業務委託契約の途中解約について

お力をお貸しください。

個人事業主として、ある企業と数ヶ月前に顧問業務につき12ヶ月の契約と定めて、業務請負契約書を交わし業務を行ってきました。

しかし、今月契約期間満了前に発注元より業務が事業に期待以上に貢献していないことを理由に、今月をもって途中契約解除をメールにて通告され、それに応じるかの返事を求められました。

発注元よりは、契約時に1年分の請負金額を前倒しで入金してもらっていますが、来月以降の金額の清算と返済を求められています。

当方としては、メールでの契約解除への応答は避け、一度面談して協議しての決着を求めていますが、発注者は今月中には面談に応じない意見です。

契約の条項には違反していませんが、先方意志により今月は委託業務は遂行できませんので、このままいくと違反となってしまうかもしれません。

以上の場合ですが、協議の上こちらが契約解除を飲まない場合は、最初に契約した期間12ヶ月の残りの月の分の契約金額の返済義務はあるのでしょうか?

また、一方的な契約解除により、契約では定めていませんが違約金などの請求は出来ますでしょうか。

それとも、発注者は一方的に契約を解除する場合は、それを受け入れ、前受け金の来月以降分を返済すべきでしょうか。


契約書は、以下のようにしています。

業務委託契約書

委託者株式会社(以下「甲」という)は、受託者(以下、「乙」という)に対し、次の通り業務の委託をする。

第1条【委託業務】
委託業務は、とする。

第2条【委託期間】
委託期間は、年 月から 年 月までとする。ただし、委託期間の満了前2か月以内に甲乙のいずれからも異議がないときは、自動的に委託期間は1年間更新されるものとし、以後も同様とする。

第3条【委託料の支払い】
委託料は、乙が請求書を作成し、請求する。甲は乙に対し該当の委託料を支払うものとする。

第4条【秘密保持】
乙は本契約に関して知り得た情報を一切外部に漏洩してはならない。

第5条【報告義務】
乙は、甲の求めがあるときは、委託された業務についての情報を速やかに報告しなければならない。

第6条【契約解除】
当事者の一方が本契約の条項に違反したときは、当事者は何らの催告もせずに直ちに本契約を解除し、また被った損害の賠償を請求することができる。

第7条【合意管轄】
甲及び乙は、本契約上の紛争については、甲の住所地を管轄する地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることに同意する。

第8条【協議】
本契約に定めのない事項及び疑義が生じた事項については、甲乙誠実協議の上、決定するものとする。


どのように対処すべきかお教え願えますと幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

解約条項の有無が重要です。



私は昔、ある知り合いの会社が、その知り合いの紹介で、海外に工場を借りました。が、事情が変わり海外進出しないことになりました。私が依頼をうけ、その契約書をよく見ましたが、解約条項がなかったです。
この場合は支払いをするしかなかったです。数か月後、家賃を支払い後、倒産しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/07 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務委託契約書が必要な業務の境界は、どこで判断すればよろしいですか?

会社案内(紙媒体)作成をデザイン会社に発注する場合、業務委託契約書は必要なのでしょうか?
HP作成をデザイン会社に発注する場合、業務委託契約書を取り交わすことが多々ある事はわかったのですが。。。
業務委託契約書が必要になる業務とそうでない業務は、何で判断すればよろしいのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。

口約束でも契約は有効に成立しますが、それだとあとで問題が起こったときに「言った、言わない」の水掛け論になるので、そういったことを未然に防ぐために「契約書」という書面を作ることが一般的になっています。

なので、特に契約書作成に関する社内規程がなく、契約相手方が非常に信頼できるのであれば、契約書を作る必要はありません。

また、「会社案内(紙媒体)作成をデザイン会社に発注すること」が業務委託になるかならないか、ということですと、これは立派な業務委託契約になるでしょう。
自社のために「本来は」自社でするべきことを、他社にお金を払ってお願いするわけですので。
「普段」自社で行っている業務かどうか、は判断基準にはならないと思います。

Q雇用契約から業務委託契約への変更ってありえますか

現在、フリーでヨガの講師をしています。
こちらのスポーツ施設では週2回、約8年間働いております。

先日、施設長から「雇用契約から業務委託契約への変更をしたい。」と言われました。
(他の講師の先生も同様にとのことですが...)

私の雇用契約書の雇用期間は「期間の定めなし」とあります。

これを業務委託契約にした場合、6ケ月間の有期雇用契約となるらしいです。

私としては、業務委託契約に変更したくないのですが、可能でしょうか。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

業務委託へ変更するという事は、雇用契約の解約、つまり解雇を意味します。
現在が無期限の雇用契約なので、解雇には正当な理由が必要です。
よくあるのが経営不振によるリストラ解雇ですが、代わりに業務委託するなら少し矛盾してしまい、解雇要件を満たすとは言い難いと思います。
裁判等で争えば勝てる余地は十分あると思いますが、その後がどうなるかは見えてますね。

>業務委託契約にした場合、6ケ月間の有期雇用契約
これは完全に矛盾ですので有り得ません。法的に成立しません。

Q雇用契約と業務委託契約は同時に可能でしょうか?

ひとつの会社と、雇用契約と業務委託契約を同時にすることは可能なのでしょうか???
9時 ~  時:雇用契約
その他の時間:業務委託契約
と行った感じです。
雇用でする業務内容と業務委託でする仕事内容は異なります。

Aベストアンサー

勤務時間・作業分担・指揮命令・責任の所在などをしっかりと明確にすれば、問題ないでしょう。実態が雇用の状況だといろいろ問題があると思います。

ただし、従業員からすれば、変更による雇用条件の不利益変更として問題にされる恐れもあるでしょう。

Q契約書においての甲と乙

今契約書をワープロ打ちしていたのですが、ふと疑問に思いました。

甲と乙の名前と住所は、そのままワープロで打ってしまってもいいのですか?自署が必要ということはないですよね。
手が必要なのは社判くらいですか?

ささやかな質問ですが、よろしくお願いしますm(__)m。

Aベストアンサー

契約書に甲、乙をワープロで住所、氏名を入れても、
ゴム印、署名でも捺印が押してあれば、有効です。
しかし、土地の売買契約書などは、氏名は自署のほうがいいですね。
ワープロだと後で、トラブルの場合が生じやすいので、署名捺印をもらう場合には必ず目の前で署名してもらうのがベストでしょう。
下記のサイトの【署名捺印・記名捺印】をお読み下さい。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kano/kiji2.html

Q契約書の甲と乙の表現について

簡単な契約書を作りたいのですがその場合自分の会社側を甲とするのか、それとも乙とするのか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

特にこうしなければならないということはありませんが、仕事を発注する・貸すなどの立場を(甲)、受注する借りる方の立場を(乙)とするのが一般的です。
ですので、#1、#2の方は発注者側なのではないでしょうか。
私は、契約などの担当をしていますが、仕事をもらう場合は、自社は(乙)としていますし、官庁との契約でも発注する側が(甲)として、雛形が出来ています。
ご参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報