プロが教えるわが家の防犯対策術!

L2キャッシュ(二次キャッシュ)の効果について、教えてください。

Core2シリーズ限定でお願いします。
Core2Duo E8600には6MBもキャッシュが搭載されています。しかし、ベンチマークでは同クロックのPentium Dual-Core(キャッシュ2MB)や Celeron Dual-Core(キャッシュ1MB)と対して変わりません。
二次キャッシュには本当に効果があるのでしょうか?
また、キャッシュ1MB,2MB,6MBではどれほどの差があるのでしょうか?

それぞれの用途での差を教えてください。
・エンコード
・動画観覧(YouTubeやニコニコ)
・ネットサーフィン
・3Dゲーム(FPSなど)
・2Dゲーム(東方ProfectなどのSTGや、横スクロールアクションなど)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一度CPUで実行した命令を蓄える場所です。


1次>2次>3次とアクセス速度が変わります。
用途での差と言うよりも実行されたプログラムの長さ、ヒット率(アルゴリズム)、容量が関係します。
また、処理にはキャッシュだけでなくCPUそのものの速度(クロック)も関係します。

CPUキャッシュは一度実行された命令がキャッシュ内で見つかればそこから実行しCPUで新たに実行しなおす時間を省きます。
CPUキャッシュのの検索、実行には専用にアルゴリズムが組まれ効率的に動作するようになっています。
同系列のCPUでキャッシュが違えばメモリの違い分差は出ますが実際の動作でCPUの速度が1Mのものが6Mの6分の1の速度になる事はありません。
また、CPUキャッシュは上位に行くほど値段が高くなります。
つまり積めば積むほどバカみたいに高くなります。
少ないキャッシュでより高いヒット率(アルゴリズム)があれば少なくても高い能力を発揮します。

因みに、エンコード処理ではCPUキャッシュよりも動作クロック(ソフトがマルチコア対応であればコア数)が速度の差の大きな要因になります。
逆に、ネットサーフィンやYouTubeの動画程度ではそれほど大きなCPU処理を必要としません。
2Dスクロール、3Dゲームでは影響するでしょう・・・
しかし、それもキャッシュのヒット率具合次第です。

結局、6MBあってもキャッシュがうまくヒットできなければ意味がありません。
逆に言えば、キャッシュのヒット率が低いから6MBもあるとも言えます。

因みに、AMDのCPU(同系列)で3次キャッシュのあるCPUと無いCPUでは最大?1コアぐらいの違いが出るそうです。
AMDはキャッシュの効率はintelよりも高いと言っていたと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲーム以外で、グラフィックボードをつける良さは?

私は趣味で自作PCを沢山作っています。
後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

私の場合ゲームをやらないので、オンボードグラフィックで十分です。
(CPUをCore i7-2700Kにしています。)
自作指南的なページでよく言われているのが、同じ予算であれば、
CPUのグレードを下げて、グラフィックボードのグレードを上げたほうが良い
といわれています。

パーツショップで、グラボの値段も見ていますが、価格帯がCPUよりも高価です。
そこで質問ですが、

1.ゲーム以外でグラボをつける良さってありますか?

2.CPUやメモリ等の部品に比べてコストパフォーマンスが悪いと思うのですが、
  お金を出してもおすすめするネタってありますか?
  (当方ゲームは極まれにやりますが、面倒で気が進みません
   ゲームでもこれは大金叩いても面白いというのがあったら教えて欲しいです。
   また、当方男性ですので、カテゴリーに抵触しない程度でアダルトネタでも良いです。)

Aベストアンサー

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エンコードや画像処理ソフトなど、極一部の用途でしか使えないが、CPUよりも高速で処理が可能。


>2.

基本的には、高いスペックの必要な3Dゲームをやらないのなら、上位クラスのグラボを搭載する意味は有りません。
動画の再生支援が目的なら安価な下位クラスの製品で十分ですし、GPGPUで使う場合もミドルクラス程度のコストパフォーマンスが良い製品で問題ないはず。
上位クラスのグラボは、高解像度&画質設定最高で3Dゲームを快適にやりたいというヘビーゲーマーや、ベンチマークで高いスコアを出したいベンチマーカーくらいしか縁が無い製品です。


>後付のグラフィックボードをつけると、FFなどの写りのキレイなゲームを快適に楽しめることは知っています。

これは、グラボを搭載すると映像が綺麗になるって意味じゃありません。
3Dゲームというのは、大抵のタイトルで画質設定が変更でき、高画質な設定ほど快適に動かすために必要な3D性能が上がっていくんです。
で、オンボードグラフィックや内蔵グラフィックと呼ばれるものは3D性能が低いから画質設定を低くしないと快適にプレイできないから低画質、グラボを追加すれば3D性能が上がるので画質設定を上げられるから映像が綺麗になるってわけです。
そのため、グラボを搭載すると映像が綺麗になるというのは、3Dゲームに限定されるんですよ。
基本的に、3Dゲーム以外の画質に関しては、どれだけ高性能なグラボを搭載しても綺麗になることは有りません。

>1.

GPGPU(※)を使う場合や、CADや3DCG製作などのOpenGL系の処理をする場合などはグラフィックボードも必要になりますね。
ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。
せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。
消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。

※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エ...続きを読む

QCPUのL2キャッシュの効能は何ですか?

やや古いThinkPadの改造にハマってますが、
PentiumIII(MMC-2) 850MHzというのを入手・換装したもの、
システムボード(?・・BIOS?)が非対応?だかで、
換装しただけではL2 ChacheというのがゼロKBです。

ただ、ソフト的にONにできるらしく、ChacheUtilityという
フリーウェアを導入したら、確かに
L2 Chacheが256KBとなりました。

エキスプローラでフォルダを開くなど、一つ一つの動作について、
うそのようにモッサリ感が改善しました。

結局、L2 Chacheの役割とは、メモリみたいなものなのでしょうか?

関連情報等あれば、ご教示ください。

Aベストアンサー

L2キャッシュは、転送速度も速く、反応速度も速い高性能なメモリです。
このメモリの役割は、CPUの動作速度に比べて遅いメインメモリの速度を緩和させるためにあります。

どのように作用するか簡単な例をあげると、
1.プログラムが必要とするデータは90%の確立でキャッシュメモリに存在する。
2.キャッシュメモリを調べた上で必要なデータがなければメインメモリにとりに行く。
3.キャッシュメモリは1ns、メインメモリは100nsデータを取りに行く時間がかかる。
としたとき、
キャッシュを利用しないとき、メモリへのアクセス速度は常に100nsになります。
一方キャッシュを利用すると、
1ns×0.90+(100+1)ns×0.10=11ns
となり、平均アクセス速度は約10倍に向上します。

ここでは適当に設定しましたが、
1のキャッシュメモリにデータがある確率というのは考えればわかりますが、
キャッシュメモリが大きいほど上昇します。
またCPU上で動くプログラムは、比較的固まった場所に記録されているメモリを参照することが多いので、
256KBとか、512KBなどメインメモリに比べてとても少なく見えても、
伽主にデータがある確率は結構高いです。

L2キャッシュは、転送速度も速く、反応速度も速い高性能なメモリです。
このメモリの役割は、CPUの動作速度に比べて遅いメインメモリの速度を緩和させるためにあります。

どのように作用するか簡単な例をあげると、
1.プログラムが必要とするデータは90%の確立でキャッシュメモリに存在する。
2.キャッシュメモリを調べた上で必要なデータがなければメインメモリにとりに行く。
3.キャッシュメモリは1ns、メインメモリは100nsデータを取りに行く時間がかかる。
としたとき、
キャッシュを利用しないとき...続きを読む

Q2次キャッシュ(L2):4MB と2MBってどう違うんですか?

core2duoを見ているとE6600の2次キャッシュ(L2):4MBが相当高く評価されてるみたいなんですけど、これって具体的にどう違うのでしょうか?

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

クロックはいわゆるオーバークロック動作でカバーすることもできますけど、キャッシュは買ったあとから増やすと言うことができませんから。

各種ベンチマークを見ていくと、Core 2 Duoの場合は二次キャッシュが結構性能に効いてくる(同一クロックで計測しても数%以上の性能差になるようです)らしく、手を伸ばしやすい4万円前後という価格もあって人気になっているのでしょう。

QFSBの高いCPU、はFSBの低いマザーボードで動作するのですか?

お世話になります。
Core 2 Duo E6750 のようなFSBが1333MhzのCPUは、E6320のようなFSBが1066MhzのCPUが搭載されているマザーボードで動作しますでしょうか?もし動作するなら、もちろん、動作は下位の1066Mhzになるんでしょうけど、動作するかどうかを知りたくて今回は質問させて頂きます。 現在使用中のマザーボードのチップセットはG965LVです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自作PCですか? メーカー製PCですか?
メーカー製PCなら、保障外になりますしリスクが大きく難しいと思います。又、余程のCPUを酷使する作業でなければ、
通常の作業では体感スピードはCPUを交換してもまず変わらないと思います。

基本的に
1333MHzのFSBを利用するには、MBのチップセット側も対応している必要があります。インテル製チップセットの場合、
1333MHzに対応しているのは、「Intel 3シリーズ」と呼ばれる最新チップセット Intel G33や同P35 のみです。

Intel G965、同P965、Intel 975Xなどの2006年までに登場したチップセットはFSB1333MHzに対応していないので注意が必要です。

ただし、MBメーカーによっては、P965 MBでもFSB1333MHzに対応している製品MBも有る様です。

手持ちのPCでそれらの旧チップセットを搭載したマザーボードを利用して、FSB1333MHzのCPUを使いたいならば、
FSB1333MHzのCPUに対応しているかを自力で確認するか、
マザーボードをIntel G33や同P35などのIntel 3シリーズチップセットを搭載したマザーボードに交換する必要が有ります。

自作PCですか? メーカー製PCですか?
メーカー製PCなら、保障外になりますしリスクが大きく難しいと思います。又、余程のCPUを酷使する作業でなければ、
通常の作業では体感スピードはCPUを交換してもまず変わらないと思います。

基本的に
1333MHzのFSBを利用するには、MBのチップセット側も対応している必要があります。インテル製チップセットの場合、
1333MHzに対応しているのは、「Intel 3シリーズ」と呼ばれる最新チップセット Intel G33や同P35 のみです。

Intel G965、同P965、Intel 975Xなどの2...続きを読む

Qcore 2 duo P8700とT9600の違いについて

sony styleのモバイルノート、Sシリーズを購入しようと考えているんですが
プロセッサー欄のところで迷っています(>_<)
core 2 duo P8700(2.53Ghz)とT9600(2.80Ghz)ではどのくらいの性能の違いがあるのでしょうか?
もし両方のエクスペリエンス インデックスの画像がある方教えて下さい。

回答宜しくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

Q/core 2 duo P8700(2.53Ghz)とT9600(2.80Ghz)ではどのくらいの性能の違いがあるのでしょうか?

A/Windows 7のCPUエクスペリエンスインデックスだと5,2~5.8(低い方がP8700で高い方がT9600)ぐらいの差。
パフォーマンスの違いの割に価格が高いので、性能がとにかく必要ならば別ですが、T9600は発熱が若干大きい(TDP/35W)上に、バッテリの持ちも若干ですが悪くなります。持ち運び中心ならP8700(TDP/25W)の方が、モバイルに向いています。

TとPの大きな違いはTDP(熱設計電力)ですからね。この2つのCPUに関しては周波数とキャッシュ容量が違いますが、Pで最上位モデルナンバのP9700とT9600だと、T9600のTDPが高くなるだけで、同じクロック、同じキャッシュ容量になる。

Q2次キャッシュメモリの容量によるCPU処理速度の違い

2次キャッシュが256KBと128KBでは、同じCPUにおいてどれだけの処理速度の違いが出るのでしょうか?

Aベストアンサー

>ULV Celeron M 600(L2=512KB)とULV Celeron 650MHz(L2=256K)とULV Celeron 633MHz(L2=128KB)をベンチマーク(SiSoft Sandra 2003など)で客観的に比較したい

http://www.intel.co.jp/jp/support/processors/spec/celeron/l2.htm

デスクトップの情報だけしか出てこなかったのですが、ノートの場合、FSBも最近のは400MHzですし、超低電圧タイプですと、800MHzが最低基準みたいです。つまり、モバイルタイプでL2が512kBのセレロンで、動くM/BはFSBも高速だし、対応しているグラフィックもM/Bによって高性能の独立タイプが搭載していたり、メインメモリーをDDRタイプで分割して持ってくるもので大きく動作が違うと思います。

比較するには、同じM/Bで搭載する必要がありますので、ノートタイプでは不可能だと思います。

また、製造している方法、規格もまったく違うので、名前はセレロンでも違う製品ですので、どうも答えが出せないのではないかと感じました。

そもそも低電圧のモバイルセレロンの600MHz程度のものはバグも多く、FSBも66MHzとか最高でも100MHzが対応できるかどうかでしたので、周辺のチップセットも低速で動作するタイプですし、超低電圧タイプがあるのかも知れませんが、かなり新しい方ですので、FSBも133MHzとか166、あるいは266MHz動作ではないのでしょうか。

ノートは特に新しいものは比較したことが無いので、ペンティアム4とかアスロンXPとかアスロンMPなら多少はわかるのですが、同じ周波数でも性能がまったく違うので、L2が倍違ってもアスロンの方が上手のケースもあるし、何ともいえません。同じ種類で製造技術が同じならL2が多い方が上手く作動するOS、M/Bなら動作が速いとは思います。

参考URL:http://www.intel.co.jp/jp/support/processors/spec/celeron/l2.htm

>ULV Celeron M 600(L2=512KB)とULV Celeron 650MHz(L2=256K)とULV Celeron 633MHz(L2=128KB)をベンチマーク(SiSoft Sandra 2003など)で客観的に比較したい

http://www.intel.co.jp/jp/support/processors/spec/celeron/l2.htm

デスクトップの情報だけしか出てこなかったのですが、ノートの場合、FSBも最近のは400MHzですし、超低電圧タイプですと、800MHzが最低基準みたいです。つまり、モバイルタイプでL2が512kBのセレロンで、動くM/BはFSBも高速だし、対応しているグラフィックも...続きを読む

QノートPCのモニターを普通のデスクトップPCのモニターとして使いたい

ノートPCのモニターを普通のデスクトップPCのモニターとして使いたいのですが、そのような特殊ケーブル(USB ? VGA ?)は存在しないのでしょうか。
それともノートPCは設計上、どこのメーカーのものもそのような使用はできないようになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

#3の方の回答に追加します。
この方法は非常に有用な方法で、私自身もためそうと思っています。
ただし#3の方の回答にあるように「セカンドモニタにすることはできます」になります。
つまり1台(プライマリモニター)は通常のディスプレイが必要で、これにノートパソコンのディスプレイを用いてデュアルディスプレイにする方法です。
ですからノートパソコンのディスプレイのみで行おうとするのは、#1、2の回答にあるように不可能です。

QHDDのキャッシュは数字が大きければ速い?

HDDの性能詳細によくキャッシュと書いてありますが、8MBと16MBとでは、どちらの方が速いのでしょうか?
というかキャッシュは何に対して速くなる要素なのでしょうか?

Aベストアンサー

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的には速くなっているとも言えますが
本来、キャッシュメモリは規格上(理論上)のPC性能に近づけるためのしくみです。

厳密に言えば、多いほうが性能が向上する見込みはあります。
しかし、Quantum LP240Sがもてはやされた時代に比べれば
HDDのキャッシュメモリ容量が、決定的な性能差を生むことは無いと思います。
当時はOSのキャッシュ機構が拡張バス上の遅いメモリー使ったりしてたけど
今は、数GBのメインメモリーがディスクキャッシュに活用されたりするしね。

あと、キャッシュの多いメモリーのほうが機械的動作の負担が少なく
耐久性が上がるという説もあるけど、まゆつば。

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的に...続きを読む

QCPU比較 どれくらい違うの?

CPU比較 どれくらい違うの?

Macbook Proの購入を検討しています。そこで、CPUを選べるのですがデュアルコアとクアッドコアくらい大きく違うのは解るのですが、小さな違いについては、どんな処理をした時にどれくらい違うの?という感じです。どなたかご教授お願い致します。


今回の疑問
Core i7の2.2GHzと2.4GHzと2.5GHzは体感出来るくらい違うのか。

3次キャッシュの6MBと8MBは体感できるくらい違うのか。

動画編集、制作や音楽の編集、画像の現像等、それなりに重たい処理をする予定ですが、2.2GHzと2.4GHzで値段が3万円も違います。それほど価値があるのでしょうか。

体験談でも何でも構わないので沢山の意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

3つの製品を見たところ、差は本当に少ないようですね。

まず、2.2GHzと2.4GHzでは約9.1%の性能差があります。即ち、連続してCPUに演算させれば100分の作業が約91分程度に収まるぐらいの差です。その差が大きいかどうかは、使う作業次第ですが、大事な点として、連続して負荷が続くことと、その負荷の時間が長いほど効果が大きくなると言う点が大事です。
TB(ターボブースト)の差も同じです。2.4GHzの方が同じく200MHz高く、双方とも定格より1.1GHz高くクロックアップします。

尚、連続した演算が長時間続かないソフトの起動などは、体感として感じるには、最低でも15%以上の性能向上がなければなりません。即ち、質問のケースではまず体感として、断続的な演算では全くに近いレベルで体感差が生じません。ただし、断続でもある程度CPU100%時間が長いこと生じる場合は、1時間や2時間のスパンで見ると多少違いが出ることがあります。


2.5GHzの差は、定格クロックでは2.2GHz比で13.63%+α(ソフトウェアによる、後述)ほど性能が高くなります。ただし、2.4GHzとは4.16%+αしか差が生じません。

問題のキャッシュの差ですが、L3キャッシュヒット率が33%向上しますので、データ量の少ないループコードであれば、8MB+L2+L1の容量までマージンが出来ます。このマージンにぎりぎり収まらなかった、例えばバッチ処理やループするデータ処理、演算コード(例えばエクセルマクロのような処理や、小さなアクセスデータベースのクエリなど)の場合は、倍以上の動作性能が向上する可能性があります。
ただし、そういうケースに該当するのは極めて少ないですから、実用面ではそれほどないでしょう。期待できるソフトが思い浮かぶようならよいかもしれません。


以上のようになります。
尚、Macではどのようなソフトがあるか知りませんし、該当のハードが物理対応しているかまでは、調べていませんが、いずれのCPUもIntel Quick Syncに対応しています。対応したアプリケーションを使えば、動画における一部のエンコード処理において、GPUに登載された専用のエンコーダーを使うことができます。これを、使う場合はいずれのCPUでも動作性能(待ち時間)に特別大きな差異が出ることはありません。(誤差程度です)
そういう機能が使えるソフトやハードを利用し、そのソフトで該当機能によるエンコードをされる場合は、注意した方が良いかもしれません。(一番安い製品でも差はないですからね)


後は、予算とソフトウェア次第です。
個人的な意見を言えば、短時間のCPU高負荷が繰り返され、たいていはウェイトが掛かるようなケースなら2.2GHzがベスト、CPU高負荷な時間が長く、例えばエンコードなどで一度に数十分使うような場合は、2.4GHzがベスト。とにかくひたすら金を掛けても高速高性能をというなら、2.5GHzが妥当です。

尚、これはあくまでCPU内蔵の機能のみの話です。

3つの製品を見たところ、差は本当に少ないようですね。

まず、2.2GHzと2.4GHzでは約9.1%の性能差があります。即ち、連続してCPUに演算させれば100分の作業が約91分程度に収まるぐらいの差です。その差が大きいかどうかは、使う作業次第ですが、大事な点として、連続して負荷が続くことと、その負荷の時間が長いほど効果が大きくなると言う点が大事です。
TB(ターボブースト)の差も同じです。2.4GHzの方が同じく200MHz高く、双方とも定格より1.1GHz高くクロックアップします。

尚、連続した演算が長時間続かな...続きを読む

Q4PINファンと3PINファンについて

こんにちは。
待ちに待ったPCパーツが全て揃ったので自作で組みたいと思うのですが、一つわからない事があります。

僕が今回使うPCケースはZ11Plusなのですが、付属のファンは3PINでした。
ですが、マザボ側は4PINです。
4PINソケット?に3PINのファンが接続出来るとは聞いたのですが、どう接続すればいいのかわかりません。

マザボ側が4PINでファン側が3PINなのですが、接続すると1ピン余ると思います。
その際どちら側(一番右のピンを余らすのか一番左のピンを余らすのか)のピンを余らせて接続すればいいのかがわかりません。

深く考えずに接続しても構わないのでしょうか?
発火したりの心配はないでしょうか?

説明が下手で申し訳ございません。

1、マザボ側4PIN ファン側3PINの場合1つピンが余ると思うのですが、右のピンを余らすのでしょうか?それとも左のピンを余らすのでしょうか?
2、深く考えずに接続しても構わないんでしょうか?
3、発火の危険性等はないでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

intelのwebにそのものずばり!の回答が記載されています。下記webをご参照ください。
http://support.intel.co.jp/jp/support/motherboards/desktop/sb/CS-012074.htm
これはintelの基板の例ですが、コネクタのピン配置自体は規格で決まっています。なので、ご質問者様がインテル以外のマザーボードをお使いの場合でも上記記載内容はそのまま適用できます。

1.のご質問について
前述のとおり、ファンコネクタは規格でピン配置が決まっていますから、マザーボード側のコネクタストッパー(端子とは別に出ているプラスチックのガイド部品)を上にした状態で、左側のピンを余らせます。

2.のご質問について
上記の接続ルールを守れば問題ありません。

3.のご質問について
4番目の端子はPWM端子(パルスでファンの回転数を動的に制御する端子)ですから、余らせて問題ありません。
また、ここを余らせたからといって発火の原因にはなりません。

以上、ご参考まで。


人気Q&Aランキング