チャイコフスキーのピアノ協奏曲のCDを買いたいのですが、
おすすめのピアニストはいますか?

因みに私の好みを申し上げておきます。
私はべーム派で、ベートーヴェンの交響曲は
第1から第9まで、べームのセットを持っております。
(但し第7はカルロス・クライバーを聴いております)

ショパンのピアノ曲はルービンシュタイン、
ベートーヴェンのピアノソナタと
ラフマニノフのピアノ協奏曲はアシュケナージュ、
リストはシフラを聴いています。
(アシュケナージュのショパンは気に入りませんでした)

以前、このサイトでチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の
アドバイスを頂いた時、バイオリニストが気に入らず、
CDを3回も買いなおした苦い思い出があります。
その時は、若手演奏家はあきらめて、
大御所(パールマン)に落ち着きました。

なお、私の傾向として、どうも女性演奏家アレルギーがあるようです。
こんな、わがままで勝手な嗜好の持ち主ですが、
おすすめのピアニスト、紹介して下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ギレリス(P)メータ指揮ニューヨーク・フィル(1979年)は音楽評論家の故志鳥栄八郎氏が「実にコクのある演奏」とコメントして推薦盤にあげていた名演です。


併録のオイストラフ(Vn)オーマンディ指揮フィラデルフィア管(1959年)のヴァイオリン協奏曲も名演です。
http://tower.jp/item/152385/Tchaikovsky:-Piano-& …

この回答への補足

先日お勧めのギレリス/メータ版を買って来ました。
売り場では試聴できなかったのですが、
家でゆっくり聴いて、大変気に入りました。
ちなみにカップリング曲はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でした。

今回、色々な方から貴重なご意見を頂きました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

補足日時:2010/10/28 14:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全く知らない演奏家です。
しかもバイオリン協奏曲とカップリングなんて、
まさに理想的です。
これは是非、試聴してみなければ。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/16 16:39

まだよろしいですか?


お好みからすれば、ボレット/デュトワ盤がいちばんかと思います。
私のベストはルービンシュタイン/ラインスドルフ盤です。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲では
フーベルマン/オーマンディ盤をお聴きになりましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
先日、既にご回答いただいた方のご意見を参考に、
ギレリス/メータ版を購入しました。
売り場ではルービンシュタインもちょっと気になりましたが...

お礼日時:2010/10/28 14:01

管弦楽とピアノの迫力さを求めるのなら



リヒテル/カラヤン/ウィーン交響楽団

管弦楽とピアのハーモニーを中心に考えるのなら

ラザールベルマン/カラヤン/ベルリンフィル

音の作り方を中心に考えるのなら

ハース/インパル/モンテカルロ国立歌劇場

だいたいこのあたりではないでしょうか?

完全に私の主観ですが・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リヒテルにまた1票入りましたね。
やはりピアノ協奏曲ですから、ピアノの迫力は欲しいですね。
同じ曲でも、切り口によって、色々なとらえ方があるんですね。
大変勉強になります。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/23 15:02

 僕はキーシンとカラヤンもわるくないとおもいます。



 

でもギレーリスは一段上

 http://www.youtube.com/watch?v=o6ixiYBW8pY

しかし僕はリフテルの迫力を取ります。

 http://www.youtube.com/watch?v=8ntF8ZUnclM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介下さったURL、大変参考になりました。
全部試聴してみましたが、回答者様と同じ意見になりました。
私はどうやら、カラヤンとは相性が良くないみたいです。
今、ギレリスかリヒテルかで悩んでいます。
ご親切なご回答、本当にありがとうございます。
御礼がすっかり遅れて、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2010/10/23 14:59

自分は、この曲を、特別、注目して、視聴したこと、



が無いので、質問者さんの、問いかけで、ニコニコ動画で、

いろいろ、聞き分けたところ、なかなか、カール・ベームさん

的な、演奏が、見つからず、ようやく、一つ、これは、という物を

見つけました。

オグドン演奏。ジョン・バルビローリー指揮。フィルハーモニア管弦楽団

下記、URLを参照

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10582695

追伸

なかなか、ベームさんのように、最初から、最後まで、悠々堂々と、

した、演奏は、無いのですね。(上の、選出は、妥協点です。聞いていて
一番、破綻が無い物を、選びました。)

バルビローリーさんは、個人的に、あまり好みでは、無いのですが

一本、筋の通った、演奏を、するイメージがあります。

他に、気になったものといえば、

フェドセーエフ指揮、プレトニョフ演奏、モスクワ放送交響楽団のライブ

下記、URL参照。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8150243

一般的な、チィコフスキーのイメージ、そのままの演奏(?)。

所々、{悲壮」を、連想させるような、表現が、持ちいれられて、

なかなか、面白かったです。(質問者さんの、好みにあうか、
分かりませんが。)

個人的には、ロシアのピアノ物では、アシュケナージさんの、

日本人では、想像もつかない、民族的で、ダイナミックな、演奏が

好きなのですが、協奏曲となると、どの指揮者も、表現を抑えていて

相乗効果が、期待できないものが多く、アシュケナージ指揮、

アシュケナージ演奏、を理想に描いています(笑い)。

にこにこ動画で、探せば、参考になる、演奏が、もっとあるかも
知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と動画まで探して下さって、ありがとうございます。
クラシックにあまり詳しい訳ではないので、
知らない演奏家って、ずいぶんいるんだなぁ、と実感しています。
こうして回答者の皆さんのご意見を拝見しているだけでも、
大変参考になります。ありがとうございます。
御礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2010/10/23 14:46

チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番 変ロ長調は現在、つぎの3種類を聞いています。



リヒテル カラヤン指揮 ウィーンフィル 
アルゲリッチ デュトワ指揮 ロイヤルフィル
ポゴレリッチ アバド指揮 ロンドン響 

ほかにも10枚ほど持っておりますが、ほかは最近、ほとんど聞いていません。

3種の中では、一番古い、リヒテル=カラヤンをお奨めします。
LPレコードを2枚聞きつぶしたほど、何度も聞き、飽きませんでした。

ヴァイオリン協奏曲は、僕も、パールマンも聞いています。

あなたの質問には、僕の馴染んでいる演奏家の名前ばかりが出てきていますので、おせっかいなおすすめを一枚。
すでに、聴いておられたら、本当におせっかいですが、もし、聞いていなかったら、喜んでいただけると思います。
チャイコフスキー、パールマン、アシュケナージと、3人の作曲家演奏家が揃ったところで、チェリストのリン・ハレルを加えた、ピアノ三重奏曲「偉大な芸術家の思い出」が絶品とお思います。事務所用と自宅用に2枚も購入しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

リヒテルとカラヤン・コンビ、かなり気になります。
私の大好きなウィーンフィルだし。
おせっかいなおすすめ、存じませんでした。
是非聴いてみたいと思います。
私にとっては、大変貴重なご意見、本当にありがとうございました。
御礼がすっかり遅れてしまい、申し訳ありません。

お礼日時:2010/10/23 14:42

私もギレリス/メータの演奏はお勧めします。


ただし、チャイコフスキーというロシアの作曲家の曲、という点ではちょっと違う気がします。
その点でいえば、スヴェトラーノフが当時のソヴィエト国立交響楽団と来日した時の録音が素晴らしい。
ピアノは中村紘子なので、お気に召すか分かりませんが、ソロなんかどうでもいいような、オケを聴くべき演奏です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/996768
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ギレリス、ますます気になってきました。
中村さんは、ちょっと私とウマが合わないので...
力強いご回答、ありがとうございました。
諸事情がありまして、御礼が大変遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2010/10/23 14:37

メジャーで恐縮ですが、キーシンはどうでしょう?



以前フランスの交響楽団が演奏する「ファランドール」を聴いて、その表現のなめらかさに驚いたことがあります。
他国の演奏は歯切れよく、弾むようなファランドール多かったのですが、今までなじんでいた演奏よりもしっくりときました。
それ以来、作曲家と演奏家の国籍を意識するようになりました。

ロシアの作曲家にロシアのピアニスト、というのはちょっと安直かもしれませんが、私は気に入っています。
特にロシアは国策なのか、キーシンのリサイタルでもロシア人が作曲したり編曲した楽曲がよく選ばれていたので、チャイコフスキーもプレスされているのではないでしょうか。

ただ、交響曲ですと、指揮者でもかわりますよね……。
私の手元にあるチャイコフスキーのCDはこれまたメジャーなカラヤンなので、キーシンの技巧とあいまって、速いテンポで演奏されています。
好みに合うか分かりませんが、私のお気に入りの1枚です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キーシンの名は、私も聞いたことがありますが、
どういうピアニストかは知りませんでした。
今度CDショップで試聴してみます。
早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/16 16:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番が様々な人に酷評されるわけ

昔、坂本龍一がチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番を「陶酔しかないクソみたいな曲」と言ってました。また自分が習っていた音楽の先生も「あの曲を芸大の作曲家の卒業制作で提出したら間違いなく『おまえはなにを勉強してたんだ』っていわれそうだな」と言ってました。あの曲はそんなにひどい曲なんでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

酷い曲、ということはないと思いますよ。
実際、この曲は世間一般からは傑作として評価されていますし、人気も知名度も高いですよね。

これは個人の好みの問題だと思います。
正直に白状すると、実は私もチャイコフスキーの作品は全般に苦手なのです。決してキライという訳ではないのですが、私の好みはHNの通りブラームスなのです。ブラームスが好きな方は大概チャイコフスキーはあまり評価しないような・・・(笑)。

自分が思うに、(どの作曲家でも程度の差はあれ同じだとは思いますが)チャイコフスキーの場合は、特に好き・嫌いの好みがはっきり分かれる方ではないかと思います。
「大好き」か「大嫌い」か。
だから嫌いな方からすれば「生理的に受け付けない」という感覚の方も多く、そういう人は彼のどの曲を聴いてもダメなんでしょう。
チャイコフスキーは、ヴァイオリン協奏曲も貶す人はトコトン貶しますよね。

ちなみに自分がチャイコフスキーが苦手なのは、全体にクドイところ。特に管弦楽曲では、金管の使い方に品が無くて、単にやかましいだけに聴こえるところが苦手です(これは演奏の仕方にも問題があると思うのですが)。折角雰囲気良く音楽が進んでいても、突如そのムードをぶち壊すような、金管の咆哮が唐突に挟まれたりするところなんかは、正直ウンザリします。

・・・と書くと、チャイコフスキー好きの人を敵に回すようになりますのでこれ以上書くのは止めますが、繰り返しますが自分は決して「嫌いではない」のです。
ただ、世間では嫌いな人は本当に大っ嫌いですので、そういう人が悪く言うのでしょう。自分の推測ですが、恐らく坂本龍一も、質問者様の音楽の先生も、チャイコフスキーがあまりお好きではなかったのでは?

個人的には、彼のピアノ協奏曲第1番は好きで比較的良く聴きますが、坂本龍一が言っていたという(これは初耳でしたが)「陶酔しかないクソみたいな曲」には、若干頷いてしまう気持ちがなくもないです。
チャイコフスキーの音楽はこの曲に限らず、単に甘ったるいだけで深みに欠けるきらいがあるように思います。いささか表面的過ぎるというか、大げさな語り口に終始するところがあるように思います。

ですが、これがチャイコフスキーの個性であって、見方によってはこれこそ彼の長所であり美点だと思います。むしろ、この点を取り除いてしまったらチャイコフスキーではなくなってしまいますよね。だから「良い・悪い」という問題ではないのです。
そんなこと言い出したら、自分が敬愛するブラームスだって、嫌いな人から言わせれば「とんでもなく陳腐で鬱陶しい音楽」って貶されますものね。

酷い曲、ということはないと思いますよ。
実際、この曲は世間一般からは傑作として評価されていますし、人気も知名度も高いですよね。

これは個人の好みの問題だと思います。
正直に白状すると、実は私もチャイコフスキーの作品は全般に苦手なのです。決してキライという訳ではないのですが、私の好みはHNの通りブラームスなのです。ブラームスが好きな方は大概チャイコフスキーはあまり評価しないような・・・(笑)。

自分が思うに、(どの作曲家でも程度の差はあれ同じだとは思いますが)チャイコフ...続きを読む

Qラフマニノフピアノ協奏曲第2番の名演奏のCDは?

ラフマニノフピアノ協奏曲第2番が好きです。
この曲を演奏しているピアニストで、これが最も良いとオススメできるCDがあれば教えてください。

なるべくスローテンポでトラマティックで、叙情味あふれる演奏がよいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんのリンク先でも書いている者ですが。
私もこれ好きなので数種類もってますが、よくきくのは
グリモー。これは美しくて官能的(ついでに演奏者も)。ちなみに指揮がアシュケナージ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HVWF/qid=1124670891/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-0585715-5280250
リヒテル(タイトルがチャイコフスキーになってますが、ちゃんと両方はいってます)いささかロシア的、というか頽廃的な美しさの極み。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Q7QK/qid=1124670937/sr=1-6/ref=sr_1_2_6/250-0585715-5280250
あとツィマーマン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00013TCA0/qid=1124670937/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-0585715-5280250
これのピアノは「スローテンポでトラマティックで、叙情味あふれる」濃厚なものですが、惜しむらくは小沢征爾のバックが貧弱、というかあっさりしすぎです。ピアノだけならこれが1番としたいところですが。

#1さんのリンク先でも書いている者ですが。
私もこれ好きなので数種類もってますが、よくきくのは
グリモー。これは美しくて官能的(ついでに演奏者も)。ちなみに指揮がアシュケナージ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HVWF/qid=1124670891/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-0585715-5280250
リヒテル(タイトルがチャイコフスキーになってますが、ちゃんと両方はいってます)いささかロシア的、というか頽廃的な美しさの極み。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Q7QK/qid=1124670...続きを読む

Qチャイコフスキーのバイオリン協奏曲(CD)のおすすめは?

チャイコフスキーのバイオリン協奏曲が大好きなのですが、なかなか気に入った演奏のCDがみつかりません。
昔、レコード時代はカラヤン指揮で、男性バイオリニストの演奏をたのしんでいたのですが、今はそのCDはないようなのです。

私の音楽の趣味/傾向は、基本的にはカラヤンではなくベーム派、ショパンのピアノ曲はルービンシュタイン、ベートーベン大好き(第7が一番好き)で、ピアノソナタはアシュケナージュを聴いています。でもアシュケナージュのショパンは、あまり...。リストはシフラ。
どうも女性演奏家はアレルギーを起こすようで、バイオリン協奏曲もカラヤンとムターの演奏は、体が受け付けませんでした。

こんな私の気に入るような、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲、何かおすすめはないですか?

Aベストアンサー

そんな貴方にお勧めの演奏は・・・
ヴァディム・レーピン演奏、エラートWPCS11137
デイビット・ギャレット演奏、DG UCCG1082
レオニード・コーガン演奏、東芝EMI TOCE11356
ヤッシャ・ハイフェッツ演奏、RCA BVCC37054
などなどいかがでしょうか?
カラヤンのは多分クリスティアン・フェラスの演奏ではないでしょうか。DG POCG6091

Qドヴォルザーク《新世界より》名盤は?

こんにちは

先日、離れて住む母親を思い出しふと郷愁に駆られた際に、この曲の第2楽章が頭に浮かび、いざと思いわが家にある(彼女所有のCD)Riccardo Muti指揮EMI盤を聞きました。
しかし第2楽章は郷愁が感じられず、第4楽章は勢いが感じられずイマイチのめり込むことが出来ませんでした。

同様なトピがあることは存じてますが、皆さんの回答や某ネットショップ、某CDチェーンのレビューを読めば読む程、一体どれから購入したら良いのかが分からなくなってしまいました。
彼女に聞けばいいのかもしれませんが、Muti指揮盤を気に入らなかったことを告げるのは気が引けるので皆さんにお伺い出来ればと存じます。

過去にカール・ベームとバーンスタイン指揮の盤は聞いたことがある様な気がしますが、その時は比較的入り込んで聞くことが出来たとと記憶しています。

そこで皆さんに伺いたいのは、先の第2楽章と第4楽章の条件をクリアした名演は誰の指揮でどの盤がオススメなのかご教授いただけないでしょうか。

クラシックの知識に長けた方にはアバウトな質問で申し訳ないですが何分初心者ですので、宜しくお願いします。

こんにちは

先日、離れて住む母親を思い出しふと郷愁に駆られた際に、この曲の第2楽章が頭に浮かび、いざと思いわが家にある(彼女所有のCD)Riccardo Muti指揮EMI盤を聞きました。
しかし第2楽章は郷愁が感じられず、第4楽章は勢いが感じられずイマイチのめり込むことが出来ませんでした。

同様なトピがあることは存じてますが、皆さんの回答や某ネットショップ、某CDチェーンのレビューを読めば読む程、一体どれから購入したら良いのかが分からなくなってしまいました。
彼女に聞けばいいのかも...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
私がお勧めしますのは、ヴァーツラフ・ノイマンがタクトを振ったチェコフィルハーモニー演奏のものです。ご存知のこととはおもいますが、ドボルザークはチェコで生まれ育った作曲家であり、チェコフィルは丁寧に演奏している感じがしました。デジタル録音ですのでノイズも気になりませんので。

Qお薦めのショパン協奏曲第1番は?

皆さんのお薦めのCDを教えてください。
その理由も教えて頂けると嬉しいです。
(テンポの早い遅いなど)

DGから1000円で出ているタマーシュ・
ヴァーシャーリさんのを聴いたことが
ある方がいらっしゃたら感想を教えて
ください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、どんなショパンの協奏曲が出ているかということを知るには、この方のブログがお勧めです。この方は100枚以上を所有しておられます。ヴァーシャーリについても出ています(2番目)。

http://kobakoshi.seesaa.net/
http://kobakoshi.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%5E%83%7D%81%5B%83V%83%85

また、人気度に関して、たくさんの方の意見を集約しているというのなら、次をご覧下さい。

http://cgi28.plala.or.jp/frederic/cd_vote/concerto/msgenq.cgi

さて、最後に私見を述べます。1番であれば、カ・リン・コリーン・リーさんのショパコン・ライブが快演だと思います。

Qカラヤンの名盤について

こんにちは。
カラヤンは一生涯に多くの曲を演奏しましたが、あなたにとっての名盤はなんですか。3曲教えてください。
曲名、オーケストラ、録音時期も教えてください。

Aベストアンサー

あえて、カラヤンの名盤ベスト3を挙げると・・・

・ブラームス/交響曲第3番ヘ長調 ウィーン・フィル(1960年:英デッカ)

・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 ベルリン・フィル(1971年:EMI)

・モーツァルト/歌劇「魔笛」 マティス(S)、アライサ(T)、ヴァン・ダム(B)、オット(S)他、ベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ・オペラ(1980年:DG)

ブラームス、チャイコのSymはDGにも新旧録音(60年代、80年代)しており、いずれも名盤ではありますが(全てベルリン・フィル)、英デッカ・ロンドンのウィーン・フィル(ブラームスNr.3)、EMIのベルリン・フィル(チャイコNr.6)との録音(当時はいずれもLPレコードとして発売、後にCDになる)は共にDG盤を上回る出来だと思います。未だにこの2曲において、後にも先にもこの盤を越える演奏に出会ったことはありません。

カラヤンはオペラも得意としていました。ヴェルディ、プッチーニ等イタリアオペラにも名盤は数多くありますが、この分野で一つ選ぶとなると迷わず「魔笛」です。ソリスト、オーケストラ、合唱団、全てがカラヤンの音楽にマッチし、それはすなわち=モーツァルト最晩年の最高傑作を演奏する上でこれ以上は考えられないかの如く、きわめて上質でセンスに溢れ、まさに特上・最高の音楽を聴かせてくれます。

あと、コンチェルトもお気に入りのソリストを選定して数多くの名盤を残していますね。特に、
リヒテル(Pf)、ウィーン響とのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(60年代:DG)やロストロポーヴィチ(Vc)、ベルリン・フィルとのドヴォルザークのチェロ協奏曲(1968年:DG)、フェラス(Vn)、ベルリン・フィルとのブラームスのヴァイオリン協奏曲(1964年:DG)などは入門用として万人に薦められるし、華麗な協奏曲の醍醐味がたっぷりと味わえます。

序曲、管弦楽曲、組曲などにも名盤は沢山あります。今回、ベスト3ということなのであえて書きませんが、カラヤン/ベルリン・フィルというゴージャスこの上ない組み合わせで聴くクラシック音楽はいずれも他のどんな組み合わせを持ってきてもかなわない?ほどの強烈なカリスマ性とブランド力を併せ持っていたと、今更ながら思いますね。

あえて、カラヤンの名盤ベスト3を挙げると・・・

・ブラームス/交響曲第3番ヘ長調 ウィーン・フィル(1960年:英デッカ)

・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 ベルリン・フィル(1971年:EMI)

・モーツァルト/歌劇「魔笛」 マティス(S)、アライサ(T)、ヴァン・ダム(B)、オット(S)他、ベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ・オペラ(1980年:DG)

ブラームス、チャイコのSymはDGにも新旧録音(60年代、80年代)しており、いずれも名盤ではありま...続きを読む

Qラプソディ・イン・ブルーのお勧めCDを教えてください

今までバーンスタイン/コロンビア響を愛聴していたのですが、カットされている部分が気になり、その部分が聴いてみたくなりました。そこでぜひこれをという名盤を教えていただけないでしょうか?要望といたしましては出来るだけアグレッシブなスピード感のあるものが良いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私のお薦めは、
ウィリアム・トリット(ピアノ)
エリック・カンゼル指揮
シンシナティ・ジャズ・オーケストラのディスクです。
録音がとてもよく、
いろんな意味でとても上手い演奏です。
楽譜も編成もオリジナルの1924年版が使われています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/323804

もう一つは、
マイケル・ティルソン・トーマス指揮
コロンビア・ジャズ・バンドのもので、
ピアノは作曲者ガーシュウィンのピアノロールです。
ピアノロールとは、かつてはよく見られた、
自動演奏のピアノで大きなテープ状の紙に穴を開けて
演奏を記録したものだそうです。
このピアノが激烈なテンポで、
よく伴奏がついていってるなーと感心します。
もちろん使用楽譜はオリジナル版です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/124597

Qストラヴィンスキー「春の祭典」のお勧めを教えてください。

ストラヴィンスキー「春の祭典」のお勧めを教えてください。
できれば視聴できると助かります。
バレエのほうのお勧めでも構いません。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 私の感想を書く前に、便利なサイトを見つけましたので、それを参考にしながら、話を進めさせて頂く事にしましょう。
http://www.percussionist.jp/sacre/
(お断り・・・・・試聴はジャケット写真をクリックで可の様に書かれていますが、紹介盤の全てに亘って試聴可ではないようです。紹介盤については、別に出来るだけ試聴サイトをお付けします。)

【私のお好み演奏】
●ピエール・ブーレーズ指揮:クリーヴランド管弦楽団(1969年の録音)
(私の所持品はレコードですが、ご紹介はCDです。)
 日本にストラビンスキーの三大バレエ曲「火の鳥/春の祭典/ぺトルーシュカ」が本格的上陸を果した時の名演。私の青春も手伝ってか、血が逆流する様な感覚を今も忘れられない演奏でした。
(試聴)http://www.neowing.co.jp/JWAVE/detailview.html?KEY=SICC-1083
 上記の名盤リストには、1991年録音の演奏が紹介されています。両方所持していますが、私の感想は、69年の演奏はブーレーズの若い体力と円熟味が調和し、オーケストレーションのアンサンブルの緻密さと精気が、私の血液を沸騰させました。
(批評)http://kniitsu.cocolog-nifty.com/zauber/2008/07/clo1969_692e.html

◎ピエール・ブーレーズ指揮:クリーヴランド管弦楽団《1991年録音》
(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%85%B8-%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B000STC5YW
(私の所持品もCDです。)
 昨今では、こちらの方が評価が高いかも知れません。緻密さから言えば、前出の69年盤よりこちらの方が上でしょうが、老練になり過ぎて“春の祭典”が、“春の訪れ”か“梅雨ま近”の様に落ち着き過ぎる気がしています。

●ワレリー・ゲルギエフ指揮: キーロフ歌劇場管弦楽団《1999年録音7月録音》
(試聴)http://www.universal-music.co.jp/classics/gergiev/uccp1035/uccp1035.html
(試聴予備)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005LL9C/ref=nosim/proglink-22
(私の所持品もCD)
 ロシアの管弦楽の本領発揮とでも言いましょうか、低音域の格段の充実感で全体を凄まじいばかりの迫力で統率。しかし、騒々しさや野暮ったさは微塵も無く、内声部の充実と調和に感心させられました。

【その他の所持盤】
◆クラウディオ・アバド指揮:ロンドン交響楽団《1975年録音》(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%85%B8-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005Q7QJ
(私の所持品は、レコードですが、ご紹介はCDです。)
◆コリン・デイーヴィス指揮:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団《1976年録音》(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%85%B8-%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%9C%E3%82%A6%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3/dp/B0009N2VPU
(私の所持品は、レコードですが、ご紹介はCDです。)
◆アンタル・ドラティー指揮:デトロイト交響楽団《1981年録音》(試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E6%98%A5%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%85%B8-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB/dp/B00009WKO7
(私の所持品もCD)
◆ズビン・メータ指揮:ロスアンジェルス・フィルハーモニー《1969年録音》(試聴)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001DKBKHS/soe006-22/ref=nosim
(私の所持品は、レコードですが、ご紹介はCDです。)

【おまけ】http://www.geocities.jp/proglink/artists/harusai.htm

 私の感想を書く前に、便利なサイトを見つけましたので、それを参考にしながら、話を進めさせて頂く事にしましょう。
http://www.percussionist.jp/sacre/
(お断り・・・・・試聴はジャケット写真をクリックで可の様に書かれていますが、紹介盤の全てに亘って試聴可ではないようです。紹介盤については、別に出来るだけ試聴サイトをお付けします。)

【私のお好み演奏】
●ピエール・ブーレーズ指揮:クリーヴランド管弦楽団(1969年の録音)
(私の所持品はレコードですが、ご紹介はCDです。)
 日本...続きを読む

Qパガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番のオススメCD

パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番のCDを購入しようと思うのですが
どのCDがオススメでしょうか。
私は庄司紗矢香さんのCDを購入しようかと思ったのですがレビューを見ていると酷評が多いので迷ってます。このCDをお持ちの方はどうですか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00006BGSC/sr=11-1/qid=1165490060/ref=sr_11_1/503-5147947-8862304

2つの質問になりましたがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

曲に興味があり,演奏者はだれでもいいということなら,
アッカルド(デュトワ指揮の旧盤の方)をお薦めします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/139938#

庄司紗矢香さんに興味があるなら,買って損をすることはありません。
手元にこのC Dがありますが,レビューにあるような「音が濁る」は何も感じません。
評価の基準は人それぞれの好みなので,庄司紗矢香さんが好きな人には,
庄司紗矢香さんがいいということになります。
以前のヴァイオリニストのご質問で書きましたが,私の場合はレーピンに盲目状態なので,
だれが何と言おうとレーピンがいいわけです。
レーピンがパガニーニの1番を録音していたら,きっとレーピンをお薦めしています。
そういうわけで,レビューは気にしなくていいと思います。

ところで,庄司紗矢香さんのC Dの感想としては,
私のパガニーニ観より真面目,行儀がいい…です。
もう少し,遊びの要素というか,大道芸人のようなというか,
自由な部分があってもいいかと思います・・・基準は私の好みでの判断です。

一緒に入っているショーソンの詩曲もいい曲です。
軽いパガニーニの後に,しっとりと,いいですね。

その他,最近,注意をひいたのは,ドゥバッハです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/987612
このレビューにある通り,オーケストラは私も安っぽいと思いました。
ソロにだけ耳を傾けるような曲なので,まあ,いいのですが。

曲に興味があり,演奏者はだれでもいいということなら,
アッカルド(デュトワ指揮の旧盤の方)をお薦めします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/139938#

庄司紗矢香さんに興味があるなら,買って損をすることはありません。
手元にこのC Dがありますが,レビューにあるような「音が濁る」は何も感じません。
評価の基準は人それぞれの好みなので,庄司紗矢香さんが好きな人には,
庄司紗矢香さんがいいということになります。
以前のヴァイオリニストのご質問で書きましたが,私の場合はレーピ...続きを読む

Qお薦めのシューマン交響曲全集は?

クラシック初心者ですが、
シューマンの交響曲全集を買おうと思っています。
お薦めのCDを教えてください。

初めてなので、まずはスタンダードなものが
良いと思っています。また、録音状態がいいのが
いいです。

お薦めのCDとお薦め理由を教えてください。

ブラームスの交響曲全集についても教えて
いただけるとうれしいです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

とてもたくさんの演奏があって,それぞれに個性があるので,どれがスタンダードとは申し上げにくいものがあるのですが,ざっと調べて全集で見つかるものの中で,とんでもなく個性的ではないと思うのは,以下のようなものでしょうか。
これが一番!,とはっきりとは書けませんが(どれもいい演奏と思うので,笑),私なりの感想を書いておきますので,選ぶ際の参考にしていただければと思います。


1)シューマン
☆サヴァリッシュ指揮/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B0007INZH0

#1さまがご紹介のバーンスタインは,とても熱くロマンティックで,個人的にはとても好きな演奏です。当時の人々がこんな演奏をしたかどうかは別として,作曲当時の想いの濃さを現代人(といっても録音はかなり前ですが)の感覚で演奏すれば,こんな感じになるのかもしれません。
一方のサヴァリッシュは,一聴しておっ!と感じるようなインパクトはありませんが,大変に安心して聴ける演奏と思います。


2)ブラームス
こちらはシューマン以上に録音がたくさんあるので,なかなかに絞りがたいものがありますね。

☆ベーム指揮/ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FI5F/
クラシック音楽ってなに?オーケストラってどんな音?交響曲ってどんな曲?ブラームスってどんな音楽?
という問いに対して,実例によって端的に答えるのに最適ではないかと勝手に思っている演奏です。
(もちろん,感じ方は人それぞれですが・・・)

☆ザンデルリンク指揮/ベルリン交響楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/51031
「ブラームスは渋い」というイメージをお持ちの方にはぴったりと当てはまる演奏と思います。
ゆったりと一歩一歩踏みしめるように進んでいきます。

☆ヴァント指揮/北ドイツ放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005EGUK/
交響曲第1番の冒頭をザンデルリンクと比べると,「ええっ,同じ楽譜をこんなに違えて演奏していいの!?」というくらいにサクサクッといきます。
ブラームスにしてはそっけないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが,実際には細部まで緻密に仕上げられており,音楽とは,個人の思い入れや過剰な表現によってではなく,あくまでも楽譜に書かれた音によって表現されるべし,と言っているような毅然とした演奏です。

また,シューマンと同じ演奏傾向のバーンスタイン/ウィーンフィルハーモニー管弦楽団や,重厚で華麗な音を聴かせるカラヤン指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のものも,ブラームスの交響曲としてはポピュラーかと思います。

こんにちは。

とてもたくさんの演奏があって,それぞれに個性があるので,どれがスタンダードとは申し上げにくいものがあるのですが,ざっと調べて全集で見つかるものの中で,とんでもなく個性的ではないと思うのは,以下のようなものでしょうか。
これが一番!,とはっきりとは書けませんが(どれもいい演奏と思うので,笑),私なりの感想を書いておきますので,選ぶ際の参考にしていただければと思います。


1)シューマン
☆サヴァリッシュ指揮/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
http://www.amazon.co.jp...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報