アメリカの軍用機で、
F-6 等の「F」は たぶんFighterで戦闘機
B-29 等の「B」は たぶんBomberで爆撃機の事かと思います。

では、P-38、51等の「P」は何を表すのでしょうか?
機種としては戦闘機のようですが。

また、各種でのナンバー(例えばBでは17,29,52等)は
何を基準につけられるのでしょう?

よろしくご教示お願いいたします。

A 回答 (5件)

P-51は、陸軍機なので、先の方の略号には当てはまりませんね


Pursuit;単座戦闘機・追撃機だそうです
こっちでどうぞ
http://plaza9.mbn.or.jp/~zenibo/mplusp.htm

http://www.warbirds.jp/text/usnum.htm
    • good
    • 0

Pはパトロールではないようです。

参考URL

No4の回答ですが、違ったようです。
http://plaza9.mbn.or.jp/~zenibo/mplusb.htm

参考URL:http://plaza9.mbn.or.jp/~zenibo/mplusp.htm

この回答への補足

失礼しました。
教えて頂いたHPを観たら、でてました。
あったんですね。B-1から全番号が。
計画だけ、とか一機だけなんて機種も含めて(笑)

補足日時:2003/08/12 10:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい御回答をありがとうございました。

ところで、追加で伺いたいのですが
製造番号が通し番号だとすると
各機種の有名機(たとえば、爆撃機なら
B-17,29,52等)の他にも
すべての番号の機があったのでしょうか?
B-18,19,20・・・とか。

お礼日時:2003/08/12 10:28

B29は爆撃機ですが、Boeing(ボーイング社)のBでは?


B1,B2からbomberだと思いますが。
    • good
    • 0

Pは哨戒任務を表しているようです



下記ページを参照してみてください

参考URL:http://plaza9.mbn.or.jp/~zenibo/mplusa01.htm
    • good
    • 0

翻訳をしています。



その場合のPはPatrol(哨戒)という意味ですね。
番号は、開発順です。同じ機体でも目的が違う場合新しい番号がつきますね。でも基本的には開発順に番号が割り振られます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機..夜間戦闘機とはなにか?

第二次大戦中の軍用機の本を読んでいると、「夜間戦闘機」なるカテゴリの一群の飛行機についての説明に目が止まりました。

艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機 などは名前からして大体の用途は想像がつきます。でも、夜間戦闘機なるものの定義がわかりません。これらの機体はナニヲモッテ「夜間」戦闘機なのでしょうか?

1)「何らかの夜間でも戦闘ができる装備」を持っている?
 強力なサーチライトやレーダー等?
 とてもそんな風には見えないけれど..
2)夜間でも離着陸できる工夫がある?
 飛行場の管制官と会話ができたり、グライドパスを確認できたりできる?
 戦争中にそんなのんきな事が許されるか?
3)夜目が効く乗員専用シートがあった
 そんなバカな... 

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>斜め銃と夜間戦闘と何の関係があるんでしょうか?

(B-29は爆弾搭載時でも1万m以上で飛行可能なので、例外ですが、)「B-17のような重防御の大型爆撃機相手の空戦の際には、前方に向けた機銃を装備した通常の戦闘機では、射撃チャンスが短く、昼間でも撃墜が困難であり、視界の悪い夜間は尚更である」と主張した、第251航空隊司令の小園安名中佐が、胴体に斜銃を装備した機体で、敵爆撃機の後ろ下方にぴったり張り付いて、敵機と(上下方向に)平行に飛行しながら、敵機を打ち捲くるために考案したものです。

昭和18年春、第251航空隊が『二式陸上偵察機』2機を現地改造して、後部胴体に斜め上方30度に向けて20mm機銃2丁を装備した機体で、同年6月、ブーゲンビルにおいて、B-17の夜間空襲を迎撃して戦果を上げたことから、『二式陸上偵察機』を三座から複座に改造した上で、斜銃を装備した機体に対し、丙戦(夜間戦闘機)『月光』と名付けて制式採用したのが日本における斜銃装備機の始まりです。

QB29爆撃時、夜間なのに機が接触しない?

東京大空襲は、300期以上来襲したとのことですが夜間爆撃でお互いの飛行機が接触したりしないのですか?

Aベストアンサー

私は、B-29の日本空襲に興味があって、過去数十年にわたって関連資料を読んだりしてきたのですが、B-29同士が空中で衝突したという記録は見た記憶がありません(もちろん絶対無かったと断言はできませんけれども)。

それより、東京大空襲の夜に、コースを外れた3機のB-29が日本の山岳地帯に激突して搭乗員が全員死亡したという記録が残っています。

さて、ご質問の内容にそって少し書かせていただきます。「夜間なのに機が接触しない?」という質問者さんの疑問は、多分B-29が編隊を組んで夜間飛行をしているイメージから発したものだろうと想像致します。四発重爆撃機の編隊というと、ついつい記録映画などに登場する「密集編隊」を想起すると思います。

四発重爆撃機が密集編隊を組むのは、敵の迎撃戦闘機に対して旋回機銃の火力を集中して防御力を高める為と、投下する爆弾を地上の目標になるべく集中させて破壊効果を得る為ですが、これらは昼間の作戦で行われる事です。夜間の作戦では、質問者さんもお考えになった通り、味方同士の空中衝突の危険があるので、互いの距離を充分に開けて「ゆるい編隊」を組んで行動します。

No.5の回答者さんが「編隊灯」について回答されています。これが正解に近いと言えるのですが、ただ「編隊灯」と言っただけでは具体的なイメージがおわかりにならないかもしれませんので、多少解説をしてみようと思います。

編隊灯というのは、その名の通り飛行機が夜間に編隊飛行をするためのランプです。これは世界のほとんどの空軍や航空隊で採用されていた装備で、日本の零式艦上戦闘機にも装備されていました。

編隊灯は、主に飛行機の左右の主翼上面に取り付けられています。この位置は、地上に展開している敵の対空砲陣地からは見えない位置であると同時に、三角形の編隊を組んで斜め後ろを飛行している僚機のパイロットからは最も良く見える位置になります。軍用機が夜間編隊飛行をする時は、翼端灯や尾灯など敵に発見される灯火は消し、編隊灯だけを点灯して互いの位置関係を確認しながら飛行します。

下記参考URLで、B-29の灯火の図を見ることができます。
B-29 exterior lighting
http://www.warbirdinformationexchange.org/phpBB3/viewtopic.php?p=516571

FORMATION LIGHTS (BLUE)と記されているのが編隊灯で、さすがB-29ほどの巨人機ともなると左右の主翼上面に三個ずつ、さらに胴体の背中の部分にも縦に並んでいて壮観です。

東京大空襲では、300機以上のB-29が来襲し、東京をいくつかの目標ブロックに分けて焼夷弾攻撃しましたが、基本的に編隊を組んでの爆撃ではなく、B-29がタテ一列に並んで「はい次、はい次、はい次...」といった感じで焼夷弾をバラまきながら続々通過して行ったと言われています。

東京大空襲におけるB-29の行動を実に詳細に調査して発表されている方がいらして、少し長いのですが、これを順に読むと当夜の米軍の行動が非常にわかりやすいので、参考URLでご紹介します。

【不忘のB29】東京大空襲の夜に起きたもう一つのこと【増補改訂版】
http://togetter.com/li/791103

私は、B-29の日本空襲に興味があって、過去数十年にわたって関連資料を読んだりしてきたのですが、B-29同士が空中で衝突したという記録は見た記憶がありません(もちろん絶対無かったと断言はできませんけれども)。

それより、東京大空襲の夜に、コースを外れた3機のB-29が日本の山岳地帯に激突して搭乗員が全員死亡したという記録が残っています。

さて、ご質問の内容にそって少し書かせていただきます。「夜間なのに機が接触しない?」という質問者さんの疑問は、多分B-29が編隊を組んで夜間飛行をしているイメ...続きを読む

QB29爆撃機はどのように運ばれたのか教えてください

第二次世界大戦時に、サイパン・テニアン・グアム島から日本を空襲したB29爆撃機は米国本土からどのように輸送されたのでしょうか?輸送船だとすると30m×40mの巨大な機体は分解されたのでしょうか?
何百機もの機体を短期間で輸送された方法を教えてください。

Aベストアンサー

・輸送船だとすると30m×40mの巨大な機体は分解されたのでしょうか?

そんな面倒くさいことは、しませんよ^^;

サイパン、テニアンを占領後、カニフォルニアの基地で訓練後、移動、ハワイのホノルルと、クエゼリンで給油して、文字通り飛んで来ました(@^^)/~~~

※サイパン陥落前は
アメリカーカナダーモロッコーエジプトーインドを経由して!(^^)!
中国の成都に進出し、台湾、九州を空爆しました

QB29の迎撃に活躍した戦闘機

B29の迎撃に活躍して
最も多くのB29を撃墜破した戦闘機は何でしょうか?
月光ですか?
屠龍ですか?
それとも雷電でしょうか?
またどのような性能がB29の迎撃に適していたかも
教えて下さい

Aベストアンサー

普通に考えたら陸軍の三式戦飛燕だと思います。
 
 飛燕は稼働率も低く、不慣れな水冷エンジンのためもてる性能を発揮できず、速度では一式戦より速いですが格闘戦では一式戦の方が優れているため、米軍のパイロットから見ると一式戦の方が三式戦より手強い相手だったそうです。初の三式戦装備の68、78両戦隊はニューギニアでほぼ全滅で解隊するというかなり厳しい戦歴でした。
 B29が本土に飛来するようになると、日本機の中では高高度の性能が比較的良く、速度も日本機の中では速い飛燕が活躍するようになります。小林照彦戦隊長率いる244戦隊は部品の補給、整備も行き届いていたため他隊に比べ稼働率も高く、また攻撃精神旺盛なためB29の迎撃に活躍しました。震天制空隊による体当たりをはじめ、通常の攻撃でもB29を撃墜しています。小林戦隊長自らB29に体当たりで撃墜し、生還するなど244戦隊は敗戦までに撃墜84機(うちB29 73機)撃破94機(同92機)と言う戦果を上げました。
 
 水冷エンジンについては工業力が追いついていないのを無理して使ったというのが一般的ですが、ただ単に今までの日本機のほとんどが空冷エンジンであったため整備員が不慣れであったと言う話も聞きます。同じく水冷エンジンの彗星を装備した芙蓉部隊は整備員の努力により高い稼働率を維持していました。
 
 B29の迎撃に必要な性能は高高度での飛行性能、速度、高い上昇力、加速性、火力など格闘戦性能より一撃離脱に適した機体が良かったと思います。

普通に考えたら陸軍の三式戦飛燕だと思います。
 
 飛燕は稼働率も低く、不慣れな水冷エンジンのためもてる性能を発揮できず、速度では一式戦より速いですが格闘戦では一式戦の方が優れているため、米軍のパイロットから見ると一式戦の方が三式戦より手強い相手だったそうです。初の三式戦装備の68、78両戦隊はニューギニアでほぼ全滅で解隊するというかなり厳しい戦歴でした。
 B29が本土に飛来するようになると、日本機の中では高高度の性能が比較的良く、速度も日本機の中では速い飛燕が活躍するよう...続きを読む

Q九州爆撃の護衛戦闘機

第二次大戦中に九州北部に住んでいた方から、当時、米軍戦闘機から機銃掃射された話を聞きました。爆撃機の護衛戦闘機だと思いますが、何という機種だったのか気になります。やはり、ヘルキャット、コルセア、マスタングの内のどれかということになりますか?

Aベストアンサー

沖縄戦に先だって、1945年3月にアメリカの空母機動部隊が日本の航空基地を叩くために九州、四国、和歌山の各地を空襲しています。
もう半世紀以上前の出来事なので、時期の記憶もあいまいだと思いますが、おそらくこの時期の空襲の出来事ではなかったかと思います。

それならば、海軍機なのでヘルダイバーかヘルキャットである可能性が高いと思います。コルセアはそのほとんどが海兵隊が使っていましたからね。

また九州には中国本土からの空襲がありましたが、なにしろはるばる成都から飛んでくるくらいだったので当初は護衛戦闘機はさすがにいなかったようです。ただ後に八幡市が空襲されたときはP-47サンダーボルトの護衛がついていたらしいので、サンダーボルトであった可能性も否定はできないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報