オフィス2010のボリュームライセンスとは?

3つ以上のライセンスを購入するなら・・・と。
何がどう違うのかよくわかりません。
また、standardでは低価格となっていますがいくらなのでしょうか?

http://office.microsoft.com/ja-jp/buy/FX10181289 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

普通に市販されている製品(個人向けが主体の製品)


原則はPC台数分の購入が必要で、それぞれプロダクトキーが違うため、本数が多いと管理が大変。
・PCにプリインストールされて販売されているOEM版のOffice(リカバリ用のメディアも付属)
 使用できるのはプリインストールされたPCのみという条件がある。
・Office単独で販売されているパッケージ製品の通常版とアップグレード版
 CD・DVDメディアを購入、またはマイクロソフトからダウンロード購入も可能(制限あり)。
 個人使用の場合は、携帯用PCと合わせて2台で使用可能。(個人以外は不可)
 PCの買い替え時などに移行することができる。
・マイクロソフトの無償サポートを受けられる。
 旧製品は期間なしで2~4回位まで、Office 2010は使用開始後90日間まで。

ボリュームライセンス製品(法人向けが主体の製品)
・PCの台数が多い場合に有利。OfficeはPC台数分のライセンスが必要。
 普通に市販のパッケージ製品のような、2台で使用可能のような条件は無いので、PC台数分のライセンスが必要(すべてで使用する場合)。
・共通のプロダクトキーを使って使用できるので管理が楽になる。
・無償サポートは無い(有償契約が必要)
・古いバージョンへのダウングレード権があるので、1つ前のバージョンを入手して使用できる。
・メディアを1つ購入すればライセンス数だけのPCへインストールができる他、ダウンロードで入手することもできる。(登録が必要)

価格は、下記サイトでOfficeのエディションを選んで、ライセンス数を入力すると見積価格が表示されてきます。
画面上部の、ライセンス導入のメリット、Office 2010がサッとわかる、良くある質問なども参考にしてください。
http://www.licenseonline.jp/lsatstore/office/?lo …
 
    • good
    • 1

質問者さんを非難する意味で言っているのではないですが、「何がどう違うのか」というレベルなら考慮する必要はないと思います…



価格については取扱店(取次店?)によります。私が使ったことのあるオンラインリセラーはライセンスオンライン(Windows 7を買う時にお世話になりました)だけですが、そこなら現在Standardが3ライセンスで13万円台、単価にして4万円台ですね。今は特にキャンペーンも何もないようですから、キャンペーンを捕まえれば(あるいはもっと本数をまとめれば)もう1,2段安くなるかも知れません。
    • good
    • 1

会社などでソフトを10個買うと箱が10個CDが10個説明書が10個となって大変邪魔でしょ(^^;


ソフトごとにシリアルナンバーが違うので1台1台シリアルナンバーを確認してインストールしないといけないし、どのパソコンがどのシリアルナンバーだったっけ?と管理が大変なので

1つのCD、1つのシリアルナンバーで10台までインストールできる物がボリュームライセンスです(10台ってのは例ですから)


同じパッケージを3個買うよりも、ボリュームライセンスのほーがちょっと安くなります。
10台100台と増えていけばもっと安くなります。

スーパーで箱買いすると安くなるのと一緒(^^;

3台分なら単品パッケージ3個よりも5%ぐらい安いです
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://okwave.jp/qa/q5634033.htmlにて

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5634033.htmlにて質問させていただきました。その節はありがとうございました。

実はこれは私の質問の仕方が悪かったのですが、ちょっと予想と違うものであったことに気づきました。
本来は以下のようにしたいのですが、ご教示願いたいと思います。

上記URLでのご回答ですと、常に最終の「締」列-J2になってしまいます。
そうではなく、図のように最終の「締」列-最終の一つ前の「締」列が計算されるようにし、常に「締」列には数値が表示されている様にしたいのですが、いかがでしょうか?

ご不明な点や情報不足は補足致しますので、ご指摘下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。

> 常に「締」列には数値が表示されている様にしたい

と、あったので、No.3ではL2にも数値を表示しましたが、質問画像の様にL2を空白にしたいのでしたら、L3に↓を入れて下にコピーしてください。。
=IF(K3="締",J3-SUM(L$2:L2)-J$2,"")

Qhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/5843834

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5843834.htmlと同じアクセスの質問です。
現在、開始日や所属コードを入力すると終了日に自動的に”9999/12/31”と入力されるようになっています。その為、社員の勤務先の履歴を更新する時に、前勤務先の終了日を入力する前に現勤務先の所属コードや開始日を入力してしまうと、終了日が”9999/12/31”となります。

一つ目の変更したい点は、上記の後に前勤務先の終了日を入力しても、現勤務先の開始日に反映するようにしたいです。

二つ目は、現勤務先の開始日を入力したら、前勤務先の終了日がその一日前になるようにしたいです。

三つ目は、レコードを削除する時に、終了日から反映させた開始日だけが削除できずに残ってしまうのでそこを変更したいです。

情報不足かと思いますが、宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

ご提示の質問の回答者(No.2)です。

上記の際は「次のレコード」とのことでしたが、今回のご質問は「現在のレコード」に
対しての操作、ということのように読めますので、以下、その前提で回答します。
(・・・前勤務先と現勤務先の情報が別レコード、ということではないことを祈ります(汗))

現レコードへの操作や入力済みの値の上書きとなると、既定値では対応できません
ので、値を直接代入してやることになります。
※「三つ目」の現象は、恐らく前回の回答を元に設定された『既定値』が表示された
  ままになっていることを指していると思いますので、対応手段を『既定値(Default
  Value)』から『値(Value)』に変更することで、自然に解消されます。
 (念のため、開始日/終了日のプロパティシートの『データ』タブで既定値の設定を
  確認し、値が残っているようなら削除してください)


「一つ目」と「二つ目」のご要望を単純に実現するなら、コードは以下の通りです:

'「前勤務先終了日」テキストボックスの更新後イベント
Private Sub 前勤務先終了日_AfterUpdate()

  '値を削除した場合は、何もしない  
  If IsNull(前勤務先終了日) Then Exit Sub

  'DateAdd関数を使用して、終了日の1日後を開始日に設定
  '(上の説明にあわせるなら「~開始日.Value」ですが、「.Value」は省略可なので略)
  現勤務先開始日 = DateAdd("d", 1, 前勤務先終了日)

End Sub

'「現勤務先開始日」テキストボックスの更新後イベント
Private Sub 現勤務先開始日_AfterUpdate

  If IsNull(現勤務先開始日) Then Exit Sub

  前勤務先終了日 = DateAdd("d", -1, 現勤務先開始日)

End Sub


但し、これだと、もしも「前勤務先終了日」と「現勤務先開始日」の間に空白期間のある
人がいた場合、入力のしようがなくなってしまいます。

「空白期間は前勤務先の勤務期間に含める」といった運用ルールを置かれているか、
空白期間がありえない前提なら問題ありませんが、そうでないなら、以下のように
「代入先が入力済みの場合は、上書きしてよいか確認する」といった方法もあります。

「前勤務先終了日の入力時は確認なしで上書き、現勤務先開始日の入力時は必要に
に応じて確認」でよいなら、「現勤務先開始日」のコードを以下のものに差し替えます:

Private Sub 現勤務先開始日_AfterUpdate
On Error Goto エラー処理

  '定数の宣言
  Const strMsg As String = "前勤務先終了日は入力済みです。" _
    & vbCrLf & "入力した開始日の前日で上書きしますか?"

  If IsNull(現勤務先開始日) Then
    '現勤務先開始日が空白の場合は、何もしない
    Goto 終了処理
  ElseIf IsNull(前勤務先終了日) Then
    '前勤務先終了日が空白の場合は、そのまま処理を継続
  ElseIf MsgBox(strMsg, vbYesNo, "確認") = vbNo Then
    '終了日の上書き確認で「いいえ」選択時は何もしない
    '(「はい」選択時は、そのまま処理を継続)
    Goto 終了処理
  End If

  '上で「終了処理」に飛ばされていなければ、終了日への代入を実行
  前勤務先終了日 = DateAdd("d", -1, 現勤務先開始日)

終了処理:
  Exit Sub

エラー処理:
  MsgBox Err.Number & ":" & Err.Description, , Me.Name & " 現勤務先開始日"
  Resume 終了処理

End Sub


・・・以上です。

ご提示の質問の回答者(No.2)です。

上記の際は「次のレコード」とのことでしたが、今回のご質問は「現在のレコード」に
対しての操作、ということのように読めますので、以下、その前提で回答します。
(・・・前勤務先と現勤務先の情報が別レコード、ということではないことを祈ります(汗))

現レコードへの操作や入力済みの値の上書きとなると、既定値では対応できません
ので、値を直接代入してやることになります。
※「三つ目」の現象は、恐らく前回の回答を元に設定された『既定値』が表示された
  ままにな...続きを読む

Qボリュームライセンス

私が通っている大学ではオフィスを使用するのでオフィスのCDをレンタルすることができます。

オフィス2007のボリュームライセンスのディスクをレンタルしたのですが、学校に持っていくノートPCと、家で使うデスクトップの2台にインストールしてはダメでしょうか?

その場合学校のほうにばれてしまいますか?

ノートもデスクも自分専用のPCです。
デスクのほうが使い慣れているのでできればと思うのですが。

Aベストアンサー

これは、ここで質問すべき問題ではないです。

大学側がCDをレンタルする条件がどうなっているかによります。
学生ですので当然個人の使用パソコンにインストールすることは、許可されているとは、思われますが、それが、1台だけなのか、複数台可能なのかは、レンタルする時の大学側の条件のはずです。
当然、インストールしたパソコンの報告を大学にするようになっていませんか?

それをせずに
>その場合学校のほうにばれてしまいますか?
ばれるかどうかは、解りませんが、ボリュームライセンスには、契約ライセンス数があるはずです。
インストールされた本数は、何らかの方法でマイクロソフトは把握するはずです。
この方法には、内部告発も含みます。
契約ライセンス以上の数がインストールされていると把握すれば、マイクロソフトは、大学に監査に入ります。
その結果により、マイクロソフトは、賠償請求を大学におこします。

と言うことも有りうるということを認識された上で判断してください。

Qoffice2010ボリュームライセンスの利点?

勤務先で使用しているMS-officeを、段階的に2010に移行する計画を立てています。
クライアントは200台以上ありますが、ボリュームライセンスで購入すべきか迷っています。
前バージョンまではボリュームライセンスで購入していました。

しかし、ボリュームライセンス版はバージョンアップできず、パッケージ版より単価が高く、しかも
office2010から面倒なKMS認証かMAK認証が必要になってしまいました。
これならメディアの保管が嵩張っても、上記問題がないパッケージ版が良いような気がします。
そもそも、ボリュームライセンス版のメリットとは何なのでしょうか。
超大口ユーザーに対するボリュームディスカウントだけのような気がします。
ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

ボリュームライセンスの一番のメリットは管理コストの低減ではないでしょうか。
例えばインストールしたパソコンが故障したり入れ替えが必要だった場合
パッケージ版の場合、パソコンとCDが1対1の関係上、すべてのパソコンたプロダクトキーなどの情報を記録しておく必要があります。また、別のマシンに入れなおさないといけない場合電話での認証作業も必要になります。

また、大量の台数の入れ替えの際にも、サーバー経由で配信も可能なので
作業時間も短縮でき、1台1台行うより楽になると思います。

QMS Office ボリュームライセンス価格??

新たに20台ほどのPCと共に、20本ほどのMS Office Personalを必要としそうです。
そこで、初めてボリュームライセンスに目を向けたのですが、オンラインでの見積もりを見ると、
パッケージより安いというイメージとは逆に、かなり高い印象を受けました。

パッケージ版では\25,000 PC購入時のプリインストールでは\20,000ほどですが、例えば
http://www.licenseonline.jp/lsatstore/office/index.html#officeSweetWrap
で見積もりを取ると、1ライセンスあたり¥46,400となっています。かなり割高です。

また、Yahoo知恵袋で見つけたのですが、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140085451
の回答を見ると、1ライセンスあたり3台インストール可能とみることもできます。
この考え方でいくと20台にインストールするのであれば、7ライセンスでよいことになり、
1台あたり \16,000程度で、確かに安くなります。

…という状況で、どのようにしたらより安く買えるのか、よくわかりません。
1ライセンス=1PCであれば、ボリュームライセンスに価格的なメリットはないということでしょうか?
ランセンスの見積もりで、より安い別のボリュームライセンスのタイプがあるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

新たに20台ほどのPCと共に、20本ほどのMS Office Personalを必要としそうです。
そこで、初めてボリュームライセンスに目を向けたのですが、オンラインでの見積もりを見ると、
パッケージより安いというイメージとは逆に、かなり高い印象を受けました。

パッケージ版では\25,000 PC購入時のプリインストールでは\20,000ほどですが、例えば
http://www.licenseonline.jp/lsatstore/office/index.html#officeSweetWrap
で見積もりを取ると、1ライセンスあたり¥46,400となっています。かなり割高です。

また、Yah...続きを読む

Aベストアンサー

>新たに20台ほどのPCと共に、20本ほどのMS Office Personalを必要としそうです。
>そこで、初めてボリュームライセンスに目を向けたのですが、オンラインでの見積もりを見ると、
>パッケージより安いというイメージとは逆に、かなり高い印象を受けました。

MS OfficeのPersonalにボリュームライセンスはありませんよ。
あるのはStandardとProfessionalです。
「1ライセンスあたり46,400円」と書かれてることからするとStandardで見積もられたのだと思いますが、パッケージ版にはそれに該当する物がないのでHome And Business + Publisherとした場合36,540+15,540=52,080、実際には+Business Contact Managerがありますからボリュームライセンスの方が値段だけでいえば安いです。

>また、Yahoo知恵袋で見つけたのですが、
>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1140085451
>の回答を見ると、1ライセンスあたり3台インストール可能とみることもできます。

どのように読めばそういう解釈になるのでしょうか・・・
ボリュームライセンス1つの価格がパッケージ版の価格の1/3としか読めないですけど(ただボリュームライセンスはパッケージ版とは異なり1ライセンスで2台のPCにインストールは不可なので価格の単純比較していいものなのか・・・)。

>新たに20台ほどのPCと共に、20本ほどのMS Office Personalを必要としそうです。
>そこで、初めてボリュームライセンスに目を向けたのですが、オンラインでの見積もりを見ると、
>パッケージより安いというイメージとは逆に、かなり高い印象を受けました。

MS OfficeのPersonalにボリュームライセンスはありませんよ。
あるのはStandardとProfessionalです。
「1ライセンスあたり46,400円」と書かれてることからするとStandardで見積もられたのだと思いますが、パッケージ版にはそれに該当する物がないのでHom...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報