【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

蝋燭について質問です。

アロマテラピー用だと思われる蝋燭が有ります。
その蝋燭は小さな陶器製の容器に入っています。当方はその容器だけを取り出す必要が有り、その蝋燭に単純に火を付けてみましたが、その蝋燭は燃えませんでした。理由は、よく観察してみるとその蝋燭の芯の品質が悪い様で、火が付きにくく、火がついたとしてもすぐ消えてしまうという状態になることが分りました。
そこで、質問です。
この蝋燭の蝋を容器から取り除くために、どうしたら良いでしょうか?
蝋は熱せられると蝋燭の芯が無くても蝋自体が燃えると聞いたことがありますが、これは本当でしょうか?
もし本当でしたら、この蝋燭の下部の陶器製の容器だけを取り出すために、具体的にどのような方法で蝋の部分を燃やし去ることができるか教えて下さい。容器はできるだけ汚損しない方法が有り難いです。
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

>蝋は熱せられると蝋燭の芯が無くても蝋自体が燃えると聞いたことがありますが、これは本当でしょうか?



まず、基本的な事から説明しておきますが
ロウソクが燃えるのはロウが燃えるのでは無く
ロウの気体が燃えているという事をまず把握しましょう。

ガソリンや灯油なども液体が燃えるのではなく
液体から発する気体が一定濃度(引火性の気体と酸素との濃度)が特定の濃度に達した時だけ
その部分だけで燃焼を起こします。
※酸素が多すぎても、引火性の気体が多すぎても燃焼は起こしません。

したがって、ロウを高温にさせると液体になりますが
それをさらに熱するとロウはどんどん気体になるので
ロウが気体になる量と酸素濃度がある特定の濃度になれば
芯が無くてもロウの液体の上で火が付きます。

また、火種で火を付ける事をを「着火」と言いますが
着火ではなく、「発火」という物もあります。
これは火種無しでも火が付く(自然発火)する状態を指しますが
ロウソクが発火する温度は約400℃以上と言われているので
その様に数百度単位の高温にする事が出来るのであれば
芯無し、火種無しでもロウを燃やす事が可能です。

まぁ一般的にはその様な高温状態にする事は難しいので
非現実的なお話になってしまいます。

質問者の様に容器だけを綺麗に確保したいというのであれば
ロウソクを固形の状態で何かで掻き出して
ロウを粗方取り去ってから中に染み付いているロウを
ライターやバーナーで炙って溶かし、すばやくティッシュなどで拭き取る、
という方法を繰り返すのが一番妥当だと思います。

たぶん容器も簡易的な物だと思うので
直火で炙ったりすると焦げたり割れたりする可能性も考えられるので
出来るだけ短時間に済ませられるように工夫してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
蝋が直接燃えるのではなく、気化した蝋が燃えているのですね。
アドバイス有難うございます。
対象となる蝋燭の容器は確かに弱そうに見えますので、短時間で処理できるよう努めます。

お礼日時:2010/10/14 00:25

容器の形状がわかりませんが、容器自体を熱いお湯につけておき、外周が解けたころ、逆さにして取り出せませんか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。熱湯で蝋を溶かすことできるのですね。
検討させてもらいます。

お礼日時:2010/10/14 00:27

蝋燭が入ってる陶器の形状が文面では想像出来ませんが、直ぐ消えてしまう原因は「酸素不足」の可能性があります。


蝋が燃えるなら粗悪な芯でも燃えます。
質問文でも芯が無くても燃える事に触れてますが、蝋が充分に熱せられて液状化して気化し易い状態になれば芯が無くても燃えますが、炎は不安定で蝋燭になりません。
蝋燭の燃える原理は芯に染みた蝋が燃える熱で周囲の蝋を溶かして、溶けた蝋が芯に染みて燃える繰り返しです。
芯の材質は紙でも糸でも蝋が染みる材質なら何でも良いのです。
しかし、燃える為には空気中の酸素が不可欠です。
陶器容器の形状が悪く空気が流通しないならどのような芯でも燃え続ける事は出来ません。

単純に蝋燭の入った容器だけが欲しいなら、陶器容器に重石になる物を付けて熱湯の中に晒してください。
蝋は全て溶けて熱湯に浮きます。
いきなり熱湯に入れると危険ですから、湯を沸かす要領で実施してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
方法をご教示くださいまして有難うございます。検討させてもらいます。

お礼日時:2010/10/14 00:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお肉やお魚は常温でどのくらいの時間がたつと傷むの?

この時期スーパーで買い物をするときは、なまものは一番最後に買うとか、すぐに帰って冷蔵庫に入れるようにと言われてますよね。

なまものを買ってから家に帰るまでどのくらいの時間は大丈夫なのでしょうか?またどのくらいから傷んで食べられなくなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

買ったときの鮮度にもよります。
特売やシール割引の肉類はやっぱり常温2時間で、あーまずいか?ぐらいにはなります。青魚なんかは1時間でてきめんに肉質に張りが失われ、目は濁ってきます。
何時間~は目安になりません。
傷んでいるかそうでないかを見分ける目と鼻を持ちましょう。

肉類はまず容器の下に血が溜まります。そして粘り気が出て、変色し始めます。豚肉は変色してきたら廃棄しましょう。鶏肉は変色がわかりづらいですが、粘りと臭いでわかります。触って明らかにヌルッとしていたらダメです。牛肉は中の部分が茶緑っぽく変色していることが多いですが、これは大丈夫。酸素に触れなかった肉の鉄分が不活性化してるだけです。しばらく置いて赤色が戻って来るようなら問題ありません。これもわかりにくいので臭いで判断する方がいいと思います。
新鮮なお肉は獣のようなムッとした臭いはしません。手触りも弾力があります。まず新鮮な状態のお肉をマメに使うようにし、その外見や匂い、感触を覚えてください。この観察力はスーパーでよい品物を選ぶのにも大活躍します。

鮮魚についての判定は、本当に難しいです。私もまだこれといった決め手がわかりませんが、目の透明度と肉の弾力を目安にしています。(商品をあまり押しちゃいけませんよ)自分でしまった!と思うほど放置したなら、捨てちゃいましょう。魚の代金より安い病院代はほとんどありませんから。

買ったときの鮮度にもよります。
特売やシール割引の肉類はやっぱり常温2時間で、あーまずいか?ぐらいにはなります。青魚なんかは1時間でてきめんに肉質に張りが失われ、目は濁ってきます。
何時間~は目安になりません。
傷んでいるかそうでないかを見分ける目と鼻を持ちましょう。

肉類はまず容器の下に血が溜まります。そして粘り気が出て、変色し始めます。豚肉は変色してきたら廃棄しましょう。鶏肉は変色がわかりづらいですが、粘りと臭いでわかります。触って明らかにヌルッとしていたらダメです。...続きを読む


人気Q&Aランキング