業務委託契約の途中解約について

お力をお貸しください。

個人事業主として、ある企業と数ヶ月前に顧問業務につき12ヶ月の契約と定めて、業務請負契約書を交わし業務を行ってきました。

しかし、今月契約期間満了前に発注元より業務が事業に期待以上に貢献していないことを理由に、今月をもって途中契約解除をメールにて通告され、それに応じるかの返事を求められました。

発注元よりは、契約時に1年分の請負金額を前倒しで入金してもらっていますが、来月以降の金額の清算と返済を求められています。

当方としては、メールでの契約解除への応答は避け、一度面談して協議しての決着を求めていますが、発注者は今月中には面談に応じない意見です。

契約の条項には違反していませんが、先方意志により今月は委託業務は遂行できませんので、このままいくと違反となってしまうかもしれません。

以上の場合ですが、協議の上こちらが契約解除を飲まない場合は、最初に契約した期間12ヶ月の残りの月の分の契約金額の返済義務はあるのでしょうか?

また、一方的な契約解除により、契約では定めていませんが違約金などの請求は出来ますでしょうか。

それとも、発注者は一方的に契約を解除する場合は、それを受け入れ、前受け金の来月以降分を返済すべきでしょうか。


契約書は、以下のようにしています。

業務委託契約書

委託者株式会社(以下「甲」という)は、受託者(以下、「乙」という)に対し、次の通り業務の委託をする。

第1条【委託業務】
委託業務は、とする。

第2条【委託期間】
委託期間は、年 月から 年 月までとする。ただし、委託期間の満了前2か月以内に甲乙のいずれからも異議がないときは、自動的に委託期間は1年間更新されるものとし、以後も同様とする。

第3条【委託料の支払い】
委託料は、乙が請求書を作成し、請求する。甲は乙に対し該当の委託料を支払うものとする。

第4条【秘密保持】
乙は本契約に関して知り得た情報を一切外部に漏洩してはならない。

第5条【報告義務】
乙は、甲の求めがあるときは、委託された業務についての情報を速やかに報告しなければならない。

第6条【契約解除】
当事者の一方が本契約の条項に違反したときは、当事者は何らの催告もせずに直ちに本契約を解除し、また被った損害の賠償を請求することができる。

第7条【合意管轄】
甲及び乙は、本契約上の紛争については、甲の住所地を管轄する地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることに同意する。

第8条【協議】
本契約に定めのない事項及び疑義が生じた事項については、甲乙誠実協議の上、決定するものとする。


どのように対処すべきかお教え願えますと幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

解約条項の有無が重要です。



私は昔、ある知り合いの会社が、その知り合いの紹介で、海外に工場を借りました。が、事情が変わり海外進出しないことになりました。私が依頼をうけ、その契約書をよく見ましたが、解約条項がなかったです。
この場合は支払いをするしかなかったです。数か月後、家賃を支払い後、倒産しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/07 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解約の手続きについて(簡保)

現在、郵便局の簡保に加入しているのですが、一身上の都合(家事都合)にて、解約する事になりそうです。そこで質問です。解約手続きに必要なもの(証券&身分証明&印鑑以外)は何かありますか?そして、手続き終了後どのくらいの時間(日数)で解約金は戻ってくるのでしょうか?まぁ~解約の段階で損は目に見えてるつもりなのですが・・・宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

簡保の解約は、
・簡保の証券
・身分証明
・印鑑
・通帳等
で大丈夫です。
なるべく契約した郵便局で手続きしたほうがいいです。
わたしも解約したことがありますが、解約のために照会してあとは、保険料の未払い(自動引き落としの場合タイミングがずれるので、契約金で清算されます)の清算等で処理されます。30分ほどで処理完了され解約金は保険を支払った期間によって金額は変わってきます。
契約者本人の場合のほうがより早くすみそうです。代理人の場合(奥さんや夫)は、全国に同姓同名(呼び名)で同じ生年月日の人がいるし、その人が簡保に加入しているような場合は、照会に時間がかかるようです。

ちなみに、解約したあと、新規簡保や、定期預金の加入のお勧めがあるようです。

Q業務委託契約 個人事業主か法人か

専門職の夫が今春より、ある会社と業務委託契約を結びました。
年収は税抜きで1200万くらいは、保障されています。
この場合、妻を専従者とした個人事業主とした方がいいのか
(妻である私も専門資格を持っていますが、勤務時間は限られます)、
サラリーマン法人にした方がよいのか、迷っています。
その会社との契約は6年くらいになるとは思います。
税金面、他のメリットデメリットについて教えてください。

税理面では、税理士を雇おうとは思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

貴方とご主人だけでしたら、個人事業主で沢山だと思います。
法人にすれば、複式会計簿記と各省庁への報告業務の他事業税と法人税(税率が高い)が思っている以上に掛かってきます。
その分経費勘定科目も多いのですが、日常の会計が大変となるでしょう。
個人事業主での最大の強みは、接待交際費が使っただけほぼ全額経費として落とせます。
税金としては税率が安い方の事業税のみです。
法人の場合は、事細かな決まり事があって、使った全額を経費では落とせなくなります。
良く良く考えてお決めになるように・・・
ご参考まで

Qツタヤディスカスの解約手続きについて

ツタヤディスカスを無料お試し期間中に解約したいと思い、サイトの手順に従いサービス停止と解除の手続きを行いました。その後サービス停止と解除の手続きが完了したというメールが届いたのですが、解約自体はどのタイミングで完了するのでしょうか。また、無料お試し期間中にサービスを解約すると本当に料金の請求はこないのでしょうか。ネット上でサービスが解約できない、解約後も請求がきたという書き込みが多く不安になっています。

Aベストアンサー

わたしも以前、ツタヤディスカスの無料期間中に退会しました。
サービス停止と解除の手続き完了のメールが来た段階で解約されてますから
請求はないですよ。

「請求がある」とかはドコモケータイ払いや、auかんたん決済にした場合、
携帯会社側の表示が遅れるため。
実際に課金されるわけではありません。

安心してください。

Q個人事業主 業務委託について

おしえてください。

現在の会社から外注という形で仕事を受けて、個人事業主になろうと思っております。

業務委託というのは以前にもしていた方がいたので、問題ないと思いますが、私への支払いは会社は何名目で出していただいたほうがいいのでしょうか?

会社に負担にならない方法があればと思っております。
ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その会社の経理の課目にもよりますが、当社では「業務委託費」としています。

QyahooBBの解約手続き

yahooBBの解約手続きについて教えてください。

どのようにすれば、解約出来ますか。

Aベストアンサー

↓↓

参考URL:http://provider.bb.yahoo.co.jp/procedure.html

Q中小企業家同友会は個人事業主でも入れるのでしょうか?

当方、士業として個人事務所を経営していますが、個人事業主でも同友会には入れるのでしょうか??それとも法人経営者のみですか?

また、どういう感じなのかよく知らないのでメリット・デメリット等教えていただけるとありがたいです。(たとえば、毎月1回例会があるとか)

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://blog.yosida-denkou.com/archives/50638239.html
「今月の埼玉中小企業家同友会戸田蕨地区の例会が、オレンジキューブで開催され自分も出席してきました」


上のサイトに画像もあり雰囲気が分かります。
下記の各県の活動状況があります。例会の状況などが
参考になります。
なお個人事業主でも問題ありません。


http://doyu.feedsite.jp/

Q携帯解約する時、電話窓口のお客様センターで萠解約手続きできるのか教えてください。

携帯解約する時、電話窓口のお客様センターで萠解約手続きできるのか教えてください。

Aベストアンサー

>端末料金支払いして解約する時も端末持っていかないと駄目なんですか。
SIMの返却を言われることはあります。
SIMは貸与されたものですから携帯会社のものです。

端末はなくした人は持っていけないので持っていかなくても大丈夫と言えば大丈夫ですが、その辺りはあなたが判断すれば良いです。

Q業務委託契約書が必要な業務の境界は、どこで判断すればよろしいですか?

会社案内(紙媒体)作成をデザイン会社に発注する場合、業務委託契約書は必要なのでしょうか?
HP作成をデザイン会社に発注する場合、業務委託契約書を取り交わすことが多々ある事はわかったのですが。。。
業務委託契約書が必要になる業務とそうでない業務は、何で判断すればよろしいのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。

口約束でも契約は有効に成立しますが、それだとあとで問題が起こったときに「言った、言わない」の水掛け論になるので、そういったことを未然に防ぐために「契約書」という書面を作ることが一般的になっています。

なので、特に契約書作成に関する社内規程がなく、契約相手方が非常に信頼できるのであれば、契約書を作る必要はありません。

また、「会社案内(紙媒体)作成をデザイン会社に発注すること」が業務委託になるかならないか、ということですと、これは立派な業務委託契約になるでしょう。
自社のために「本来は」自社でするべきことを、他社にお金を払ってお願いするわけですので。
「普段」自社で行っている業務かどうか、は判断基準にはならないと思います。

Q生命保険解約手続き

S社の生命保険の自動更新期を真近にひかえ、解約手続きをしたいと担当の方に申し出ました。ところが送付されてきた書類は契約変更手続きで、内容は特約変更になっているのです。問い合わせたら、変更してから解約手続きになると言われました。合点がいかないのですが、このまま証書と変更申込請求書を送付して大丈夫なのでしょうか。

Aベストアンサー

その場合、担当に言っても駄目です。証書とか変更案内に本社問合せ先が書いてあると思います。そこで証書番号と自分の住所等をいって本社に直接問合せすることをお奨めします。

Q雇用契約と業務委託契約は同時に可能でしょうか?

ひとつの会社と、雇用契約と業務委託契約を同時にすることは可能なのでしょうか???
9時 ~  時:雇用契約
その他の時間:業務委託契約
と行った感じです。
雇用でする業務内容と業務委託でする仕事内容は異なります。

Aベストアンサー

勤務時間・作業分担・指揮命令・責任の所在などをしっかりと明確にすれば、問題ないでしょう。実態が雇用の状況だといろいろ問題があると思います。

ただし、従業員からすれば、変更による雇用条件の不利益変更として問題にされる恐れもあるでしょう。


人気Q&Aランキング