オードリー・ヘプバーンと並び称せられる銀幕の美女、
マレーネ・ディートリッヒ。
彼女が出演した法廷劇『情婦』(1957年アメリカ作品)は、
映画史に残る名作といわれています。
この映画のラストには、
「結末を人にしゃべらないでください」という注意書きが出ました。
つまりあっとおどろくようなどんでん返しがあったわけですね。

そのどんでん返しの結果、結末は悲劇的なものになりました。
その結末を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あなたと僕と、全部で4人。


同じ質問をしているのですが・・・困りましたネェ。
回答らしき物はBIGMACさんの「3」ってだけ。
映画ファンは教えてくれないときたもんだ。
BIGMACさんが正直者かどうかが問われる所ですが・・
果物なんていいんですけど・・・困りました。
何か裏付けが取れたらこの場で連絡し会いましょう。
では。
    • good
    • 0

正解は3番です!

    • good
    • 0

いまマレーネ ディートリッヒがはやっているのでしょうか?それとも同じ人?


# 検索しました?数件ヒットしますよ。ここでも!!
情婦はビデオやDVDで見られるようになっているでしょうからご自分で確認してみてはいかがでしょうか?
他の人にまで結末が分かるような質問はしてほしくないな...
では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオードリー・ヘプバーンの出演している映画のタイトル名がわかりません

オードリー・ヘプバーンとクリント・イーストウッドが出演(若しくは監督?)でSFチックな映画ってありませんでしたか?

昔、深夜のテレビで見て凄く面白かったのを最近思い出しまして、是非映画のタイトルを知りたくて質問しました。

以下、記憶が非常に曖昧ですが…思い出せる範囲で書いてみます
・オードリー・ヘプバーンがお婆さんだった気がします
・近未来な話だった気がします
・主人公?の青年が虫みたいなのを食べてた気がします…

wikiでオードリー・ヘプバーンで検索して一つ一つ見てみましたが記憶に残っている映画とは一致せず…

どなたかご存じありませんか?

Aベストアンサー

自他共に認めるオードリーファンの私ですがクリントイーストウッドとの
共演は記憶にありません。
クリントイーストウッドが監督業に乗り出したのは71年からですが
オードリーはその頃子育てに専念していた時期です。
ハリウッドの大女優である彼女と、マカロニウェスタン以外では知る人も無く、
ようやくダーティハリーで何とか顔と名前が一致した彼が、
競演ならまだしも監督をやりたいなどと言ったら、
たちまちハリウッドから追放されるでしょう。
彼女がSFチックな映画に出た記憶も無いですね。

子育てが一段落した彼女が再びスクリーンに戻ってきたのがロビンとマリアン。

1979 華麗なる相続人

1981 ニューヨークの恋人たち

1986 おしゃれ泥棒2

1989 オールウェイズ

僅かにこのオールウェイズが天子の役ですからSFぽいと言えますが
監督はスピルバーグです。
競演はリチャード・ドレイファス, ホリー・ハンター, ジョン・グッドマン

どなたかと勘違いをなさっていると思いますが、いかがでしょう。

Qすっかりだまされた・どんでん返し・衝撃の結末のお勧め映画

タイトル通り、途中・結末などで驚愕してしまったお勧めの映画があったら紹介ください。
ちなみにこの手の映画で以下は鑑賞済です。下記以外で面白い奴があったら教えてください。
ユージュアルサスペクツ/シックスセンス/アザーズ/追いつめられて/アイデンティティ/セブン/
ジェイコブスラダー/ビューティフルマインド/ショーシャンクの空に/スコア/閉ざされた森/
ファムファタール/スネークアイズ/ソードフィッシュ/ライフオブデビッドゲイル/オーメン/
キャリー/ツインピークス(ドラマ版)/スティング

Aベストアンサー

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

souhanoさんはご存じないかもしれませんが最近【オンラインDVDレンタル】という入会金\1,000-程度,月額\2,000-程度でDVDが借り放題のサービスがあります。全て郵送で受け取りを行い(切手代不要)で新作旧作問わず延滞料金なし,全国どこでも利用可能でPCとインターネットのみで入会手続き&退会手続き可能です。最安値のところは\1,974-(税込み)で利用できます。いちいちお店に借りたものを返しに行く煩わしさ,延滞料金を気にせず映画を見まくれます。下記HPをご覧ください。

「オンラインDVDレンタル徹底比較@R」
http://www.rental-dvd.net/

下記映画サイトは既にレンタルリリース作品の映画検索には非常に役立ちます。

「キネマの見地」
http://www.cinz.net/

映画ではありませんが下記海外ドラマは日本で大ブームを起こしているサスペンス・アクションです。関東圏内で毎日3話ずつ2週間放送して深夜の平均視聴率を大幅にあげた大人気作品です。既にSeason2もレンタルを開始しており超お奨めします。Season2はつい先日にフジTVで9日間連続放送され,Season3も11月3日からレンタル開始,またSeason4が政策決定し来年1月からアメリカで放送される予定です。恐らく次が気になって寝ないで見てしまうかもしれません。

●「24 TWENTY FOUR」
http://www.so-net.ne.jp/24/

大どんでん返し関係では下記がお奨めです。

●『ロストハイウェイ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V2MG/249-7067754-6153107
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:デビッド・リンチ
主演:ビル・プルマン(代表作 インデペンデス・デイ) パトリシア・アークェット

鬼才デビット・リンチ監督が描くお家芸の【パラレル・ワールド】ですね(^_^;)。この監督の作品(ツイン・ピークス,マルホランド・ドライブなど)は本当に【見る人間によって解釈の違う】作品ばかりで,映画なれしている人には何度も見たくなる作品ではないでしょうか?間違いなくインターネット上の解説HPを見て『あ~なるほど(゜o゜)』,『あれはそう解釈すればよいのか(+_+)。』といった感じで納得していただくしかないですね(*_*)。最低2回以上は見ないと骨格すら見えないでしょう。

●『真実の行方』
http://www.sankei.co.jp/mov/yodogawa/961008ydg.html
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:グレゴリー・ホブリット
主演:リチャード・ギア(代表作 ジャッカル) エドワード・ノートン(代表作 ファイトクラブ スコア)

若手ホープのエドワード・ノートンの出世作品です。『スコア』でも名優ロバート・デニーロやマーロン・ブランド相手に互角の演技を見せてるだけあって、この人『真実の行方』でもその実力を遺憾なく発揮しています。この演技の凄さはこの映画を最後まで見ればわかります。ちなみにエドワード・ノートンはこの映画がハイウッドの初陣という事がとても信じられません。やはり舞台俳優としての下積みがここまでの演技を可能にしているのでしょう。

●『ゲーム』
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/ve_ks00000001.zhtml?pdid=10001510&srkbn=S
1997年 アメリカ(1998年 日本公開)
監督:デビット・フィンチャー
主演:マイケル・ダグラス(代表作 トラフィック) ショーン・ペン(代表作 デッドマン・ウォーキング)

『セブン』のデビット・フィンチャー監督が趣向の違うサスペンスムービーとしてだした異色作です。現実と空想の世界が入り混じりこれは果たして文字通り『ゲーム』なのか?
フィンチャーワールドは独特の映像美にも注目です。

●『CUBE』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000DJWJE/ref=pd_sxp_elt_l1/249-7067754-6153107
1997年 カナダ(1998年 日本公開)
監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
主演:モーリス・ディーン・ウィント ニコール・デボアー

この映画も賛否両論分かれますね。不思議な空間に閉じ込められた6人が閉鎖空間の中どうなっていくかの人間描写,そのCUBEの謎,など結論が導き出せないかもしれません。ただ出演者はこの限定された空間で上手く人間描写を演じていたと思われます。

●『隣人は静かに笑う』
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=84899
1998年 アメリカ(1999年 日本公開)
監督:マーク・ペリントン
主演:ジェフ・ブリッジス ティム・ロビンス(代表作 ミスティック・リバー) ジョーン・キューザック

本国アメリカであまりにも○○な為公開が延期になったか、あるいは公開禁止になった作品とTSUTAYAで宣伝されていました。現実でおそらくこの手の内容はあったであろうと思わざるを得ない作品です。もしこの映画が2001年以降であれば公開中止は間違いないですね。

●『カル』
http://www.nifty.com/kal/
1999年 韓国(2000年 日本公開)
監督:チャン・ユニョン
主演:ハン・ソッキュ(代表作 シュリ) シム・ウナ

はっきしいってこの『謎』が解けるでしょうか?100人見たら100通りの見解があり、最低5回くらい見ないとまず全貌が見えません。私が最もはまった作品です。個人的にこの映画の根幹にあるのは名作タイタニックを超える『(屈折した)愛』ではないかと思います。

●『メメント』
http://www.unzip.jp/special/memento/
2000年 アメリカ(2000年 日本公開)
監督:クリストファー・ノーラン(代表作 インソムニア)
主演:ガイ・ピアース(代表作 LAコンフィデンシャル)
キャリー=アン・モス(代表作 マトリックス)

10分で記憶がなくなる主人公が愛妻を殺した犯人を追い詰めていくサスペンスムービーですが,時系列をうまくいじって謎が謎を呼ぶ今までの趣向とは違う映画で気に入りました。まず1回では何が何で誰が誰なのかがさっぱりわからない事でしょう。
もしDVDデッキなどをお持ちでしたらDVD版にある時系列を正確につないだもので見ると理解が深まります。DVDをお持ちでない方はこの映画を理解するのにかなり苦労されるか,あるいは諦めますね。ユージュアル・サスペクツを楽しめた人にはかなりの確率でこの映画も楽しめるのではないでしょうか?

●『マルホランド・ドライブ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000063UPM/249-7067754-6153107
2001年 アメリカ・フランス合作(2001年 日本公開)
監督:デイヴィッド・リンチ(代表作 ツイン・ピークス)
主演:ナオミ・ワッツ(代表作 リング) ローラ・エレナ・ハリング(代表作 ジョンQ最後の決断)

実在するハリウッドへの山道【マルホランド・ドライブ】での1つの交通事故がきっかけに起こる,現実と非現実(妄想?)が交錯するパラレル・ワールドを非常にエロティック且つスタイリッシュに描いた作品です。一つ一つの脈絡の無いシーンを見ていると最後に【んん?】,【え???】といった感覚が何度と無く疑問符が頭の中を駆け巡り突き詰めると非常に考えさせられる作品で,まず1回見ただけではわけがわからないでしょう。構成的に『メメント』に作り方が近からず,遠からずといった作品ですね。
ナオミ・ワッツがスターダムに駆け上がった作品で1人2役で明朗快活さと非常に妖艶な演技使い分けており,ローラ・エレナ・ハリング共にすごい女優だ,と思わされます。

●『インファナル・アフェア』
http://www.infernal.jp/index_top.shtml
2001年 香港(2003年 日本公開)
監督:アンドリュー・ラウ
出演:トニー・レオン アンディ・ラウ

ハリウッド史上最高額でリメイク化決定した香港映画史上のみならず,2003年度日本で公開した映画で最高の映画だと言っても過言ではありません。香港映画でここまでのものを作り出せるとなると日本映画は益々立場ないですね。黒澤明亡き後北野たけしくらいでしょうか,日本映画で世界的に有名なのは?2004年2月18日にレンタルが開始されました。

ちなみに2004年9月18日から第2作目が公開予定で香港では既に第3作までDVD化されて発売しています。

「Infernal Affairs I,II,III 」
http://global.yesasia.com/jp/PrdDept.aspx/pid-1003161240/aid-9/section-videos/code-c/version-all/did-106/

●『殺人の追憶』
http://www.cqn.co.jp/mom/
2003年 韓国(2004年3月27日から日本全国で公開中)
監督:ポン・ジュノ
主演:ソン・ガンホ(代表作シュリ,JSA) キム・サンギョン

「韓国大鐘賞:「殺人の追憶」が4冠」
http://www.mp3-hollywood.com/wire/2003/daejong.shtml

昨年度韓国でNo.1興行収入を記録(累計約560万人)し,またもや日本で韓国映画のすごさを見せ付けてくれました。実際に1986年からソウル近郊で連続して起きたレイプ殺人事件を題材に2人の刑事が犯人の掴めぬ実態を追い詰めるサイコスリラー。サイコサスペンスと思いきや根幹にあるのは2人の相反する刑事の苦悩,そして協調という人間ドラマを描いています。ハリウッドにあるような巨額な制作費&CGてんこ盛りのイケイケドンドン映画とは一線を隔し,いかに中身と役者の演技が映画で軸をしめるのかがわかると思います。

それではより良い映画環境である事をm(._.)m。

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

souhanoさんはご存じないかもしれませんが最近【オンラインDVDレンタル】という入会金\1,000-程度,月額\2,000-程度でDVDが借り放題のサービスがあります。全て郵送で受け取りを行い(切手代不要)で新作旧作問わず延滞料金なし,全国どこでも利用可能でPCとインターネットのみで入会手続き&退会手続き可能です。最安値のところは\1,974-(税込み)で利用できます。いちいちお店に借りたものを返しに行く煩わしさ,延滞料金を気にせず映画を見まくれます。下記HPをご覧ください...続きを読む

Qキャサリン・ヘプバーンの古い映画タイトル

映画のタイトルをど忘れしてしまいました。わかる方、教えてください。
古いモノクロ映画で、キャサリン・ヘプバーン主演。
内容は、キャサリン演じるアメリカ人女性がヴェニス?だったかに一人旅をし、そこで骨董商と恋に落ちる。しかし彼は結婚していたことがわかり、彼女は失恋の痛みを抱えてアメリカに帰る。骨董商は、最後に彼女の乗った汽車を駅のホームで走って追いかけ、二人にとって思い出の白いくちなしの花を渡す…というような切ない恋物語だったと記憶しています。

Aベストアンサー

こんにちは
「旅情」ではないでしょうか?↓

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=13642

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%85%E6%83%85-%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B00005HKZL

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25035

Q情婦? 検察側の証人?

 以前、「どんでん返しの作品を教えてください!」という質問をしましたら、たくさんのお返事をいただきまして、その中で「検察側の証人」はミステリーの中の最高作品と謳ってらっしゃる方がおりました。
 もともとクリスティ作品が好きなので、是非見たくて近くのレンタルビデオ店を何軒か探索しましたが、置いてありませんでした。
 このサイトで再度検索したら、「情婦」というタイトルで検察側の証人を原作に作られているということが分かりました。
今夜にでも「情婦」の方を探してみたいと思っていますが、気になることがありまして、質問させていただきます。

「情婦」と「検察側の証人」は作品的には大差ないでしょうか?
 
ラストシーンまでは変らないと想像してますが、かなり違う内容だったら、借りるのを諦めて、「検察側の証人」が見つかるまで待っていようかとも思います。
ご存知のかた、是非是非教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

ナンバー1の補足です。
多分、他の方が推薦された「検察側の証人」は「情婦」のことだと思います。
この「情婦」という日本タイトルは、映画ファンやクリスティーファンからは原作のどんでん返しがわかってしまうと悪評なので、洋画タイトルのまま原題で「検察側の証人」で呼んでいることが多いです。
今は日本の舞台でやるときは、みんな原題で公演してますし。
ただビデオやディスクなどでは、公開当時の邦題「情婦」になっています。

ちなみに、クリスティーの原題「鏡は横にひび割れて」の映画邦題は「クリスタル殺人事件」、原題「白昼の悪魔」は邦題「地中海殺人事件」、「死との約束」は「死海殺人事件」、「ナイルに死す」は「ナイル殺人事件」となっています。

Q映画「武器よさらば」(1957)を観て、どんな感想をお持ちですか?

先日、DVDで観ました。さすがに小説に較べて映像は説得力があり、R.ハドソンとJ.ジョーンズの好演も素晴しかったし、久々に正常な人間の心にふれたような気がして、とても感動的でした。
たんなるメロドラマとか反戦映画とかでなく、人間としての条件みたいなものがストレートに描かれていますね。

私の世代からすれば、極く当然な展開として、そして非常に劇的に美しい物語です。
この世に二人だけ、それで運命に対峙する、その一方がいなくなれば世界は終わると。
凄いですね。誰しも、こんな激しく強い愛・生き方に憧れる気持ちはあるけれど、現実では そうも行かず・・

共感するお気持ちのある方、映画を観てのご感想・ご意見なり、それともご自分の何か関連する思い出などおありなら、ぜひお聞かせください。

Aベストアンサー

映画と小説はだいぶ違います。原作を読んだらがっかりします、その逆もありますが。映画の世界は、あくまでも脚色。素晴らしい人に見えますが、役柄でしかありません。よくみえるんですよね。興行目的ですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報