生物の血友病の伴性遺伝の問題です。
遺伝がよく分からないので、教えてください。

問い1  正常な男性と、女性の間に生まれた☆男性の子どもが血友病の時、女性の遺伝子型を答えよ。
血友病の遺伝子をa,その対立遺伝子をAとする。


問い2  問い1の☆男性の子どもと、血友病の男性と、女性の間に生まれた女性の子どもに、男と女の子どもが生まれた時、その2人が血友病である確率をそれぞれについて示せ。

という問題です。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

血友病の原因遺伝子(血液の凝固因子の変異)は性染色体であるX染色体上にあるので、性染色体がXXである女性は上記の変異がホモで起きない限り血友病にはなりませんが、男性の場合は性染色体がXYであるため変異のあるX染色体を持った時点で血友病になります。



問い1
 正常な男性はA、女性はAAまたはAa(以上正常の場合)あるいはaa(血友病の場合)ですが、両者の間の子供が血友病になるには女性の側がaを持っていなくてはなりません。

問い2
 次のように記号で表します。
 「問い1の☆男性の子ども(→M1)と、血友病の男性(→M2)と、女性(→F1)の間に生まれた女性の子ども(→F2)に、男と女の子どもが生まれた時」
 M1とM2の遺伝子型はいずれもaで、F1はAA、Aa、aaの可能性があります。従ってF2はAaまたはaaということになります。 

この回答への補足

gohtrawさん解説ありがとうございます。
問い1は分かったのですが、問い2はどのように確率の計算にもっていけばいいのか
よく分からないので教えてください。
お願いします。

補足日時:2010/10/10 14:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gohtrawさん回答ありがとうございます。
お礼が遅くなってごめんなさい。
問い2はちょっと考えてみてもよく分かりませんでした。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/11 18:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物の伴性遺伝の問題です

生物の伴性遺伝の問題です
血友病の男性と、血友病の父親と血友病ではない母親に生まれた女性の間に生まれた子ども      2人(男女)が、血友病になる確率はどうなるのでしょうか。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下記のように記号で表します。
血友病の男性(M1)と、血友病の父親(M2)と血友病ではない母親(F1)に生まれた女性(F2)
血友病の原因遺伝子:a
aに対立する優性な正常遺伝子:A


M1とM2の遺伝子型はa、F1はAAあるいはAaなので、F2はAaあるいはaaです。血友病の原因遺伝子(Aまたはa)は性染色体であるX染色体に乗っているので女性の場合は二つひと組ですが男性の場合は性染色体がXYなのでひとつだけ持つことになります。このため、女性の場合はaがホモにならない限り血友病を発症しませんが、男性の場合はaを一つ持つだけで血友病を発症します。また、男性のX染色体は母親から受け取るものであるため、母親がaを持っていることは男性にとって血友病のリスクを意味します。

(1)F2がAaの場合
   女の子の場合、M1からa、F2からAまたはaを受け取るので50%の確率で血友病です。
   男の子の場合、やはりF2からAまたはaを受け取るのでやはり50%です。
(2)F2がaaの場合
   M1、およびF2からはaの遺伝子しか生じないので、男女を問わず100%の確率で血友病です。

F2がAaかaaかはaという遺伝子の出現確率に依存しますがこの問題ではその数値が与えられていないので上記のような場合分けが必要になります。

下記のように記号で表します。
血友病の男性(M1)と、血友病の父親(M2)と血友病ではない母親(F1)に生まれた女性(F2)
血友病の原因遺伝子:a
aに対立する優性な正常遺伝子:A


M1とM2の遺伝子型はa、F1はAAあるいはAaなので、F2はAaあるいはaaです。血友病の原因遺伝子(Aまたはa)は性染色体であるX染色体に乗っているので女性の場合は二つひと組ですが男性の場合は性染色体がXYなのでひとつだけ持つことになります。このため、女性の場合はaがホモにならない限り血友...続きを読む

Q「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなもの?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「常染色体劣勢または優勢の遺伝です。」とよくいわれます。

「常染色体性優勢遺伝」「常染色体劣勢遺伝」とはどのようなものなのでしょうか。

医学的にはどのような病気がありますでしょうか。


要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な発現力を持つ疾患遺伝子が存在すると、母方のペアとなる遺伝子の発現は正常に働かず、父方の疾患遺伝子が優位に発現し、発病します。これが常染色体性優性遺伝です。
この際もし父方の疾患遺伝子が単独で優位に発現することができない場合は、正常の母方の遺伝子が優位に立ち、正常な発現をするために発病には至りません。しかしこの疾患遺伝子が父母双方から受け継がれた場合、優劣の競合は存在しませんので、発病することができます。このようなパターンが常染色体劣性遺伝です。

また、性染色体のX染色体にこのような弱い疾患の遺伝子が存在したとします。もしこの疾患遺伝子を持つ父親と正常な母親の間に子供が生まれた場合、女の子であれば100%の確率で発病することはなく、この女の子はこの疾患遺伝子の保因者となります。そして男の子が生まれた場合は、これも父親からは疾患に関係のないY染色体が受け継がれますので、これもまた100%発病しません。
ところが、この保因者となった娘が正常の男子と子供をなした場合、生まれてくる男の子の50%は疾患遺伝子がある方のX染色体を母親から受け継ぎ、さらにそのペアとなる性染色体がY染色体であるため、このX染色体の疾患遺伝子より優位に立つ正常遺伝子が存在しないため、疾患発現を抑制する因子がないことにより発病します。これはいわゆる「伴性劣性遺伝」です。この形式で有名なものには色盲がありますね。

遺伝子のこのような発現形式はそのほとんどが遺伝子の間の優劣関係で決まります。しかし、同じ疾患でも多種多様な遺伝形式を持つ場合があり、どの疾患も一概に同じ型にはまるものではありません。

kouraさんがある程度知識を持たれていると失礼に当たるかも知れませんが、もう少し簡単に説明してみます。

まず、人間には22対(44本)の常染色体と2本の性染色体(男:XY、女:XX)があります。
常染色体優性遺伝および劣性遺伝の場合はこの常染色体のどこかに起因となる遺伝子が存在することになりますが、この二つの違いはその遺伝子の発現する「力」によると単純に考えて良いでしょう。

遺伝子は父母からそれぞれ22本の常染色体と1本の性染色体を受け継ぐのですが、この際に例えば父方の遺伝子に強力な...続きを読む

Qヌクレオチドとヌクレオシドの違い

光合成の炭素固定のところで
デオキシリボヌクレオチド、デオキシリボヌクレオシド
というものが出てきました。
これって同じものではみたいです。何が違うんでしょうか?
          

Aベストアンサー

ヌクレオシドは糖に塩基がついたもの、ヌクレオチドはそれにリン酸がついたものです。

デオキシリボヌクレオシドリン酸がデオキシリボヌクレオチドです。

Qどうして男性だけに発現するの?

はじめまして。生物学初心者です!

「血友病:多くは伴性劣性遺伝のため男性だけに現れる。」

これは不思議に思いました。なぜ「伴性劣性遺伝」だと「男性だけ」に発現するのですか?

Aベストアンサー

まず、性染色体について説明です。
性染色体は、女性はXXの組み合わせ、男性はXYの組み合わせになっており、子どもは両親から一つずつ受け継ぎます。

例えば仮に
母の性染色体を大文字でXX
父を小文字でxy と表記してみましょう。
母のXXを二つ区別つけるために、X(1)X(2)としておきます。

生まれる子どもは父母から性染色体を一つずつもらいますからその組み合わせは

X(1)とx→娘になる
X(1)とy→息子になる
X(2)とx→娘になる
X(2)とy→息子になる

の4種類の組み合わせになります。 
以上の様にして、子どもの性別は決まるわけです。

さて、血友病は性染色体Xに乗っている遺伝病です。

仮に、両親のどちらかが血友病の乗っているX染色体を持っていたとしましょう。
娘がそのX染色体を受け継いでも、女性はX染色体が二つありますから、片方が正常なら血友病は出現しません。
血友病は劣性遺伝ですから、女性の場合血友病の乗ったX染色体が二つそろわなければ血友病は出現しないのです。
X染色体一つに血友病が乗っている女性は、「保因者」(病気は出現していないけど病気の遺伝子を持っている人)になります。

それに対して息子の場合は、血友病の乗っているX染色体を受け継げば、必ず血友病になります。
男子はX遺伝子をひとつしか持たないので、その一つに異常があれば、必ず病気が出現するのです。

ただ、必ずしも「男性だけに現れる」というわけではありません。
滅多にないことですが、もし父と母両方から血友病が乗っかっているX染色体を一つずつ受け継げば、XX両方とも血友病の遺伝子がそろうので、女性にも病気が出現します。

ちなみに、他の回答者の方がお書きの「伴性優性遺伝」は「優性」なので、その病気が乗っているX染色体一つだけを受け継げば必ず病気が現れます。
劣性遺伝のような「保因者」はありえません。
病気は男子の方がおもくなりがちですが、女子のみ発症ということはないと思います。

まず、性染色体について説明です。
性染色体は、女性はXXの組み合わせ、男性はXYの組み合わせになっており、子どもは両親から一つずつ受け継ぎます。

例えば仮に
母の性染色体を大文字でXX
父を小文字でxy と表記してみましょう。
母のXXを二つ区別つけるために、X(1)X(2)としておきます。

生まれる子どもは父母から性染色体を一つずつもらいますからその組み合わせは

X(1)とx→娘になる
X(1)とy→息子になる
X(2)とx→娘になる
X(2)とy→息子になる

の4種類の組み合わせになります。 
...続きを読む

Q遺伝問題(大学受験)

遺伝問題についていくつか質問させてください。よろしくお願いします。

○遺伝問題において連鎖の考え方
両親のうち一方で連鎖している場合、もう一方というよりその問題を通して、その遺伝子は連鎖していると考えていいのですか?

○組み換え価について
組み換えは、減数分裂第二分裂の前期で相同染色体が対合したときに染色体の乗り換えがおこり、その結果遺伝子の組み換えがおこるのだと思いますが、この値は個体により変化しないのですか?組み変わるかどうかは、個体というより細胞により異なるのではないかと思うのですが?

○伴性遺伝について
例えばショウジョウバエの眼の色は伴性遺伝の例の一つだと思いますが、赤眼を優性、白眼を劣性とすると、劣性形質が表現型に現れるのは、つねに劣性遺伝子をホモでもつ場合ですか?それともヘテロでも表現型に現れるのですか?私は、伴性遺伝というのは、ホモでもつ場合にのみ表現型として現れると思っていたのですが、なんだかそう考えるとおかしいような問題がありました。今回の例だと白眼はホモで初めて表現型に現れると思いますが、これは白眼が劣性だからでしょうか?もし変異型が優性のものがあれば、ヘテロでも表現型として現れることはありますか?

よろしくお願いいたします。

遺伝問題についていくつか質問させてください。よろしくお願いします。

○遺伝問題において連鎖の考え方
両親のうち一方で連鎖している場合、もう一方というよりその問題を通して、その遺伝子は連鎖していると考えていいのですか?

○組み換え価について
組み換えは、減数分裂第二分裂の前期で相同染色体が対合したときに染色体の乗り換えがおこり、その結果遺伝子の組み換えがおこるのだと思いますが、この値は個体により変化しないのですか?組み変わるかどうかは、個体というより細胞により異なるのでは...続きを読む

Aベストアンサー

○遺伝問題において連鎖の考え方
連鎖していると考えてよいです。
連鎖で重要なのは、その遺伝子の組の染色体上の位置です。これは種で、場合によってはより高位の分類の中で一定です。
現実では例外もあるかも知れませんが、入試問題ならば問題ありません。

○組み換え価について
個体間での差はないと考えてよいです。
現実には組み替えに関わる遺伝子などがあるかも知れませんし、厳密に個体間に差がないということはありえないでしょうが、恐らく無視できるレベルです。入試問題ならはそう考えて問題ないです。

○ 伴性遺伝について
ショウジョウバエの性決定型はヒトと同じXY型で、問題の眼の色に関する遺伝子はX染色体上に乗っています。
ここで重要なのは、オスはX染色体を一本しか持っていないということです。
よって、この場合オスにホモもヘテロもなく(X染色体を一本しか持たないので)、優勢劣勢に関わらずその一本の染色体が持つ遺伝子型が問答無用で表現型になるのです。メスについては通常通り、劣勢ホモの場合のみ劣勢形質(この場合白眼)が発現し、それ以外の場合に優勢形質が発現します。
しかし、気を付けなければならないのは、これはショウジョウバエがXY型の性決定型を取り、かつ問題の遺伝子がX染色体上に存在する場合のみ成り立つということです。伴性遺伝の問題を解くには、性決定型に関する理解が必要不可欠です。
それと、変異型が優勢ならば当然ヘテロでも発現します。

○蛇足
ショウジョウバエの眼の色といえば伴性遺伝の好例ですが、ショウジョウバエの眼の色を決定する遺伝子は数多くあり、通常の遺伝をするものも多いです。
あと、もしあなたが生物をただ受験科目に選んだのでなく、将来研究されるのならこのことを覚えておいて下さい。
生物界は科学では捉えきれないほど混沌とした世界です。法則というものに囚われてはいけません。

○遺伝問題において連鎖の考え方
連鎖していると考えてよいです。
連鎖で重要なのは、その遺伝子の組の染色体上の位置です。これは種で、場合によってはより高位の分類の中で一定です。
現実では例外もあるかも知れませんが、入試問題ならば問題ありません。

○組み換え価について
個体間での差はないと考えてよいです。
現実には組み替えに関わる遺伝子などがあるかも知れませんし、厳密に個体間に差がないということはありえないでしょうが、恐らく無視できるレベルです。入試問題ならはそう考えて問題な...続きを読む

Q組み換え価の求め方なんですが。。。

組み換え価の求め方なんですが。。。
配偶子の種類がAB:Ab:aB:abで、その割合がn:1:1:nだったとき、組み換え価は (1+1)/(n+1+1+n)×100で求める、と書いてあるのですが、どうしてこういう式が導けるのかがよく分からなくて、、、
暗記するしかないんですか?どなたか教えていただけたら嬉しいです。。

Aベストアンサー

配偶子の種類がAB:Ab:aB:abで、その割合がn:1:1:nだったとき、どの配偶子が組換えの結果できた配偶子か分かりますか。少数の配偶子が組換えの結果できたものです。つまり、この場合にはAbとaBがそれに当たります。
減数分裂と染色体の乗換えの項を復習して下さい。ご質問のAB:Ab:aB:abのケースでは、AB:abが同数出来、Ab:aBも同数出来ますが、連鎖していたAB:abが多く、組換えの結果できたAb:aBが少ないことを理解しましょう。
AB:Ab:aB:abの比率はp:q:q:pになります。この比はp/q:1:1:p/qと同じですから、p/q=nとすればn:1:1:nになります。ここでp>qならpが連鎖でqが組換えですし、p<qならqが連鎖でpが組換えしたものです。この方がどれが連鎖していてどれが組換えの結果できたものか理解しやすいように思います。

組換え価とは次式で表されます。
組換え価=組換えの結果生じた配偶子数/全配偶子数×100(%)
ご質問のケースは組換えの結果生じた配偶子数は1+1で、全配偶子数はn+1+1+nですからご質問のような式になります。

蛇足ですが、ご質問者さんには何の責任もないことですが、配偶子の比をn:1:1:nで表す教育には賛成しません。あくまでもp:q:q:pが正しいと思います。

配偶子の種類がAB:Ab:aB:abで、その割合がn:1:1:nだったとき、どの配偶子が組換えの結果できた配偶子か分かりますか。少数の配偶子が組換えの結果できたものです。つまり、この場合にはAbとaBがそれに当たります。
減数分裂と染色体の乗換えの項を復習して下さい。ご質問のAB:Ab:aB:abのケースでは、AB:abが同数出来、Ab:aBも同数出来ますが、連鎖していたAB:abが多く、組換えの結果できたAb:aBが少ないことを理解しましょう。
AB:Ab:aB:abの比率はp:q:q:pになります。この比はp/q:1:1:p/qと同じですから、p/q=nと...続きを読む

Q色覚異常と血友病の遺伝問題

以下に示された家系図に関して、個体dと個体eとがそれぞれ血友病の遺伝子をもつ確率はいくつになるのでしょうか??
解説も付けていただけるととても助かります。


〇は女性、□は男性。
斜線は色覚異常、塗りつぶした黒は血友病です。

Aベストアンサー

どちらも遺伝子を持つ確立は50%で、発症率は0%です。

血友病の遺伝子は、X染色体上に乗っていて劣性遺伝、そしてその子供が発祥していないことから、2段目は母親がヘテロの保因者。父親は保因者ではないことがわかります。

つまり、母親の遺伝子の分配がキーとなるわけです。

女性の場合、母親の血友病遺伝子の乗っているX染色体が分配される確立は50%で、父親のX染色体は100%ですよね。

つまり、女の子が血友病遺伝子を持つ確立は50%になります。


以上が、一応高校までに習う事項。
以下は今後の参考のために。わからないことがあると思いますが、正確なことを伝えるために書きます。

血友病遺伝子といいますが、本来は、ある酵素(血液凝固酵素)をコードする遺伝子のどこかに変異が入っています。その変異の入り方は様々。
なので、高校では一貫してある遺伝子に変異が入ったものを、血友病遺伝子と呼んでいます。
あと、女性でも、ヘテロで持っていても発祥する確立は0ではないのです。
これについては、マニアックになるので、このへんでw

もし興味があるのなら、Lyon現象を調べてみてください。

どちらも遺伝子を持つ確立は50%で、発症率は0%です。

血友病の遺伝子は、X染色体上に乗っていて劣性遺伝、そしてその子供が発祥していないことから、2段目は母親がヘテロの保因者。父親は保因者ではないことがわかります。

つまり、母親の遺伝子の分配がキーとなるわけです。

女性の場合、母親の血友病遺伝子の乗っているX染色体が分配される確立は50%で、父親のX染色体は100%ですよね。

つまり、女の子が血友病遺伝子を持つ確立は50%になります。


以上が、一応高校までに習う事項。
以下は今後の参考のた...続きを読む

Q有機化学に良く出てくる記号 Ph とか Meってなんですか?

たとえば

Ph3P=CH2

とか

MeOH

とか良く出てきますけど、そんな原子記号ってないですよね?

Aベストアンサー

Phはphenyl基(C6H6-)、MeはMethyl基(CH3-)をあらわします。
他にもEtはEthyl基(C2H5-)などあります。

Qナトリウムポンプについて教えてください(解剖生理学)

今年から専門学校で勉強しているのですが、解剖生理学が高校の生物の知識を前提としているようで、選択していなかった私には正直ピンときません。
細胞の勉強をしているのですが、ナトリウムポンプの働きについて教科書だけではよく理解できませんでした。サイトでも探したのですが、説明の上手な方、是非教えてください。

Aベストアンサー

ナトリウムポンプというのはNa+-ATPaseというタンパクのことで、細胞膜を貫通しています。
その働きですが、細胞内にあるATPのリン酸結合のエネルギーを利用して、Na+を細胞外に汲み出し、同時にK+を細胞内に取り込みます。
神経の興奮伝達や、小腸での吸収、尿細管での再吸収など多くの場面で登場します。
このようにエネルギーを用いて積極的に行なわれる物質の輸送を「能動輸送」っていいます。逆に、濃度やイオンの勾配のような物理的化学的法則に従ってされるがままの輸送を「受動輸送」といいます。

分子生物学や細胞生物の入門的な教科書に詳しく載っていると思います。生理学の教科書だと、ある程度前提知識として扱われているようです。

Qウニの一次間充織と二次間充織の違い

高2です。生物の実験レポートの問題がわからなくて困ってます。

ウニの一次間充織と二次間充織の違いって何でしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一次間充織は植物極の細胞の一部が胞胚腔にこぼれ出たもので、最初にできる中胚葉。その後骨片に分化する。二次間充織は、原腸が伸びるときにその先端からこぼれ出たもので中胚葉になるものだったと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報