよね。
打球感がソフトなラケットは、両面裏ソフトラバーのドライブ型の選手が使うのが最適です。しなやかに、相手コートに弧を描いてドライブを打つには、ソフトな打球感の方が気持ちいいですよね。

ちなみに私も表ソフトを使用していますが、ラケットはバタフライの「SK7(打球感ハード)」です。

Q粒高の裏面打法について。

素朴な質問ですが、中ペンで裏面に粒高を貼った場合、裏ソフトと同じようにスイングしていいのでしょうか?

粒高は裏ソフトと振りが違うと聞いていたので。

Aベストアンサー

同じスイングだと球は落ちると思います。
乗っけて振りぬくようなスイングが良いのかな??
裏面打法、、私はできませんががんばって習得してください(^-^)

Q単板ラケットにあうラバー

卓球部の中三です。戦型は中陣ペンドライブ、卓球歴は3年です。

いまぼくはバタフライの閃光スーパー95というラケットを使っています。
ラバーを変えたいと思っているのですが、今考えている候補は海夫の藍鯨IIとandroのヘキサーです。
どちらのほうが単板に合うと思いますか?

また、週3~4日で1~2時間ほどの練習だと寿命はどのくらいでしょうか?

ちなみに今はJUICナノキャノンを使っています

Aベストアンサー

3度目ですね、お答えしたいと思います。

「藍鯨」というのは「藍鯨II」の事です。分かりにくい表現をしてしまい、すいません。
一番弧を描くのは、おそらく粘着ラバーだと思うので、藍鯨IIかな、と思いますよ^^
プライドか、ヘキサーか、と言うと、同じくらいです。ただ、プライドの方が強打向きかな、と思います。下回転の処理が少しやりにくいな、と感じました。

また更に書きますが、安定した曲線的な弾道を描き、さらにツッツキ、強打ともにやりやすいのは、エクシオンのヴェガ、というラバーです。

3日前に発売されたばかりでしたが、自分は昨日貼ってきました。
感想としては、物凄いループドライブが掛かります。
軽くこすっただけで、相手のブロックを阻止することが出来ました。
また、物凄く値段が安いです。(ヨーロッパ、アジアスポンジは3675円、プロは3990円です)

バックに貼ったのですが、普段あまり回転が掛けられず困っていたのに、すごく弧を描くループドライブが打てるようになりました。
また、強打やフリックもやりやすかったです。コントロール性能も高かったです。
ペンドライブの貴方にもおそらくピッタリかと思いました。
3種類ありますが、個人的にお薦めなのは、ヴェガプロです。
全部やりやすく、一番弧を描きました。(アジアスポンジと比べて)

ヨーロッパスポンジはまだ発売していないので、プロが良いかと思います。

新たにラバーの名前を出してしまって申し訳ないです。
弧を描く性能を表すと、(ヴェガシリーズ≧(=)藍鯨≧プライド=ヘキサー)です。

3度目ですね、お答えしたいと思います。

「藍鯨」というのは「藍鯨II」の事です。分かりにくい表現をしてしまい、すいません。
一番弧を描くのは、おそらく粘着ラバーだと思うので、藍鯨IIかな、と思いますよ^^
プライドか、ヘキサーか、と言うと、同じくらいです。ただ、プライドの方が強打向きかな、と思います。下回転の処理が少しやりにくいな、と感じました。

また更に書きますが、安定した曲線的な弾道を描き、さらにツッツキ、強打ともにやりやすいのは、エクシオンのヴェガ、というラバーです。...続きを読む

Qカットマン初めての粒高ラバー

中一で現在B面に一枚ラバーを使用しているカットマンなのですが
粒高ラバーでのカットに挑戦してみようと思っています。
そこで候補に挙がったラバーが
フェイントロングII、フェイントロング、カール P-1R
の3つなのですがどれがいいと思いますか?
粒高は初めてなのでカットが切れてカットが安定するものがいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分もカットマンをしているので回答させていただきます。

≫粒高ラバーでのカットに挑戦する。そこでどんなラバーが良いか。
lkjjhさんの候補の中から選ぶのであれば自分も他の二人と同様にフェイントロングIIをお勧めします。僕は候補にあがった3つのラバー使用経験があるのでちょっとお話しさせていただきます。
フェイントロングII:自分はいつもフェイントロングIIIを使用しているのですが、フェイントロングIIはIIIよりカット、ツッツキの安定性が高く良いラバーだと思います。ちなみに自分の先輩のカットマンが愛用しており、その先輩は部内のカットマンの中で一番バックカットが切れており、安定性が高いと評判です。

フェイント:とにかく使いやすいです。切れ味を求めず、安定性が欲しいという方には良いラバーだと思いました。しかし、僕には合いませんでした。

カールP-1R:安定性はそこそこなのですが相手の球に威力がないと切れません。プロのカットマンには良いかもしれませんが自分たちのレベルには使うのは難しいと思います。

また、候補に挙がってませんが、フェイントロングIIIも良いと思います。
フェイントロングIII:上にも書きましたが、自分が普段愛用しているラバーです。カットはかなり安定性も高く切れます。ツッツキは切り方さえわかればかなり切れます。また、このラバーの良い点は攻撃がしやすいことです。自分は時々遊びで粒高バックハンドドライブをしますが、そこそこかかっているといわれました(笑)。

あくまで、これは自分の使用感想であり、感覚などは人それぞれ違います。なので、あまり真に受けず、頭の隅にでも置いておいていただければ幸いです。
自分に合った良い用具を見つけられるといいですね。

自分もカットマンをしているので回答させていただきます。

≫粒高ラバーでのカットに挑戦する。そこでどんなラバーが良いか。
lkjjhさんの候補の中から選ぶのであれば自分も他の二人と同様にフェイントロングIIをお勧めします。僕は候補にあがった3つのラバー使用経験があるのでちょっとお話しさせていただきます。
フェイントロングII:自分はいつもフェイントロングIIIを使用しているのですが、フェイントロングIIはIIIよりカット、ツッツキの安定性が高く良いラバーだと思います。ちなみに自分の先輩のカ...続きを読む


人気Q&Aランキング