最新閲覧日:

けっこう、映画は見てる方なんですが
まだまだ見てない名映画もいっ~ぱいあると思います。
なんで、ぜひぜひあなたの一押しの映画を教えてくださいっ!!
ジャンルは、ホラー&恋愛物に限らせてもらいます☆
私が好きなんで・・・。
いっぱい、教えてくださいね!!

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ホラーというよりかサスペンスあるいはSFなのか・・


1973年チャールトン・ヘストンが主演、食料不足に陥った近未来を描いた「ソイレント・グリーン」がお勧めです。
子供の頃にTVで1回観ただけなのですが、内容があまりに起こりえる状況の話で、ひどくエグい話だったので強く印象に残り、つい先日DVDを購入してしまいました。何度観ても恐ろしい。

恋愛映画だと1981年クリストファー・リーブ主演の「ある日どこかで」
これも恋愛映画なんだけど、設定はSF。でもこれは切なくて・・泣けた。
    • good
    • 0

私のオススメは、


ホラーでは(あまりホラーでは無い気も致しますが)#2の方もおすすめしている
市川崑監督の『悪魔の手まり歌』です。
見たのはかなり前ですが、未だに思い出すと寒気がします。物語的にも色んな人間模様があって面白いです。
あとは『スリーピーホロー』でしょうか。これは主役のジョニー・デップがとても良い味を出していて、エグイんですが、綺麗な映画であまりホラーが得意でない私も楽しんで見れました。
恋愛ものでは『ノッティングヒルの恋人』『ベストフレンズウェディング』などが良いと思います。
    • good
    • 0

 ホラーなら、


 「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」
 ジョージ・A・ロメロ監督 
 「プレイデッド」
 ピーター・なんとか監督(ニュージーランドの人だったはず)ばかばかしいけど、ゾンビをやっつけるシーンは、他の監督だったら考えないようなやり方でやっているところがいけてると思います。
 恋愛映画なら、
 「恋愛の法則」
 「マンハッタン恋泥棒」(ちょっとあほくさいけど)
 「愛しすぎて~詩人の妻」
 「永遠の愛に生きて」
 なんてどうでしょうか。
 
    • good
    • 0

ホラーといってもいろいろタイプがあるので


marimarinさんがどの系統が好きかわからないですが……
やっぱり
「悪魔のいけにえ」でしょう
ちょっと古いですが、またその画面の荒さが怖さを倍増させてくれますよ ホラーは昔よく観てたんですが
個人的にはこれがダントツに怖かったです

これぞ恋愛映画ってのは観ないのでわからないですけど
「トゥルーロマンス」とかいんじゃないすか?
    • good
    • 0

ホラー・・


ちょっと古いけど「バーニング」
系統としては「13日の金曜日」ですが、腰が抜けてすぐに立てませんでした

あと好きなのは「死霊のはらわた」
ホラーというよりスプラッターになるかもしれませんが、とにかく「こわおもしろい」

恋愛・・
これはあえてこっちのジャンルに入れさせてください
「ザ・フライ」 ホラーとまではいわないけど、どちらかというとそっちの仲間
でも最後は泣けます、きっと

「恋人たちの予感」
たまたま主役の二人が好きだということもありますが、何回みてもいいです

「メリーに首ったけ」
お下劣という人もいるけれど、メリーを想うテッドがいじらしくて好きです

ぱっと思いつくもの書きました。
でもみんな見てるかな??
    • good
    • 0

あんまり怖くないけど「ヘルレイザー」


1と2は映像がとても綺麗に仕上がっている。
マンガ「ベルセルク」はこれのパクリでは?と思わせます。

恋愛映画だと「恋人までの距離」なんかが結構面白いと思う。 
    • good
    • 0

ホラ-映画で最も最悪なのが「ネクロマンティック」です。


グロさの帝王であり、死体愛好者(ネクロフィリア)の歪んだ純愛映画です。

そして「深海からの物体X」「人肉饅頭」「人類狂気時代」です。
深海~はグロさが特徴で、7分に一度のショックシ-ンがあり、
最後はしょぼい爆発で終わるものです。

人肉饅頭は実話を元にした映画で、アンソニ-ウォン演じる人間女子供を
殺戮して、その肉を饅頭にして客に出すというショッキングな映画です。
これを観たら肉まんが食べられなくなるので注意。

人類狂気時代はこの世で最も恐ろしいのは人間だという事を切実に伝える最悪の
映画です。人間の本質、残虐さ、戦争で人間が行っていたおそるべき実態、
血の海、射殺筆舌に尽くしがたい内容の映画です。

恋愛ものは、「ゴ-スト~ニュ-ヨ-クの幻~」です。
デミ・ム-ア、マトリック・スウェイジ、ウ-ピ-ゴ-ルドバ-グ演じる
死してなお恋人を守る愛の映画です。
泣く事間違い無し。

こんなものでしょうね。
    • good
    • 0

エクソシスト1.2.3が良いと思います。

聖書の昔からの悪魔の手口がまさに描かれています。今はやっている「ハンニバル」も、あのハンニバル・レクタ-博士というのは、まさに、キリストを試した悪魔、使徒を試した悪魔、そしてエクソシストに出てくる悪霊達と同じ方法をとっています。そういった見方をしてみたらちょっとは面白いというか、日本の悪はスケールがでかいのですが、なぜ西洋の悪は、スーパーマンにしてもバットマンにしても俗っぽいのか分かりますよ。
恋愛ものに関しては「ラストコンサート」がお勧めです。確か副題がステラの恋だったと思います。当時では珍しい日本と外国の合作映画ではなかったでしょうか。ウオン・カーウァイのシリーズも良いですね。天使の涙、恋する惑星。そのまま金城武のアンア・カデリーナも良いでしょうか。
    • good
    • 0

恋愛モノは絞りきれないので、ホラー一本槍で。


といっても、古典から見ていくとこれまた絞れないので、最近のモノから。
さらに絞るためにスプラッターやショッカーを除くと
断然、日本が元気ですよね。
ただブームゆえ、例えば伊藤潤二モノとか駄作も多い。
そんな中で厳選していくと、まず
監督:中田秀夫・脚本:高橋洋「女優霊」これが今のブームの出発点でしょう。
このコンビが「リング」「リング2」を仕掛け
ブームが形になってきたと思います。
監督が鶴田法男に替わった「リング0」でリングは完結。
この流れの総決算ともいえる作品が
監修:高橋洋・監督:清水祟「呪怨 & 呪怨2」ですね。
もうひとつ、ブームの出発点として挙げておくべき作品が
監督・脚本:黒沢清「CURE」。
そして黒沢清による呪怨への回答ともいうべき作品が「回路」。
こんなところでしょうか。
これらの人脈を見ていくと「学校の怪談」「本当にあった怖い話」が
原点にだったんだな~と思います。
ビデオ作品の単館公開だった呪怨は
劇場版制作が決定したそうです。
    • good
    • 0

たびたびすいません。

参考URL入力ミスです。だもんで邦画の質問タイトル「邦画の話題作教えてください」の回答NO.5を参照してください。

っあ、ついでに。ホラ-?と恋愛兼ねてるもの。

1978年:女王蜂    監督:市川 崑

ちょっとしつこかったかな。この手のものならいろいろしってる?のですが・・・。厚かましかったかな。失礼いたしました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ