リストラについて、リストラされないためには。会社はリストラできるのか。

一般的にリストラという言葉がよくきかれますが、正社員に対してこれは会社都合で強制的にできるものなのでしょうか。
早期退職とは別だと思いますが、不景気のためか、成績・能力の低い人を対象にリストラを行うことが決定とされました。

自分は能力面ではおとりますが、真面目な性格なので業務態度はよいです。ただし、仕事のできは周りの人と比べると明らかに劣っているのを上司も自分も感じています。

このため、候補の一員に入っていると現状考えています。

仮に上司に打診されたときに反論の余地は

・自分は勤務態度が真面目。会社にきていない人(サボり癖のあるけれどそこそこの能力はある人)が残ってなぜ自分が候補にはいるのか。

・残業代をほとんど申請していなく(できなく)、申請している(できる)人と比べると同期でもかなり残業代は少ない。

一番、自分の中で上記で一番強い思いが、能力が高ければ勤務態度は緩慢でもいいのかということです。
外資ならともかく、日系企業でそれは通用しないと思っています。


そこで質問なのですが、会社は一方的に社員をクビにすることができるのか。(修行規則には明確にはされていません)
また、その際には上司との話し合いが持たれると思うのですが、こちらが了承しなければクビは認めらないのか。(いわゆる窓際族に追いやられるかもしれませんが)

とにかくリストラの前には転職先を探さないといけませんが、急に告げられると職歴に空白が生じ、ますます不利さらに転職の不安もあります。


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

表向きは、できません。


だから 「辞めろ!」 とは言わないことが多いです。むしろ早期退職勧告というのか、「辞めたらどうかね?」 ということを伝え、あとは手を変え品を変え 「辞めます」 と自分から言うよう仕向けてくる。一般にリストラとはそういう攻防です。企業の色もあるので違うこともあるでしょうが。

>こちらが了承しなければクビは認めらないのか

まあ、それはそうなんですが、辞めますと言わせる作業は、必ずしも強制的に虐めるという事ではなく、いま辞めた方が得だという条件を提示してくるんですよ。
よくあるのは、今回の退職勧告に応じた人には退職金2割上乗せする上に転職の支援をしてあげます、しかし次回 (多くの場合、半年後とか) の勧告に応じた人にその特典はありません、さらに次回の勧告に応じた人には退職金もありません。どれでも好きなのをお選び下さい、と言ってきます。
基本的にブラフでも吹っかけでもなく、その通りであることが多いです。どれも選ばなかった社員は、窓際になるならない以前に、給料が下がります (これは合法です)。例えば半分もカットされたらほとんどの人は生活できないでしょう。

こういう話し合いに親しい上司が出てくることはまずなく、見たこともない人事の人間か、社外にアウトソースした首切り屋のことが多いです。だから意外と穏やかに話し合いが進められます。言われた側が動転して怒ったり泣いたりはするようですが、向こうは慣れてるので影響もしないようです。

>能力が高ければ勤務態度は緩慢でもいいのか

ちょっと違う。そもそも向こうは、「こいつを首にしたい」 という特定の意志は持ってません。一回の首切りノルマが30名とか50名とか決まっており、その枠が埋まった時点で終了です。
だからあなたが頑として受けなかったら残れます。むしろ転職のアテがある人間がさっさと辞めていき、最初の枠があっさり埋まるのです。
だからこのケースでいうと、能力のある不誠実な同僚がさっさと辞めていき、その逆である社員達(あなたも含めて?)が残ることになります。だから会社の業績は以後急降下となり、給料は下げたくなくても勝手に下がり、数年ほどで倒産に至り、けっきょく最初に辞めるのが一番得だったという形になるのです。

>成績・能力の低い人を対象にリストラを行うことが決定とされました。

アナウンスとしてはそうなるでしょうが、いざ蓋を開けてみると成績・能力の高い人がさっさと辞めていることが多く、見かけ上あなたの主張が通った形になると思います。

この回答への補足

長文のご回答ありがとうございます。

経験・知識のない私にとって、非常に論理的にご回答くださり、ありがとうございます。

あらためてお礼の回答させていただきます。

補足日時:2010/10/07 23:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

随時、私の論点に回答くださり、大変感謝いたします。

かなりの部分でなぞがとけ、会社の将来像も若干みえた感じがします。

非常に参考になりました。

これからどうするか、またそうなった場合にどうするかをじっくり考えて結論をだしたいと思います

本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/10/13 01:56

反論の余地ですが


1 解雇か退職勧奨か?確認すること。勧奨ならやめませんの一言で十分。強要脅迫があれば記録する。
2 解雇4要件に合致していない点を訴える
3 合法的でも 第2会社方式や 背信的な事がそれ以前に行われていて 合理的な理由に疑義がある場  合そのことの指摘(つまり金を隠しておいて赤字だ赤字だと騒ぐ事)し組合などで団体交渉をする。
4 解雇事例が出れば即座に理由の照会を求めること。その理由に対して行き過ぎを見つけて反論する。


円満退職とは 優位な立場でしかなしえません。弱い立場ならあることないこと言われても反論できないからです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まだ先の話では、ありますが、この不景気ですのでいつその話がやってくるかわからず、
今、質問させていただいて、非常によかったと思います。

解雇の要件等も参考させていただきます。
特にその理由について、会社から回答を得るということが非常にためになりました。

本当にありがとうございます。

お礼日時:2010/10/07 23:10

簡単に結果から申しますと、リストラという名の「退職強要」の違法性は、最高裁の判例でも確定しています。

なので、その労働者の自尊心を傷つけ、自暴自棄にさせて自分から「辞めます」と言わせるように追い込んでいきます。

したがって会社の退職強要と闘うには、それが違法性を帯びてくるまで断固退職勧奨を拒否する必要があります。同時に会社側の「説得」と「退職勧奨」のすべてを記録にとっておく必要があるのです。(メモだけでなく小型ICレコーダーが重要な“武器”になります)

本来、日本では終身雇用制が主体でしたが、最近では、このリストラを横行させ、また違法性から逃れるために契約(期間)制へと移行してきました。

よって、あなたに辞める意志がないなら、「辞めない姿勢を貫く」ことが大切となります。そこに「自分はこれだけやってる」などのアピールなどは要りません。それを逆手に取り追い込むのがリストラですから。あまりに不当な退職強要があれば、弁護士に依頼をし、法廷で闘って下さい。

なお、あなたの場合すでにご自身で「自分の評価」が出来ているようですから、少しずつでも「マイナス面が改善」されるよう、日常の業務の中での前向きな「努力と姿勢」も大切ですよね。頑張って下さい☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

最高裁の判例、知識がつきました。
やめたくない場合は、貫くこと・記録をとること等も参考にさせていただきます。

また最後の段落の回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/10/07 23:07

リストラを行うこと自体に違法性が無い場合の話ですよね?


企業運営が相当困難な状況じゃないと解雇は認められませんので。


そうだとしたら、成績能力順にリストラをすることは妥当です。

企業経営を建て直すための解雇ですから、
真面目さよりも仕事の出来を優先するのが当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

企業運営が困難という要件?が必要なことがわかりました。

リストラの違法性については、他の方からも回答をいただき参考にさせていただきました。

お礼日時:2010/10/07 23:04

こんばんは。



なにやら甘い事を仰られてますね。
企業ってのは、文字通り
「金儲けを企てる」所です。
言い換えると、企業の利益に貢献しない人間は不要なんです。

「真面目に努力してます」

「はっ!?だから?…お前会社に貢献してねぇだろ?」
ってなります。

貴方が解雇に応じなくても企業は1ヶ月分余分に給料を払えば、解雇できる様になってます。
労働基準法でね…。

そこでゴネても損です。

次を考える方が賢いですよ。

イヤな世の中になったモンです……ホント。

この回答への補足

ありがとうございます。

他の方からは解雇要件にあてはまらないと無理・解雇は実質できない(あくまで自主的にやめるように仕向ける)等の回答を得ていますが、

>貴方が解雇に応じなくても企業は1ヶ月分余分に給料を払えば、解雇できる様になってます。
労働基準法でね…。

こちらの根拠条文はどちらになるのでしょう。

よろしくお願いいたします。

補足日時:2010/10/07 23:02
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上場企業のリストラ発表

友人の会社(東証1部上場企業)でリストラがあったみたいのですが、発表しないのはおかしいのでは?という話がありました。

時々、ニュースで、企業のリストラについて目にする事がありますが、
上場企業では、リストラをすると発表しないといけないという決まりがあるのでしょうか?

もしくは人数のボーダーラインが決まってるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大幅なリストラであれば一時的に退職積み増し金など費用はかかりますが、その先のスリム化に期待を込め株価上昇という影響もあります。
投資家からすれば必要な情報です。

リストラの人数ではなく、今後の経営計画と併せて発表されています。

Q休業期間中というのは、一般的には、会社から給料というのはいただけるもの

休業期間中というのは、一般的には、会社から給料というのはいただけるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

使用者の責に帰すべき事由により休業する場合は、休業期間中は平均賃金 の60%以上の休業手当てを支払わなければならない。(労基法第26条)
労基法第26条による休業とは、労働契約上労働義務がある時間について、 労働者が労働できなくなることで、集団的休業、個々人の休業もある。また、 丸 1日の休業だけでなく、1労働日の所定労働時間の一部のみの休業もある。

平均賃金
労基法上の賃金とは、算定事由発生日以前3ヵ月間にその労働者に支払わ れた賃金の総額を、その期間中の総日数で除した金額を原則としています。 なお、最低保障、現物給与、算定期間から除くべき期間・日数・賃金など、 その取扱いが労基則・告示により詳細に定められています。

休業中の賃金未払いへの対応
(1) 不況を理由とした生産調整のための休業の多くは(一時休業自宅待機 などと呼ばれたりする)民法第536条2項の債権者の帰責事由ある休業なので、賃金全額を請求すべきです。労基法上の6割支給すればよいと誤解している企業もあるので是正させること。但し、労組があって休業手当と同じ平均賃金の6割の賃金支 払義務しか認めない労働協約が締結されている場合もあるので、注意すること。なお、使用者が休業に係る手当を支払ったものとして、国から雇用保険法の雇用安定事業(雇用保険法第62条 1項 1号)である雇用調整助成金(同法施行規則 102条の3項)の支給を受けている場合があるので(職安で調べる)、その場合は支払い原資があることになります。
(2) 使用者に帰責事由のない休業であっても、労働災害による場合は労災保険法の休業補償給付等の支給を受けられるし、労働災害でない私傷病による場合には健康保険法の傷病手当金(健康保険法第45条)の支給が受けられます。

有給休暇は基本的に適応されません。

使用者の責に帰すべき事由により休業する場合は、休業期間中は平均賃金 の60%以上の休業手当てを支払わなければならない。(労基法第26条)
労基法第26条による休業とは、労働契約上労働義務がある時間について、 労働者が労働できなくなることで、集団的休業、個々人の休業もある。また、 丸 1日の休業だけでなく、1労働日の所定労働時間の一部のみの休業もある。

平均賃金
労基法上の賃金とは、算定事由発生日以前3ヵ月間にその労働者に支払わ れた賃金の総額を、その期間中の総日数で除した金額を原則としてい...続きを読む

Q★ 大企業の出向とリストラ ★

大企業は、子会社をたくさんつくり出向させています。
特にIT関連は、20歳代でも出向が多いと聞きます。
出向は、2年と聞きますが出向先の会社の内部の人(幹部社員)を
変え社名を変えて永遠と出向させているようです。

これは、違法ですか?

大企業は、税金の待遇があると聞きます。
子会社をつくり出向させることによる会社のメリットは、何でしょうか?

また子会社へ行かせリストラも狙っているのでしょうか?

今後、大企業のリストラは、あるのでしょうか?
大企業は、利益をあげていると聞きます。
大規模なリストラは、今後あると思われますか?

Aベストアンサー

以下のどれかに当てはまると思います。

■偽装出向
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%A3%85%E5%87%BA%E5%90%91

■専ら派遣
http://hakenjouhou.com/2006/01/post_12.html

 これは労働法違反なのです。国会でも追求されていますが、当局が動かないのが実態です。これは政治が変わらなければ動かないと思いますね。

■急増する派遣労働 常用と置き換え進む - 労働者派遣法改悪案参院委で小池議員追及
http://www.a-koike.gr.jp/hilight/2003/h2003_5_29_02.html

 又、何故やるのかと言えば、人件費の抑制、労働者の待遇を下げる事が出来るからでしょう。ホワイトカラーエグゼンプション等と同様の理由ですよ。労働者の待遇を下げる為にやっているのです。

 大企業には冠会社がいくつかあって、親会社に出向、派遣をしている会社が大部分です。私もこの状況は認識していますが、戦後のGHQが行った「コレット旋風」でも起こさない限り、なくすのは難しそうですね。

> 大規模なリストラは、今後あると思われますか?
 これは、労働問題ということでつながっていますが、問題が別問題のような気がします。サブプライム問題で米国ではリストラしているようです。

 日本では1998年に大規模なリストラが行われましたが、余程のことがない限り、この様な規模はないと思います。

■北米の自動車ローン事業、GM金融会社がリストラ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080221AT2M2100N21022008.html

以下のどれかに当てはまると思います。

■偽装出向
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%A3%85%E5%87%BA%E5%90%91

■専ら派遣
http://hakenjouhou.com/2006/01/post_12.html

 これは労働法違反なのです。国会でも追求されていますが、当局が動かないのが実態です。これは政治が変わらなければ動かないと思いますね。

■急増する派遣労働 常用と置き換え進む - 労働者派遣法改悪案参院委で小池議員追及
http://www.a-koike.gr.jp/hilight/2003/h2003_5_29_02.html

 又、何故やるのかと言え...続きを読む

Qパートのリストラ・・一方的に言われたけど仕方がない?

お世話になります。

身内の40歳前の女性が食品工場で働いているのですが、リストラにあいます。
3月末まででクビ、交渉は一切無しとのこと。

十数年働いて昨日突然言われ、残りひと月少々・・。
この不況で再就職もままならない感じがします。
少し知恵遅れもある(認定はもらっていない)ので殊更厳しいような・・。

質問ですが、やはりこの不況では企業のリストラは致し方なしでしょうか?
もう少し従業員側の保護ってか、そういうのはないのでしょうか?
パートだから甘く見られているのでしょうか?

どなたかご存じの方お教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

契約期間の定めのある雇用契約(パートタイム)であっても、契約期間満了により契約が当然に終了するわけではありません。

民法上の黙示の更新(民法629条1項)により契約が更新される場合があります。

裁判の判例でも、反復更新後の雇止め等については、契約打ち切りを有効とする合理的な理由が無い場合は解雇権の乱用にあたるとして、期間満了という理由だけで直ちに契約打ち切りを認めない場合があります。

その判断基準は、雇用の更新の回数、雇用の通算期間、契約期間管理の状況、雇用継続の期待を持たせる言動、制度の有無などが考慮されています。

質問のケースでも。10年以上の勤務とのことですから、正式に戦えば勝てる可能性はあると思われます。

Q年収が高く、リストラがなく、安定的な職業を探してます。大企業や公務員は倍率が高く入社は難しいと思いま

年収が高く、リストラがなく、安定的な職業を探してます。大企業や公務員は倍率が高く入社は難しいと思いますので、それ以外で何かいいところないでしょうか?

Aベストアンサー

そんな都合のよい職業があればみんな殺到しますから、競争が激しくなってその職に就くのが困難になります。競争が激しくない職業は(給料などの面で)面白みがなく、誰も興味を示さない(やりたがらない)仕事か、有資格が要件になっておりその資格の取得が超難関(医師など)な仕事でしょうね。

強いて言えば、年収が高く、リストラがなく、安定的な職業は3Kの仕事に潜んでいます。福島原発がらみの仕事はいいかも知れません。

Q一般的に市販されている洋書(例えば1,000円で売っている絵本)を何冊

一般的に市販されている洋書(例えば1,000円で売っている絵本)を何冊か購入してそれに500円上乗せして1,500円で特定の人に売るというのは違法ですか?同様に海外で売っているCDはどうでしょうか?教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さまがお考えのような行為は、 投機売却(投機購買)といい、商行為の典型として、ちゃんと法律で認められている行為です[商法501条1号]。
質問者さまは、どうして、質問者さまがお考えのような行為が違法だと思われるのですか?

>1,000円で売っている絵本を1,500円で特定の人に売る<
案ずるに、50%もの利ざやを乗せるのは暴利行為ではないかという趣旨のご質問でしょうか。
そうであれば、ご心配はご無用と思います。
暴利行為というのは、単に高い利ざやを稼ぐことではなく、買主の無知や無思慮に付け込んで、常識外に高い利ざやを稼ぐことを言います。
そういう事情がなければ、普通の(典型的な)商行為として、何らの違法性もないということです。

Q来年就職活動する者なのですが、追い出し部屋やリストラなどが怖く、民間企業に勤めるか公務員として勤める

来年就職活動する者なのですが、追い出し部屋やリストラなどが怖く、民間企業に勤めるか公務員として勤めるか悩んでいます。
インターネットで見た記事を真に受けるつもりはありませんが、やはり不安になります。
プログラマーやシステムエンジニアの何パーセントが追い出し部屋やリストラされるのでしょうか?

Aベストアンサー

紆余曲折をへて市役所職員になりました。
新卒の就職は民間の大手企業を強くおすすめします。
社会人としての成長、若くてもそれなりの待遇、
人間関係を初めとする世界の広がり、全てにおいて民間と公務員では比べ物になりません(キャリア除く)。

SEは長く続けられる職業ではないかもしれませんが、
民間でバリバリ働いて無理そうなら公務員に転職すれば良いのです。

Q賃金の不払い分を強制的に事業主に支払わせるには一般的にどのような方法を

賃金の不払い分を強制的に事業主に支払わせるには一般的にどのような方法をとったらよいのでしょうか?

現在その職場に在職中です。
労働基準監督署とかにも行き申請をしましたが今の時点で支払いの勧告書のみです。
強制力がないせいかいまいち頼りない感じです。

Aベストアンサー

民事で賃金支払いの申し立て→強制執行

Q大企業をリストラされた人は自分が悪い?

宜しくお願いします。

パナソニック、シャープ、リコー、NEC等日本の伝統的な大企業がリストラをしています。
私は上記の中の企業にいましたが、リーマンショック前の企業がまだ健全な時にやめています。

最近ニュース等を見ていて、リストラされた人は一体自分が悪いのだろうか、リストラされたらどこに行くのだろうか、と考えます。

自分は転職したとはいえ、満足な職場にいるわけでもなく、どちらかというと底辺の企業にいます。前にいた会社が健全な時はやめめなければよかったと思ったこともあります。
上記のような大企業にいれば、ある一定レベル以上のスキルを持った自分と同じレベルの人たちが集まっていたり、エース級の人が何人もいたりと働く場としては問題なかったと思います。仕事ができるといわれている人には仕事が集まり、辞める必要もなかったでしょう。

しかし、今まで花形だった部門がいきなり部門を廃止されたり仕事がなくなったりすることによるリストラが起こっています。これはだれにも予想できないと思います。
シャープの液晶部門など数年前までは花形で世界を席巻するぜ、くらいの勢いだったと思います。
金融危機や洪水、震災などはだれにも想定できないのではないでしょうか?

優秀な人は上記のようなことも見越して転職するものでしょうか?
私の周りでは、優秀な人は会社に囲い込まれ、転職する必要もない好条件で働いていて、いきなりリストラということをされました。これは自分が悪いのでしょうか?

今後リストラされずに働き続けるなどどうすればいいのでしょう?

大企業であれば、会社内の特殊な技術が重要視される傾向があり(製品特有の開発言語や技術など)他社でも必要とされる一般的な技術というのは優秀な人には必要とされない傾向がありました。
(経理や法務などは契約社員が多く、誰でもできるオペレーションという扱い)
会社で優秀といわれていても、30代40代では転職は難しいのではないかと思います。
特に業界全体が沈んでしまえば、他社に転職というのも難しいと思います。

私は大企業で優秀といわれる人が本当に仕事ができると思っていたため、この人たちがリストラされるという現状が受け入れることができません。会社のためにいくら頑張っても(その結果として自分のスキルがいくら上がっても)部門廃止で仕事がなくなってしまうことがいつでも起こりえるというなら、どこの会社で何をがんばれば、家族をきちんと養えたり子供を育て上げられるのか不安になります。
ロイヤリティが重視される日本の企業ならば、よほどの悪条件がない限り会社を辞めることもないと思います。

会社に貢献することより、自分のやりたいことをやってそれで食えるようになればベストなのですが
誰もがそういうことをできるとは思えませんし。

会社の言われたことをはいはいやるよりも、今後自分の糧となり転職の武器となりえる仕事を選んですることが、今後の賢い働き方になるでしょうか?

私は今30代。会社の継続性に疑問を持たず、会社に貢献して自分のスキルを磨くことに疑問を持たなかった働き方が懐かしいと思うことがあります。
今後は、この仕事をしても、会社がつぶれた時にこのスキルは自分を守ってくれるだろうか、会社に貢献はしても自分を守るスキルにつながらない仕事は無駄、というようなことを考えることがいいのでしょうか?


とりとめのない質問ですが意見を下さい。

宜しくお願いします。

パナソニック、シャープ、リコー、NEC等日本の伝統的な大企業がリストラをしています。
私は上記の中の企業にいましたが、リーマンショック前の企業がまだ健全な時にやめています。

最近ニュース等を見ていて、リストラされた人は一体自分が悪いのだろうか、リストラされたらどこに行くのだろうか、と考えます。

自分は転職したとはいえ、満足な職場にいるわけでもなく、どちらかというと底辺の企業にいます。前にいた会社が健全な時はやめめなければよかったと思ったこともあります。...続きを読む

Aベストアンサー

Ano4です。
実は私は30代後半に一部上場企業を辞めて中小企業に移り、そこが急成長をして、その過程で株式公開の仕事を手伝い、一部上場企業までになったと言う経験を持っています。
その後また別な会社に移りましたが、失業経験はありません。
その経験から大偉業の社員の良いところとそうでないところの両方をが判ります。

ただリストラに遭遇して大企業社員の弱いところは、その大企業以外の世間を知らないことです。その看板がないときにどう生き抜くかを考えたこともないのですからこれは当然です。
今は超大手企業でも人員整理の時代ですから、社員はどうなっても自分の才覚で生き抜くという覚悟が必要です。
それは会社の仕事と平行して自分の能力を磨く以外にありません。
あなたの仕事は全く専門性がないといいますが、どんな仕事でも専門的な分野はあります。
例えばISOの審査機関で働いている人の多くは大企業のISO部門での経験を素に再就職した人たちです。
私はあなたの言うオペレーション部門ですが、そこでも他人には負けない能力をつけようと言う努力はしました。
どんな会社でもオペレーション部門のアウトソーシングをしてもそれを統括する人は正社員です。その意思で外部の人たちの仕事の指示をしているのです。その人たちは間違いなく外部社員よりも優秀です。

偶々私はそういう仕事を続けているので、そういうことにたいしたノウハウはないというのは全くの誤解だと思っています。そういう人はそれを努力しない理由の隠れ蓑に使っています。

もう一度あなたの仕事を考え直して、そこで勉強することは何があるのか、人よりもすぐれていると思ってもらうには何が出来たらよいのか、それを考えて努力すれば多分食いはぐれることはないと思いますよ。
ちなみに私はもう定年過ぎですが、まだ現役です。

Ano4です。
実は私は30代後半に一部上場企業を辞めて中小企業に移り、そこが急成長をして、その過程で株式公開の仕事を手伝い、一部上場企業までになったと言う経験を持っています。
その後また別な会社に移りましたが、失業経験はありません。
その経験から大偉業の社員の良いところとそうでないところの両方をが判ります。

ただリストラに遭遇して大企業社員の弱いところは、その大企業以外の世間を知らないことです。その看板がないときにどう生き抜くかを考えたこともないのですからこれは当然です。
今は超...続きを読む

Q騙されて会社の名義人にされてしまいました。予想される被害や金銭的責任はありますか?

説明が長くなってしまうのですが、私の妹が未成年であったとき、父にうまいことを言われて父の会社の設立者として登録されてしまいました。

父は借金をしたり私たちの学費を使い込んだりとお金に関しては関わり合いになりたくない人で、その他の部分では預けているものを返してもらったり支払い関係を別個にしたり、金銭関係の清算を進めているのですが、その会社の名義が妹になっていることで、最悪の場合にどんな被害が妹に及んでしまうのかが心配です。

ただ、妹は当時未成年者であったため、会社設立には法定代理人の許可が必要であった、ということを最近知りました。
親権者は父だったので、妹は法律上は父の許可を受けて会社を設立したということになりますが、
そうなると妹の名義の会社に何かあった場合にでも、父が保証人のような立場となり、結局責任や金銭的問題は父が引き受けることになったりするのでしょうか?

また、それが可能な場合でも、父が亡くなった場合にはどうなってしまうのでしょうか?
更に根本的な問題を言えば、会社の名義人であるというだけで、妹の名前で借金などをされてしまう可能性はあるでしょうか。

また出来れば妹の登録を破棄し、事実上の経営者である父に会社の名義を変更したいのですが、父は自己破産こそしていないものの、銀行やクレジットカードのブラックリスト入りしており、ローンも組めない状況のようです。
もしかしたらそのせいで妹を設立者として登録せざるをえなかったのではないかとも思え、もしそういった状況にある者が会社の名義人となれないのであれば、その会社がなければ拠点を失う父が妹の登録破棄を承諾するかどうかも不安です。



ちなみに妹は既に成人しており、会社設立時に使用したものかどうかはわかりませんが、妹自身の印鑑登録された印鑑は、こちらに引き取ってあります。

問題が多岐にわたり複雑ではありますが、問題の一部でもご回答いただける方、どうぞよろしくお願いいたします。

説明が長くなってしまうのですが、私の妹が未成年であったとき、父にうまいことを言われて父の会社の設立者として登録されてしまいました。

父は借金をしたり私たちの学費を使い込んだりとお金に関しては関わり合いになりたくない人で、その他の部分では預けているものを返してもらったり支払い関係を別個にしたり、金銭関係の清算を進めているのですが、その会社の名義が妹になっていることで、最悪の場合にどんな被害が妹に及んでしまうのかが心配です。

ただ、妹は当時未成年者であったため、会社設立に...続きを読む

Aベストアンサー

ご存知かも知れませんが法テラス一度連絡してみてください。

参考URL:http://www.houterasu.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報