『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

配球のサイン(草野球・上級者レベルの場合)

草野球でも配球のサインはありますが、あまり強くないうちのチームでは3X3の格子に区切ったどこのエリアに、どの球種で投げるという程度のものをやっています。

もう少しうまいチームは配球のサインというとどのぐらいのことを行なっているのでしょうか?
(守備のサインは考えないものとします。)

ちなみに、プロだとどんなサインまで行なっているのでしょうか?

A 回答 (2件)

実際のサインのレベルまでは分りませんが、まだ楽天を野村監督が率いてた頃には、9x9の81マスを使用して打者の分析をしていたそうです。

9x9はストライクゾーンだけではなくて、もう少し広げたゾーンだと思いますが。
なので例えば同じ外角高めでも、打者毎に事前に番号で確認をしておいて、投手はそのコースと高さを意識して投げていたそうです。冒頭にも書きましたが、実際のバッテリーのサインに、その番号が使われていたかまでは分りません。さらにチームによっても違うと思いますので、全てのチームがそこまでの精度で分析しているとは限りません。
ただ1つ言えるのは、プロのレベルになったら、4分割や9分割などの粗いレベルで戦っていては、恐らく抑えられないでしょう。プロの世界ではボール1つズレただけで、大きく結果が変わる可能性があります。それなのに4分割や9分割くらいの粗さで組み立てを考えていたら、とてもじゃありませんが一流の打者を抑えるのは無理です。よほどの球威があれば別ですが。

草野球の場合プロと決定的に異なるのは、技術レベルは置いておくとすると、対戦相手が不特定多数である事です。なので相手の分析が行い難いので、各バッターのウィークポイントは試合中に探りながらの配球になりがちです。クローズドなリーグ戦で、毎年何度も対戦している場合は別ですが。なので一概にプロと草野球のサインは比較出来ない面もあります。
どんな場合でも言えるのは、上手いチームの配球はその場(バッター)だけのサインではなくて、試合全体を通して考えられています。前半は変化球主体、後半はストレート、またはその逆など。それと投手のその日の状態から見せ球、決め球を決めて、とにかく試合を組み立てます。打たれた場合は次回の打席で当然それを考慮したりと、言い出したらキリがありません。キャッチャーはそれを全てこなさなければなりません。よほど練習やミーティングを重ねないと、こなしきれないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほったらかしで申し訳ありません。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/16 08:25

私はそんなに野球経験はありませんが、3x3のコントロールはプロの投手でも難しいと聞いたことがあります。


高校野球ならインコース・アウトコースの2分割。アマやプロの一部でも2x2の4分割のサインでやってるらしいです。

サインは、当然バッテリーによって違うと思いますが、球種とコース。
コースといってもインローやアウトハイといった角を狙うのもありますが、ざっくりと高め・低め・内角・外角というのもあると思います。
あとストライク・ボールのサインも。アウトコースのサインだったとして、外れてもいいからギリギリ狙うのか、完全にボールでいいのか、とにかくストライクを入れてほしいのか、そういうところもサインで決めてるところもあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほったらかしで申し訳ありません。
うちのチームでは3X3とはいっても、「高め」「真中」「低め」、「内角」「真中」「外角」です。
最後に書かれていた県も参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/16 08:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャッチャーの出すサイン

 以前、日本シリーズで巨人 沢村投手が阿部捕手に
頭を叩かれるシーンがありました。

 2塁牽制のサインに、ショート坂本選手はちゃんとカバーに
入ったのに、沢村投手が見落とし、牽制球を投げることも
できませんでした。(それで阿部捕手に頭を叩かれた)

 阿部捕手のなにげないしぐさの中からサインが出ていたのでしょうが
具体的にどんなことがサインの合図なのでしょうか。

 敵に見破られるような見え見えではサインにならないし、当事者の
投手も見落とすような巧妙なしぐさとは、現に坂本選手は反応しているから
明確な打ち合わせの上で決めごとがあるのですが、相手もプロですから
バレないようにどういう風にサインを出しているのでしょうか。

 またこのケースに限らず、キャッチャーから1塁牽制というのも
1塁手がボーっとしてたら後逸してしまいます。

 知っているサインの合図を教えて下さい。また野手からアンサー(了解)
のサインもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

多分、ミットで右肘の内側を叩いているのが牽制のサイン。稲葉の集中力を一旦切ることを目的に、とりあえず、一度、何でもいいから二塁に投げろと言うサイン。坂本もそういう意図で、常に、二塁ベースの近くにいて、走者二塁の大ピンチを回避しようとしていた。あるいは、あのようなケースでは、必ず、一度は、牽制球を放って、その時の走者とか、打者の動きから、相手が何を狙っているのか探ろうという、事前の打ち合わせがあった筈。走者二塁の場面では、必ずそうするのだという、そういう約束を定めて試合に臨んでいるのに、澤村投手だけが、そういう約束を失念したいたか、または、自身の信念に従って首脳部の意向を回避した。

または、あるいは、澤村投手が、打者、稲葉を尊敬していて、打者の集中力を鈍らせるための牽制を潔しとしなかったということかもしれない。

捕手の牽制サインは、バレバレで良い。走者は、投手の動きだけに集中して離塁しているので、捕手の動作を全く見ていない。見られない。自軍のコーチの動きも見ていないし、コーチの声が聞こえてから帰塁しても間に合わないので、とにかく、自身の感覚を研ぎ澄まして、投手の一挙手一投足だけに集中している。だから、捕手は、二塁を右指で指し示しても立派なサインになる。

尚、一塁牽制については、走者一塁なら、一塁手は一塁ベースに片足が触れる形で上構えていて、それから、投球動作が開始された時点でベースを離れて通常の守りの体勢になるので、ボーッとしているということは有り得ない。一塁の守備位置から、牽制の度にベースに走るということを一塁手はしない。

最後に、野手のアンサーは不必要だし、実際に投手が牽制しなくても、坂本が二塁に走り込むことが、走者にとっての最大の牽制になる。坂本が、そういう意識を強く打ち出していれば、何の問題も起こらなかったが、折角、二塁に走っているのだから、たまには投げろよ、と言う態度であれば、阿部捕手も、そういう坂本の気持ちに反応せざるを得ないということ。

坂本に気を遣いすぎた阿部のミスリードと言うのが当方の解釈。

多分、ミットで右肘の内側を叩いているのが牽制のサイン。稲葉の集中力を一旦切ることを目的に、とりあえず、一度、何でもいいから二塁に投げろと言うサイン。坂本もそういう意図で、常に、二塁ベースの近くにいて、走者二塁の大ピンチを回避しようとしていた。あるいは、あのようなケースでは、必ず、一度は、牽制球を放って、その時の走者とか、打者の動きから、相手が何を狙っているのか探ろうという、事前の打ち合わせがあった筈。走者二塁の場面では、必ずそうするのだという、そういう約束を定めて試合に臨...続きを読む

Qキャッチャー、サインの出し方

最近草野球でキャッチャーの勉強をしていますが、投手へのサインの出し方がよくわかりません。
例えば球種については、人差し指1本でストレート、人差し指と中指でカーブ、など簡単なものはわかるのですが、コースを指示するときはどういった右手の使い方をすればいいんでしょうか?どなたかご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

高校野球やってました。

コースの指示は出しません。何故だか分かりますか?

キャッチャーのサイン出しには2パターンあります。腕や胸を使って行なう内野手へのサインと、股間部で行なうピッチャーへの球種指示、主にこの二つです。ですからいちいちコースまでサインを決めていると、キャッチャーに負担がかかるのみならず、内野手、ピッチャーにもややこしすぎて分からなくなってしまうんです。

基本的にはバッテリーは球種のみ確認しあったら、あとはピッチャーはキャッチャーの構えるところに投げるだけです。

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む


人気Q&Aランキング