2日前歯医者さんで仮歯にしたんですが毎日とれて毎日歯医者さんに行っています
9日から11日まで彼氏と泊まりでデートです
ですが、デート中に仮歯がとれたら最悪です
仮歯がとれた状態の歯は正直言ってグロいです・・・
デート中とれたらどうしたらいいでしょうか?
デート中に歯医者さんに行くのも気が引けますし、夜とか日曜日だったらどうしようもありません
歯医者さんでいくら丈夫につけてもらっても歯磨きをするとすぐとれますし・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

歯と歯をくっつける接着剤がありますからそれを歯医者さんで塗ってもらいましょう。

それなら二日どころかしばらくの間は大丈夫です。ただし取る時は歯医者さんに行って取り外さないと取れません。私はぐらぐらしている歯を横の頑丈な歯に接着剤でくっつけてもらいました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前歯のブリッジにかかる費用について経験者の方、専門の方教えて下さい。

前歯を折ってしまい修復不可能ということで抜いてしまいました。
歯を補う手段として「ブリッジ」と「インプラント」を紹介されましたが
どちらにしても費用の関係で迷っています。
「ブリッジ」をする場合、保険の範囲で費用\23,000。陶器?のような素材を
使用しオーダーメイドする場合は40万弱と言われました。歯医者側は「前歯は
顔のようなものだから保険のものよりオーダーメイド(40万弱)で作る方が
絶対良いです」とかなり高い方ばかりを薦めてくるので迷ってます。
「インプラント」の場合は相談料だけでも数万円、手術代や他費用を含め
トータルすると50万円以上の金額をだされてしまい問題外です。
私は永久歯を抜くことが初めてなので費用の事まったく知らないんですけど
知り合いはみなこの費用を「高い」と言います。
世の中の相場はどれほどのものなのでしょうか?
また、保険で「ブリッジ」をする場合、ブリッジの歯はオーダーメイドには
ならないのでしょうか?(保険のものと「40万」のものとでは技術料が全く
異なると言われたもので、、)
どなたか教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

前歯を折ってしまい修復不可能ということで抜いてしまいました。
歯を補う手段として「ブリッジ」と「インプラント」を紹介されましたが
どちらにしても費用の関係で迷っています。
「ブリッジ」をする場合、保険の範囲で費用\23,000。陶器?のような素材を
使用しオーダーメイドする場合は40万弱と言われました。歯医者側は「前歯は
顔のようなものだから保険のものよりオーダーメイド(40万弱)で作る方が
絶対良いです」とかなり高い方ばかりを薦めてくるので迷ってます。
「インプラント」の場合は相談...続きを読む

Aベストアンサー

歯科医療関係者です。#4と大体同じですが・・

保険治療でも型取りをして作成をしますので、決して既製品を被せるわけではないです。ただし技術的な問題・材料学(プラスチック)的な問題で色合いや形態が限られた範囲でしか仕上がりません。経年的に変色等もおこします。もちろん平均的な色を使いますのでそれでも十分満足していただける場合はよくあります。
自費診療の場合、つまり陶器の場合は、その人の元の歯の色や形に合わせやすく、服で言うと生地やデザインまでお好みに仕上げやすいと言う意味で、オーダーメードと表現したのだと思います。仕上がり感や色の持ちも明らかに良いです。

治療費ですが、陶器だと1本8万円ぐらいからから13万円ぐらいと、医院によって違います。もっと高いところで20万以上とかも、少ないですが在ります。あるいは地方と都市部では他の物価同様、都市部のほうが高めです。

保険だと元の値段が安くしかもそれの2~3割負担なので、治療費が10倍以上違ってきます。こちらとしても心苦しいのですが・・
私の場合、独身の女性の場合強く陶器を勧めています。その他の場合は、値段の事もありますので患者さんの判断に任せます。

インプラントですが。
前歯の場合、症例によって適応かどうか違ってきますので、この情報だけでは何ともアドバイスしにくいです。
ブリッジと違い健康な歯を削らなくて良いという大きなメリットがありますが、審美的(見た目的)にはブリッジのほうが良い場合も時にはありますので、値段が問題外と感じているならその判断のままで良いと思います。

本当によく相談して決めてください。
同業者が言うのもなんですが、あまりにもしつこく自費のみを勧めるようだったら、他の医院で話を聞いてもらうのも良いかと思います。

歯科医療関係者です。#4と大体同じですが・・

保険治療でも型取りをして作成をしますので、決して既製品を被せるわけではないです。ただし技術的な問題・材料学(プラスチック)的な問題で色合いや形態が限られた範囲でしか仕上がりません。経年的に変色等もおこします。もちろん平均的な色を使いますのでそれでも十分満足していただける場合はよくあります。
自費診療の場合、つまり陶器の場合は、その人の元の歯の色や形に合わせやすく、服で言うと生地やデザインまでお好みに仕上げやすいと言う意味で、...続きを読む

Q仮歯と最終的に入れる歯の差について。

前歯をオールセラミッククラウンで作ってもらっています。今は仮歯が付いているのですが、若干形が気に入らないのです。

仮歯だからなのでしょうか。最終的に入る歯というのがこの仮歯と全く同じになるとしたら、不満が残りそうです。

次回、最終的な歯をつけてもらう予定です。詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
私もオールセラミッククラウン作成中で、現在仮歯中の身です。
基本的に仮歯と、セラミッククラウンは、型が同じなので同じ形です。
長さや形を整える程度です。(前後には動きません)
表面が仮歯は板っぽいのに対してセラミックの方が多少丸みを帯びていて、
色も本物の歯のように見えます。

高いお金を払っているので、仮歯が気に入らない場合、
気に入るまで何度も作り直してくれると思いますし、
私の場合、仮歯で納得いっていたものを、セラミッククラウンを
装着した際に短く削りすぎてもう一度作り直してもらっています。

病院に行ってからでは、言い出しづらいということもあるかと
思いますので、次回病院に行く前に是非仮歯が気に入っていない旨を
電話などで相談されてはいかがでしょうか。

せっかくのセラミックなので、後悔しないものになることを
お祈り申し上げます。

Q差し歯のかかる期間

はじめまして。最近、前歯が虫歯になってしまい、歯医者に通い始めたのですが、目立つところだけにとても不安です。
詰めるだけでも大丈夫らしいんですが、折れてしまう可能性もあるために差し歯にしたほうがいいと言われました。
差し歯になるのに通常、どのくらいの期間がかかるんでしょうか・・。差し歯が入るまで仮歯が入るんだと思うんですが、それって目立つんでしょうか・・。
前歯の治療は痛いと聞きますし凄く怖いです。

Aベストアンサー

治療経験10年以上の歯科医師です。No.1の回答者の方と同様に歯の神経がすでに処置してあるとすれば差し歯完成までにあと2~4回程度の回数と2~4週間程度の期間を要するのが一般的でしょう。仮り歯が目立つかどうかは歯科医院の技術の問題もありますが、質問者の方の歯の色によります。仮り歯の色は通常1色しかありませんので、隣の歯が黄色いと仮り歯が白く目立ちます。歯の神経の処置がすんでいれば歯を削っても痛くありませんので麻酔は行わないのが普通です。
No.2の回答者の方のように歯の神経の処置が必要な場合は2~8回程度の回数と2~8週間程度の期間を要するでしょう。歯の神経が生きている場合は麻酔をして神経を取り除きます。No.2の回答者の方のいわれるように上の歯の麻酔は下の歯より利きやすいですし、上の前歯であればほとんど無痛で治療することも可能でしょう。痛みの感じ方には非常に個人差があります。先入観を持たずにリラックスして治療を受けてください。

Q仮歯の見た目

以前から前歯が2本出ているのが気になり審美治療を始めました。先日歯を削って仮歯を装着してもらいましたが、すごく目立っていてすぐに偽物と分かります。色も普通の歯より黄色く、以前の歯より大きく、より出っ歯に見える気がします。経験者の方か詳しい方がいればお聞きしたいのですが、仮歯というのはある程度目立ってしまうもので、その後のセラミックなどの歯はかなり本物と見分けがつかず、希望どうりになるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

仮歯には2つの目的(2種類)が有ります。

一つは削った歯を保護し、移動そのほかを防ぎ有る程度の見栄えを確保する物(テンポラリークラウン)。
もう一つは上記に加え実際に入れる歯の形や噛み合わせ等の機能を確認するため、その試行錯誤の目的に使うものです(プロヴィジョナルクラウン)。

通常その場で「とりあえず」入れるものは前者で、より厳密で丁寧な治療を行う場合は、その後に後者を入れて様々な検討をする場合が多いです。

どちらの場合も色は通常単色です。(色の濃淡は何種類か有ります)
前者の場合、形はそれなりの物が多いですが、後者の場合は完成品に形が反映されますので、不都合な点が有れば十分に改善してもらうことが必要です。

今回入れたものはおそらく「とりあえず」の物かと思いますが、それにしてもあまりに違和感の有るものでしたら、ひょっとして術者の技量に問題が有る場合もあります。(歯科の術者、歯科医師や歯科技工士の技量の差は驚くほど大きいです)
今のうちに色々と希望や問題点を申し出て、「しっかりと」とした治療が受けられるよう予防線を張っておいた方が良いと思います。
(本物にも仮着けの期間が有りますから、もちろんそのときにも改善は可能です)
患者さんの要求が高度であると分かると、それなりに力の入れ方が変わる事も有るかも知れません。

出来上がりの結果についてはNo.2のpuyo~先生の言われる通り、術者、特に歯科技工士の技量にかかっています。

仮歯には2つの目的(2種類)が有ります。

一つは削った歯を保護し、移動そのほかを防ぎ有る程度の見栄えを確保する物(テンポラリークラウン)。
もう一つは上記に加え実際に入れる歯の形や噛み合わせ等の機能を確認するため、その試行錯誤の目的に使うものです(プロヴィジョナルクラウン)。

通常その場で「とりあえず」入れるものは前者で、より厳密で丁寧な治療を行う場合は、その後に後者を入れて様々な検討をする場合が多いです。

どちらの場合も色は通常単色です。(色の濃淡は何種類か有ります)
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報