たとえば、ある電化製品の新機能。
こんな機能がついていたらものすごく便利!
というアイデアを守る場合はどの分野の権利になるのでしょうか?
また、今ある技術を応用しての商品化は特許などには出来ないのでしょうか?

例えば、アイロンの熱くなる鉄板の機能をを利用して
新たに、電気フライパンを作った。見たいな感じです。

具体的に書きにくいので伝わりにくいかもしれませんが
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今日の昼の打ち合わせで、特許書きのノルマを増やされてしまった者です。

トホホ。

インターネット上などでの技術の公表についてはkeronyanさんが注意下さった通りです。アイディアの肝心なところを書いてはいけません。出願前に世の中で知られている発明では特許を取ることはできないためです。(公知技術、公知発明などと言います)

お尋ねの内容を保護する知的所有権はkeronyanさんのおっしゃるように特許または実用新案です。発明のレベルや権利化した場合の許諾料収入などを勘案して特許にするか実用新案にするか決めます。およその判断基準はkeronyanさんの回答の通りですが、あくまで自分の好きな方を選べば良いのです。なお実用新案の方が権利の期間が短いです。

特許の手続きの流れは参考URLの議論を参照下さい。出願のあとで審査請求という手続きを行い、特許庁の審査を受けます(審査請求を受ける受けないは任意ですが、受けないと特許としての権利化はできません)。
審査の基準は「新規性がある」「進歩性がある」(過去にそのような技術はないこと、現存の技術に対して格段に優れていること)の2点です。これをパスすると晴れて特許として登録されます。
keronyanさんの回答では「跳ね返りを解決すれば特許になる」とありましたが、一般にはそれは必要ではありません。新規性と進歩性さえ主張できれば審査は通ります。もちろん重量増の問題まで解決できていれば進歩性を主張する上で有利なのは間違いありません。

現存の技術を下敷きにした発明(例えば、ある機能を付けた○○)ですが、法律上は特許の取得は可能です(その下敷き技術は既に特許を取られていても構わない)。ただし実際には、上記の「進歩性の主張」の点でかなり厳しく審査されます。今回のような特許に対しては審査官はまず大抵「単なる従来技術の組み合わせであって、当業者には容易に思い付きうる発明である。よって進歩性がないので特許は受けられない」と拒絶査定をしてきます。(反論の機会は与えられますので、念のため)

難しく書きましたが、「単に1+1=2でなく、新しい着眼で1+1を3にした。これは当業者と言えども容易に推測できるものではない」という点をちゃんと主張できるなら特許出願の価値はあります(お金を払って弁理士さんを頼めば、もちろん手助けしてもらえます)。そうでない場合でも出願は可能ですが、審査請求をした場合に落とされる可能性をかなり覚悟しなくてはなりません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=57419
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。
大変詳しく書いていただき本当に助かりました。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/21 18:35

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「特許庁ホームページ」
この中で
http://www.jpo.go.jp/shoukai/tokkyo.htm
(制度概要)
の「知的財産法とは?」・「特許法」・「実用新案法」を参考にされては如何でしょうか?

内容の詳細は質問からは分かりませんが、やはり「実用新案」レベルではないでしょうか?
最近の傾向では「実用新案」の出願件数は減少してきていると思います。

ご参考まで。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/home.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/21 18:34

アイデアの内容をカキコすると公知技術となり特許なりの権利は認められなくなりますので気を付けてください。



アイデアを守る権利は特許と実用新案と有ります。
特許と実用新案の区別は曖昧なのですが、とりあえず特許は発明の高度な物と定義されています。
実用新案は単なる構成のアイデアであるとかの場合で、たとえば図に書けばそれで示されるようなたぐいの物です。
実用新案は審査をしませんので、権利主張をする場合新規であるかどうかを自分で証明しなければなりません。
また、少しでも構成が違うと権利主張できないことが多いです。

特許は、発明の思想がある場合と考えていただけば。その便利さ(効果と言います)を単なる構成でなく手段、作用と説明できれば特許になる可能性もあります。
(書き方によります。)
高度な特許とは、一つの課題(問題)を改善した時、他の物が悪くなる事が多いのですが、それまで同時に改善できた物と言われます。(TRIZ)
今回の場合フライパンに加熱部分を着けるとたとえば重くなると言う不具合が生じます。それが改善できていれば充分特許になります。
(余り議論すると特許にならなくなる可能性があるので簡単に)

弁理士のお友達がおれば良いのですが、通常有料なので、お近くの発明協会などに相談してみればよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/21 18:36

上記の電気フライパンのような例であれば、特許ではなく実用新案に該当すると思うんですが。


技術的には既にある特許を利用するものの、それの組み合わせなどに独自のアイデアがあると認められれば、実用新案の申請対象となり得ます。

ただ特許と実用新案の境界というのは結構あいまいなので、詳しくは下記のページなどで勉強されるのが良いかと。

参考URL:http://patent.hoops.ne.jp/tokkyo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
遅くなり申し訳ありません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/21 18:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたとえば道路建設において

以前にも似たような質問をしたのですが、国と県などの役割分担がよく分かりません。

今回は道路建設という具体例の中で説明お願いしたいです。その際、国-県-市は道路の建設において何か手続きを踏むのでしょうか?

あるいは、国が責任もって建設するのは、国道と言われる道路、県は県道というように、明確に分担されている(だからそのように名前も分けられている)のでしょうか?

というのも、市にある道路を建設する際、それは誰の責任でもって行われるのか?と疑問に思ったのです。市にあるから、必ず市が行うわけでもなし、その市をもつ県のお願いで行うのか?もしや、国が作るのは、国が作るべきと思ったから作るのでしょうか??「直轄」という言葉も見かけましたが、何か関係はありますか?


また、国と言っても、本省と地方整備局はやはり何か任務は異なるだろうと思います。地方整備局は、その地方の道路などを主に建設するのでしょうか?本省は、もう少し大局的な視野からの取り決めや記録まとめなどを行うのでしょうか?

イマイチ国交省などのHPを見てもよく分からなかったので、ご存知の方よろしくお願いします。

以前にも似たような質問をしたのですが、国と県などの役割分担がよく分かりません。

今回は道路建設という具体例の中で説明お願いしたいです。その際、国-県-市は道路の建設において何か手続きを踏むのでしょうか?

あるいは、国が責任もって建設するのは、国道と言われる道路、県は県道というように、明確に分担されている(だからそのように名前も分けられている)のでしょうか?

というのも、市にある道路を建設する際、それは誰の責任でもって行われるのか?と疑問に思ったのです。市にあるから、...続きを読む

Aベストアンサー

 国道は国の資産であり、その道路用地は国の管理にあります。もちろん、築造も国の予算で行います。
 ただし、国が直接管理するのは2桁ナンバーの国道までです。3桁ナンバーは都道府県の委託管理になります。元々3桁ナンバーの国道は都道府県道から昇格したものがほとんどです。従って、そのような道路の場合は築造は都道府県が行っています(中には市町村道からの昇格もあります)。
 国道の維持管理は、管轄の河川国道管理事務所およびその出張所が行います。これは各地方整備局に所属します。本省はこれらの管理監督を行っています。

 都道府県は、先ほどの3桁ナンバーの国道と都道府県道の維持管理、及び築造を行っています(国道は除く)。このときの費用ですが、国道については国の予算で行います。都道府県道については、維持管理は基本的に自治体の負担ですが、築造については国の補助金で行う場合があります(一部または全額)。

 市町村道も基本的には自治体の予算で維持管理を行いますが、築造に関してはいろいろなケースがあります。
 まず市で計画した道路については市の予算に県の補助金が加わる場合があります。又、区画整理などで築造する道路は区画整理組合が予算を捻出し、完成後管理を自治体に移管します。
 道路施設の内、単独での規模が大きいものについては国の補助金がまかなわれる場合があります。橋梁やトンネルなどがそうです。単独工事費が1億円を超えるような構造物についても国の補助に対象になる場合があります。

 道路計画は、通常都市計画に基づいて行われます。そこには都道府県の要望などが盛り込まれる場合もあります。市町村道は基本的にその自治体の単独計画ですが、国道や都道府県道が関連するような道路の場合(交差点など)、もちろんそれらの道路の管理者との協議が必要です。

 尚、国道であっても高速自動車国道の場合は、計画・築造は道路公団です。

 国道は国の資産であり、その道路用地は国の管理にあります。もちろん、築造も国の予算で行います。
 ただし、国が直接管理するのは2桁ナンバーの国道までです。3桁ナンバーは都道府県の委託管理になります。元々3桁ナンバーの国道は都道府県道から昇格したものがほとんどです。従って、そのような道路の場合は築造は都道府県が行っています(中には市町村道からの昇格もあります)。
 国道の維持管理は、管轄の河川国道管理事務所およびその出張所が行います。これは各地方整備局に所属します。本省はこ...続きを読む

Q☆★新たなる発見!!フランス★☆ 

例えば。

「日本では路肩にガードレールが設置されているのは普通であるが、フランスでガードレールを見たことがない。」

「日本では自動車はオートマが主流であるが、フランスではマニュアルが主流でオートマがほぼ0に近い。」

「公衆トイレが絶対的に少ないうえに、有料である。」

これってなぜですか?

そして、そのほかにも日本に常識としてあるものがフランスにはない。またはその逆など、気になった方いらっしゃいましたら教えてください。

今回は他の国での経験談などあるかと思いますが、フランスに限定させていただきます。あしからず。

Aベストアンサー

>「日本では自動車はオートマが主流であるが、フランスではマニュアルが主流でオートマがほぼ0に近い。」

フランスだけに限らず、ヨーロッパはその傾向が強いみたいです。

その原因としては、ヨーロッパは日本に比べて渋滞が少ないためオートマの必要性が少ない。

オートマの技術が日本に比べて劣っており、値段が高いわりにマニュアル車に比べて燃費が悪い。

こういったことからマニュアルが主流になっているようですが、最近は日系の部品メーカーから部品を買ったりすることでオートマ車が改善されてきたので、、フランス車でも少しずつオートマの割合が増えているようです。

Q解雇後、新たに横領発覚と会社より連絡がありました。

教えてください。経理上、不明金があり 私が責任をとるよう、会社より言われましたが、結局 懲戒免職か解雇のどちらがいいのだと強い口調で言われ、黙っていたところ 解雇予告手当と解雇通知を渡されました。荷物をまとめて すぐ退職するよう怒鳴られました。そのとき、私の話は 全く聞き入れられず 解雇通知を握りしめ退職しました。それから、1か月以上たち また、会社より電話が
あり 別の横領発覚したので、覚悟しておくようにと、告げられました。使途不明金があったのは事実です。関わったのも事実です。解雇になり雇用関係がない今、私は これから先、どうなるのですか?もう 何もわからなくってしまいました。それから 退職金は、頂いておりません。
どうか 教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の続きです。

●雇用関係がなくても 懲戒解雇にできるのですか?
○改めて懲戒解雇にするということではなく「会社都合解雇」を取消して「懲戒解雇」にする、という意味です。

●退職金を支払って頂いてないことは、何か関係しますか?
○法律に定めはなく会社規定です。即日解雇の場合に支払われる解雇予告手当とは違います。
 本来、懲戒解雇すべきところを会社都合退職という温情措置にしたのだから退職金が支払われなかっただけでしょう。

●上司の指示で、支払いをしたのですが、不明金となり私が責任をとることになりました。
○前にも書いたとおりこの部分が重要です。どこにどんな名目で支払ったのか、それに上司の指示があったなら質問者さんは主犯ではないですよね。社長が主犯と決めつけようと何しようと事実は主張した方がいいです。
 正直、弁護士などに相談された方がいいです。関係のない使途不明金まで賠償請求される恐れさえありますし、そもそも指示をした上司が不問に付されているのはおかしいです。

Q信号機の電化などなど

夜、車を運転していると、最近良く見かけるものがあります。一旦停止の停止線に(地面に)埋め込まれた小さな数個の点滅ランプです。でも光は強烈ですのでよくわかります。電源はどこから持ってきているのでしょうか?また、停止標識をふちどるように、夜になれば点滅しる小さなランプがあります。やっぱり、これも電気を使っているのでしょうか?
トンネルにランプが必要なのはわかりますが、このようなものに必要なのでしょうか?これではますます電気代が掛かってきます。市民税に毎年毎年、重くのしかかってくるでしょう。このような状態ではこれから先、日本はやっていけるのでしょうか?メンテナンスするだけで、費用がかかります。これでは、「市」もつぶれてしまいます。じわりじわりと経費が増加していくことを考えているのでしょうか。トンネルだって増加する一方ですので、維持費、経費が減ることは無いはずです。困ったことです。どうすれば良いのでしょうか

Aベストアンサー

費用対効果という意味では確かに疑問を感じます。
高速道路の非常電話が250万円くらいしていたものが、猪瀬直樹氏たちの指摘で50万円くらいに下がりました。質問の信号灯だって費用がいくらかかってるか分かったもんじゃない。LEDが長寿命といっても数年程度の間隔で保守が必要でしょう。信号機メーカと土建屋の利権になってる気がします。

本当に交差点などで徐行させたければ、道路上にふくらみ(高さ10cm、幅1mくらい)を作るのが一番です。
米国ではBUMPという標識とともにあちこちにあります。
これを30km/時くらいのスピードで通ると車にすごい衝撃を受けるので、みんな5~10km/時に減速します。

Q東北自動車道(宮城県)にある検札所はなぜあるの?

いつも思うのですが、泉検札所を通るたびめんどくさいです。ガソリンのムダだし・・・なぜ、高速道路にこんなものがあるのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

検札は、いわゆる高速道路でのキセル行為を防止するために設置されているのだと思います。
長距離トラックなどが途中のサービスエリアなどで通行券を交換してしまうとどうなるでしょう?
それを防止するための検札ですね。

東北自動車道の検札所は通ったこと無いんですが、ガソリンが無駄になるほど遠回りになるんですか?
東名高速の検札所は、普通の料金所ブースみたいな感じでガソリンが無駄になるとは思えませんけど・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報