最新閲覧日:

IMEが突然大バカ野郎になってしまったんです。

以前なら、スムーズに変換できていた物が出来なくなっているのです

例えば、上記にもありますが「変換できた物が」の”物”が幾ら使っても
”者”と変換されたり、対象を変換したら”大笑”なんて今まで使った事もない
単語が現れます。もう、使いにくくてたまりません。

IMEのシステム(設定)などをいじったわけはありません。

どうなっているのでしょうか?

・初期変換モード「一般」
・学習 「最適」
・学習結果をユーザー辞典に書き込む
 チェック入

上記のユーザー辞典もユーザー時点と変換されました。そんな言葉ないって

・システム辞典
 カタカナ語英語辞典以外
 チェック入

A 回答 (2件)

なんか時々、機嫌を損ねて大バカ者になる様で、マイクロソフトのサポートページにも回避の仕方が載っています♪



下記の方の言われる様に、辞書の初期化をされたら、直るみたいですよ。

*******************************************************
---ユーザー辞書を新しく作成---
この操作を行うと、それまでにユーザー辞書に登録した単語や用例を、
新しいユーザー辞書に移行する必要がありますが、
新しく作成したユーザー辞書を使用することで、
現在使用中のユーザー辞書が破損しているかどうかを判断することができます。

以下の操作を実行しても、今までご使用のユーザー辞書を削除することはありませんが、
ユーザー辞書を再構築して回避された場合には、今までご使用のユーザー辞書ではなく、
新しいユーザー辞書をご使用になることをお勧めします。

IME ツールバーの [プロパティ] をクリックします。
[辞書/学習] タブをクリックします。
[ユーザー辞書] の [辞書名] テキスト ボックスで現在使用されている辞書を確認します。
[辞書名] テキスト ボックスで、現在使用している辞書ファイル(msime98.dic)を
適当に違う名前に変更します。
ファイルのパスは特に変更する必要はありません。
[OK] をクリックし [Microsoft IME 98 のプロパティ] ダイアログ ボックスを終了します。

初期値のユーザー辞書のあるフォルダの場所
  \Windows\ime\imejp98\UserDicts\msime98.dic
*******************************************************
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が送れて申し訳ありません。(書き忘れていました下の方もありがとうございます)
ご回答ありがとうございます。

その辺は早く解決してほしいですね。

とりあえず、初期化で直ったみたいです。

助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/21 18:41

わたしも「この」という指示代名詞が「子の」とされたり、キレまくる現象が多発したことがあります。


対策として試してみたのは、ユーザー辞書に登録されている単語はそのままに、一度IMEを初期化することです。
あと、ある程度自分の思い通りの学習がなされたようなら、学習を「最適」から少し下げておくのもいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
私も同じ現象になりました。
まったくおなじです。

初期化で何とか復旧しました。最適もその都度変更してみます。

ありがとうございました

お礼日時:2001/04/21 18:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ