出産前後の痔にはご注意!

いま日本は外交・教育・福祉・行政改革・財政改革などに問題を抱えているようなのですが、質問をさせていただきます。

外交:北方領土・尖閣問題・竹島・日米安保(米軍基地問題)、資源獲得などでどうすれば国益となり解決できますか?

教育:政権交代のある無しにかかわらず、一貫していない教育内容・方針だと思うのですがどう思いますか?

福祉:高齢者の割合が増え、低年齢者の割合が減り、医療負担・介護負担の増加、少子化によるバランスのた取れない財政、一体どうすべきか、専門家・意見など多く聞きますがこの福祉の質問として
(1) 少子化問題解決にはどのような政策をすればよいですか?
(2) 高齢者の割合いが増え、寿命も延びています。今後の高齢者政策はどうすればいいと思いますか?
(3) 医療介護少子化対策による財政負担はどのような政策で解決できると思いますか?

最後に
景気回復の起爆剤はどうすることがいいと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 世界の政治を語るにはそれらの国の軍事力が付いてまわる。

軍備=殺人目的、許せないのは当然である。
 世界各国の徴兵制度は、ただちに廃止されるべきである。職業軍人はすべて、世界平和の守護者、つまり、人間の自由と人権の擁護者となるべきである。

>外交:北方領土・尖閣問題・竹島・日米安保(米軍基地問題)、資源獲得などでどうすれば国益となり解決できますか?

世界各国の配給経済の確立に依存している。この経済システムは、緒生産単位が、人間がちょうど必要とするものを、多くもなく少なくもなく生産すべきであるという原則から出発している。
人間が生きていくうえで必要なものがある。衣・食・住がそれである。
社会はこれら三つの物を、すべての人間に何の代償もなしに供給すべきである。
国家は廃止されなければならない。実現される必要があるのは、生産手段の国有化ではなくして、世界共有化である。

>教育:政権交代のある無しにかかわらず、一貫していない教育内容・方針だと思うのですが?

人類の進歩を可能にするのは、どんな種類の人間でしょうか。それは天才たちです。ですから、あなたがたは天才たちを再評価して、彼らが地球を指導するのを可能にする必要があります。
これまで権力を握ってきたのは、他の者より肉体的に力が強い野蛮人、こうした野蛮人をたくさん雇える資産家、希望を振りまいて、民主主義国家の国民の心を巧みに捉える政治家、といった人たちです。そして言うまでもなく、野蛮性を合理化する組織を踏み台にして、自分たちの勝利を勝ち取る軍人たちに、次々と権力を与えてきたのです。
あなたがたが決して権力を与えてこなかった唯一のタイプの人間こそ、人類を進歩させてきた人たちです。車輪や火薬、内燃機関、原子力などを発明した人たちです。こうした天才による平和のための発明は、彼らより知性の劣る権力者が、しばしば殺人のために利用して恩恵を被ってきました。こういうことを変えなければなりません。
そのためには、現在の形態のままでは、人類の進歩にとっては全く相応しくない選挙や、投票のシステムをやめなければなりません。

あなたがたは平等に生まれついています。これは聖書にも書いてあることです。為政者は、あなたがたが財産の面で、ほとんど平等に生まれてくるようにしなければなりません。知性もろくにない子供たちが、父親が蓄えた富のおかげで豪華な生活をし、それに引き換え、天才たちが空腹で死にそうになり、食べるためにどんな卑しい仕事でも引き受けざるを得なくなり、人類全体に利益をもたらす発見を可能にするような仕事に就けなくなるというのは、許しがたいことです。
これを避けるためには、私有の財産制度を廃止する必要があります。しかしだからといって、共産主義を樹立するわけではありません。
 この世界はあなたがたのものではないのです。これも聖書に書いてあります。あなたがたは賃借人にすぎません。ですから、すべての財産は、四十九年間賃借するようにすべきです。これは、遺産の不平等をなくします。あなたがたの遺産や、あなたがたの子供への遺産は、この世界全体のものなのです。もしもこの世界を住み心地のよいものにするために、あなたがたが結束することができれば、の話ですが。
 この人類に対する政治的指針は、共産主義ではなく、人類の将来に関わるものなので、お望みなら「人道的人類主義」と呼んで差し支えないでしょう。(ラエル著真実のメッセージ引用)

 公民のテキスト用に選挙制度改革、私有財産制度廃止。

(1) 少子化問題解決にはどのような政策をすればよいですか?

 為政者は、あなたがたが財産の面で、ほとんど平等に生まれてくるようにしなければなりません。

(2) 高齢者の割合いが増え、寿命も延びています。今後の高齢者政策は?
(3) 医療介護少子化対策による財政負担はどのような政策で解決できると?

必要なのは技術的・科学的能力であり、すべての労働者が、物質的制約から人類を解放しようという団結心に燃えて、個人の利益よりも社会全体の幸福のために、一心に働くことを決意することである。核兵器の開発や宇宙船の建造などの馬鹿げた事業や、軍事予算などに浪費されているすべての手段を有効に使用することである。第一、これらのことは、人類が一度物質的制約から解放されてしまえば、より有効に、そしてより簡単に研究されるであろう。
 人間の代わりに仕事をしてくれる、コンピュータや電子装置がすでに存在している。これら科学技術が真に人類のために奉仕するように、あらゆる知識を利用しよう。数年で全く違った世界が建設されるだろう。

>>世界の軍事改革_すべての職業軍人は、世界平和の守護者、人間の自由と人権の擁護者とする。
世界の所得格差是正_配給経済、総て可能なのです。
    • good
    • 0

日本が抱えている問題は他の諸国も多かれ少なかれ抱えています。


内乱にならないだけ、まだマシな方だと思った方が良いでしょう。
    • good
    • 0

教育に関しては行政の分野から独立するべきなのです。


但し、日教組のような害虫にたかられないようにするのが肝心です。

不景気が深刻化するまでにコストを投入して、福祉のビジネスモデルを
確立できればよかったんですが、今では厳しいかもしれません。しかし、
高齢者が増える事に対しては不可避なので、他の部分を削っても重視するべきです。
例えば、無駄なODAとか防衛費とかですね。

結局は景気回復しないとという結論になるのですが、それには政権を
国民に審判させ、より厳しく政治を監視しなくてはいけません。
現政権はザル同然ですから。

いずれにしても短期間で解決はできませんし、正解は刻一刻と変わります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング