院試なんですけど、”流れのレイノルズ数について説明せよ。”の、良い解答を教えてください。

A 回答 (4件)

こんばんは。


レイノルズ数を問うというと、機械工学あるいは土木工学関係でしょうか?

昔の知識を呼び戻して回答しますので、多少の記憶違いがあるかもしれません。
詳しくはご自分で確認してください。

レイノルズ数とは、概念的には、流れの粘性力/慣性力をあらわします。
これはどういうことかと言うと、レイノルズ数というのは、ナビエストークスの運動方程式を無次元化したときに粘性項に逆数として出てくる無次元数です。
ナビエストークスの運動方程式を眺めながら考えてください。レイノルズ数が大では、粘性項が無視できるようになり、その流れは非線型な慣性項が支配的になります。逆にレイノルズ数が小では、慣性項が無視され、粘性項が支配的になります。

現場的には、
レイノルズ数=<流れの代表長さ><流れの代表速度>/動粘度によって、その結果が
約2300以下なら層流、以上なら乱流というように流れを見分けるために使います。

てなアドバイスですが、ご参考までに。
    • good
    • 0

ちょっと補足的に



乱流と層流の特性の違いを記述するといいかもしれませんね。
    • good
    • 0

院試向けに良い回答をといわれても、困るのは、先の回答と同じ。


まあ、教育的に良いかどうかは、私の興味外なので、答えます。

無次元数についてどうこうではなく、レイノルズ数についてなんですよね。

レイノルズ数は、物体の慣性力と流体の粘性力の比です。

もし、流体工学の教科書を持っているのであれば、ベルヌーイの定理が
出たあたりの後に、層流・乱流という項があるはずなので、そこに
書いてあるはず。

だいたい、2000位を境に、層流→乱流の遷移が始まります。
    • good
    • 0

良い回答とはどういう意味でしょうか?レイノルズ数自身は,適当な「流体力学」の教科書を見ればのっていると思います。



院試を受けるのであれば,勉強のためにも御自分で教科書を調べる事をアドバイス致します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレイノルズ数

誰かレイノルズ数に詳しい方教えてください。

公式から判断すると、レイノルズ数は速度と管の長さに比例し動粘度に反比例すると考えていいのでしょうか?他になにか影響するものはないでしょうか?ご教授願います。
(単純に速度や長さが2倍になればレイノルズ数も2倍)

Aベストアンサー

いろいろな表示の仕方があるが、円管内流体のレイノルズ数は、

Re:レイノルズ数
D:管径[m]
u:流速[m/s] (平均流速:管内半径方向の位置で流速は違うから)
ρ:密度[kg/m^3]
μ:粘度[Pa・s]
ν:動粘度[m^2/s] (1[St]=0.0001[m^2/s])
とすれば、

Re=Duρ/μ=Du/ν

だから、
管内径Dと流速uと密度ρに比例し、粘度μに反比例する。
管内径Dと流速uに比例し、動粘度νに反比例する。
です。

Qレイノルズ数 代表長さのとり方について

流れ方向に垂直に立てた長さと高さのみ与えられた二次元の板を考えたときのレイノルズ数を求めたいのですが、この場合、代表長さにどの値をとればよいのでしょうか。
いろいろなサイトを閲覧してみても、管の例では、その直径をとっていたり、長さをとっていたりと明確な代表長さのとり方を把握できません。
是非ともご教授下さい。

Aベストアンサー

私も良くわかるわけではないのですが、目的によって、もっとも重要な長さを、代表長さにしているのだと、思います。たとえば、管内の流れの速度分布を調べるときは、管の直径が代表長さになっているはずです。このように、決めておけば、管の直径が違っても、レイノルズ数が同じならば、管内の速度分布は同じになります。ご質問の二次元の板の場合は、どちらでも良いから、たとえば短い方という風に、どちらかに決めて、決して変えないこと。そして、もう一方の長さは、縦横比で求めることができるようにしておけば、良いと思います。そうすれば、レイノルズ数と縦横比が同じならば、代表長さが変わっても、たとえば流れによって受ける力は同じになると思います。

Qレイノルズ数の影響

血管内(血液中)のせん断応力を回転二重円筒の内円筒を回転させることにより、模擬しているのですが、装置のレイノルズ数が約3000、実際の毛細血管のレイノルズ数が約0.01と大きく異なります。この際の乱流の影響は考えるべきでしょうか。確かに低臨界レイノルズ数を考えれば約2300なので考慮しなければならないと思うのですが、高臨界レイノルズ数を考えるのであれば約50000なので、考慮しなくてもいいのかなとも思っております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大昔に、流体力学を勉強したことがあるので、懐かしいと思い発言します。
円管のMoody線図(円管のでいいのかどうか)を参照しましたが、微妙なところですね。模型の装置は変えられないでしょうが、実験の条件は変化させることはできないのでしょうか。たとえば、回転数を変化させてみるとか、温度を変えてみるとか。などで、レイノルズ数を下げたデータがとれれば、そのグラフから、見当がつくかも知れませんね。

Qレイノルズ数について

レイノルズ数は化学工学において非常に重要だそうですが、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

重要というより普段に使われているということでは。
このぐらい知らないとどうしようもないということです。
次元をもたない無次元数です。次元解析により無次元化し
無次元数を得ることが有効であるとわかった走りではと
おもいます。ヌッセルト数など他の無次元数の。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%AC%A1%E5%85%83%E6%95%B0

Qレイノルズ数について質問です。

レイノルズ数について質問です。

例えば、AとBの溶液をY字型の管に流して2層状態にした時、
2層状態のレイノルズ数はどのようにして求めることができるのでしょうか?
レイノルズ数を求めるためのパラメータとして、
流体の速度と特性長さは任意で決まりますが、
動粘性係数はAの溶液とBの溶液でそれぞれ異なるため、
2層状態になった時の求め方がわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2層状態にあるということはいわば2つの層流があるということで、各々についてレイノルズ数を考えてみる方が自然です。2液がまじりあっている時は一つの液体とみて一つのレイノルズ数を考えることがあります。その場合、密度も変わるので取り扱いは目的によって変わってきます。一つは水中に油滴が分散しているような場合、分散媒である水のレイノルズ数を代表して用いることがあります。これは管との抵抗を考える場合、管に接しているのが水だからです。

Qレイノルズ数について

直径2.0[mm]の小球を、粘性係数1400[Pa・s]密度1200[kg/m^3]のグリセリン中に自由落下させると、速度2.8×10^-3[m/s]で落下しました。かなりゆっくり落ちます。
この場合のレイノルズ数を求めると、5.0×10^-6ほどという小さな値になったのですが、このような小さな値はレイノルズ数としておかしいですか?

普段目にするレイノルズ数はもっと大きい物のため、あっているのかどうか不安です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3 の タイプミス の訂正です。
 
グリセリンの 物性値表 のうち、”密度ρ(kg/m3)の数値”を下記に訂正します。

「正」
密度 ρ(kg/m3)
-- 1267 ---
-- 1257 ---
-- 1246 ---
-- 1234 ---
-- 1219 ---
-- 1202 ---

1000 倍するのを 全て忘れていました。すみません。
 ぼけてきたか・・・

Qレイノルズ数の具体的な値について

円管内流れにおける臨界レイノルズ数について教えてください。
調べても2000~4000などとあいまいにしか出てきません。。
できるだけ具体的な値を知りたいです!!

あと、なぜ臨界レイノルズ数の値ってこんなにばらつきが生じるのでしょうか?その理由についても教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

臨界レイノルズ数に幅があるのは、この数値が計算ではなく
実験によるものだからということなのでしょう。

レイノルズ自身は円管の臨界レイノルズ数は「2300」と
実験で求めたそうですが、後の研究者の実験ではバラつき、
必ずしも2300ではない、との見解がこの幅のある表現に
なってるらしいです。

円管で無く飛行機の翼の実験では、レイノルズ数を増大させた
時と減少させた時とでは観測される臨界レイノルズ数が違い、
「数域」と呼べる幅が出来るそうで、この幅は「履歴現象
(ヒステリシス)」と呼ばれるそうです。
また翼型によっては、臨界レイノルズ数域自体が観測されない
(レイノルズ数の違いがポーラーカーブに差となって現れない)
ものもあるそうです。

Q乱流、層流の境のレイノルズ数について

乱流、層流の境目としてレイノルズ数2000という値が教科書に記載されておりますが、この値はどのように決定しているのでしょうか?
また、流路によって乱流、層流の境目の基準となるレイノルズ数は変化するのでしょうか?

Aベストアンサー

経験則です。
経路によるか、については、たとえば噴出しならレイノルズ数うんぬんではなく乱流になったりします。

Qレイノルズ数

論文を読んでいたら、レイノルズ数≒0となっていました。
レイノルズ数≒0としていいのはどのくらいの値からなのでしょうか?

Aベストアンサー

論文の中身が分からないので何とも言えませんが、それはあなたが取り扱いたい流れというか次の計算・理論展開によるのではありませんか?

例えばゴムの原料のような超高粘度流体で計算すれば全体としては非常に小さい値になりますが、流れていますし、静止流体ではありませんので、スタティックミキサーなどで混合が行えます。

Qレイノルズ数の計算

流体力学の基本から勉強しています。

レイノルズ数の計算で、動粘性係数が出てきます.
大気圧下(20度)では空気の動粘性係数は15.01×10^(-6) [m^2/s]ですが、

これがP倍の圧力下では、15.01×10^(-6)×P [m^2/s]
でよいのですか?

P気圧化でのレイノルズ数を計算して、
層流か乱流か判定したいのです.

回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

空気の粘度(粘性係数)は圧力によってはほとんど変わらない。動粘度は粘度を密度で割った値なので、圧力によって変わる。圧力による空気の密度は計算できるので、粘度を圧力に応じた密度で割れば動粘度が出る。
ということで、15.01×10^(-6)×P [m^2/s]は違うだろうね。

ところで、レイノルズ数を求めるのに動粘度ではなくても粘度で計算できると思うが、どうだろう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2917654.html?ans_count_asc=1


人気Q&Aランキング