最新閲覧日:

なぜ食への欲の為に生き物を殺す人間は、許されるんでしょうか?
この地球は、人=王、生き物=奴隷の王権社会なんですか?

A 回答 (11件中1~10件)

難しいことはよく分かりません。


が、自然界は皆、自分が生き延びるために、何かを殺して食べてるのではないかと思います。
ですから、殺してその肉を食べる、殺して毛皮を売ってお金を稼いでご飯を食べる、殺されそうになったからやっつける、と言うのはある程度許さねばならない、とは思います。
ただ、自分の楽しみのために生き物を殺すのはいただけないと思います。


ところで、駅に落ちた人を助けようとして死んだ人たちがおられ、とても感動を呼びましたが、もし落ちたのが犬だったらどうでしょうか。
犬の足を切って嘘の募金を募ったところ、100万円も集まったという話をどう思われますか。
日本では子供の臓器は移植されないので海外に行くしかないんですけれど、こちらの募金はどうでしょうか。
私は、人間が1番えらいという考え方は確かに疑問視されてしかるべきだと思いますが、うちの子達が犬を助けるために死んだら、きっと残念だと思います。
人だと、その人もあのときは亡くなりましたが、子供の死を誇りに思わなければ、あの子達も浮かばれない、とか思いますが…。
犬の足を切るなんて酷いまねは絶対許せませんが、犬の治療費のためになけなしの小遣いを募金するなんて事を子供達がしたら、私は「ちょっと待て」というかも。
…なんか大きくずれてしまってすみません。
お犬様(他のペット含む)の昨今の風潮など、ちょっと変かな、と思う面もある感じがしてるもので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、やはり命の重さは、身内と犬(生き物)では、変わってくるんですね、命の天秤は何処に方抜いているんでしょう?映画でも子供と動物が哀愁を誘うのは、自分より下に見ているからかも?
犬が飛び込んだら今の日本は、感動を呼ぶかもしれませんけど、もし、象などが飛び込んだらただのビックリ映像としか扱われませんよね?何で同じ生き物でも差別されるんでしょうか?(像の花子には、感動しました)

お礼日時:2001/04/13 22:47

私も似たようなことを気にかけているので!ここに書きます。


setorasuraikaさんは、肉・魚を食べますか?
私は、どうも形になっている魚・肉は駄目で、以前は食べられたのですが、魚料理で、魚の内臓を出していたら人間と同じような内臓で、そう思うようになったら魚が食べられなくなりました。おでんのすみれやはんぺんのような練り物なら抵抗はないのです。 
 まず、何故人は食べるのだろうと考えると生きていくため。
生き物を殺す・・・・日本のように食べ物に不自由しないのと、アフリカのようにその都度狩に出て食べ物をその日その日探し食べるのとでは、解釈が変わるのではないでしょうか。
 食べ物を食べることで心の隙間を埋める食べ方をしている人達、いわゆる欲望だけを満たす人達。病気にならないように、健康を保つために食べる人達。
菜食主義者など、食べる意味が人それぞれ違いますが?
・・・・・ 
 食べるという生き物が、人間に良い影響を与えるペットがいます。
 動物は自然のリズムで生きているので、そのリズムが壊れた人間は、自然の中で生きている自然や動物の影響を受け、自身を癒したりします。

 ある一つの方向だけを考えるとおかしな事でも、違う方向から考えると、なるほどと思える事がある。
 
 例えば動物保護のように、人が動物をも助けたりする人達も居る。
こう考えるのなら、王権社会とは言えないような気がします。
ただ、欲とお金と、に動かされる人達が多いいのも確かです。

ただ、なんとなく出してしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、人間の欲は、病気ですか?人に好まれペットとして飼われる動物はいいですが、人に嫌われる動物たちは、どうすれば良いんですか?動物を、保護しようとするのは、生態系が崩れ自分(人)達も絶滅するのを恐れての行動では・・・

お礼日時:2001/04/13 22:23

そもそも許される許されないという事自体が人間独特のものですよね。

野生の生き物は自分にとって最低限必要な物や事以外に対しては無関心であると思います。万が一必要のないものを殺してしまっても、そこには”しまった”とか”ごめんな”とかいったものではなく、必要ではないなといった感じではないでしょうか(人間的にいうと)。
 つまり、人間以外がこの基準だとすると人間はこの基準内なら共存してることになりませんか。現に地球上の食物連鎖は一応成り立ってます。太古の昔に人が誕生したのはその過程で必要とされていたのかもしれません。
 だから殺してもいいのかと言われるかもしれませんが、彼らもそれほどやわではないでしょう。ただ発展しすぎた為に(単に食の為だけでなく環境的なことその他もろもろの理由で)今この時点では、人間=強者、彼ら=弱者とみえますが、それは人として考えているからで、さらにこの時点で考えてるからではないでしょうか。範囲を広げれば世の中バランスが絶対とれているものです。
 うーん。ちょっと参加してみようと思っただけなんですがとりとめがないんでここらで失礼を。ああ批判が怖い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、人間が無知なだけで生き物にも感情があるのでは、ないでしょうか?人は、核兵器などを、持っているので世の中は、あまりバランスが取れていないのでは?(その気になれば人は、地球を壊すこともできる)

お礼日時:2001/04/13 22:09

(私はキリスト教徒ではないので、間違いがあったら申し訳ないのですが、)キリスト教には「原罪」という言葉があって、生きていること自体が罪、という考え方のようです。

その元には、人間が生きるために他の生き物(動物も植物も)を殺すということが大きな罪だとされているように思います。
 人間が「勝手に」生きるために他の生き物を殺してしまうことを認めてしまっているだけのように思います。でも、生きている以上、他の物を殺すのは仕方がないと言えばそれで終わりですが、他の物への慈しみとか感謝の気持ちを持つようにすることで、せめてもの償い(と言うとおおげさですが…)ができるように思います。
 余談ですが、日本は食料についてみれば、超輸入国ですが、また、食料が廃棄される量もものすごく多く、量的に見ると輸入した物をそっくりそのまま捨てている計算になるそうです。こういう、わざわざ無駄にするために殺される生き物とかのことをもっと考えないといけないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、神は、生きているだけで罪な人間を、誕生させて、動物たちもいい迷惑ですね?

お礼日時:2001/04/13 21:34

食のためにほかの生命を奪う事は自然の摂理だとおもいますが、飼育、養殖、品種改良、などについてはヒトの奢りがあるように思います。


ヒトが獲得した知恵という武器は強力すぎて、結果、個体数がふえ過ぎてしまいました。この事が原因で、ヒト用の食料(生命)は膨大な量が必要となってしまっています。
これまでの生態系が未来永劫つづくべきものでもないと思いますし、ヒトが増え続ける一方で絶滅していく種もあって当然でしょう。
ヒトにとって害であるものは細菌やウィルスに至るまで排除し、ヒトが生まれた当時の生態系をより都合良く変えていく結果、新しい生態系に移行するのは自然の流れだと思います。ヒトの将来にとってそれが最善であるのかどうかは解りませんが、地球という星の一生という視点に立てば、ヒトが繁栄(増殖)した時期もあったなあ、といった事でしょう。
地球誕生の頃登場した生命にとって、酸素は猛毒であった、と聞いた覚えがあります。つまり、新しい環境に移行すれば、それに適した生命が登場し、繁栄する、という事です。
まあ、奢る平家は久しからず、というのが自然の摂理なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、人が生き物を食べ尽くしたら、人が人を食べて絶滅するんでしょうか?

お礼日時:2001/04/13 21:29

多くの植物は自分の必要な物を太陽エネルギーより自ら作り出しています。


その他の生物はそれを収奪することで生きています。

許されるか?誰が許しているのか、それは自分自身が自分の行動を許しているとしか言いようがないのでは。
多くのレスにあるように、人によっては必要な物だけで生きている人もいれば、必要以上の収奪で生存以上の物を得ている人も

人は単に生きる以外に生きる目的を見つけてしまった。それが人以外の生物にとっては災難であるか。
他の生物は確かに殺されることはいやであろうが、人に殺されようが、他の天敵に殺されようが同じである。
人は無意味に殺されることに嫌悪感を感じている。
動物はライオンを王だとは思っていない。もちろん人間に対しても(税を払っているつもりも、生け贄を捧げているわけでもない)
人間が一方的に収奪している状況です。

生存競争は地球のリソースの循環でしか有りません。
循環を壊してしまうと、君臨しているようで、早く滅びてしまうかもしれません。

とりとめが無くなってきました。ここら辺で止めときます。
とにかく、一つは自分自身の問題であり、一つは生物体系のシステムの問題になるのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様御答え有難う御座いました。学生身分でありながらふと疑問に思い質問させて頂いた次第であります。この問題はクローン技術が進んで命の価値が希薄になってきた昨今重要な議題だと思います。
皆様の生き物に対しての考えが有ればまだ何年かは地球も大丈夫な気がします
しかし、地球の破滅は、今も刻々と迫っていると考えております
皆様の一層の生物への、(愛護を願いたいものです)←愛護しようとするのは生物の命を人より下に思ってる証拠でしょうか?

お礼日時:2001/04/11 20:54

人間には天敵がいないですからね。

敢えていうなら、人間自身あるいは悪性のウイルスといったところでしょうか。食用、美食のために生き物を殺すのが、なぜ許されるのかといった疑問が生まれてくるのは、人間だからでしょう。殺している当事者が、なぜ?というのはそもそもおかしいことです。許すも何も、そのようなことは人間のみが考えることでしょう。仮に、人間以上の存在が現れたとして、その生き物が人間を許さないという立場をとったとしても、大多数の人間は、それらの存在を排除しようとするはずです。それが人間の社会です。人=王というのは、論外ではないでしょうか。人間以外の生き物=奴隷というのは、ある意味当たっていると思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、人は弱いものには強く、強いものには弱いので、今度は人=奴隷になりますね?

お礼日時:2001/04/13 22:01

>なぜ食への欲の為に生き物を殺す人間は、許されるんでしょうか?



許されている、と明言できる根拠はどこでしょう?
オーストラリアでは、活き造りが禁止されました。
鯨を食べる事については、反捕鯨派があーだこーだいってます。
いろいろな考えがあると思いますが・・・

とはいえ、おっしゃりたいことは、なんとなくわかります。
毛皮や動物実験などなど、動物虐待は嫌悪されても、食用に関しては、不可侵になっていることに、疑問を感じているのでは、と推測しました。ちょっと、掲示板的な展開になりそうですが、違っていたら、文句いってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、生かす動物を、選んでいる地点で人=王ですよね?

お礼日時:2001/04/13 21:45

ある国の民族は食べるのに必要な分だけを


その日にとって食べるそうですよ。(絶対余分にとらない)

経済的に裕福な環境が人間をそうさせていると思います。

たしかに人間が知的にどの生き物よりも発達しているので
そうなっているのは現実ですね。人間は感情があまりにも発達してしまったため、ただ生きているのでは満足できないのですね。(楽に生きられるので)その一つが食欲や物欲だと私は思うのですが・・。

いつかその報いがあるような気がしてならないのですが。
(環境破壊など)
参考にならないと思いますが私の考えです。きっと一言では語れない問題ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います、人は、宇宙に逃げることができるので、環境破壊で一番被害を、受けるのは、その他の生き物たちですよね?
人の欲は、宇宙も食い尽くすんでしょうかね?

お礼日時:2001/04/13 21:42

賛否の多そうな御質問ですね。


生き物を無意味に殺す訳ではないでよね。生き物を殺すのは人間だけではありません。
人間が頂点にいる訳でもありません。
人間は犠牲にして来た物に対して、感謝する気持ちを持ち合わせています。
また犠牲にするだけではなく、育てる事(結局犠牲にしてますけど)もしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人間が王でなければ、なぜ生き物を商品として扱っているんですか
捨てる人間に感謝する気持ちはあるんですか?
結局、人=王なんじゃないんですか?

お礼日時:2001/04/11 16:59

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ